また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1910936 全員に公開 ハイキング日高山脈

幌尻岳の山頂看板補修・仮看板設置に参加(新冠ポロシリ山岳会活動)

日程 2019年06月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候ガスのち高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌からは道央道→日高自動車道を利用。日高厚賀ICで降りて、国道235に入り、新冠泥火山を過ぎて左折。そこから集合場所の泉生活館までは15分ほどです。
新冠ポロシリ山荘までは特別に許可をもらって車で悪路の3時間移動です。なお、道路のり面崩壊が数か所で発生しており、補修がされていないため全面通行禁止です。今年いっぱいは本ルートからの入山が禁止のようです。ご注意ください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
1時間43分
合計
8時間31分
S新冠ポロシリ山荘07:0407:50幌尻沢徒渉点07:5308:58見晴台08:5909:07中間点09:1709:46水場09:5410:11お花畑10:1210:41大岩10:4810:57振内・新冠コース分岐10:5811:06幌尻岳11:5712:10振内・新冠コース分岐12:17大岩12:48お花畑12:4913:01水場13:1313:34中間点13:3613:45見晴台14:39幌尻沢徒渉点14:4115:28新冠ポロシリ山荘15:3215:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
概ね順調と思います。
コース状況/
危険箇所等
山荘からのコース状況として、入山者がいないため、草に覆われている区間が多いです。渡渉では礫の上がコケで滑りやすいです。標高1,650mの渡渉から上では礫が緩んでいて落石注意です。標高1,750m付近は残雪で登山道が無くなっています。急斜面なので、雪上を歩く際はアイゼン必須です。回り込むとしても草で滑りやすく危険です。
【注意!】
アクセスにも書きましたが、手前の林道が斜面崩壊で全面通行止めです。修繕の予定もなく、非常に危険な状況です。暫くは人も入られません。新冠ルートからの登山はできませんのでご注意ください。今回は特別に許可をもらっています。
その他周辺情報新冠の街にセコマ、セブンイレブンがあります。
温泉はレ・コードの湯があります。500円でシャンプー・ボディソープが付いています。食事も可能です。

装備

個人装備 フリース 長袖インナー ズボン 靴下 キネシオロジーテープ グローブ アウター手袋 予備手袋 雨具(上下) ザック 登山靴 ゲイター(薄) アイゼン ピッケル ストック 行動食(チョコ 塩キャラメル 柿ピー等) 飲料(3ℓ) 地形図 筆記用具 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 JRO登録証 携帯 高度計付き腕時計 温度計 タオル ビニール袋数枚 カメラ(SDカード) 替Tシャツ 携帯トイレ ティッシュ3つ ウェットティッシュ1つ ツェルト 細引き エマージェンシーシート 痛み止め 着替え

写真

さて特別許可をもらって車で移動開始。山荘までは3時間の悪路移動!
2019年06月29日 03:59撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて特別許可をもらって車で移動開始。山荘までは3時間の悪路移動!
6
山荘到着。春の小屋開きイベント以来。
2019年06月29日 07:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘到着。春の小屋開きイベント以来。
8
看板運搬を志願。「自分より看板、転ぶときは前から!」の決意!
2019年06月29日 06:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板運搬を志願。「自分より看板、転ぶときは前から!」の決意!
17
山行開始。序盤は緩い斜面を移動。入山禁止のため、登山道は草が生い茂り、若干荒れ気味。
2019年06月29日 07:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行開始。序盤は緩い斜面を移動。入山禁止のため、登山道は草が生い茂り、若干荒れ気味。
6
早速オオバミゾホオズキさんがお出迎え。
2019年06月29日 07:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速オオバミゾホオズキさんがお出迎え。
3
やばっ、ドーピング忘れてた!
2019年06月29日 07:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やばっ、ドーピング忘れてた!
7
地すべり地を抜けます。足元が悪いので要注意。
2019年06月29日 07:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地すべり地を抜けます。足元が悪いので要注意。
3
唯一の大きな渡渉地点。コケで滑りやすいので要注意。
2019年06月29日 07:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の大きな渡渉地点。コケで滑りやすいので要注意。
9
渡渉を過ぎると急峻地形が始まります。ヒ〜コラ〜(;'∀')
2019年06月29日 08:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉を過ぎると急峻地形が始まります。ヒ〜コラ〜(;'∀')
4
ここの倒木が面倒。身をかがめます。
2019年06月29日 08:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの倒木が面倒。身をかがめます。
7
ギンリョウソウ。ちっさ!
2019年06月29日 08:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。ちっさ!
3
雲の中に入りました。上で抜けることを願うばかり。
2019年06月29日 08:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中に入りました。上で抜けることを願うばかり。
2
ゴゼンタチバナさん。道端にたくさん咲いてました。
2019年06月29日 08:26撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナさん。道端にたくさん咲いてました。
4
オオタカネバラさん。お見事!
2019年06月29日 08:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオタカネバラさん。お見事!
8
コバイケソウさんかな?
2019年06月29日 08:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケソウさんかな?
1
マイヅルソウさん。いつ見てもめんこい。
2019年06月29日 08:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイヅルソウさん。いつ見てもめんこい。
6
さて、エネチャージ。マイブームの月寒あんぱん!
2019年06月29日 09:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、エネチャージ。マイブームの月寒あんぱん!
6
ウコンウツギさんが幻想的。
2019年06月29日 09:13撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウコンウツギさんが幻想的。
8
ノウゴウイチゴさん。
2019年06月29日 09:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノウゴウイチゴさん。
4
緑色のゴゼンタチバナさん。
2019年06月29日 09:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑色のゴゼンタチバナさん。
3
中間地点です。帰りがけにペン入れしてます。
2019年06月29日 09:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点です。帰りがけにペン入れしてます。
3
笹の花。20年に1度しか咲かないそうです。
2019年06月29日 09:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の花。20年に1度しか咲かないそうです。
6
これなんだ?
2019年06月29日 09:29撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなんだ?
2
マルバキスミレさん。
2019年06月29日 09:31撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバキスミレさん。
4
オオスミレソウさん。
2019年06月29日 09:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオスミレソウさん。
5
もうすぐ水場の雪渓。
2019年06月29日 09:39撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ水場の雪渓。
2
雪渓到着。あれま、雪が少ない。
2019年06月29日 09:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓到着。あれま、雪が少ない。
4
ここでしばし休憩。雲海が広がり、遠くにイドンナップ(右奥)の稜線が見えた!
2019年06月29日 09:50撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでしばし休憩。雲海が広がり、遠くにイドンナップ(右奥)の稜線が見えた!
10
雲の流れがダイナミック!
2019年06月29日 09:50撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の流れがダイナミック!
12
気温は14度だが、湿度が高く暑い。
2019年06月29日 09:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は14度だが、湿度が高く暑い。
2
ここで看板設置の先行隊が先に出発。まずは稜線近くの大岩を目指す。
2019年06月29日 10:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで看板設置の先行隊が先に出発。まずは稜線近くの大岩を目指す。
2
ショウジョウバカマさんが登場。
2019年06月29日 10:05撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマさんが登場。
4
他のメンバーから頂いた写真(嬉)。
2019年06月30日 14:32撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他のメンバーから頂いた写真(嬉)。
11
左にナメワッカが見えてきた奥はカムエクか。
2019年06月29日 10:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左にナメワッカが見えてきた奥はカムエクか。
7
ミヤマキンバイソウさん。
2019年06月29日 10:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイソウさん。
3
お花畑を通過。
2019年06月29日 10:11撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑を通過。
2
これも何だろう?
2019年06月29日 10:11撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも何だろう?
3
エゾノハクサンイチゲさん。お花畑になってました。
2019年06月29日 10:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾノハクサンイチゲさん。お花畑になってました。
7
キバナシャクナゲも見ごろ。
2019年06月29日 10:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲも見ごろ。
7
かなり雲がとれてきました。かなり奥に1839が見えてきました。
2019年06月29日 10:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり雲がとれてきました。かなり奥に1839が見えてきました。
6
奥新冠湖ですね。左下には乗ってきた車が見えています。
2019年06月29日 10:28撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥新冠湖ですね。左下には乗ってきた車が見えています。
6
イワウメさん。
2019年06月29日 10:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメさん。
5
ホソバイワベンケイさん。綺麗だね。
2019年06月29日 10:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバイワベンケイさん。綺麗だね。
4
大岩ロックオン。
2019年06月29日 10:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩ロックオン。
4
チングルマが唯一ここで咲いていました。
2019年06月29日 10:50撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマが唯一ここで咲いていました。
5
稜線が見えてきた。
2019年06月29日 10:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきた。
2
キバナシャクナゲ畑。
2019年06月29日 10:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ畑。
1
稜線に上がりました。あと少し。
2019年06月29日 10:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がりました。あと少し。
3
戸蔦別岳、北戸蔦別岳、1967が見えてきた。
2019年06月29日 10:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸蔦別岳、北戸蔦別岳、1967が見えてきた。
3
北側のカール。
2019年06月29日 10:59撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側のカール。
6
祝、幌尻岳登頂!標識はボロボロ。古い標識の最後の姿。
2019年06月29日 11:04撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、幌尻岳登頂!標識はボロボロ。古い標識の最後の姿。
22
いい眺めです。
2019年06月29日 11:06撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい眺めです。
8
看板設置の人だけができる特権(嬉)。
2019年06月29日 11:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板設置の人だけができる特権(嬉)。
24
さて、補修作業開始。文字を外し、跡がクッキリ。「山」と「頂」はyo-shaが外しました。少し罪悪感...
2019年06月29日 11:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、補修作業開始。文字を外し、跡がクッキリ。「山」と「頂」はyo-shaが外しました。少し罪悪感...
9
仮の看板をビスでとめます。
2019年06月29日 11:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮の看板をビスでとめます。
8
作業完了。これで3年ほど我慢です。
2019年06月29日 11:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業完了。これで3年ほど我慢です。
22
背後には説明看板も取り付けました。
2019年06月29日 11:59撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には説明看板も取り付けました。
15
作業も終わり、レリーズタイム。北方向です。北戸蔦別岳、戸蔦別岳、1967の稜線が見事。
2019年06月29日 11:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業も終わり、レリーズタイム。北方向です。北戸蔦別岳、戸蔦別岳、1967の稜線が見事。
8
東側のカールです。
2019年06月29日 11:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側のカールです。
7
エサオマントッタベツ方面。
2019年06月29日 12:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマントッタベツ方面。
6
北尾根。手前がカール地形ですね。
2019年06月29日 12:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根。手前がカール地形ですね。
7
少しの休憩の後、名残惜しくも下山開始。
2019年06月29日 12:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの休憩の後、名残惜しくも下山開始。
3
気温が17度と高くなってきました。
2019年06月29日 12:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が17度と高くなってきました。
3
シモツケさん、見逃してました。
2019年06月29日 13:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケさん、見逃してました。
5
順調に下山し、幌尻沢まで下りました。
2019年06月29日 14:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順調に下山し、幌尻沢まで下りました。
2
ゴールが見えてきた。
2019年06月29日 15:26撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールが見えてきた。
4
無事に小屋まで戻りました。このあと3時間の悪路移動...
2019年06月29日 15:28撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に小屋まで戻りました。このあと3時間の悪路移動...
3
【番外】
崩れている箇所(一部)です。帰りがけに撮影しました。上部に不安定な土塊が残存。道路横のフェンスも壊れ(右下)、未修繕。他にもあり、とにかく危険!
2019年06月29日 17:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
崩れている箇所(一部)です。帰りがけに撮影しました。上部に不安定な土塊が残存。道路横のフェンスも壊れ(右下)、未修繕。他にもあり、とにかく危険!
4
【番外】
山頂標識で外した文字。いただきました(嬉)。
2019年06月29日 18:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
山頂標識で外した文字。いただきました(嬉)。
17
【番外】
レ・コードの湯。500円。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
レ・コードの湯。500円。
6
【番外】
「フライ」くんかな、ちゃんなか。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
「フライ」くんかな、ちゃんなか。
6
【番外】
期間限定のイチゴ味。300円でこのボリューム!拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
期間限定のイチゴ味。300円でこのボリューム!
7
【番外】
いつものセコマ。新製品に弱い。。。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
いつものセコマ。新製品に弱い。。。
7

感想/記録
by yo-sha

【お山紹介】
今回は幌尻岳。百名山の中でも最難関の一つとして有名ですね。標高は2,052m。日高山脈のほぼ中央に位置し、日高で最も高い山になります。登山道は主に3つ、今回の/郡Ю遒らのルート、糠平川からのルート(渡渉多し)、チロロ川からのルート(アップダウン多し)です。ちなみに深田久弥さんは新冠川から七つ沼カールを経由して登頂したようです。
日高の山々でも奥深いところにあるため、どのルートでも急登開始までとても長い距離を歩く必要があります。今回の新冠ルート(陽希ルート)は登山口の新冠ポロシリ山荘まで18km(片道)の車道歩きが求められ、熊の出没も多く、かなりスキルのある方のみ行けるルートと思います。

【地質】
地質図Naviによれば、山頂は古第三紀始新世〜新第三紀中新世の変成はんれい岩とあります。深成岩類ですね。その西側ではポロシリオフィオライトと呼ばれるかつての海洋地殻の断片が分布しており、ユーラシアプレートと北米プレートがぶつかることで隆起した日高山脈。奥が深いなぁ。

↓地質図Navi
https://gbank.gsj.jp/geonavi/geonavi.php#14,42.72378,142.68334

↓環境省のHP(ちょっとマニアック)
https://www.env.go.jp/nature/report/h26-05/04ref2.pdf

【移動】
先にも書いた通り、札幌からは道央道→日高道と高速を利用すると早いです。日高厚賀ICで降りて新冠方面へ向かいます。新冠泥火山を過ぎたところの交差点を左折。15分ほどで集合場所の泉生活館です。
新冠ポロシリ山荘へはさらに延々と山中へ向かい、途中幾多のゲートを抜けて3時間程度で到着となります。現在、斜面災害のため、山に入ってすぐのところで通行禁止(人も)ですが、今回は事前に特別許可をもらっており、車での移動となりました。

【山行
今回は新冠ポロシリ山荘まで車を利用しているので、レコにアップするのもどうかな?と少し考えましたが、色々と皆さんに周知したいこともあり、アップしました。

泉会館に4:00集合。少し前には人が集まり、若干早めの出発。まずは新冠ポロシリ山荘までの車での移動です。左右前後上下(すべての方向)に揺られ続けること約3時間、途中パンクのハプニングもありましたが、やっとのことで到着です。
山荘到着後すぐに準備を開始。看板の運搬は自ら志願してザックにセット。自分のザックを見て俄然やる気出てきた。「自分より看板、転ぶときは前から!」の決意!さあ出発!
序盤は幌尻沢沿いに徐々に高度を上げる。今年入山禁止ルートになっていることもあり、草が生え放題。なかなか邪魔くさい。途中地すべり地を抜け道が変わっていることに気づく。あれっ、こっちだったっけ?
1時間ほど歩いて幌尻沢の渡渉にかかる。礫がコケで滑る。転んで看板を壊すことだけは避けねば。
無事に渡渉点を通過。ここからが本番、急登に入る。今時期のこのルートはお花天国。低標高ではオオバミゾホオズキ、途中からはゴゼンタチバナロード。途中一輪だけでしたがオオタカネバラさんがこんにちは。さらに標高を上げると、ミヤマキンバイソウ、エゾノハクサンイチゲ、キバナシャクナゲ、イワウメ、ホソバイワベンケイが咲き乱れる。チングルマも咲き始め、いやぁ、単独だったらさらに1時間はかかっていたな(;'∀')。
標高1,200m付近からはガスの中に突入。風がなく湿度が高いため、気温が14℃でも蒸し暑い。変な汗が噴き出す。標高1,600m付近でガスを抜け出し、高層雲が残るものの絶景が広がる。
標高1,650mの水場でいったん休憩。ここで一気に雲が切れだし、イドンナップ、カムエクがこんにちは。やっとレリーズモード全開に。
ここからは看板設置組の4名(自分も)が先行隊として先に出発。どんどん景色がよくなり、振り返りが多くなる。1839が見えた時には歓喜の声が。
大岩にたどり着くと再びレリーズタイムに。いやあ南日高一望!!最高の景色でした。
標高1,950mから徐々に傾斜が緩くなり、尾根に登り切ると北カール、北戸蔦別岳、戸蔦別岳、1967がこんにちは。ひゃ〜、感動〜📷。
あとは稜線沿いに進んで、祝、幌尻岳登頂!久しぶり〜。先行4人組で写真を取り合って、山頂標識の最後の雄姿を写真に収め、さっそく作業開始です。
幌尻岳山頂の文字は釘で打ち込んでたんですね。自分はナタで「山」と「頂」を慎重に取り除く。う〜ん、壊している感じでなんか罪悪感...
取り除いた文字を大切にザックに入れ、新しい仮看板を設置する。今回はあくまでも仮の看板です。3年後を目途に新しい看板に替える予定とのこと。
途中後発隊が合流。共同で設置を進め、無事に取り付けることができました。みんな見てくれるといいな。3年限定ですよ〜。
その後しばしの休憩を取り下山開始。標識にタッチし「3年後も参加するね」。
下山は淡々と下ります。雲が再び増えてきて、少し景色がイマイチになりましたが、その風景も楽しみながら下山します。途中振り返って「また来るよ」。予定通り3時間半程度で下山完了でした。全員無事の下山に安堵です。
下山後、再び3時間の車での悪路移動。ドライバーは疲れで眠かっただろうな。本当にありがとうござました。

今回はとりあえずの仮看板の設置です。3年後、予算次第らしいですが、新たな看板設置を計画しているそうです。ぜひその時にも参加したいな。
さて、しばらくお腹いっぱいだね。忙しくもなるし、山へ行かない時間を有効に使って次のお山を考えよう。さてさて、次回は何処に〜。
訪問者数:854人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/26
投稿数: 8
2019/6/30 22:24
 看板設営ご苦労様です
来週幌尻岳登ります。百名山99座目。残雪はどうでしょうかアイゼン必携でしかしら?
くっきりした看板に化粧替えですね。記念写真もこれでばっちりだと思います。有難うございます。糠平川から、渡渉します。とても不安です。昨年は長雨と地震で何度もキャンセルくらってるので是非成功したいです。もう年なので、何時まで登れるかな??
登録日: 2014/6/18
投稿数: 449
2019/7/1 1:58
 Re: 看板設営ご苦労様です
taeko-0102さん、初めまして。コメントありがとうございます。

残念ながら糠平ルートの情報は持っておりません。ただ今回の幌尻ルートの状況から例年に比べ残雪が少なく、また幌尻沢の水が少ないこと、数週間前にいったチロロルートでも雪・水量が少なかったことから、アイゼンは必要ないと思われます。糠平ルートの北尾根も見える範囲では雪は見当たりませんでした。
ただ情報がないため、万が一の下りを考え、一応アイゼンは準備はしておいたほうが無難と思われます。

百名山達成まで残り2座ですか!糠平ルートは渡渉が多く、天気との相談になりますが、登頂できるといいですね。看板はとりあえずの仮看板ですが、見ていただけると嬉しく思います。無事の登頂、下山を心から祈っております!
登録日: 2011/3/26
投稿数: 8
2019/7/1 6:00
 Re[2]: 看板設営ご苦労様です
貴重な情報有難うございます。頑張って行ってきます。大変な仕事ですね。怪我のないように頑張ってください。
登録日: 2014/10/29
投稿数: 35
2019/7/1 8:46
 毎年のことながら看板ありがとうございます!
近い将来登る日は是非ともアドバイス宜しくお願い申し上げます。
お山も復活されて何よりです
ヤマレコ楽しみに拝見します。たまには私のも覗いてアドバイス戴ければ幸いです。
登録日: 2017/4/24
投稿数: 27
2019/7/1 17:37
 看板設営ありがとうございました!
お疲れ様です!看板の交換などなど本当にありがたいです!!
とある百名山のお山に行ったときに山頂標識の字が読めない。写真に全く映らないことがあり、ちょっと残念な気持ちになったことがありました。。。
yo-shaさん方々の活動のおかげで、これから登られる皆さんの記念撮影もバッチリですね☆
お花も奇麗ですね。沢山の種類が咲いているのですね〜!
そうそう、今月は両親を連れて旭岳行きますよ〜。といっても山頂は行かず、裾合平から中岳温泉のピストン予定。お花畑を楽しめたら良いなと思っています。
登録日: 2014/6/18
投稿数: 449
2019/7/1 22:58
 Re: 毎年のことながら看板ありがとうございます!
tenjinyamaさん、こんばんは〜。コメントありがとうございます!

幌尻岳に来られる際は連絡をください。情報を与えるだけでなく、できればご一緒したいと考えています。どのルートでも「ぎゃ〜」と言うこと間違いなしです

お山も復活です。遠出の数は減りますが、やめられません。登り続けたいと思います

私のレコを見ていただけるだけでも嬉しいですね。ありがとうございます。昨日だったかな、私の周りで色々とあったGW中のレコを拝見しました。まさか引っ越されているとは 。羨ましい限りです。私もレコ、楽しみにしています!
登録日: 2014/6/18
投稿数: 449
2019/7/1 23:12
 Re: 看板設営ありがとうございました!
sayacaさん、こんばんは〜。コメントありがとうございます!

看板の交換はめったにできない経験ですね。古い看板を壊しているときは、「ホントに壊していいの?」と罪悪感があって、とても不思議な気分でした。でも皆さんの反応が、意外にも新しくなって喜ばれている方のほうが多く、救われた気持ちになっているのも事実です

ご両親と旭岳に来られるのですね。親孝行素晴らしい!今時期はあちこちでお花満開ではないでしょうか

中岳温泉までいくのなら、せっかくなので中岳分岐まで登ってはいかがでしょうか。標高差で200mしかないですし、大雪山の雄大さを感じることができると思います
登録日: 2017/4/24
投稿数: 27
2019/7/2 9:54
 Re[2]: 看板設営ありがとうございました!
yo-shaさん、コメントにグッドアドバイスありがとうございます!
目からうろこでしたよ〜(*'▽')中岳分岐まで行ってみます!
登録日: 2011/3/26
投稿数: 8
2019/7/12 17:01
 登ってきましたよ
7月9日。快晴の中、登ってきました。百花繚乱のお花畑。
素晴らしいの一言につきます。立派な看板もピカピカしてました。徒渉も水が少なく、心配は無かったです。24日から利尻岳です。百名山達成できるといいなあ。
登録日: 2014/6/18
投稿数: 449
2019/7/12 20:28
 Re: 登ってきましたよ
taeko-0102さん、99座目の幌尻岳、登頂おめでとうございます!快晴の中、百花繚乱だったとは、なんとも羨ましい限りです!!!

看板も見ていただけたのですね。とても嬉しいです。このようなご報告があると活動の甲斐があったことを実感します。会の皆にもこのような報告があったこと、伝えたいと思います。

残りは利尻だったのですね。利尻もとてもいい山で、360度海に囲まれた景色は圧巻です。是非頑張って100座目、登頂してください!!応援してます👍

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ