また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2016396 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

十字峡から中ノ岳・丹後山周回

日程 2019年09月13日(金) 〜 2019年09月14日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場/十字峡登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間18分
休憩
23分
合計
6時間41分
S十字峡登山口10:3514:06日向山14:0716:30池ノ段分岐16:4417:05中ノ岳17:1317:16中ノ岳避難小屋
2日目
山行
6時間39分
休憩
1時間24分
合計
8時間3分
中ノ岳避難小屋05:2705:35中ノ岳05:4806:04池ノ段分岐06:0607:36小兎岳07:3708:05兎岳08:2108:48大水上山08:5409:03利根川水源碑09:0509:30丹後山09:4309:46丹後山避難小屋12:20丹後山登山口12:4913:26林道入口駐車場13:2813:30十字峡登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況/急登、鎖場、斜面、ザラ場等、注意箇所多数
その他周辺情報温泉/六日町温泉湯らりん 400円

写真

家から5時間。予定より遅れて中ノ岳登山口を出発。気温は平野部で29度の予報
2019年09月13日 10:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家から5時間。予定より遅れて中ノ岳登山口を出発。気温は平野部で29度の予報
1
明日、通行止めになる。しかし、既に入山している車については調整して通してもらえるとのことで安心
2019年09月13日 10:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日、通行止めになる。しかし、既に入山している車については調整して通してもらえるとのことで安心
いきなりの急登が続き、少し明るくなったところ二合目手前辺り。鎖も下がっている。この辺りで、連れの脚が痙攣を起こす
2019年09月13日 11:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登が続き、少し明るくなったところ二合目手前辺り。鎖も下がっている。この辺りで、連れの脚が痙攣を起こす
今回は靴を更新したこと、普段より重い荷物でいきなりの急登が影響したのか。千本松原手前
2019年09月13日 11:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は靴を更新したこと、普段より重い荷物でいきなりの急登が影響したのか。千本松原手前
とにかく千本松原までは行こう
2019年09月13日 11:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく千本松原までは行こう
再び、痙攣、しかも両脚。脂汗を流している。脚をマッサージしながら引き返そうかと問う
2019年09月13日 11:28撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、痙攣、しかも両脚。脂汗を流している。脚をマッサージしながら引き返そうかと問う
今回はここまでと、展望を一枚。八海山が見えているようだ
2019年09月13日 11:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はここまでと、展望を一枚。八海山が見えているようだ
1
勾配も緩くなっているので日向山まで行ってみると
2019年09月13日 12:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配も緩くなっているので日向山まで行ってみると
巻機山方向は雲が覆っている
2019年09月13日 12:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山方向は雲が覆っている
1000mを越えると、ブナ林が美しい
2019年09月13日 12:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000mを越えると、ブナ林が美しい
進路左上に雨量計測所が見えて
2019年09月13日 14:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進路左上に雨量計測所が見えて
五合目、日向山。脚は収まっており進むことに
2019年09月13日 14:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目、日向山。脚は収まっており進むことに
一旦下り。小さな池塘が続く
2019年09月13日 14:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下り。小さな池塘が続く
草原を抜けて。この辺りを生姜畑というのかな
2019年09月13日 14:11撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原を抜けて。この辺りを生姜畑というのかな
1
小天上を目指す。ガスが覆っているが、却って暑くなくていい
2019年09月13日 14:23撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小天上を目指す。ガスが覆っているが、却って暑くなくていい
この辺りにはコゴメグサがよく咲いている
2019年09月13日 14:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りにはコゴメグサがよく咲いている
1
小天上の七合目。ガスが晴れていれば、池ノ段が見えるのか
2019年09月13日 14:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小天上の七合目。ガスが晴れていれば、池ノ段が見えるのか
左側、中ノ岳から八海山に繋がる稜線、御月山・荒山辺り。この山塊はどこも急峻
2019年09月13日 14:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側、中ノ岳から八海山に繋がる稜線、御月山・荒山辺り。この山塊はどこも急峻
1
右側の兎岳方面も雲が晴れない
2019年09月13日 14:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の兎岳方面も雲が晴れない
しかし、進むにつれ池ノ段が顔を現してきた。しかし、再び、連れの脚に痙攣が
2019年09月13日 15:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、進むにつれ池ノ段が顔を現してきた。しかし、再び、連れの脚に痙攣が
急登になると発症するようだ。だが、もう戻れない。ほぐしほぐし、一歩ずつ。脂汗を吹き出している
2019年09月13日 15:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登になると発症するようだ。だが、もう戻れない。ほぐしほぐし、一歩ずつ。脂汗を吹き出している
来た道を振り返る
2019年09月13日 16:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る
九合目池ノ段まで来た。後ろに荒沢岳。そこから縦走して来たという単独行者に出会う
2019年09月13日 16:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目池ノ段まで来た。後ろに荒沢岳。そこから縦走して来たという単独行者に出会う
3年前に荒沢岳を日帰りしたが、なかなかの山だ。そこから縦走とは驚き
2019年09月13日 16:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3年前に荒沢岳を日帰りしたが、なかなかの山だ。そこから縦走とは驚き
山頂はこの向こうのようだが、ここで一服。良く我慢して登った。相棒は根性の人
2019年09月13日 16:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はこの向こうのようだが、ここで一服。良く我慢して登った。相棒は根性の人
1
雲が上がった。先の人が山頂に立っている
2019年09月13日 16:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がった。先の人が山頂に立っている
中ノ岳避難小屋が見えた。奥に越後駒ヶ岳
2019年09月13日 17:03撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳避難小屋が見えた。奥に越後駒ヶ岳
1
そして、中ノ岳山頂。なんとか登れたことに感謝。日は随分傾いてきたが、まだ、大丈夫
2019年09月13日 17:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、中ノ岳山頂。なんとか登れたことに感謝。日は随分傾いてきたが、まだ、大丈夫
1
小屋の向こうに八海山。稜線のギザギザが特徴的
2019年09月13日 17:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の向こうに八海山。稜線のギザギザが特徴的
1
小屋の後ろに越後駒ヶ岳
2019年09月13日 17:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の後ろに越後駒ヶ岳
1
沸き立つ雲の奥には燧ケ岳や日光白根山が顔を出している
2019年09月13日 17:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沸き立つ雲の奥には燧ケ岳や日光白根山が顔を出している
小屋に入り、着替え、食事を済ませて外に出ると月が出ていた
2019年09月13日 18:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に入り、着替え、食事を済ませて外に出ると月が出ていた
今日は十五夜、中秋の名月をここで迎えられるとは何と幸運
2019年09月13日 18:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は十五夜、中秋の名月をここで迎えられるとは何と幸運
1
明日の天気も期待できそう
2019年09月13日 18:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日の天気も期待できそう
八海山のギザギザがはっきりわかる。小屋には単独行者ばかり4人。荒沢岳、駒ヶ岳、そして、十字峡と方々から集まっている。早々に床に就いている
2019年09月13日 18:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山のギザギザがはっきりわかる。小屋には単独行者ばかり4人。荒沢岳、駒ヶ岳、そして、十字峡と方々から集まっている。早々に床に就いている
1
昨日は気がつかなかったが、小屋の前に大日如来の石碑等が祀られていた
2019年09月14日 05:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は気がつかなかったが、小屋の前に大日如来の石碑等が祀られていた
日の出は荒沢岳を背に始まりそうだ
2019年09月14日 05:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出は荒沢岳を背に始まりそうだ
1
小屋から、中の岳山頂。既に二人出発している
2019年09月14日 05:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から、中の岳山頂。既に二人出発している
我々も荷を担いで山頂へ。南の方角、稜線のその奥の富士山が見えますか
2019年09月14日 05:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々も荷を担いで山頂へ。南の方角、稜線のその奥の富士山が見えますか
1
小屋の左、北西の八海山にも朝日が当たってきた
2019年09月14日 05:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の左、北西の八海山にも朝日が当たってきた
1
北の越後駒ヶ岳。一日の一番いい時間だ
2019年09月14日 05:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の越後駒ヶ岳。一日の一番いい時間だ
1
向かう方向中央に丹後山。滝雲のように雲が湧いている。向かう途中、丹後山から来たという女性は朝雲がかかって展望はさっぱりとのこと
2019年09月14日 05:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう方向中央に丹後山。滝雲のように雲が湧いている。向かう途中、丹後山から来たという女性は朝雲がかかって展望はさっぱりとのこと
西の南魚沼の平野にブロッケンが浮かぶ
2019年09月14日 05:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の南魚沼の平野にブロッケンが浮かぶ
1
宿泊者らはそれぞれの方向に、我々も丹後山に向かって出発だ
2019年09月14日 05:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊者らはそれぞれの方向に、我々も丹後山に向かって出発だ
歩き出した矢先、連れがズルリ。草斜面に張り付いている。今日も気が抜けない。脚は痛みを残したものの大丈夫そうだ
2019年09月14日 05:47撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出した矢先、連れがズルリ。草斜面に張り付いている。今日も気が抜けない。脚は痛みを残したものの大丈夫そうだ
1
名残のマツムシソウ
2019年09月14日 05:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残のマツムシソウ
オヤマリンドウ
2019年09月14日 06:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ
イワショウブ
2019年09月14日 06:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワショウブ
1
九合目の分岐を過ぎて中ノ岳を振り返る
2019年09月14日 06:11撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目の分岐を過ぎて中ノ岳を振り返る
2
向かう兎岳、丹後山
2019年09月14日 06:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう兎岳、丹後山
1
光る草波。兎岳に続く
2019年09月14日 06:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光る草波。兎岳に続く
1
また振り返る
2019年09月14日 06:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また振り返る
1
向かう兎岳
2019年09月14日 07:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう兎岳
荒沢岳との分岐
2019年09月14日 07:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳との分岐
1
兎岳山頂から越後三山揃い踏み。左から八海山、中ノ岳、そして越後駒ヶ岳
2019年09月14日 08:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳山頂から越後三山揃い踏み。左から八海山、中ノ岳、そして越後駒ヶ岳
1
大水上山を経て、丹後山へ向かおう
2019年09月14日 08:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大水上山を経て、丹後山へ向かおう
1
兎岳を振り返り
2019年09月14日 08:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳を振り返り
大水上山で一服
2019年09月14日 08:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大水上山で一服
平らな稜線は平ヶ岳
2019年09月14日 08:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らな稜線は平ヶ岳
1
ここから利根川が始まる
2019年09月14日 09:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから利根川が始まる
1
小高い丘のような山が丹後山
2019年09月14日 09:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高い丘のような山が丹後山
道歩きが楽しい
2019年09月14日 09:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道歩きが楽しい
1
名残のハクサンフウロ四姉妹
2019年09月14日 09:11撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残のハクサンフウロ四姉妹
1
そして、丹後山
2019年09月14日 09:25撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、丹後山
1
随分離れてしまった。左が中ノ岳。右が兎岳
2019年09月14日 09:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分離れてしまった。左が中ノ岳。右が兎岳
1
荒沢岳が存在感を
2019年09月14日 09:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳が存在感を
1
丹後山避難小屋。ここに泊まるのも気持ち良さそう
2019年09月14日 09:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山避難小屋。ここに泊まるのも気持ち良さそう
1
越後沢山方向の道はない。この方向も楽しそうだが。左に下る
2019年09月14日 09:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後沢山方向の道はない。この方向も楽しそうだが。左に下る
麓に南魚沼の田園が見える
2019年09月14日 09:53撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓に南魚沼の田園が見える
1
昨日はこの稜線を苦労して登って来たのだ。日向山の後ろに八海山
2019年09月14日 09:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日はこの稜線を苦労して登って来たのだ。日向山の後ろに八海山
1
さらに1時間下って、山頂は段々高くなる
2019年09月14日 10:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに1時間下って、山頂は段々高くなる
ここにもブナの美しい森が
2019年09月14日 11:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもブナの美しい森が
3合目辺りから激下り。上りも下りも大変だ
2019年09月14日 11:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目辺りから激下り。上りも下りも大変だ
そして、登山口。林道に出た
2019年09月14日 12:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、登山口。林道に出た
向かいの三国川に降りて、熱くなっている身体を冷ます
2019年09月14日 12:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの三国川に降りて、熱くなっている身体を冷ます
林道を十字峡まで下る。ススキが始まっている
2019年09月14日 13:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を十字峡まで下る。ススキが始まっている
撮影機材:

感想/記録

水担ぎシュラフ担いで千五百 連れは脚つれ汗降る中ノ

普段、軽装備での日帰りが多いが、今回は、ほぼ全行程に水場がないとのことで二日分の水分と食料、シュラフにマットを担いで標高差1,500mの急登を登るということで準備と覚悟をして臨んだのだが、思いがけなく苦戦をしてしまった。折しも、履き慣れている連れの靴のつま先が前回、開き出し、更新したものを公園で試し履きしただけでやって来たことが一つの原因かもしれない。これまで滅多に脚がつれるということがなかったのに、急登に差し掛かること3度も両脚に痙攣が起き、苦痛のあまり顔からは脂汗が溢れ出していた。それでも弱音を吐かずに登り切った我妻には脱帽。

十五夜を小屋から眺む中ノ岳 苦しき登り今は忘れて

折しも、今夜は中秋の名月。平野部では雲が多いとの予報の中、山上では夕方より雲が上がり、我々にとっては、それは印象深い満月を迎えることとなった。
翌日には、痛みは残したものの再発はなく、荷物は段々軽くなり、好日の元、丹後山までの快適なアプローチを楽しむことができた。それにしても、十字峡からのこの山塊はどちらからも勾配は半端ではない。
訪問者数:198人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ