また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2028174 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

初秋の赤城山と覚満淵散策

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年09月19日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
1時間26分
合計
5時間4分
Sあかぎ広場前バス停08:3508:40赤城神社駐車場08:48黒檜山登山口駐車場08:52黒檜山登山口08:5809:02猫岩09:0710:09黒檜山大神10:1010:12赤城山10:20黒檜山絶景スポット10:2310:26赤城山10:2710:30黒檜山大神10:3910:56大タルミ11:07駒ヶ岳11:3712:14篭山12:4212:46鳥居峠12:4913:28覚満淵13:36駒ヶ岳大洞登山口13:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駒ヶ岳の先まではよく整備されていて問題なし。
駒ヶ岳から大洞方面に下る分岐を過ぎると道は急に細くなり、踏み跡程度になり指導標も見当たらなくなります。
鳥居峠に下る手前で急に踏み跡が怪しくなりルートを見失ってしまいました。強引に覚満淵方面に下りましたが鹿柵に阻まれてしまったので再び登り返し、鳥居峠方面に適当に踏み跡を拾いながら何とか突破しました。
標識の類はないので要注意の場所です。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ストック 行動食 非常食 テルモス(0.5リットル) ハイドレーション(水1.5リットル) 地図(地形図) コンパス 熊鈴 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット SOL緊急用シート 保険証 スマホ 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

朱塗りの神橋は工事中で通行できませんでした。
2019年09月19日 08:38撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朱塗りの神橋は工事中で通行できませんでした。
2
道端に咲いていたシロヨメナ
2019年09月19日 08:42撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に咲いていたシロヨメナ
2
同じくキオン
2019年09月19日 08:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じくキオン
2
急な坂道をひと登りすると尾根に出て大沼が眼下に広がります。
2019年09月19日 09:06撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な坂道をひと登りすると尾根に出て大沼が眼下に広がります。
1
ここから富士山が望めます。
2019年09月19日 09:28撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから富士山が望めます。
アンテナ山(地蔵岳)の左どなりに。
2019年09月19日 09:27撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナ山(地蔵岳)の左どなりに。
1
アップすると確かに富士山が見えました。
2019年09月19日 09:27撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップすると確かに富士山が見えました。
3
アンテナ山の右隣には八ヶ岳連峰が雲海に浮かんでいました。
2019年09月19日 09:28撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナ山の右隣には八ヶ岳連峰が雲海に浮かんでいました。
1
そうして、赤城山頂に到着!
2019年09月19日 10:12撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうして、赤城山頂に到着!
3
展望台に移動すると、奥白根山から皇海山の山並みが大きく眺められます。
2019年09月19日 10:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に移動すると、奥白根山から皇海山の山並みが大きく眺められます。
奥白根山をアップで。
2019年09月19日 10:16撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥白根山をアップで。
2
小沼の上には富士山が見える予定だったのに・・。あいにくの雲が。
2019年09月19日 10:32撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼の上には富士山が見える予定だったのに・・。あいにくの雲が。
八ヶ岳連峰の手前には妙義山の姿も見えます。
2019年09月19日 10:34撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰の手前には妙義山の姿も見えます。
1
こうして見ると小沼って標高が高いんですね。
2019年09月19日 10:45撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして見ると小沼って標高が高いんですね。
駒ヶ岳への登りから黒檜山を振り返ったところです。
ほんの少し秋めいてきたかな?
2019年09月19日 10:53撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳への登りから黒檜山を振り返ったところです。
ほんの少し秋めいてきたかな?
1
静かな駒ヶ岳山頂に到着
2019年09月19日 11:07撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな駒ヶ岳山頂に到着
3
大洞方面への分岐を過ぎると道が急に細くなりました。歩く人はずっと少ないようです。
2019年09月19日 11:47撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞方面への分岐を過ぎると道が急に細くなりました。歩く人はずっと少ないようです。
皇海山から袈裟丸山にかけての稜線
2019年09月19日 11:59撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山から袈裟丸山にかけての稜線
1
ここから鳥居峠方面に下って行きますが、指導標はありません。(目印の棒が立っているのみ)
2019年09月19日 12:08撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから鳥居峠方面に下って行きますが、指導標はありません。(目印の棒が立っているのみ)
笹に覆われた道がか細く続いています。
2019年09月19日 12:13撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に覆われた道がか細く続いています。
篭山の北東側を巻きながら鳥居峠を目指した筈なのに、道をロストしてしまい、仕方なく覚満淵に強引に下ろうとしたものの、鹿柵に阻まれて引き返しました。
2019年09月19日 12:26撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭山の北東側を巻きながら鳥居峠を目指した筈なのに、道をロストしてしまい、仕方なく覚満淵に強引に下ろうとしたものの、鹿柵に阻まれて引き返しました。
鳥居峠の駐車場が見えるものの、道なき道をたどる羽目になりました。
2019年09月19日 12:45撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠の駐車場が見えるものの、道なき道をたどる羽目になりました。
やっとたどり着いた鳥居峠から見下ろす覚満淵と大沼方面です。初秋の感じが漂っています。
2019年09月19日 12:48撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとたどり着いた鳥居峠から見下ろす覚満淵と大沼方面です。初秋の感じが漂っています。
3
覚満淵からの駒ヶ岳
2019年09月19日 12:50撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覚満淵からの駒ヶ岳
サラシナショウマでしょうか。
2019年09月19日 12:54撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマでしょうか。
1
シロヨメナはまだたくさん咲いていました。
2019年09月19日 12:57撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヨメナはまだたくさん咲いていました。
この花は何でしょう?
2019年09月19日 12:58撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花は何でしょう?
ニッコウアザミかな。
2019年09月19日 12:59撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウアザミかな。
1
覚満淵は小さな尾瀬って感じでした。
2019年09月19日 13:04撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覚満淵は小さな尾瀬って感じでした。
1
アキノキリンソウ
2019年09月19日 13:05撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
1
最後に覚満淵をゆっくり散策して帰路につきました。
2019年09月19日 13:08撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に覚満淵をゆっくり散策して帰路につきました。
3

感想/記録
by gorozo

友人が新しい山靴を買ったので「それでは足馴らしに軽い山歩きに出かけましょう」ということで、歩行時間の短い赤城山を案内してきました。

夏が終わり本格的な秋にはまだ早い季節の端境期で、お花も少なくて見どころはあまりない山でしたが、涼しい風が何よりの贈り物でした。

気楽なハイキングコースだと侮っていた訳ではありませんが、鳥居峠の手前で踏み跡を見失ってしまうというミスをやっちゃいました。
この辺りは指導標もなく踏み跡も薄いので地形図とコンパスは必携です。
それ以外はよく整備されたコースが続いていたので、その落差に意外な感じを受けました。
できれば紅葉本番の時期に再訪したいものです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:266人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/19
投稿数: 261
2019/9/21 10:34
 富士山! 八ヶ岳! 奥白根!
gorozoさん、おはようございます。
お天気に恵まれ、赤城山からの風景、素晴らしいですね。
特に富士山! 山に登って富士山が見えると、わくわくしてきます。
他にも、かつて自分が登った山々が見えると、うれしいものです。

僕が赤城山に登った時は、駒ヶ岳から普通に大洞に下りましたが、
gorozoさんたちは鳥居峠に向かって薄い踏み跡を外したとか。
でも、僭越ながら、失態というほどではないでしょう。
焦らず、ルートファインディングして目的地や正規ルートに辿り
着ければOK。まぁまぁあることだと思います(25年前の北海道では
しょっちゅうでした)。
鹿柵のために引き返したのは不運でしたね(ちょっと苦笑い)。
ただ、ご友人は内心すごく焦ったかも??ですが。

では、次回作を期待しています。よろしくお願いします。
登録日: 2014/2/15
投稿数: 101
2019/9/21 13:26
 Re: 富士山! 八ヶ岳! 奥白根!
miyapon03 さん
気持ちの入った1stコメをありがとうございます。
そうなんです。
140km先の富士山、うれしかったです。
日頃はもう少し近い場所から大きな富士山を眺めることが多いのですが、はるか遠くから見つける富士山もいいですよね。
富士山もさることながら八ヶ岳が横に長く眺められてかっこよかったです。
久しぶりに歩いてみたくなりました。

大洞分岐から鳥居峠までの区間はちょっと意外でした。
急に案内がなくなっちゃって道も細くなるのですから。
鹿よけ柵の突破はやっぱ無理ですね。
越えられるけど絶対に壊しちゃうもん。
自然を愛する人間が自然保護の施設を壊すわけにはいかないので、スゴスゴと戻りました。
というか、「迷ったら登り返す!」
これが鉄則ですよね。
結局正規ルートは見つけられないままゴールできましたけど何となく釈然としませんでした。
帰宅して過去のレコを調べてみると、他の方のレコにも迷いやすい旨の情報が載ってました。
事前によく調べておけば良かったです。

いよいよ秋山のシーズン到来です。
miyapon03さんも素敵な山歩きを楽しんできてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ