また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1926027 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

梅雨の合間にバリエーション体験(赤岳主稜)

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
 yy0419(CL)
, その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘美濃戸駐車場利用(1,000円/日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間46分
休憩
1時間45分
合計
8時間31分
S赤岳山荘04:5505:02美濃戸山荘05:0806:07中ノ行者小屋跡06:56行者小屋07:1507:23阿弥陀岳分岐09:39赤岳頂上山荘09:42赤岳10:0810:28文三郎尾根分岐10:56阿弥陀岳分岐11:07行者小屋12:0012:39中ノ行者小屋跡12:4013:23美濃戸山荘13:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 文三郎道から取付までのトラバースは予想はしていましたが、かなり悪いです。支点もなく落石を引き起こしてしまうため、ロープは使えません。ルンゼ横断は特に注意。
 主稜は1ピッチ目だけロープを出しましたが、無雪期はチョックストンの裏側から登ることが出来、ごく簡単なので、すべてロープ無しで登攀可能です。ルーファイを含め、ロープ登攀を要しないバリエーション歩きの練習にはピッタリでしょう。
 南沢の一般ルートは大雨の影響なのか、かなりルートが変わっている印象がありました。もちろん特に危険性はありませんが。

写真

美濃戸まで車で入るとやっぱり楽チンですね。
ほぼ林道歩きなしで美濃と山荘から南沢登山道へ。
2019年07月13日 05:05撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸まで車で入るとやっぱり楽チンですね。
ほぼ林道歩きなしで美濃と山荘から南沢登山道へ。
ほぼコースタイム通りで業者小屋に到着。水は蛇口から取れるので補充可能です。このルールなら500PET1本持って来て補充すれば充分ですね。
2019年07月13日 06:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼコースタイム通りで業者小屋に到着。水は蛇口から取れるので補充可能です。このルールなら500PET1本持って来て補充すれば充分ですね。
文三郎道を登る
山頂部のガスがだんだん取れてきたような…!
2019年07月13日 07:45撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道を登る
山頂部のガスがだんだん取れてきたような…!
中岳見えてきた!
2019年07月13日 07:49撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳見えてきた!
文三郎からの分岐点に到着
取付のチムニー(チョックストンのあるところ)が確認できます。
2019年07月13日 07:52撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎からの分岐点に到着
取付のチムニー(チョックストンのあるところ)が確認できます。
1
これが踏み跡
冬と比べると目立たないですが、ちゃんと踏み跡はついています。問題はその先。ここでハーネス装着、ロープも準備して取付へと向かいます。
2019年07月13日 07:52撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが踏み跡
冬と比べると目立たないですが、ちゃんと踏み跡はついています。問題はその先。ここでハーネス装着、ロープも準備して取付へと向かいます。
1
問題のトラバース(振り返って後続を見たもの)
予想通りボロボロの脆い斜面です。地盤の岩以外は剥がれると思って慎重に進みます。
2019年07月13日 08:08撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題のトラバース(振り返って後続を見たもの)
予想通りボロボロの脆い斜面です。地盤の岩以外は剥がれると思って慎重に進みます。
1
トラバース中に見上げたルンゼ
スリップ厳禁。死なないまでも怪我必須です。
2019年07月13日 08:08撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース中に見上げたルンゼ
スリップ厳禁。死なないまでも怪我必須です。
1
1P目のチムニー
冬はチョックストンの外側から登りますが。
2019年07月13日 08:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目のチムニー
冬はチョックストンの外側から登りますが。
1
無雪期はチョックストンを潜って奥から登れます。これは手足も十二分にあって楽に登れます。
2019年07月13日 08:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無雪期はチョックストンを潜って奥から登れます。これは手足も十二分にあって楽に登れます。
上から見上げたところ。実質掘櫃任垢諭
2019年07月13日 08:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見上げたところ。実質掘櫃任垢諭
2P目を見上げます。右から回り込んで登れます。ここからはロープ無しで登りました。
2019年07月13日 08:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目を見上げます。右から回り込んで登れます。ここからはロープ無しで登りました。
阿弥陀が見えてきました。
2019年07月13日 08:50撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀が見えてきました。
最初の核心部を抜けるとこんな岩稜帯に。
岩稜に乗っていれば比較的安定した岩です。
2019年07月13日 08:58撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の核心部を抜けるとこんな岩稜帯に。
岩稜に乗っていれば比較的安定した岩です。
1
2番目の核心
ここも無雪期は難なく登れます。岩も固く安定しています。
2019年07月13日 09:02撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の核心
ここも無雪期は難なく登れます。岩も固く安定しています。
1
上から登攀中のメンバーを見下ろします。
2019年07月13日 09:05撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から登攀中のメンバーを見下ろします。
1
2番目の核心を抜けるとお花畑状になっていました。
2019年07月13日 09:13撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の核心を抜けるとお花畑状になっていました。
1
お花畑を次の核心に向けて進みます。
2019年07月13日 09:13撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑を次の核心に向けて進みます。
ミヤマシオガマ
いつもミヤマシオガマかタカネシオガマかわからなくなります…
2019年07月13日 09:14撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ
いつもミヤマシオガマかタカネシオガマかわからなくなります…
1
最後の核心の入り口です。
2019年07月13日 09:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の核心の入り口です。
1
これが最後の核心
この凹角を登り切れば、後は易しい岩稜歩きで頂上(北峰)です。
2019年07月13日 09:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが最後の核心
この凹角を登り切れば、後は易しい岩稜歩きで頂上(北峰)です。
1
最後の核心を抜けるとこんな岩稜帯です。
易しいとは言え、一般ルートでは難所になるような地形ですね。
2019年07月13日 09:30撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の核心を抜けるとこんな岩稜帯です。
易しいとは言え、一般ルートでは難所になるような地形ですね。
1
バリエーション登ってるな〜って感じしますね!?
2019年07月13日 09:32撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリエーション登ってるな〜って感じしますね!?
1
チョウノスケソウ
八ヶ岳では沢山咲いています。もうすっかり高山植物の時期ですね。
2019年07月13日 09:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ
八ヶ岳では沢山咲いています。もうすっかり高山植物の時期ですね。
1
頂上はもうすぐそこ。
でも北峰なので本当の頂上(南峰)とずれているのがちょっと残念なところです。
2019年07月13日 09:34撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はもうすぐそこ。
でも北峰なので本当の頂上(南峰)とずれているのがちょっと残念なところです。
1
阿弥陀岳をバックに最後の登りです。
2019年07月13日 09:36撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳をバックに最後の登りです。
1
富士山も見えました。
今日は3連休唯一のチャンスだったようです。
2019年07月13日 09:41撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えました。
今日は3連休唯一のチャンスだったようです。
2
文三郎道にはマムートの階段がたくさんありました
2019年07月13日 10:51撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道にはマムートの階段がたくさんありました
行者小屋から赤岳を振り返ります
さすがに3連休の八ヶ岳。多くの人でにぎわっていました。主稜は4人占めでしたが。
2019年07月13日 11:03撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋から赤岳を振り返ります
さすがに3連休の八ヶ岳。多くの人でにぎわっていました。主稜は4人占めでしたが。

感想/記録
by yy0419

 山岳会メンバーで当初北アルプスの明神岳に、夏の初めに簡単なバリエーション体験に行く予定でしたが、梅雨時の不安定な天候が続いて当初計画は断念。13日のみならどうにかなりそうということで、日帰り八ヶ岳に変更。阿弥陀岳南稜では面白みに欠けるので、バリエーションらしさが味わえ、アプローチ等が比較的楽で安全な赤岳主稜に行ってみることにしました。
 結果的にはまずまずの天候に恵まれ、想定通りの難しすぎず簡単すぎないバリエーション体験が出来ました。最年少Kさんには有り余った体力を解消してもらうため、登頂後に阿弥陀まで縦走してもらいました。下山後1時間もしないうちに雨が降り出し、早めの行動が功を奏した結果になり、すべてがうまく回ったようでした。(帰りの高速も渋滞なし。)
訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ