また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1930008 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

高妻山(弥勒新道周回)

日程 2019年07月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠キャンプ場・登山者用無料駐車場、6〜7割位の埋まり具合
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間7分
休憩
42分
合計
9時間49分
S戸隠キャンプ場バス停06:0006:04戸隠キャンプ場06:0506:11戸隠牧場入口06:22弥勒尾根コース分岐06:2306:31ゲート07:26帯岩07:3207:37一杯清水07:56一不動(避難小屋)07:5807:59一不動08:0109:38五地蔵山09:4010:15八観音11:24高妻山11:3912:50八観音12:5813:38五地蔵山13:3914:32弥勒尾根1596m点15:18弥勒尾根入口15:2015:30弥勒尾根コース分岐15:38戸隠牧場入口15:3915:44戸隠キャンプ場15:48戸隠キャンプ場バス停15:4915:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
朝のうちは雨で、10時ころから曇りの天気予報
晴れを待っていてはいつまでも山行に行けないので、思い切って高妻山へ
久々の雨具着用、昼前から気温が上がり、結構汗をかいた
展望全くなし、ロングルートで修行なみ、身体を動かしたという満足感は大きい
コース状況/
危険箇所等
青い登山靴が下山時は灰色、戸隠牧場の入口に登山ポストあり
その他周辺情報牧場入口の白樺食堂、神告げ温泉
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 昼ご飯 行動食 非常食 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 時計 ツェルト
備考 芍薬甘草湯持参:途中で足がつり、敗退濃厚だったが内服で小康状態、ストックもつかって何とか登頂達成
虫除けせず:雨で虫は少ないかと思ったが逆だった、耳をさされて腫れた
氷清水の湧水:汲まずに後悔

写真

雨のち曇りの天気予報、駐車場は6〜7割程度の入り具合
2019年07月14日 04:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨のち曇りの天気予報、駐車場は6〜7割程度の入り具合
am6:00スタート
2019年07月14日 06:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
am6:00スタート
うっすらと戸隠連山
2019年07月14日 06:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと戸隠連山
田中陽希も顔を入れてた
2019年07月14日 06:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田中陽希も顔を入れてた
牧場入口
2019年07月14日 06:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場入口
柵の中、牛のすぐ横を歩くのでちょっと怖い
2019年07月14日 06:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵の中、牛のすぐ横を歩くのでちょっと怖い
牧場出口
2019年07月14日 06:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場出口
前日の雨でもそれほど増水してませんでした
2019年07月14日 06:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の雨でもそれほど増水してませんでした
泥濘続く
2019年07月14日 06:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥濘続く
矢印もあり
2019年07月14日 06:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢印もあり
滑滝(クサリ場)
2019年07月14日 07:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑滝(クサリ場)
川の中に文字の刻まれた石発見
2019年07月14日 07:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の中に文字の刻まれた石発見
氷清水、冷たくておいしい、汲まずに行って後悔
2019年07月14日 07:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷清水、冷たくておいしい、汲まずに行って後悔
一不動避難小屋
2019年07月14日 07:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一不動避難小屋
ゴゼンタチバナ
2019年07月14日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
四普賢(しふげん)
2019年07月14日 08:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四普賢(しふげん)
五地蔵の少し先にある五地蔵山
2019年07月14日 09:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五地蔵の少し先にある五地蔵山
六弥勒(分岐)
地形図では五地蔵山の表記
2019年07月14日 09:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六弥勒(分岐)
地形図では五地蔵山の表記
八観音
このさきに2053mの八丁ダルミがあるはずだが見つからず
2019年07月14日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八観音
このさきに2053mの八丁ダルミがあるはずだが見つからず
十阿弥陀
20人弱の団体さんが休憩中
2019年07月14日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十阿弥陀
20人弱の団体さんが休憩中
高妻山山頂
ガスで何も見えず
2019年07月14日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山山頂
ガスで何も見えず
ハクサンチドリ
2019年07月14日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
ハナニガナかな
2019年07月14日 11:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナニガナかな
ゴゼンタチバナいっぱい
2019年07月14日 11:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナいっぱい
ツマトリソウ
2019年07月14日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
アカモノ
2019年07月14日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ
ヨツバシオガマ
2019年07月14日 12:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
シャクナゲは山頂近辺に多め
2019年07月14日 12:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲは山頂近辺に多め
イワカガミもちらほら
2019年07月14日 12:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミもちらほら
終日こんなかんじ
2019年07月14日 13:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終日こんなかんじ
六弥勒の分岐に戻り、弥勒新道へ
2019年07月14日 13:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六弥勒の分岐に戻り、弥勒新道へ
このあたり結構な急坂を下る、笹の根で滑る
2019年07月14日 13:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり結構な急坂を下る、笹の根で滑る
な、長い
2019年07月14日 14:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
な、長い
まだ下る
2019年07月14日 14:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ下る
牧場が見えてホッとするが標高差であと300〜400m
2019年07月14日 14:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場が見えてホッとするが標高差であと300〜400m
ブナ仙人
2019年07月14日 14:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ仙人
元の色が分からなくなった
2019年07月14日 15:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元の色が分からなくなった
弥勒新道出口
2019年07月14日 15:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥勒新道出口
朝の入口にやっと到着
2019年07月14日 15:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の入口にやっと到着
牧場はキャンパーと観光客で結構混んでる
2019年07月14日 15:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場はキャンパーと観光客で結構混んでる
白樺食堂の月見そば
メニューに書いてないが天ぷらとフキ、白菜浅漬けもついてきた
全部おいしい
2019年07月14日 16:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺食堂の月見そば
メニューに書いてないが天ぷらとフキ、白菜浅漬けもついてきた
全部おいしい
1
神告げ温泉600円
2019年07月14日 16:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神告げ温泉600円

感想/記録

コースタイム8時間30分とみていたが、途中で足がつってしまい、オーバーした。
「足が棒になる」というのは比喩だと思っていたが、本当に突っ張って棒になってしまった。こんなことあるんだという実体験。
立つことも座ることもできず、横にあった枝木にもたれコサックダンス状態に。
3〜4分くらい、打つ手なく放心状態だったが、足がつって死んだというのは聞いたことがないなぁなどと考えているうちに柔らかくなり少し曲げられるようになった。
ひざに手を当てて少し登ると五地蔵の広場に出たのでそこで休憩をとった。
芍薬甘草湯やビタミン剤、ミネラルもとれそうなナッツ、ドライフルーツなどを水とゼリー飲料で流し込んだ。マッサージ、軽いストレッチ、考え付く事すべてやってみた。
15分位したら、少し歩けるようになった。

六弥勒から撤退を考えていたが、ストックを使って行ける所まで行ってみようという気持ちが湧いてきた。
たまたま居合わせた男性から心配や励ましの言葉をかけられ、しゃべったら気分転換になったようだ。ありがたい。

その後、だましだましゆっくり歩いて九勢至までは楽だったが、最後の急登は果てしなく続き、ようやく十阿弥陀へ到着した。
20人位の中高年パーティがいて、休憩できず。
山頂へ向かったが、パーティが移動してきて、集合写真を撮って下さいと頼まれた。
みなさん元気そうでなによりです。

横浜から来たというソロの男性と少し話したら、2時間半で到着したとの事。
アイゼンで自分の足を切ったとか。ケガにはお互い気をつけましょう。
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ