また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2011747 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

南アルプス 仙丈ヶ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月07日(土) ~ 2019年09月08日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:毎日あるぺん号戸台口仙流荘〜北沢峠
復路:北沢峠〜広河原〜甲府
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はなし
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 帽子(1) ヘッドランプ(1) サングラス(1) 地図(1) コンパス(1) GPS(1) 笛(1) 筆記具(1) ラジオ(1) 飲料(2) ウェットティッシュ(1) トレペ(1) ファーストエイドキット・常備薬(1) タオル(1) 携帯電話(1) モバイルバッテリ(1) 雨具(1) グローブ(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) バーナー(1) クッカー(1) コーヒーカップ(1) トレッキングポール(1) 食糧(3) 携帯トイレ(2) 防寒具(1) ハードシェル(1) テント(1) フライ(1) テントポール(1) ペグ(1) シュラフ(1) シュラフマット(1) ココヘリ発信機(1)

写真

げげっ、なんだこの長蛇のバス待ちは!
当然初回10台のバスを見送ることとなり、出発はバスが折り返してくる6:30頃となりました。こればっかりはマイカー組に敵うはずもなく。。。あ、トイレ・身支度はゆっくりできました。
2019年09月07日 05:30撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
げげっ、なんだこの長蛇のバス待ちは!
当然初回10台のバスを見送ることとなり、出発はバスが折り返してくる6:30頃となりました。こればっかりはマイカー組に敵うはずもなく。。。あ、トイレ・身支度はゆっくりできました。
2
テン場も予想通り、しかし幕営場所には困ることなく水場の近くを確保できました。幕営代500円也。
2019年09月07日 07:28撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場も予想通り、しかし幕営場所には困ることなく水場の近くを確保できました。幕営代500円也。
林道脇のところから登り始めます。
2019年09月07日 08:12撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇のところから登り始めます。
2合目、この辺りはまだまだ余裕です。
2019年09月07日 08:44撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目、この辺りはまだまだ余裕です。
大滝の頭5合目。藪沢・小仙丈分岐
2019年09月07日 09:58撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の頭5合目。藪沢・小仙丈分岐
森林限界を越えるあたりで、振り返るとどーんと摩利支天を従えた甲斐駒ケ岳
2019年09月07日 10:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を越えるあたりで、振り返るとどーんと摩利支天を従えた甲斐駒ケ岳
1
本当に何度見ても惚れ惚れする山容。鋸岳への稜線と、その向こうに八ヶ岳連峰と赤岳が確認できます。眺望極めて良好。
2019年09月07日 10:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に何度見ても惚れ惚れする山容。鋸岳への稜線と、その向こうに八ヶ岳連峰と赤岳が確認できます。眺望極めて良好。
1
正面にはハイマツ帯と小仙丈ヶ岳へと続く稜線。これ登るの?こういうの力漲る人と萎える人がいると思いますが、私完全に後者です。
2019年09月07日 10:39撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にはハイマツ帯と小仙丈ヶ岳へと続く稜線。これ登るの?こういうの力漲る人と萎える人がいると思いますが、私完全に後者です。
1
この辺りからは振り返ると北沢峠のテン場が確認できます。確かにスーパー地形の見通し判定では、テン場から見えているのは仙丈ヶ岳ではなく、小仙丈ヶ岳。
2019年09月07日 11:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからは振り返ると北沢峠のテン場が確認できます。確かにスーパー地形の見通し判定では、テン場から見えているのは仙丈ヶ岳ではなく、小仙丈ヶ岳。
1
小仙丈ヶ岳。ここまできて、小仙丈カールとともに漸く女王様とご対面。
2019年09月07日 11:28撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳。ここまできて、小仙丈カールとともに漸く女王様とご対面。
1
向こうは乗鞍方面でしょうか?
2019年09月07日 11:30撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうは乗鞍方面でしょうか?
1
反対側に目をやると日本最高峰から3位までが見渡せます。いうまでもなく左から富士山、北岳、間ノ岳。北岳はみただけ〜。
2019年09月07日 11:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側に目をやると日本最高峰から3位までが見渡せます。いうまでもなく左から富士山、北岳、間ノ岳。北岳はみただけ〜。
1
やや心折れそうになってますが、もうちょっとの気持ちが大事。
2019年09月07日 12:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや心折れそうになってますが、もうちょっとの気持ちが大事。
1
通ってきたちょっとした岩場を振り返って写す。
2019年09月07日 12:25撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきたちょっとした岩場を振り返って写す。
漸く山頂を射程に捉えました。
2019年09月07日 13:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く山頂を射程に捉えました。
1
あー、しんどかったー。
2019年09月07日 13:19撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー、しんどかったー。
ええっ、もたもたしていると、やはりガスがああー
2019年09月07日 13:21撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええっ、もたもたしていると、やはりガスがああー
1
山頂標識 仙丈ヶ岳3033m。顔が写っている方は伏せておきます。ザックは誰のかな?
2019年09月07日 13:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識 仙丈ヶ岳3033m。顔が写っている方は伏せておきます。ザックは誰のかな?
2
ずっと甲斐駒ヶ岳に見守られての山行。
2019年09月07日 13:27撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと甲斐駒ヶ岳に見守られての山行。
1
結構時間がかかってしまったので早々に下山します。藪沢カール。
2019年09月07日 13:59撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構時間がかかってしまったので早々に下山します。藪沢カール。
1
仙丈小屋でしばし休憩
2019年09月07日 14:14撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋でしばし休憩
ナナカマドがすでに色好き始めています。
2019年09月07日 14:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドがすでに色好き始めています。
どんどん下ります。
2019年09月07日 14:32撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ります。
1
馬の背ヒュッテ、ここ日本酒好きには堪らんそうですが、またの機会に。
2019年09月07日 14:54撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテ、ここ日本酒好きには堪らんそうですが、またの機会に。
1
藪沢の清冽な沢水で顔を洗って頭を冷やします。
2019年09月07日 15:04撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪沢の清冽な沢水で顔を洗って頭を冷やします。
1
藪沢小屋、すぐ近くに水場もありました。
2019年09月07日 15:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪沢小屋、すぐ近くに水場もありました。
この辺りは何箇所かこのように沢水が流れています。
2019年09月07日 15:28撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは何箇所かこのように沢水が流れています。
藪沢分岐を経てなんとか暗くなる前に下山できました。あぶね〜。
2019年09月07日 16:52撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪沢分岐を経てなんとか暗くなる前に下山できました。あぶね〜。
翌朝は予報より好天になりましたが、台風の速度やら進行方向を把握できなかったので、電車等の遅れも想定し、予定通り朝一バスで甲府へ下山。お疲れ様でした。
2019年09月08日 09:59撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は予報より好天になりましたが、台風の速度やら進行方向を把握できなかったので、電車等の遅れも想定し、予定通り朝一バスで甲府へ下山。お疲れ様でした。
1

感想/記録
by mayfly

毎日あるぺん号戸台口経由で北沢峠から仙丈ヶ岳を目指しました。9/8は台風予報でしたので、9/7に北沢峠にテントを張ってから仙丈ヶ岳に登り、北沢峠に降って一泊。9/8は一昨年の甲斐駒ヶ岳登頂時と同様に、朝一のバスで広河原経由で甲府に帰るPlanとしました。

仙流荘のバス長蛇の列による遅れと、眠れない夜行バスおよび明らかな運動不足(山行不足)により、ただでさえ鈍足の脚が小仙丈への分岐辺りから完全に止まり、息も絶え絶え、予定時間は大幅遅れとなってしまいました。テント泊としていなければ、完全に終バス乗り過ごしの行程です。何だかんだ言っても、そこは3000 mを越える南アの女王様、楽に登れる3000m級とか言われておりますが、舐めたらあきませんでした。

ま、反省点は多々あれど、とりあえず天候はこれ以上ないかと思えるほどの好天で、秋の気配すら感じる記憶に残る山行となりました。

教訓;とにかく月一回は山に登ろう!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:526人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ