また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1957839 全員に公開 ハイキング 石鎚山

石鎚山・・・山頂小屋で一泊(石鎚山・成就社コース)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年07月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候1日目:晴れのち曇り、夕方から晴れ 2日目:曇り時々霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
しまなみ海道からだと「いよ小松インター」で下りるのがよさそう(今回は関西組と合流したので「いよ西条インター」でおりました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
22分
合計
4時間4分
Sスタート地点07:3607:58成就社08:0008:08八丁坂08:0908:19八丁のコル09:30前社が森09:4510:09夜明峠10:36一ノ鎖(下)10:55二の鎖下10:5711:13二ノ森・面河渓方面分岐11:1511:24三ノ鎖(下)11:40石鎚山・弥山G
日帰り
山行
2時間1分
休憩
17分
合計
2時間18分
三ノ鎖(下)08:0108:02二ノ森・面河渓方面分岐08:0408:09二の鎖下08:1208:17一ノ鎖(下)08:1808:28夜明峠08:53前社が森08:5409:30八丁のコル09:3309:45八丁坂09:53成就社10:0010:18山頂成就駅10:19ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖場は濡れていると一般ハイカーにとっては結構怖かったです。試しの鎖は登ると反対側に下りないといけません。弥山から天狗については天気が良ければグリップがよく効くので面白いです。う回路の方が草花が多かったです。
その他周辺情報下りてすぐに汗を流したかったので温泉旅館 京屋の日帰り温泉に入りました。コンビニは国道11号沿いにあります。松山自動車道の石鎚ハイウェイオアシスに日帰り温泉やモンベルがあります。
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

友人と南八の予定が台風で急遽石鎚山になった。6時40分にロープウェイ乗り場へと向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
友人と南八の予定が台風で急遽石鎚山になった。6時40分にロープウェイ乗り場へと向かう。
ロープウェイ乗り場の前にキレンゲショウマがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場の前にキレンゲショウマがある。
2
植栽のようだ。つぼみが多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植栽のようだ。つぼみが多い。
4
始発の7時20分に乗ることができた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発の7時20分に乗ることができた。
急な斜面をいっきに上がって山上駅へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面をいっきに上がって山上駅へ。
石鎚山頂・成就との道標に従いコンクリ道を上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚山頂・成就との道標に従いコンクリ道を上がる。
1
お寺がでてきた。総本山 前禅寺奥之院とある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お寺がでてきた。総本山 前禅寺奥之院とある。
石鎚神社との大きな鳥居が、前方に石鎚山の山頂の岩峰がでてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚神社との大きな鳥居が、前方に石鎚山の山頂の岩峰がでてきた。
2
日の出屋旅館という旅館がある。建物がたくさんある。公衆トイレもあるようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出屋旅館という旅館がある。建物がたくさんある。公衆トイレもあるようだ。
1
歩いていくと中宮成就社とある石の鳥居がでてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いていくと中宮成就社とある石の鳥居がでてきた。
1
ここで一休みして道標に従い進んでいく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一休みして道標に従い進んでいく。
木の階段の下り坂となる。地図看板があり山頂まで3時間半とある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の階段の下り坂となる。地図看板があり山頂まで3時間半とある。
1
しばらく快適な森の中を歩いてく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく快適な森の中を歩いてく。
2
大きなブナも時々見られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなブナも時々見られる。
2
8時16分、成就から0.6kmとの道標のところで鳥居がでてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時16分、成就から0.6kmとの道標のところで鳥居がでてきた。
1
再び山頂の岩場が見えてきた。アルプス見たいな光景だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山頂の岩場が見えてきた。アルプス見たいな光景だ。
2
8時23分に最低鞍部に着いた。ここが標高1300m地点で成就は1400mと看板にある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時23分に最低鞍部に着いた。ここが標高1300m地点で成就は1400mと看板にある。
ここまで成就から1000m・土小屋分岐まで2000mでそこから弥山まで600mとある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで成就から1000m・土小屋分岐まで2000mでそこから弥山まで600mとある。
1
ここから登りとなり木の階段道となった。少し急な登り道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登りとなり木の階段道となった。少し急な登り道が続く。
1
快晴の下の森が気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の下の森が気持ちいい。
2
9時12分、試しの鎖にでてきた。鎖場の左の看板に岩山の反対側が下りの鎖場で・・・とある。この時点では看板に気づいておらず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時12分、試しの鎖にでてきた。鎖場の左の看板に岩山の反対側が下りの鎖場で・・・とある。この時点では看板に気づいておらず。
2
迂回路は使わずに鎖場を登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路は使わずに鎖場を登っていく。
1
一番厳しいと聞いていたとおり?岩が濡れているので気を使う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番厳しいと聞いていたとおり?岩が濡れているので気を使う。
4
7時20分、ピークに着いた。霞があるものの晴れ。少し石鎚山の山頂近くに雲が流れている。みんな無事に登ってきて、下りの鎖場へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時20分、ピークに着いた。霞があるものの晴れ。少し石鎚山の山頂近くに雲が流れている。みんな無事に登ってきて、下りの鎖場へ。
2
下り=下山時と勘違いしていたことに気づく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り=下山時と勘違いしていたことに気づく。
下りの方がきついらしいが登りが濡れていたこともあってか登りとあまり変わらないような感じだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの方がきついらしいが登りが濡れていたこともあってか登りとあまり変わらないような感じだった。
1
9時35分に下り終えると小屋がでてきた。売店になっているようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時35分に下り終えると小屋がでてきた。売店になっているようだ。
振り返ると試しの鎖のピークが見える。何人かが下りている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると試しの鎖のピークが見える。何人かが下りている。
2
タカネオトギリが咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネオトギリが咲いている。
1
山頂がガスに覆われている。着いた頃にはガスの中かなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂がガスに覆われている。着いた頃にはガスの中かなあ。
1
10時23分、小屋が出てきた。一の鎖への入口だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時23分、小屋が出てきた。一の鎖への入口だ。
試しの鎖同様に太くてごつい鎖だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試しの鎖同様に太くてごつい鎖だ。
慎重に登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に登っていく。
2
こちらは岩が乾いていたのでそれほど怖くはなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは岩が乾いていたのでそれほど怖くはなかった。
3
登り終えると再び笹原になった。山頂部はすっかりガスの中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り終えると再び笹原になった。山頂部はすっかりガスの中。
1
前方に少し大きめの建物が見えている。10時46分、鳥居をくぐると土小屋からの登山道と合流した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に少し大きめの建物が見えている。10時46分、鳥居をくぐると土小屋からの登山道と合流した。
急な階段を上がると再び鳥居が出てきて二の鎖へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な階段を上がると再び鳥居が出てきて二の鎖へ。
これが岩が濡れていて岩場の苦手な自分にはとても怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが岩が濡れていて岩場の苦手な自分にはとても怖い。
4
なんとか登り終えると普通?の鎖がでてきた。これが三の鎖かなあ、でもそんなはずはないなあと思い再び森の中を登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか登り終えると普通?の鎖がでてきた。これが三の鎖かなあ、でもそんなはずはないなあと思い再び森の中を登っていく。
10時28分に三の鎖がでてきた。これまでの鎖場の中で一番たっていて垂直に見える。それに長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時28分に三の鎖がでてきた。これまでの鎖場の中で一番たっていて垂直に見える。それに長い。
5
でもこちらは岩肌が乾燥していて意外と登りやすかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもこちらは岩肌が乾燥していて意外と登りやすかった。
3
下から見て長いなあと思っていたけれどもそれ以上に長くて足がだいぶん堪えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見て長いなあと思っていたけれどもそれ以上に長くて足がだいぶん堪えた。
5
11時43分に登り終えると石畳がでてきてすぐ先に神社がでてきた。弥山山頂だ。やっと着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時43分に登り終えると石畳がでてきてすぐ先に神社がでてきた。弥山山頂だ。やっと着いた。
2
天狗岳はほぼガスの中だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳はほぼガスの中だ。
1
ここでソールがはがれたとH君。小屋の人に針金をお願いしてペンチを借りて応急処置をした。とりあえずは安心。宿泊の受付をして部屋に入るがまだ誰もいない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでソールがはがれたとH君。小屋の人に針金をお願いしてペンチを借りて応急処置をした。とりあえずは安心。宿泊の受付をして部屋に入るがまだ誰もいない。
1
二の森と鞍瀬ノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の森と鞍瀬ノ頭
2
岩場の下をのぞくとシコクイチゲが咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の下をのぞくとシコクイチゲが咲いている。
3
15時20分にに鎖場を下って天狗岳に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時20分にに鎖場を下って天狗岳に向かう。
1
高度感はあるけれども岩が乾燥していてグリップがきいているので面白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感はあるけれども岩が乾燥していてグリップがきいているので面白い。
2
一か所すぱっと切れ落ちているところを通過するところがある。なんとなく前回通った記憶がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一か所すぱっと切れ落ちているところを通過するところがある。なんとなく前回通った記憶がある。
2
15時40分、天狗岳山頂に着いた。Nさんは部屋で休んでいるとのことなので四人で記念撮影をする。15時50分に引き返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時40分、天狗岳山頂に着いた。Nさんは部屋で休んでいるとのことなので四人で記念撮影をする。15時50分に引き返す。
4
岩の下の方を見ると終わりかけのミヤマダイコンソウがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の下の方を見ると終わりかけのミヤマダイコンソウがある。
3
クライミングの終了点が見える。怖そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライミングの終了点が見える。怖そう。
1
鎖場を登って16時10分に戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登って16時10分に戻ってきた。
1
小屋の前で休んでいると見覚えのある鳥がやってきた。ホシガラスだ。がーがと変わった鳴き声だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前で休んでいると見覚えのある鳥がやってきた。ホシガラスだ。がーがと変わった鳴き声だ。
4
青空が見えてきたのでそとへでてくると東海地方を進んでいる台風の影響で雲の動きがとてもダイナミックだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が見えてきたのでそとへでてくると東海地方を進んでいる台風の影響で雲の動きがとてもダイナミックだ。
1
二ノ森と鞍瀬ノ頭がかっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ森と鞍瀬ノ頭がかっこいい。
2
ブロッケンが見えている。くっきり見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッケンが見えている。くっきり見える。
5
17時に神社の神事に参加したあと17時半から夕食だ。具だくさんのカレーがとてもおいしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時に神社の神事に参加したあと17時半から夕食だ。具だくさんのカレーがとてもおいしい。
3
翌朝はガスガスだ。食べてから準備を済ませて7時50分に下山を開始した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝はガスガスだ。食べてから準備を済ませて7時50分に下山を開始した。
1
登ってきた鎖場とは小屋の反対側にう回路はある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた鎖場とは小屋の反対側にう回路はある。
下山はすべて迂回路を利用して鎖場は通らず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はすべて迂回路を利用して鎖場は通らず。
1
金属でできたはしけを下りていく。すごいところに作ったものだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金属でできたはしけを下りていく。すごいところに作ったものだ。
1
8時に面河渓・二ノ森への分岐がでてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時に面河渓・二ノ森への分岐がでてきた。
18時12分に土小屋コースとの分岐にでてきた。二の鎖がはじまるところだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18時12分に土小屋コースとの分岐にでてきた。二の鎖がはじまるところだ。
9時56分、成就に着いた。成就神社にお参りをして下りていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時56分、成就に着いた。成就神社にお参りをして下りていく。
2
お店の前に猫がじっと座っているのがかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お店の前に猫がじっと座っているのがかわいい。
3
10時20分前にロープウェイ乗り場に着いたらすぐに発車であっという間に下りてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時20分前にロープウェイ乗り場に着いたらすぐに発車であっという間に下りてきた。
1
駐車場となりの温泉に入って(ボディソープ・シャンプーなし)石鎚ハイウェイオアシスのモンベルによって解散した。普通なら日帰りで登ることろを友人らで一泊したことでより充実した山歩きを楽しむことができた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場となりの温泉に入って(ボディソープ・シャンプーなし)石鎚ハイウェイオアシスのモンベルによって解散した。普通なら日帰りで登ることろを友人らで一泊したことでより充実した山歩きを楽しむことができた。
3

感想/記録
by ohkamo

友人と南八ヶ岳に登ろうと計
画していたところがまさかの
台風で急遽予定を変更して石
鎚山に登ることになった。初
めて登ったのは15年前でその
時は土小屋からだった。今回
は初めてロープウェイ側から
登ることになった。仕事が終
わって(終わらせて?)17時
過ぎに福山市内を出発してし
まなみ海道を渡った。

来島海峡サービスエリアで夕
食をとって(19時05分)、松
山自動車道で新居浜インター
で下りた。国道11号を東へ進
み土井インターで再び松山自
動車道へ。下りの入野パーキ
ングが集合場所なので待機す
る。ここで爆睡してしまって
起きたら0時。1時に関西組(
といっても広島組は一人だけ
ど)が到着していよ西条イン
ターでおりて国道11号を西へ。
加茂川橋で国道194号へ。
松山自動車道の高架の手前で
石鎚登山口・県道12号の道標
がでてくるのでここで右折す
る。あとは道標に従い進んで
いくと自然と石鎚山ロープウ
ェイ乗り場の駐車場に着いた。
車は2,3台停まっているだ
けだった。

虫よけネットを車の窓に二組
つけたのがとても効果があっ
てよく眠れた。6時頃に目が
覚めて寝れそうになかったの
で食事をとっていると駐車場
の集金の人がやってきた。駐
車料金は700円×2の1400円だ
った。

6時40分にロープウェイ乗り
場へと向かう。ロープウェイ
乗り場の前にキレンゲショウ
マがある。植栽のようだ。つ
ぼみが多い。6時50分頃に乗
り場に着いて待っていると数
組のパーティーがやってきた。
そうしていると改札がはじ
まり始発の7時20分に乗るこ
とができた。急な斜面をいっ
きに上がって山上駅へ。

7時36分に石鎚山頂・成就と
の道標に従いコンクリ道を上
がる。左手に芝生の広場があ
る。未舗装路になり右に道が
分岐していてそちらへ行くと
リフトのりばとある。冬だけ
動いているのかなあ。お寺が
でてきた。総本山 前禅寺奥
之院とある。未舗装林道を歩
いていく。成就社まで約20分
・ここは奥前禅寺とある。リ
フト軌道の下をくぐると石鎚
神社との大きな鳥居が、前方
に石鎚山の山頂の岩峰がでて
きた。日の出屋旅館という旅
館がある。建物がたくさんあ
る。公衆トイレもあるようだ。
歩いていくと中宮成就社と
ある石の鳥居がでてきた。こ
こで一休みして道標に従い進
んでいく。木の階段の下り坂
となる。地図看板があり山頂
まで3時間半とある。石鎚山
頂3.5km・成就0.km。し
ばらく快適な森の中を歩いて
く。大きなブナも時々見られ
る。

8時16分、成就から0.6kmと
の道標のところで鳥居がでて
きた。再び山頂の岩場が見え
てきた。アルプス見たいな光
景だ。8時23分に最低鞍部に
着いた。ここが標高1300m地
点で成就は1400mと看板にあ
る。ここまで成就から1000m
・土小屋分岐まで2000mでそ
こから弥山まで600mとある。
ここから登りとなり木の階
段道となった。少し急な登り
道が続く。快晴の下の森が気
持ちいい。9時12分、試しの
鎖にでてきた。鎖場の左の看
板に岩山の反対側が下りの鎖
場で・・・とある。この時点
では看板に気づいておらず。
迂回路は使わずに鎖場を登っ
ていく。一番厳しいと聞いて
いたとおり?岩が濡れている
ので気を使う。7時20分、ピ
ークに着いた。霞があるもの
の晴れ。少し石鎚山の山頂近
くに雲が流れている。みんな
無事に登ってきて、下りの鎖
場へ。下り=下山時と勘違い
していたことに気づく。下り
の方がきついらしいが登りが
濡れていたこともあってか登
りとあまり変わらないような
感じだった。

9時35分に下り終えると小屋
がでてきた。売店になってい
るようだ。小屋の先で団体さ
んが休んでいる。笹の下地の
森になってきた。左手が絶壁
になっている。振り返ると試
しの鎖のピークが見える。何
人かが下りている。タカネオ
トギリが咲いている。山頂が
ガスに覆われている。着いた
頃にはガスの中かなあ。

10時13分、鞍部からの中間地
点とあるところに着いた。草
原の稜線になっている。左前
方に険しい岩峰が見える。

10時23分、小屋が出てきた。
一の鎖への入口だ。試しの鎖
同様に太くてごつい鎖だ。慎
重に登っていく。こちらは岩
が乾いていたのでそれほど怖
くはなかった。登り終えると
再び笹原になった。山頂部は
すっかりガスの中。

前方に少し大きめの建物が見
えている。10時46分、鳥居を
くぐると土小屋からの登山道
と合流した。急な階段を上が
ると再び鳥居が出てきて二の
鎖へ。これが岩が濡れていて
岩場の苦手な自分にはとても
怖い。なんとか登り終えると
普通?の鎖がでてきた。これ
が三の鎖かなあ、でもそんな
はずはないなあと思い再び森
の中を登っていく。

10時28分に三の鎖がでてきた。
これまでの鎖場の中で一番
たっていて垂直に見える。そ
れに長い。でもこちらは岩肌
が乾燥していて意外と登りや
すかった。ただ下から見て長
いなあと思っていたけれども
それ以上に長くて足がだいぶ
ん堪えた。

11時43分に登り終えると石畳
がでてきてすぐ先に神社がで
てきた。弥山山頂だ。やっと
着いた。天狗岳はほぼガスの
中だ。

ここでソールがはがれたとH
君。小屋の人に針金をお願い
してペンチを借りて応急処置
をした。とりあえずは安心。
宿泊の受付をして部屋に入る
がまだ誰もいない。ザックを
置いて、食堂で食べてビール
で乾杯。とてもおいしい。

部屋で昼寝してそろそろ天狗
岳へ行こうかと外へ出ると二
の森あがりがみえてきた。天
狗岳も見えている。岩場の下
をのぞくとシコクイチゲが咲
いている。15時20分にに鎖場
を下って天狗岳に向かう。左
側にガスが湧いている。高度
感はあるけれども岩が乾燥し
ていてグリップがきいている
ので面白い。一か所すぱっと
切れ落ちているところを通過
するところがある。なんとな
く前回通った記憶がある。

15時40分、天狗岳山頂に着い
た。Nさんは部屋で休んでい
るとのことなので四人で記念
撮影をする。15時50分に引き
返す。岩の下の方を見ると終
わりかけのミヤマダイコンソ
ウがある。クライミングの終
了点が見える。怖そう。鎖場
を登って16時10分に戻ってき
た。小屋の前で休んでいると
見覚えのある鳥がやってきた。
ホシガラスだ。がーがと変
わった鳴き声だ。部屋に戻っ
てゴロゴロする。青空が見え
てきたのでそとへでてくると
東海地方を進んでいる台風の
影響で雲の動きがとてもダイ
ナミックだ。二ノ森と鞍瀬ノ
頭がかっこいい。ブロッケン
が見えている。くっきり見え
る。天狗岳の左に見えていて
面白い。17時に神社の神事に
参加したあと17時半から夕食
だ。具だくさんのカレーがと
てもおいしい。

19時前になるとうそのように
雲がとれてきた。19時10分に
日の入りをみることができた。
沸き立つ雲海がとてもきれ
いだ。ダイナミックな動きを
していてみていて飽きない。
花火が見えると誰かが話して
いて小屋の反対側へ出てみる
と西条市内の花火が良く見え
る。結構長くやっていた。表
に出てみると星空がとてもき
れいだ。21時に小屋の明かり
が消えるとなお一層きれいで
天の川がくっきり見えている。
21時半すぎ部屋に戻って就
寝した。

翌朝は期待していたご来光は
見れず昨日よりも天気が良く
ない。ガスガスだ。5時半頃
に起床して6時からの神事に
参加した。6時半から朝食。
食べてから準備を済ませて7
時50分に下山を開始した。下
山はすべて迂回路を利用して
鎖場は通らず。こちらの方が
花々が多い。金属でできたは
しけを下りていく。すごいと
ころに作ったものだ。

8時に面河渓・二ノ森への分
岐がでてきた。18時12分に土
小屋コースとの分岐にでてき
た。二の鎖がはじまるところ
だ。

9時35分、最低鞍部に着いた。
思っていたよりも早く着いた。
ここから登り返して9時5
6分、成就に着いた。成就神
社にお参りをして下りていく
。お店の前に猫がじっと座っ
ているのがかわいい。10時20
分前にロープウェイ乗り場に
着いたらすぐに発車であっと
いう間に下りてきた。10時33
分に下りて10時35分に駐車場
まで戻ってきた。駐車場とな
りの温泉に入って(ボディソ
ープ・シャンプーなし)石鎚
ハイウェイオアシスのモンベ
ルによって解散した。普通な
ら日帰りで登ることろを友人
らで一泊したことでより充実
した山歩きを楽しむことがで
きた。
http://sengamine.sakura.ne.jp/homepagenew/yamakiroku/2019/sanishizutisan190727/sanishizutisan190727.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:212人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ