また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2057404 全員に公開 ハイキング 剱・立山

折立〜太郎平小屋〜薬師沢小屋泊

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨のちくもり、時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等、 飛行機
飛行機:福岡空港ー松本空港 FDA
シャトルバス:松本空港ー大町温泉郷(前々々泊) 要予約
路線バス:大町温泉郷ー扇沢
アルペンルート:扇沢ー黒部ダムー室堂(前々泊)ー立山駅
電車:立山駅ー有峰口駅
送迎バス:有峰口ー亀谷温泉(前泊)
路線バス:亀谷温泉ー折立 要予約(この時期は金土日の1日1本のみ)
折立にたどり着くまでが長い!さすが秘境。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
1時間15分
合計
6時間51分
S折立バス停08:1209:06太郎坂(アラレちゃん)09:1310:55五光岩ベンチ11:0411:44太郎平小屋12:3313:14第一徒渉点13:1613:22第二徒渉点13:2913:58第三徒渉点14:53カベッケが原14:5415:03薬師沢小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
裏銀座縦走5日間の1日目です。
折立から太郎平小屋までは少し急ぎ足。
薬師沢小屋までは標準かな。いくつも河を渡ったり、薬師岳方面の景色が良いスポットも割とあり、多めに休み入れました。
コース状況/
危険箇所等
有名なルートだけあってよく整備されています。
太郎平小屋の尾根までの上部では、登山道をさらに整備中でした。
太郎平から薬師沢小屋までは、木道や沢を渡る仮設橋で通りやすくなっていました。
ただし、小屋閉鎖期間は橋は撤去されるそうです。
その他周辺情報亀谷温泉薬師岳の湯 白樺ハイツ
 お値段はお手頃で、有峰口駅から送迎してくれました。
 コインランドリーもあり。
 ここから折立までバスで50分ほど。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 予備食 行動食 雨具一式 保護メガネ 携帯予備バッテリー 登山靴(ティトンブーツ) トレッキングシューズ(ノースフェイスファストパックgore-tex)

写真

前泊でここからスタート。あいにくの雨。
この時期バスは1日1便で予約制です!

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊でここからスタート。あいにくの雨。
この時期バスは1日1便で予約制です!

折立につきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立につきました。
さあここから北アルプススタートです。
雨ですがテンション上がります。
折立1356m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあここから北アルプススタートです。
雨ですがテンション上がります。
折立1356m。
石がごろごろしていて歩きづらいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石がごろごろしていて歩きづらいです。
尾根が見えてきました。
天気はまだ雨模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が見えてきました。
天気はまだ雨模様。
少し流されていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し流されていますね。
途中の休憩スポット
あまり景色は見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の休憩スポット
あまり景色は見えず
あれが山小屋か。
ようやく尾根に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが山小屋か。
ようやく尾根に。
薬師岳方面。
すっかり晴れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳方面。
すっかり晴れました。
太郎平小屋につきました。
なんとか午前中までに到着。
ここの食堂でお昼ご飯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋につきました。
なんとか午前中までに到着。
ここの食堂でお昼ご飯。
太郎平小屋まえの広場
見晴らしも居心地もよい場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋まえの広場
見晴らしも居心地もよい場所です。
あれは水晶岳。
このあとの目的地。遠そうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは水晶岳。
このあとの目的地。遠そうだ。
尾根で、ウォーキングシューズから登山靴にチェンジ。
ここまで道は良いのでそのほうが楽です。
買ったばかりのモンベルティトンブーツワイド。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根で、ウォーキングシューズから登山靴にチェンジ。
ここまで道は良いのでそのほうが楽です。
買ったばかりのモンベルティトンブーツワイド。
尾根から薬師沢方面に降りていきます。
木道が気持ちよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から薬師沢方面に降りていきます。
木道が気持ちよい。
太郎平小屋と薬師岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋と薬師岳方面
途中渡河があります。
橋は薬師沢小屋開設期間中のみだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中渡河があります。
橋は薬師沢小屋開設期間中のみだそうです。
結構ながーい橋。
見た目より怖いですよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構ながーい橋。
見た目より怖いですよ。
薬師沢小屋へ下るルート
唯一すれ違った外人組。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋へ下るルート
唯一すれ違った外人組。
木道がきもちよい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道がきもちよい
渡河です。結構長いはし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡河です。結構長いはし。
薬師岳かな。午前中とちがい天気が良くなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳かな。午前中とちがい天気が良くなった
小屋の前の黒部川の清流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前の黒部川の清流
澄んでいて気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
澄んでいて気持ちいい
黒部川に降りて見上げる薬師沢小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部川に降りて見上げる薬師沢小屋
薬師沢小屋からすぐのところにある高天原分岐。
よく登山雑誌にも出ていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋からすぐのところにある高天原分岐。
よく登山雑誌にも出ていますね。
雨が降ったあとでもあり、流れが多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降ったあとでもあり、流れが多い。
かの有名な薬師沢小屋のつり橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かの有名な薬師沢小屋のつり橋
薬師沢小屋の前のつり橋。
結構有名ですよね。
思った以上にこわいですよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋の前のつり橋。
結構有名ですよね。
思った以上にこわいですよ。
かの「黒部源流山小屋暮らし」やまとけいこさん著のその場所までやって来ました!

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かの「黒部源流山小屋暮らし」やまとけいこさん著のその場所までやって来ました!

入口から見るつり橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口から見るつり橋。
昔はこうだったんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔はこうだったんですね。
日曜で小屋締めまじかでもあり、ゆったりできました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日曜で小屋締めまじかでもあり、ゆったりできました。

感想/記録
by Tooshi

 知る人ぞ知る「黒部源流山小屋暮らし」の舞台、それに「黒部の山賊」の神秘的な秘境の黒部に行ってみたくなり、小屋閉め間近の平日にまとまった休みを取り、裏銀座縦走にチャレンジ。
 折立登山口までは立山黒部アルペンルートを抜け、途中何泊もしながらようやくたどりつく。この時期バスは一日一便しかも金土日のみ。まずはこれに合わせた計画になりました。
 あいにくの雨スタートでしたが、標高が上がり太郎平小屋の尾根につくころには雲が減り、雲の晴れ間から薬師岳の素晴らしい景色を拝めることができました。
 薬師沢小屋は本の通りの世界でしたね。谷間の黒部川支流の合流地点に立つ、こじんまりとしたとても綺麗な山小屋で、黒部川の澄み渡る水流を水源としたとてもおいしい水を頂けました。この日は私入れてお客さん4人でゆったり過ごすせました。3人の方とはこの後のルートも同じで、雲ノ平方面へ逐次山小屋でお会いすることになりました。
 翌日は急坂を上り、次の本命雲ノ平へ。だけど雲ノ平に着いてからが大変。北アルプス自然の厳しさの洗礼を受けることになりました。

2日目に続きます。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2057407.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:437人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テン 前泊 木道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ