また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 187758 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

剣山〜三嶺縦走

日程 2012年05月04日(金) 〜 2012年05月05日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候4日 小雨、濃いガス、台風並みの強風
5日 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名頃に駐車 バスにて 見残に移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

5月4日
11:30 標高1440m 見残し発
12:30 標高1720m 西島(ロープウェイ駅)
13:01 二度見展望所
13:25 次郎笈峠
13:40 トラバース道を行き、西の次郎笈上り口
14:00 次郎笈頂上 気温4.3度c
14:22 次郎笈峠
15:00 剣山頂上
7.3km 累積標高+1895m -1457m

5月5日
05:30 剣山頂上発
05:45 二度見展望台分岐
05:55 次郎笈峠(服を脱ぎ15分休憩) 
06:40 スーパー林道降り口
07:22 丸石小屋
08:10 高の瀬
08:34 石立山分岐
09:05 展望の良い笹原頂上
09:35 平和丸
10:00 白髪避難小屋
10:21 白髪分岐
11:01 カヤハゲ(東熊山)頂上
12:12 三嶺頂上   ヒュッテにて昼食
12:50 ヒュッテ発
13:38 ダケモミの丘
14:22 林道出会い
14:53 名頃
  18.5km  累積標高+1467m  -2464m
コース状況/
危険箇所等
4日 小雨、濃いガス、頂上は台風並みの強風(20m毎秒を越えることも)
 剣山頂上の板場の上が一番風が強く吹き飛ばされそうで怖かった。

5日 前日の小雨、多くの人数のせい?で足元がジルイところが多い。
 最終、林道出会い〜名頃の新道はかなり急で、疲れた足にはこたえました。
 
過去天気図(気象庁) 2012年05月の天気図 [pdf]

写真

名頃新登山口
駐車場の直ぐそばです。
2012年05月04日 09:18撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃新登山口
駐車場の直ぐそばです。
四国バス乗り場
2012年05月04日 09:21撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四国バス乗り場
この区間はスクールバス
2便あり
2012年05月04日 10:36撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区間はスクールバス
2便あり
西島
リフトでここまで来られます。
2012年05月04日 12:29撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西島
リフトでここまで来られます。
次郎笈西の上り口
2012年05月04日 13:38撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈西の上り口
次郎笈
何も見えない
2012年05月05日 21:20撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈
何も見えない
ランチパックがこのとおり
2012年05月04日 14:01撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチパックがこのとおり
次郎笈三角点
こちらに下ればスーパー林道山の家
2012年05月04日 14:02撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈三角点
こちらに下ればスーパー林道山の家
4.3度。
次郎笈はどちらの道も細く、風のきついときは
危ない
2012年05月04日 14:03撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4.3度。
次郎笈はどちらの道も細く、風のきついときは
危ない
剣山頂上の板場
瞬間風速20mを越え、吹き飛ばされそう。
ロープにつかまりそろりそろりと。
2012年05月04日 14:56撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山頂上の板場
瞬間風速20mを越え、吹き飛ばされそう。
ロープにつかまりそろりそろりと。
1
予約が前日だったので、狭い2段ベッド。
それでも相部屋より気楽。
7500円 2食付
2012年05月05日 21:34撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予約が前日だったので、狭い2段ベッド。
それでも相部屋より気楽。
7500円 2食付
3
5日 日の出
2012年05月05日 05:16撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日 日の出
7
朝日に焼ける次郎笈
2012年05月05日 05:34撮影 by EX-ZR10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に焼ける次郎笈
6
奥祖谷かずら橋(国体橋)へのエスケープ
2012年05月05日 07:23撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥祖谷かずら橋(国体橋)へのエスケープ
白髪避難小屋
2012年05月05日 10:15撮影 by EX-ZR10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪避難小屋
2
三嶺がもうすぐ
 これから鎖も有ります。
2012年05月05日 21:40撮影 by EX-ZR10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺がもうすぐ
 これから鎖も有ります。
1
三嶺頂上から
 今日の縦走路を見る
 真ん中すこし左が剣山と次郎笈
2012年05月05日 12:14撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺頂上から
 今日の縦走路を見る
 真ん中すこし左が剣山と次郎笈
1
ヒュッテと池
2012年05月05日 12:24撮影 by EX-ZR10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテと池
6
ダケモミの丘から林道へ出たところ
2012年05月05日 14:20撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケモミの丘から林道へ出たところ
林道を越えて次の尾根道へ
 昨年秋からこのルート
2012年05月05日 14:20撮影 by EX-ZR200 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を越えて次の尾根道へ
 昨年秋からこのルート

感想/記録

◎三嶺から剣山の縦走を計画しましたが、私たちの実力を良く考えて、逆にしました。 結果的にこれで正解でした。 元のままだと、剣到着が暗くなってから(あるいは不可能)と思いました。それでもこの縦走で2年前と同じタイムだったので、チョッと安心しました。

◎平地は好天でも山の上は分からないということがよく分かりました。
4日は夕方から既に3度、台風並みの強風。
5日は名頃に下りたときは快晴でしたが、山の上でゴロゴロと気味悪く鳴っていました。
当初暑さ対策を考えていましたが、(山小屋泊まりでも)服をたくさん持って行って大正解。2-3度で強風では地元岡山の真冬と同じ体感気温。

◎三嶺から名頃の間
 1.ピンクテープが非常に多い。
   岡山には以前から多かったが、四国には殆ど10年以上前には無かった?
    ちょっとした赤テープならまだしも、長いド派手なピンクテープが、
    間違えようも無いところにまで、連続して付けられているのは
    いかがなものか。
 2.これはやむをえないことでは有るが、テキサスゲートとネットが増えたこと。
    三嶺に名頃から登ると、頂上に着く直前、大岩が出迎える。
    初めて登ったとき、この大岩の風景に圧倒され、それ以来三嶺のファンに
    なった。ちょうど其の場所にテキサスゲート、ネットが設けられている。
    チョッと残念なことである。

走っている人に4人あった。朝5時に見残しからという夫婦?に次郎笈下で追いつかれた。山嶺、さらに一山超え見残しに戻るとか。別の人は剣から山嶺を往復していた。すごい人たちがいるものだ!
訪問者数:3841人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ