また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2056549 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

新穂高〜餓鬼岳 縦走2泊3日 3日目(燕山荘〜白沢登山口)

日程 2019年10月07日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り(強風)後一時晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間2分
休憩
26分
合計
9時間28分
Sいるか岩05:4305:54めがね岩05:56燕岳06:0006:13北燕岳06:4406:5207:30東沢乗越07:3108:12東沢岳08:582508ピーク08:5910:49餓鬼岳小屋10:5410:56餓鬼岳10:5812:30大凪山13:36最終水場13:3714:00魚止めの滝14:0214:39紅葉の滝14:4015:07白沢登山口15:0815:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今日の核心部は白沢〜餓鬼の登山道でしょう

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール シェラフ ヘルメット 携帯トイレ

写真

強風の中出発。寒くてダウンを着たりしていて山荘でログを入れ忘れ暫く歩いてしまう。少し雲が晴れてやっと山頂が見えた
2019年10月07日 05:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の中出発。寒くてダウンを着たりしていて山荘でログを入れ忘れ暫く歩いてしまう。少し雲が晴れてやっと山頂が見えた
天候が悪化するようなら、ここで引き返して合戦尾根を下山することも考えていたんですが、風速も10m以上は吹かなさそうなので、予定通り餓鬼に向かいます
2019年10月07日 05:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候が悪化するようなら、ここで引き返して合戦尾根を下山することも考えていたんですが、風速も10m以上は吹かなさそうなので、予定通り餓鬼に向かいます
稜線上はずっと10m位の風が吹いています
2019年10月07日 06:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上はずっと10m位の風が吹いています
風がだんだん雲を押し流していく
2019年10月07日 06:08撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風がだんだん雲を押し流していく
稜線の東斜面は風が殆ど無く、暖かい
2019年10月07日 06:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の東斜面は風が殆ど無く、暖かい
見えそうで見えない
2019年10月07日 06:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えそうで見えない
登山道は明瞭です
2019年10月07日 06:34撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は明瞭です
2723mの名のないピークか?
2019年10月07日 06:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2723mの名のないピークか?
ピークの手前で右に下ります
2019年10月07日 06:36撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークの手前で右に下ります
下り始めはなだらかな道
2019年10月07日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めはなだらかな道
チングルマが綺麗
2019年10月07日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマが綺麗
東沢乗越まで標高差450m劇下りでした
2019年10月07日 06:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越まで標高差450m劇下りでした
下り始めて50分程で東沢乗越。チョッと日がさしてきました。ここからは滑りやすい笹薮の中を登ります
2019年10月07日 07:27撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めて50分程で東沢乗越。チョッと日がさしてきました。ここからは滑りやすい笹薮の中を登ります
しばらく登って振り返ると今日歩いて来た、燕山荘〜燕〜北燕〜2723mピークが見えました
2019年10月07日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登って振り返ると今日歩いて来た、燕山荘〜燕〜北燕〜2723mピークが見えました
東沢岳方面
2019年10月07日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢岳方面
木道はすべて朽ち落ちてます
2019年10月07日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道はすべて朽ち落ちてます
藪が伸びて歩きにくい所が結構有ります
2019年10月07日 07:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が伸びて歩きにくい所が結構有ります
山頂手前で見えてきました。左から三ッ岳〜烏帽子〜南沢〜不動〜船窪、不動の上奥の尖った三角は竜王、その右に立山〜剣。右手前は餓鬼から続く唐沢岳。その左に顔を出している針ノ木岳。来た甲斐が有りました
2019年10月07日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前で見えてきました。左から三ッ岳〜烏帽子〜南沢〜不動〜船窪、不動の上奥の尖った三角は竜王、その右に立山〜剣。右手前は餓鬼から続く唐沢岳。その左に顔を出している針ノ木岳。来た甲斐が有りました
裏銀座。野口五郎〜三ッ岳〜烏帽子
2019年10月07日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座。野口五郎〜三ッ岳〜烏帽子
これから向かうケンズリ、右に餓鬼岳、左に唐沢岳
2019年10月07日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かうケンズリ、右に餓鬼岳、左に唐沢岳
立山アップ。右端に剣
2019年10月07日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山アップ。右端に剣
東沢岳山頂。よく見ると燕岳3:00、東沢乗越20、餓鬼岳3:00。
2019年10月07日 08:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢岳山頂。よく見ると燕岳3:00、東沢乗越20、餓鬼岳3:00。
奇岩の連続
2019年10月07日 08:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩の連続
手前が高瀬ダムから唐沢岳に向かう稜線。中に不動〜船窪。不動の右奥に尖った竜王〜立山〜別山〜剣
2019年10月07日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前が高瀬ダムから唐沢岳に向かう稜線。中に不動〜船窪。不動の右奥に尖った竜王〜立山〜別山〜剣
燕方面は山頂部に雲がかかってきた
2019年10月07日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕方面は山頂部に雲がかかってきた
かっこいい岩がいっぱいあります
2019年10月07日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっこいい岩がいっぱいあります
この辺りからマーキング、標識が増えてきます
2019年10月07日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからマーキング、標識が増えてきます
13mmの鉄筋梯子
2019年10月07日 09:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13mmの鉄筋梯子
まだ行けてない野口五郎岳
2019年10月07日 09:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ行けてない野口五郎岳
わくわくしてきます。テンション上がる
2019年10月07日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わくわくしてきます。テンション上がる
鹿島槍がかすかに見える
2019年10月07日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍がかすかに見える
鹿島槍アップ
2019年10月07日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍アップ
ここは手がかりが欲しいかも
2019年10月07日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは手がかりが欲しいかも
餓鬼岳が近づいてきた
2019年10月07日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳が近づいてきた
餓鬼小屋到着。高瀬ダムから吹き上げる風に乗って雨が降ってきたので昼食は行動食とすることにして急いで下山します
2019年10月07日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼小屋到着。高瀬ダムから吹き上げる風に乗って雨が降ってきたので昼食は行動食とすることにして急いで下山します
下山コースタイム4:30
2019年10月07日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山コースタイム4:30
ここまではまずまず順調
2019年10月07日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではまずまず順調
大凪山からここ最終水場までの標高差1000m程の濡れた急峻な登山道が今回の縦走路の最難関部でした。慎重に慎重に下っても5回ほどこけました
2019年10月07日 13:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大凪山からここ最終水場までの標高差1000m程の濡れた急峻な登山道が今回の縦走路の最難関部でした。慎重に慎重に下っても5回ほどこけました
白沢沿いは美しくて、楽しいフィールドアスレチック
2019年10月07日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白沢沿いは美しくて、楽しいフィールドアスレチック
何でもアリです
2019年10月07日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何でもアリです
かなりタイトなコースタイム
2019年10月07日 13:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりタイトなコースタイム
魚止めの滝
2019年10月07日 14:00撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚止めの滝
手すりの高さが低くて、かえって危ない所が多数あります
2019年10月07日 14:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手すりの高さが低くて、かえって危ない所が多数あります
うーん、、!!??
2019年10月07日 14:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、、!!??
出来れば穴開きのアンチを使ってほしい
2019年10月07日 14:55撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出来れば穴開きのアンチを使ってほしい
餓鬼小屋から4時間以上かかりました
2019年10月07日 14:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼小屋から4時間以上かかりました
無事連れ合いが乗ってきた車を発見。
2019年10月07日 15:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事連れ合いが乗ってきた車を発見。

感想/記録
by i6hs5

 朝4:00に起きて準備していたら隣の方が帰ってみえて「星がとても綺麗です。いい写真が撮れました」と教えて下さって、外でてみるとオリオン座、大犬座、北斗七星等々綺麗に見えてて、今日は良い天気だと確信してました。
 朝食は5:15からと言われていたのが5:05から食べることが出来て(感謝)5:30に昨日仲良くなった人たちに見送られて小屋を出たら一面真っ白で10m程の強風。あまりの寒さに化繊ダウンを急いで羽織ったりしていてログを入れ忘れてしばらく歩く。
 燕岳山頂に到着して、天候が悪化したら引き返して合戦尾根を下りることも考えていたが、視界は悪かったけど、風は一定して10m程だったので餓鬼岳を目指すことに。
 東沢乗越に下る分岐までの稜線は晴れていたら素晴らしい所なんだろうなと想像しながら強風を耐えて進む。東沢乗越への劇下りに心が折れそうになっていたら天候がだんだん回復してきて乗越では青空が。東沢岳の山頂手前では今日一番の展望に。
 念願のケンズリを越えるころから雲行きが怪しくなって、餓鬼小屋の手前から小雨が降り始める。昼食休憩を諦め、行動食を摂りつつ急いで下山開始。大凪山までは順調に下山。ここから白沢までの標高差約1000mが今回の縦走で一番堪えました。
濡れた急勾配の登山道は最悪でした。
 白沢はちょっと危険なフィールドアスレチック。色んな橋とか有って、楽しませてくれます。途中で今日燕山荘を出てから8時間ぶりに初めて人と遭遇。同年輩位のご夫婦でした。
 餓鬼小屋から4時間ちょっとかかって連れ合いが乗ってきた車発見。楽しかった3日間の縦走終了です。

訪問者数:158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ