また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2007416 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山(夜叉神→薬師・観音・地蔵→広河原、ワンデイ)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年09月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
広河原〜夜叉神峠駐車場までは乗り合いタクシーを使いました。1300円(協力金含む)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間26分
休憩
1時間13分
合計
7時間39分
S夜叉神峠登山口03:4704:19夜叉神峠04:23夜叉神峠小屋04:2405:06杖立峠05:30火事場跡05:52苺平06:10南御室小屋06:1306:46砂払岳06:4706:49薬師岳小屋06:57薬師岳06:5807:19鳳凰山07:2907:40鳳凰小屋分岐08:03アカヌケ沢の頭08:0408:15地蔵ヶ岳08:4708:58アカヌケ沢の頭09:0109:24高嶺09:2909:52白鳳峠09:5410:57白鳳峠入口11:0111:12広河原・吊り橋分岐11:16広河原インフォメーションセンター11:2611:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

午前3時40分出発。夜叉神峠登山口。まだ、真っ暗。
2019年09月07日 03:47撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前3時40分出発。夜叉神峠登山口。まだ、真っ暗。
夜叉神峠。登山者1人。同じく広河原経由で下山とのこと。
2019年09月07日 04:21撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠。登山者1人。同じく広河原経由で下山とのこと。
満点の星空だが、写真に写ってない。
2019年09月07日 04:21撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満点の星空だが、写真に写ってない。
朝焼けの北岳、間ノ岳。とても天気が良い。
2019年09月07日 05:29撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの北岳、間ノ岳。とても天気が良い。
白根三山。最高の天気だ。
2019年09月07日 05:30撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根三山。最高の天気だ。
夜叉神から薬師岳は、このような緩やかな登りが続く。歩きやすい。
2019年09月07日 05:44撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神から薬師岳は、このような緩やかな登りが続く。歩きやすい。
苺平に到着。
2019年09月07日 05:52撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苺平に到着。
南御室小屋に到着。出発準備をする登山者がたくさんいた。
2019年09月07日 06:09撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南御室小屋に到着。出発準備をする登山者がたくさんいた。
小屋近くに咲いていたヤナギラン。カナダ・アラスカでよく見る花でファイヤーウィードという名前。
2019年09月07日 06:10撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋近くに咲いていたヤナギラン。カナダ・アラスカでよく見る花でファイヤーウィードという名前。
稜線に出る。めっちゃ快晴!!
2019年09月07日 06:41撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出る。めっちゃ快晴!!
富士山もよく見える。
2019年09月07日 06:41撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もよく見える。
奇岩が現れてくる。
2019年09月07日 06:42撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩が現れてくる。
この稜線歩きが素晴らしい。
2019年09月07日 06:43撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線歩きが素晴らしい。
1
薬師岳小屋が見える。奥に甲斐駒ケ岳も見える。
2019年09月07日 06:46撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋が見える。奥に甲斐駒ケ岳も見える。
薬師岳小屋。水場がないとのこと。
2019年09月07日 06:49撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋。水場がないとのこと。
薬師岳に到着。北岳が雄大!
2019年09月07日 06:56撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳に到着。北岳が雄大!
1
観音岳を目指す。
2019年09月07日 06:58撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳を目指す。
八ケ岳やその奥に浅間山、さらに写真右奥にはふるさと栃木県の日光・男体山などの山々が見える。
2019年09月07日 07:00撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ケ岳やその奥に浅間山、さらに写真右奥にはふるさと栃木県の日光・男体山などの山々が見える。
1
観音岳までもう少し。
2019年09月07日 07:12撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳までもう少し。
観音岳到着。
2019年09月07日 07:19撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳到着。
地蔵岳方面。
2019年09月07日 07:22撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳方面。
歩いてきた稜線。
2019年09月07日 07:23撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
下界の街並みがよく見える。
2019年09月07日 07:24撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界の街並みがよく見える。
地蔵岳を目指す。
2019年09月07日 07:31撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳を目指す。
地蔵岳までもう少し。
2019年09月07日 07:43撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳までもう少し。
地蔵岳の麓に到着。オベリスクを目指す。
2019年09月07日 08:07撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳の麓に到着。オベリスクを目指す。
1
このチューリップ形がかっこいい。
2019年09月07日 08:11撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このチューリップ形がかっこいい。
1
オベリスク麓に到着。あれ?頂点に登るためのロープが無くなっている。後日調べたら事故多発のため撤去されたとのこと。残念。
2019年09月07日 08:35撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスク麓に到着。あれ?頂点に登るためのロープが無くなっている。後日調べたら事故多発のため撤去されたとのこと。残念。
仙丈岳、甲斐駒ケ岳、奥には北アルプスが良く見える。
2019年09月07日 08:35撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈岳、甲斐駒ケ岳、奥には北アルプスが良く見える。
1
オベリスク頂点へはクラックが数本走っており、フリーソロで登れなくはないが、こんなところで怪我してもつまらないのであきらめて下山。また今度カム類持って来ようっーと。
2019年09月07日 08:46撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスク頂点へはクラックが数本走っており、フリーソロで登れなくはないが、こんなところで怪我してもつまらないのであきらめて下山。また今度カム類持って来ようっーと。
地蔵岳麓のお地蔵さまたち。
2019年09月07日 08:52撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳麓のお地蔵さまたち。
甲斐駒とお地蔵さま。
2019年09月07日 08:52撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒とお地蔵さま。
高嶺を目指す。登り返しがつらい。
2019年09月07日 09:10撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高嶺を目指す。登り返しがつらい。
歩いてきた稜線。よく歩いてきたなぁ。
2019年09月07日 09:24撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。よく歩いてきたなぁ。
高嶺に到着。
2019年09月07日 09:24撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高嶺に到着。
高嶺から下山予定地の広河原が見える。あそこまで下らなくてはならないのか、、、。
2019年09月07日 09:26撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高嶺から下山予定地の広河原が見える。あそこまで下らなくてはならないのか、、、。
1
写真中央のガレ岩地帯が白鳳峠付近。
2019年09月07日 09:29撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央のガレ岩地帯が白鳳峠付近。
白鳳峠に到着。景色はない。
2019年09月07日 09:52撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳳峠に到着。景色はない。
見納めの北岳。また来るよっ。
2019年09月07日 09:56撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見納めの北岳。また来るよっ。
一気に樹林帯へ。苔むした森に癒される。
2019年09月07日 10:13撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に樹林帯へ。苔むした森に癒される。
高山植物も癒してくれる。
2019年09月07日 10:28撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物も癒してくれる。
白鳳峠入り口に到着。降りてきたー。
2019年09月07日 10:57撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳳峠入り口に到着。降りてきたー。
こんな感じの白鳳峠入り口。
2019年09月07日 10:57撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの白鳳峠入り口。
広河原に到着。ずーっと天気良かった。最高の登山日和でした。
2019年09月07日 11:12撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原に到着。ずーっと天気良かった。最高の登山日和でした。
1

感想/記録

台風15号の影響が心配だったが、来てみたら終日好天続きでした。これまたずっと前から歩き通したかった「夜叉神〜鳳凰三山〜広河原」を実行できました。最高の天気に、花崗岩の岩々、気持の良い稜線歩きでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:398人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ