また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2018884 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

大山周回(三ノ沢〜剣ヶ峰〜元谷)

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
43分
合計
5時間44分
S大山三ノ沢 治山林道口05:0706:43槍ヶ峰06:4906:52三ノ峰07:03天狗ヶ峰07:12剣ヶ峰07:2107:34天狗ヶ峰07:3507:44振子沢の頭08:03象ヶ鼻08:07ユートピア避難小屋08:0808:18三鈷峰08:2108:28ユートピア分岐08:42上宝珠越08:4809:22元谷小屋09:2409:29元谷堰堤右岸分岐09:3109:40元谷・下宝珠越分岐09:45大神山神社09:4609:58大山寺10:07夏山登山口10:1910:27枡水高原10:48大山二ノ沢 治山林道口10:51大山三ノ沢駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●三ノ沢は踏み跡明瞭
●三ノ峰からは北西方向に天狗ヶ峰へ砂岩のリッジを進む注意して進めば問題ない。
●天狗ヶ峰 〜 象ヶ鼻はかなり危険、短い区間だがザレザレのナイフリッジ
●元谷もかなりガレガレ、先行者がいれば落石を落とさないように注意、でも必ず落ちる

写真

三ノ沢をズンズン詰めて最終堰堤を左から超えると南壁がドーン
2019年09月15日 05:54撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢をズンズン詰めて最終堰堤を左から超えると南壁がドーン
6
南壁も見応えあります
2019年09月15日 05:43撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南壁も見応えあります
3
振り返るとこんな感じ、踏み跡はあるが一般コースではない
2019年09月15日 06:04撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ、踏み跡はあるが一般コースではない
6
右の稜線に這い上がる、徐々に傾斜は増す
2019年09月15日 06:09撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の稜線に這い上がる、徐々に傾斜は増す
4
少し複雑だが忠実に踏み跡をたどれば問題ない
2019年09月15日 06:15撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し複雑だが忠実に踏み跡をたどれば問題ない
5
目指す剣ヶ峰方向、ガスっていて嫌らしい、初めてだし
2019年09月15日 06:58撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す剣ヶ峰方向、ガスっていて嫌らしい、初めてだし
8
ナイフリッジもあるでよ、左右とも落ちたら終わり
2019年09月15日 07:00撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジもあるでよ、左右とも落ちたら終わり
13
ピークの人、二時間ちょいだった
2019年09月15日 07:12撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークの人、二時間ちょいだった
15
帰りの天狗の峰でガスが晴れた。神は今日もお見捨てにならなかった!
2019年09月15日 07:31撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの天狗の峰でガスが晴れた。神は今日もお見捨てにならなかった!
13
目指す稜線も見えてもう安心
2019年09月15日 07:32撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す稜線も見えてもう安心
5
ユートピア避難小屋も見えるでよ
2019年09月15日 07:32撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユートピア避難小屋も見えるでよ
9
天狗の峰からすぐにこんな稜線が続く
2019年09月15日 07:34撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の峰からすぐにこんな稜線が続く
7
火の御子峰も真っ青、でもヤバいのは50m程だけだった
2019年09月15日 07:36撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火の御子峰も真っ青、でもヤバいのは50m程だけだった
8
核心部を振り返る
2019年09月15日 07:40撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を振り返る
9
核心を過ぎるとルンルン稜線となった
2019年09月15日 07:40撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心を過ぎるとルンルン稜線となった
3
避難小屋方面からは禁止の看板が、初心者が入り込むと多分進退窮まると思う。
2019年09月15日 07:57撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋方面からは禁止の看板が、初心者が入り込むと多分進退窮まると思う。
2
ユートピア避難小屋
2019年09月15日 08:06撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユートピア避難小屋
1
折角だから三鈷峰も寄っとく
2019年09月15日 08:14撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角だから三鈷峰も寄っとく
3
帰りは北面見たいので元谷アドベンチャー、まさかの先行者
2019年09月15日 08:48撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは北面見たいので元谷アドベンチャー、まさかの先行者
12
マジでガラガラ落石必発の谷
2019年09月15日 08:59撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジでガラガラ落石必発の谷
8
堰堤も出てきた
2019年09月15日 09:07撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤も出てきた
1
北面も素晴らしい
2019年09月15日 09:09撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面も素晴らしい
9
ここまで下れば安心だ
2019年09月15日 09:10撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで下れば安心だ
1
うーんマンダム
2019年09月15日 09:09撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーんマンダム
12
さらば大山、南壁・北壁楽しんで大満足
2019年09月15日 09:28撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば大山、南壁・北壁楽しんで大満足
8
車道に出ると消化試合
2019年09月15日 09:38撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ると消化試合
2
おまたせ、激坂を漕いで7km走って三ノ沢
一粒で二度美味しいコースでした!
2019年09月15日 10:18撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまたせ、激坂を漕いで7km走って三ノ沢
一粒で二度美味しいコースでした!
9

感想/記録
by YSHR

土曜も忙しくて夕方5時にようやく仕事を終えて自宅に戻り仕度をして高速に飛び乗った。北陸道、舞鶴道、中国道、米子道を乗り継いで大山に着いたのは深夜0時前だった。約500kmまじ遠かった。まずは北面の大山寺周辺にチャリをデポして急いで南面の三ノ沢駐車場へ向かう。すぐにバンキュー

明けて朝5時に目が覚めた。寝た時は車はなかったが起きると数台止まっていてすでに出た人も数名、ライトを付けて三ノ沢沿いの林道を歩き出す。途中で林道は終わり登山道に入った。少し藪っぽいが道は明瞭である。南壁が一望できる、素晴らしい景色である。最終堰堤を左から乗り越していよいよ斜度は急になり槍ヶ峰が上部に聳え立つ。高度感抜群である。

このコース一般的ではないのか道標類はまったくなかった。槍ヶ峰までガレガレリッジを登りようやく稜線に出た。目指す剣ヶ峰へ北西方向に進路を取るこの先もナイフリッジのような箇所が随所にあり左右ともスパッと切れ落ちていて気が抜けない。

先行者が二名下ってきた。すれ違うのも容易でなかった。まだガスっぽい、二時間ちょいで真のピーク剣ヶ峰に着いた。一般的なピーク弥山からは危険で歩けないらしい、ピークにはガスが晴れるのを待つ単独行が1名、互いに写真を撮りあった。この人常連らしくて先月も来たと言っていた。三鈷峰方面の縦走路の具合を聞いたがやばい場所があるらしくてまだ歩いたことがないと言っていた。

常連でも行かない場所なのか?少し不安、しかし火の御子峰の稜線に比べれば多分マシだろう。休憩していざ出発。帰り際天狗の峰で視界が開けて剣ヶ峰が見えた。もう思い残すことはない、先の稜線も全貌が見えたのでもう大丈夫だ。

天狗の峰からすぐの稜線はガレガレのナイフリッジで確かにやばい稜線だった。ここだけは確かに火の御子峰の稜線と互角だった。落ちたらただじゃ済まない、慎重に腰をかがめて下る。しかし危険地帯は50mほどであっさり終了して後はルンルン稜線となった。もう落ちることはないと思った。

しばらくでユートピア避難小屋に着いて登山者がたむろしていた。ここから剣ヶ峰方面は危険で立入禁止の看板が出ていた。確かに慣れない人が入り込むと進退窮まるだろう。折角だから 三鈷峰を踏んで戻って後は下山するだけ、尾根歩きもつまらないから途中で元谷へダメ元で入ってみた。

ここもまじやばい谷だった。ガラガラ石が落ちる落ちる。おまけにまだ雪渓もあるし、砂礫のズボ谷をズボズボ下ってズックは泥だらけになった。でも早かった。あっという間に下降する、振り返ると北壁が素晴らしい、今日は南壁、北壁と楽しませてもらった。一粒で二度美味しいとはこのことか、車道に出て後は登山道に合流して大神山神社へ

すっかり観光地となって下ると夏道登山口に、隠していたチャリを回収してさあ車へ、しかしここからのチャリは二度の辛い登り返しがあり楽ではなかった。でも歩くよりずっと早いだろう。10時50分無事三ノ沢に着くと車は満車であった。この三ノ沢コース意外と人気のスポットなのか、でも折角行く縦走したほうがずっと楽しいコースでピストンはつまらないだろう。

大山もこんなアドベンチャーコースがあったのですね、遥々来て正解だった。
訪問者数:2055人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/25
投稿数: 49
2019/9/16 22:30
 お久しぶりです
500km運転してこのルートですか!
大山はいつか行きたい山なので参考になります
ところでGPSMAP64を紛失したのでHPで紹介されてたGPSMAP66を検討してます
GPSMAP64で使ってたjnxやgpxの表示は問題ないですか?
登録日: 2013/5/30
投稿数: 83
2019/9/17 16:58
 Re: お久しぶりです
YOMOYAMA君お元気ですか?パクに負けないように頑張ってますか?
GPSですがMAP66使い勝手いいですよ、画面も大きいし、ただこれまでの機種と多少使い方が違います。慣れれば問題ないですが、是非お勧めです。買うしかない!
登録日: 2013/7/25
投稿数: 49
2019/9/17 18:45
 Re[2]: お久しぶりです
買うしかないですか!ありがとうございます
夏はサボり気味でしたが涼しくなってエンジンかかってきました
近々トライアスロン終えたS先輩さんと山に行く予定です
雪降るまで頑張りまーす!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ