また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1937700 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳縦走 横岳〜硫黄岳

情報量の目安: C
-拍手
日程 2019年07月20日(土) ~ 2019年07月21日(日)
メンバー
天候 20日曇時々雨、21日曇(但し雲は高い)
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間48分
休憩
39分
合計
4時間27分
S八ヶ岳山荘10:1811:22やまのこ村11:2611:41赤岳山荘11:46美濃戸山荘11:5112:32堰堤広場12:4313:46赤岳鉱泉14:0414:35中山尾根展望台14:3614:45行者小屋
2日目
山行
8時間32分
休憩
1時間32分
合計
10時間4分
行者小屋03:5605:28地蔵の頭05:53二十三夜峰06:0006:14日ノ岳06:1706:23鉾岳06:3206:35石尊峰06:3907:05三叉峰(横岳)07:15横岳(無名峰)07:26横岳07:3308:02台座ノ頭08:32硫黄岳山荘08:4809:17硫黄岳09:1809:53赤岩の頭09:5510:55ジョウゴ沢11:02大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:07赤岳鉱泉11:2312:18堰堤広場12:2812:57美濃戸山荘12:5913:02赤岳山荘13:1713:18やまのこ村14:00八ヶ岳山荘14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:17 スタート(0.00km) 10:17 - その他(7.63km) 14:45 - ゴール(20.23km) 14:00
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 行動食 非常食 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

雲は高く、遠景を遮るものはなく、遠くに北アルプス全景が見えました。
2019年07月21日 05:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は高く、遠景を遮るものはなく、遠くに北アルプス全景が見えました。
富士山もほぼ全ての姿を見せていただいています
2019年07月21日 05:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もほぼ全ての姿を見せていただいています
2
赤岳、去年登った山。
2019年07月21日 06:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、去年登った山。
2
芽キャベツみたいなイワベンケイ。
2019年07月21日 06:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芽キャベツみたいなイワベンケイ。
2
もう散ってしまっていたと思われたレアキャラのウルップソウ
2019年07月21日 07:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう散ってしまっていたと思われたレアキャラのウルップソウ
1
ここにあるからキバナシャクナゲということで。。。
2019年07月21日 09:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにあるからキバナシャクナゲということで。。。
天狗岳と蓼科山
2019年07月21日 09:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳と蓼科山
爆裂火口をかなり離れた位置から撮影
2019年07月21日 09:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口をかなり離れた位置から撮影
1
本日歩いた稜線を振り返って、地蔵尾根から横岳、硫黄岳そして赤岳鉱泉から北沢で美濃戸口へ
2019年07月21日 09:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日歩いた稜線を振り返って、地蔵尾根から横岳、硫黄岳そして赤岳鉱泉から北沢で美濃戸口へ
2

感想/記録

初日の湿度の高い状況は続かず、曇りながらも雲は高くそれでいて暑くない。
景色もくっきりと見えて登山には適した状況と言えるかもしれません。おまけに花も咲き乱れており、もうシーズンは終わったと言われていたウルップソウもいくつか見かけました。景色もお花もよく見れてよかったのではないかと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:199人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ