また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2053380 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

餓鬼岳〜不遇の山唐沢岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年10月05日(土) 〜 2019年10月06日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目 晴れ
2日目 晴れのち小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白沢三股約20台ぐらい駐車可能
下山口からは迎えの車で車を回収
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間44分
休憩
2時間31分
合計
11時間15分
S白沢登山口06:0706:41紅葉の滝07:21魚止めの滝07:3007:47最終水場08:0109:28大凪山09:4311:49餓鬼岳11:5011:54餓鬼岳小屋12:3712:41餓鬼岳12:4513:15展望台13:32餓鬼のコブ13:4314:46唐沢岳15:2716:32餓鬼のコブ16:4217:01展望台17:0417:22餓鬼岳小屋
2日目
山行
5時間41分
休憩
51分
合計
6時間32分
宿泊地07:2509:232508ピーク09:3410:18東沢岳10:3211:01東沢乗越11:1111:44西大ホラ沢出合11:5512:23北燕沢出合12:37奥馬羅尾沢出合12:4213:51中房温泉13:56中房温泉登山口13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りの白沢、餓鬼岳から唐沢岳の往復、餓鬼岳小屋から東沢岳、東沢乗越からブナ平過ぎまでは初心者だと難路になります。
傾斜の強いアップダウンや梯子も多く、岩場も連続します。
ベテランには楽しめるかも。
その他周辺情報餓鬼岳小屋のテント場は7〜8張り
一人700円
水は1リットル200円で購入
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ シュラフ
共同装備 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター テント テントマット

写真

久し振りの重い荷物を背負って出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りの重い荷物を背負って出発
1
白沢はこんな橋や
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白沢はこんな橋や
梯子が出てきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子が出てきます
1
点々と見応えのある滝も出てくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点々と見応えのある滝も出てくる
シラヒゲソウ(unemeさんレコから)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラヒゲソウ(unemeさんレコから)
2
魚止めの滝
立派な滝12mぐらいはあるでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚止めの滝
立派な滝12mぐらいはあるでしょうか
4
沢登りで上がるのも楽しいかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢登りで上がるのも楽しいかも
漸く黄葉が出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く黄葉が出てきた
標高を上げ、雲も抜けた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げ、雲も抜けた
1
松本の街中は雲の中
手前のひょっこりはんは有明山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本の街中は雲の中
手前のひょっこりはんは有明山
富士山と南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプス
2
小屋に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に着きました
1
ケンズリへの稜線が見事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケンズリへの稜線が見事
1
野口五郎岳の裏銀座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎岳の裏銀座
2
もちろん槍も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん槍も見えます
3
ケンズリ(中沢岳)はゴジラの背みたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケンズリ(中沢岳)はゴジラの背みたい
2
餓鬼岳はすぐそこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳はすぐそこ
2
ここも最高の展望だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも最高の展望だ
2
唐沢岳に向けて進むと餓鬼岳山頂はすぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳に向けて進むと餓鬼岳山頂はすぐ
1
登頂、やったー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂、やったー!
6
立山方面の展望がいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面の展望がいい
2
針ノ木岳の向こうに剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳の向こうに剱岳
2
表銀座稜線とその先に槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座稜線とその先に槍
サブザックに変えてからは足取りが軽い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サブザックに変えてからは足取りが軽い
3
やっぱりこんな天気の日に歩かなきゃ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりこんな天気の日に歩かなきゃ
5
連れてきてくれてありがとうございます
いえいえどういたしまして!(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連れてきてくれてありがとうございます
いえいえどういたしまして!(mao)
1
これから向かう唐沢岳
近そうに見えるが、結構遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう唐沢岳
近そうに見えるが、結構遠い
2
楽しい稜線歩きと思いきや、かなりのアップダウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩きと思いきや、かなりのアップダウン
1
ケンズリはここから見てもギザギザ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケンズリはここから見てもギザギザ
餓鬼岳の右下に小屋も見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳の右下に小屋も見える
1
ここから250m落とす(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから250m落とす(泣)
1
景色に癒され、慰められて歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色に癒され、慰められて歩く
1
紅い紅葉が全然ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅い紅葉が全然ない
1
漸く辿り着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く辿り着きました
2
山猫様も頑張りましたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山猫様も頑張りましたね
こちらから見る餓鬼岳はかなり遠く感じる
帰ることを考えると若干萎えてしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから見る餓鬼岳はかなり遠く感じる
帰ることを考えると若干萎えてしまう
ここまで来る人は少ないでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来る人は少ないでしょう
4
健脚のお二人にしごかれて、ついに登頂!(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
健脚のお二人にしごかれて、ついに登頂!(mao)
4
来た道を振り返る これ戻るの?・・・(mao)

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る これ戻るの?・・・(mao)

1
黄葉は黄色ばかり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉は黄色ばかり
でもそれなりに色付いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもそれなりに色付いている
1
さあ日が暮れる前に戻りましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ日が暮れる前に戻りましょう
餓鬼のコブは絶壁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼のコブは絶壁
クライマーが見るとわくわくする?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマーが見るとわくわくする?
小ピークまで戻った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークまで戻った
蓮華岳と鹿島槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳と鹿島槍ヶ岳
1
西日が鮮やかに照らしてくれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日が鮮やかに照らしてくれる
このような光景は日帰りだと見れませんね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような光景は日帰りだと見れませんね
夜のごちそうは撮り忘れたので朝です
山猫様いろんな準備ありがとうございました
こんなところでこんな美味しいものをいただけるなんて考えてもみなかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜のごちそうは撮り忘れたので朝です
山猫様いろんな準備ありがとうございました
こんなところでこんな美味しいものをいただけるなんて考えてもみなかったです
3
2日目はまずケンズリ(中沢岳)まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目はまずケンズリ(中沢岳)まで
ワクワク感いっぱいな稜線
でもまさかあんなにシンドイとは・・・ (mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワクワク感いっぱいな稜線
でもまさかあんなにシンドイとは・・・ (mao)
紅い所はブルーベリーがいっぱい(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅い所はブルーベリーがいっぱい(mao)
2
振り返えれば餓鬼岳 名前に似ず優しい山容
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返えれば餓鬼岳 名前に似ず優しい山容
こんな岩が出てくるがこれは序の口、凄いのが出てくる(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩が出てくるがこれは序の口、凄いのが出てくる(mao)
この辺りの黄葉も黄色が主体
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの黄葉も黄色が主体
しかもハシゴが連続して出てきた いよいよケンズリに進入だ(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかもハシゴが連続して出てきた いよいよケンズリに進入だ(mao)
1
こんな感じがしばらく続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じがしばらく続く
1
あれがケンズリピークか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがケンズリピークか
ここまできて高瀬ダムが見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまできて高瀬ダムが見えた
こんな1本橋もあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな1本橋もあった
1
雨で濡れてればヤバイところだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で濡れてればヤバイところだった
1
沢登り名人のktn92さんは平均台も得意だった(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢登り名人のktn92さんは平均台も得意だった(mao)
2
平均台なんてやったことありません(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平均台なんてやったことありません(mao)
1
登ったり下ったりを繰り返します(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ったり下ったりを繰り返します(mao)
1
若干赤色も出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干赤色も出てきた
振り向くといい感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くといい感じ
1
ここが屈曲点ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが屈曲点ですね
1
ここから少し下って小ピークを目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから少し下って小ピークを目指す
いい感じで紅葉が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じで紅葉が
1
岩ばかりの山です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ばかりの山です
鉄製ハシゴが出てくるとケンズリは終わり
下りトラバースで樹林帯に入り再び尾根筋に戻る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄製ハシゴが出てくるとケンズリは終わり
下りトラバースで樹林帯に入り再び尾根筋に戻る
2502ピークを過ぎて東沢岳へ向かうとまた岩々が出てくる
またもやカッチョイイ岩が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2502ピークを過ぎて東沢岳へ向かうとまた岩々が出てくる
またもやカッチョイイ岩が・・・
ケンズリで岩歩きは終わりだと思っていたらまだあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケンズリで岩歩きは終わりだと思っていたらまだあった
1
切れ立つ稜線を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れ立つ稜線を歩く
1
登って下りての繰り返し
もう満腹です!(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って下りての繰り返し
もう満腹です!(mao)
ガスってなければもっと楽しいはずなのだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってなければもっと楽しいはずなのだが
けっこうスリリング
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうスリリング
「なんだかずーっと岩登りやってるみたいね」
「もうオレ飽きたよ・・・」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「なんだかずーっと岩登りやってるみたいね」
「もうオレ飽きたよ・・・」
また樹林帯に入る 今度こそ終わり うーん赤が鮮やか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また樹林帯に入る 今度こそ終わり うーん赤が鮮やか
1
東沢岳の直下まで来た・・・やれやれ 
山頂を見てみよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢岳の直下まで来た・・・やれやれ 
山頂を見てみよう
東沢岳の山頂
何もない ガスで景色無し
ここから樹林帯に入ると山の景色は無くなった 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢岳の山頂
何もない ガスで景色無し
ここから樹林帯に入ると山の景色は無くなった 
東沢乗越
ここから中房へ降りる このすぐ下が笹原の激下り
先頭で慎重に歩いていたのに笹踏んで激滑落
下手くそで醜態をさらしてしまい山猫と交代
サクサク下り始める山猫、するとすぐにやさしい道に変化 
山猫振り返り得意げにニヤッ!・・・ンニャロー!!(mao)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越
ここから中房へ降りる このすぐ下が笹原の激下り
先頭で慎重に歩いていたのに笹踏んで激滑落
下手くそで醜態をさらしてしまい山猫と交代
サクサク下り始める山猫、するとすぐにやさしい道に変化 
山猫振り返り得意げにニヤッ!・・・ンニャロー!!(mao)
ここからは笹薮の中をどんどん標高下げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは笹薮の中をどんどん標高下げる
巻道も多く意外としんどい
「こんなに沢から離れなくてもいいんじゃない」
と思うような巻き道があったりする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道も多く意外としんどい
「こんなに沢から離れなくてもいいんじゃない」
と思うような巻き道があったりする
ブナ平
ゴジラみたいな木に似た馬みたいな木
ヒヒーン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ平
ゴジラみたいな木に似た馬みたいな木
ヒヒーン!
ここまで来ると中房温泉は近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると中房温泉は近い

感想/記録
by ktn92

今シーズン、テントを担がないまま冬を迎えてしまうのかと思っていたが、いつものお二人からテント泊のプランを用意していただいた。
ルートは歩く人も少ない若干レアなコース設定である。
スタートは白沢三股で下山時は迎えの車で回収の予定。
1日目の目的地は不遇の山唐沢岳である。
白沢は名の通り沢沿いのルートであるが、傾斜も強く玄人好みのルートだ。
所々滝も見えてルンルンで登る。
百曲りを超えると餓鬼岳小屋で直ぐにテントを設営。テントスペースは狭いのだが、この時点で2張り目だった。
餓鬼岳小屋から唐沢岳は往復標準で5時間なので、遅くとも12時ぐらいには出発したいところであった。天候次第では初日か2日目かも決めるところであったが、2日目の方が天気は悪そうだし、そうすると2日目の下山に時間が掛かるだろうとのことだったので、ヘッデン下山も止む無しで12時30分に唐沢岳を目指して出発。
小屋から餓鬼岳はすぐ。そこから小ピークを過ぎると激坂の始まり。250mは落とすことになるが、アップダウンも多く足に堪える。それでも景色に癒されながら唐沢岳に近づくが、結構な岩場の連続。巻道やトラバースも多く、初心者では厳しいかも。
何とか唐沢岳に到着すると15時であったので、急いで引き返すが、皆さん足にきていて中々普段のようには速足で進めない。
小ピークまで来たところで自分だけが早めに戻り、テントの最終仕上げやら水の購入のため急いで戻る。
何とか日が暮れる前に小屋へ戻り、お二人を待った。
その後はすぐに食事の準備。今回のメインはほうとう。具たくさんで、非常に美味しかったです。その他にサラダとハムステーキ。本当にありがとうございます。食べ過ぎてお腹がはちきれそうでした。お酒は焼酎を持参し、小屋で購入したビールなども飲んで楽しいひと時でしたが、お隣さんには迷惑だったですね、スミマセン。
夜は風も弱く気温もそれほど低くなく快適に過ごせました。
翌朝は、のんびり起きて日の出を眺め、朝ラーメンで頭を目覚めさせる。
2日目は下り基調なのだが、それでもやはりアップダウンは否めない。
ゴジラの背に見えた稜線は岩々のスリリングな道ばかりでした。
転ばないよう、滑らないよう細心の注意を払って進み、東沢乗越からは雨もはっきりしてきたのと、笹薮の激下りだったので、慎重に下って行く。
ある程度沢の流れが見えてくると渡渉の始まり。何度も渡渉と高巻きを繰り返し、ブナ平を通過、そうすると中房温泉はすぐです。
このルートは健脚な方か、ベテランの方以外は厳しそうでした。山中で会った方も少なく、燕岳から南の表銀座と打って変わって静かな山でしたが、どちらかというと自然そのままを堪能できました。
今回のプランを練っていただいたお二人には感謝です。本当に何から何までありがとうございました。自分は荷物を担ぐぐらいしかできませんでしたが、またご一緒したいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:599人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/20
投稿数: 110
2019/10/7 19:53
 山猫です。ありがとうございました。
お疲れ様でした。テント山行、とっても楽しかったです。
重い荷物をお二人に運んで頂きありがとうございました。
ハシゴ、鎖、岩場、ザレ場が続き、これでもかというアップダウン、なかなかハードなコースでしたね!
メジャールートでは味わえない醍醐味がありました。やはり、唐沢まで行かなきゃ、そして東沢から中房に下山しなきゃ・・・面白味が半減しますね。
ずいぶん昔に行ったきり、今年一緒に行けたらな〜と思っていました、実現できて良かったです。
登録日: 2012/1/12
投稿数: 301
2019/10/7 21:29
 Re: 山猫です。ありがとうございました。
いつも楽しいルート選択ありがとうございます🎵複数でのテント泊も楽しかったです。いよいよ冬山が近づいてきますね❗初滑りはご一緒にはならないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします🙇ほうとううまかった😆
登録日: 2012/2/20
投稿数: 110
2019/10/7 23:50
 なかなかシブいコースでした
お二人にありがとうです!
玄人込みのコースだとは知ってましたが、初めて行ってたいへん良かったです。
たまにはああいうところ歩かないとならないなぁと思いました。
帰宅して翌朝は全身筋肉痛、仕事全然できなかった。

初滑りまであとひと月位でしょうか。
テン泊&初滑りっていいかも・・・行きましょう!
登録日: 2012/1/12
投稿数: 301
2019/10/8 6:05
 Re: なかなかシブいコースでした
お疲れ様でした。
追記ありがとうございます。
しかし、アドベンチャーたっぷりで楽しかったです!
もう少し荷軽でサクッと歩ければもっと楽しいかもですね。
また呼んでください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ