また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1927102 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

オオヤマレンゲ咲く八経ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行者還トンネル西口の有料駐車場へ置きました。料金1,000円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間14分
合計
7時間9分
S行者還トンネル西口07:0207:53奥駈道出合07:5408:18弁天ノ森08:1908:45聖宝ノ宿跡08:5009:46弥山小屋09:4809:50弥山09:5209:56弥山小屋10:0810:44大峰山11:0411:34国見八方覗11:39弥山小屋12:0412:42聖宝ノ宿跡12:4413:08弁天ノ森13:27奥駈道出合13:2914:09行者還トンネル西口14:1114:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースはよく歩かれた道で問題ありません。
・トンネル西口〜奥駈出合
 序盤川沿いの散歩道という感じですが、木の橋を渡ったあたりから登り道が続きます。梅雨時期は湿度高く、このあたりは風も無く、とても暑く汗をかきました。
 帰りは、森の中なのであまり雨にもぬれずに済みました。
・奥駈出合〜聖宝ノ宿跡
 途中、弁天の森の小ピークがありますが、歩きやすい道です。
・聖宝ノ宿跡〜弥山
 登りが続きます。弥山頂上は小屋・トイレ(協力金100円)があり、ベンチ等もあります。でも雨宿りするようなところは、木陰くらいで、あんまりありませんでした。
 弥山神社や国見八方睨は歩いてすぐです。
・弥山〜八経ヶ岳
 途中、オオヤマレンゲの保護のゲートがあり、ゲート内ではオオヤマレンゲがたくさん咲いていました。
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

写真

行者還トンネル行きは通りましたが、灯火が無く真っ暗なトンネルでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者還トンネル行きは通りましたが、灯火が無く真っ暗なトンネルでした
大峰初登山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰初登山です。
序盤は川沿いの道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は川沿いの道
橋を渡って、登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って、登ります。
ときたまに、見開きがありましたが、ガスでほとんど見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときたまに、見開きがありましたが、ガスでほとんど見えず
案内看板充実してます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板充実してます
こんなところにも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところにも
どんどん歩いて弁天の森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん歩いて弁天の森
お札があるところが、修験者の道を実感させる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お札があるところが、修験者の道を実感させる
三角点は大切に
点名=聖宝、標高=1600.49 m、等級=三等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名=聖宝、標高=1600.49 m、等級=三等三角点
ナツツバキが落ちていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナツツバキが落ちていた
見上げると花が咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると花が咲いていた
1
聖宝ノ宿跡に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖宝ノ宿跡に到着
あの平らなところが宿跡なのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの平らなところが宿跡なのかな?
理源大師像。
お参りしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
理源大師像。
お参りしました。
咲き終わったものがたくさんありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き終わったものがたくさんありました。
2
山上ヶ岳方面、ガスっていてよくわからない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上ヶ岳方面、ガスっていてよくわからない
1
弥山小屋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋が見えてきた
弥山神社に行ってこよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山神社に行ってこよう
八経ヶ岳が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳が見えます
縁起の説明もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縁起の説明もありました
次はオオヤマレンゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はオオヤマレンゲ
ゲートで保護してありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートで保護してありました
1
群生地を通り、八経ヶ岳に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生地を通り、八経ヶ岳に到着
4
三角点は大切に
点名=弥仙山、標高=1915.11 m、等級=二等三角点
コンクリートで補修がしてあった。悲しいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名=弥仙山、標高=1915.11 m、等級=二等三角点
コンクリートで補修がしてあった。悲しいね。
1
見晴らしがほとんどないのが残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしがほとんどないのが残念
少しの間、ガスの動きを見てました。
少し見えたり、かくれたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの間、ガスの動きを見てました。
少し見えたり、かくれたり
1
帰りにも、見て歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにも、見て歩きます。
2
帰りに、国見八方睨へ行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに、国見八方睨へ行ってみます。
3
帰り道。
コケが多いのは、やっぱり雨が多いかと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道。
コケが多いのは、やっぱり雨が多いかと思う。
1
道にショウキランが咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道にショウキランが咲いていた
6
初めてみる花でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてみる花でした
4
奥駈出合。ガスが出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥駈出合。ガスが出てきた
1
ヒメシャラの花がコケの上に並んでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャラの花がコケの上に並んでいた。
3
よく見るとナツツバキやヒメシャラのつるつるの木が多いな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見るとナツツバキやヒメシャラのつるつるの木が多いな
2
よく見ると、いっぱい白い花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると、いっぱい白い花

感想/記録

奈良・八経ヶ岳にオオヤマレンゲが咲いてきたというので行ってきました。
昨年、北陸の銀杏峰に咲くので見に行ってましたが、今年は、足を延ばして、奈良まで行ってみました。
あいにくの天気で、奥深い大峰奥駈道の風景・山容はほとんど見えませんでしたが、花の可憐さが、それを補ってくれました。
なかなか遠くって難しいですが、また来てみたいと思います。
奈良もなかなか奥深いですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:832人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ