また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2079764 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

燕岳(中房温泉からピストン、日帰り)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ→のち雪(チラつく程度)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日の10月26日AM7:00まで、中房線が通行止めでした。原因として前日までの降雨量が規定値以上に達したからだそうです。10月27日は問題なく終日通行できました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間56分
休憩
3時間4分
合計
10時間0分
Sスタート地点04:5905:07中房温泉登山口05:2005:54第1ベンチ06:25第2ベンチ06:51第3ベンチ06:5207:18富士見ベンチ07:3907:59合戦小屋08:2208:37合戦山(合戦沢ノ頭)09:05ベンチ09:1609:26燕山荘09:3409:42いるか岩10:00めがね岩10:0110:09燕岳10:2510:30めがね岩10:3110:43いるか岩10:4410:50燕山荘12:0112:13ベンチ12:1412:34合戦山(合戦沢ノ頭)12:3612:44合戦小屋12:4913:08富士見ベンチ13:37第3ベンチ13:56第2ベンチ13:5714:14第1ベンチ14:2114:51中房温泉登山口14:5214:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な個所なしだが、当日は前日に降った雪のせいで、合戦小屋から少し登ったところから雪道となる。経験者ならアイゼン不要だが、4〜6爪アイゼンが必要と思われる個所がいくつかあった。今回パートナーは12爪アイゼンを履いたが、最強であった。
その他周辺情報下山後、登山口にある中房温泉にて入浴した。通常750円だが、JAF会員だと550円になる。(200円お得)。浴槽は露店風呂が2つあり、一つは温度高め、もう一つは低めであった。シャンプー、ボディーシャンプーは置いてあるので、タオルひとつで入浴可能。休憩所もあるのでパートナーの待ち時間においてある漫画本を読んでも楽しい。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 ホッカイロ(寒さ対策)、目出帽子(寒風対策)、サーモス(熱い飲み物が欲しいと思った)

写真

中房温泉を午前5時くらいに出発。暗い中をヘッドライトをつけながら歩く。夜が明けてきて、途中の開けたところから紅葉をパシャリ。とてもきれいな紅葉風景が続く。
2019年10月27日 06:44撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉を午前5時くらいに出発。暗い中をヘッドライトをつけながら歩く。夜が明けてきて、途中の開けたところから紅葉をパシャリ。とてもきれいな紅葉風景が続く。
2
登り始めてから約3時間で合戦小屋へ到着。営業していた。パンや軽食などを販売。思わず注文したくなるようなメニューが揃っていた。トイレもあり。協力金が必要。
2019年10月27日 07:59撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてから約3時間で合戦小屋へ到着。営業していた。パンや軽食などを販売。思わず注文したくなるようなメニューが揃っていた。トイレもあり。協力金が必要。
1
合戦小屋のトレンドマーク?。おしるこやってます、のサインが気になってしかたがない。
2019年10月27日 08:22撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋のトレンドマーク?。おしるこやってます、のサインが気になってしかたがない。
1
合戦小屋の名前の由来だそうです。
2019年10月27日 08:22撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋の名前の由来だそうです。
1
合戦小屋からの稜線には積雪があります。アイゼンが必要です。
2019年10月27日 08:50撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋からの稜線には積雪があります。アイゼンが必要です。
あまり思わしくない天気でしたが、時どき晴れ間があり、山行のアクセントを付け加えてくれる。雲海がすばらしい。
2019年10月27日 08:50撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり思わしくない天気でしたが、時どき晴れ間があり、山行のアクセントを付け加えてくれる。雲海がすばらしい。
2
稜線に出る。燕山荘との分岐にでる。裏銀座方面の山並みがよく見えた。
2019年10月27日 09:29撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出る。燕山荘との分岐にでる。裏銀座方面の山並みがよく見えた。
1
槍ヶ岳もよく見えた。積雪がかなりあるようだった。
2019年10月27日 09:29撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳もよく見えた。積雪がかなりあるようだった。
1
稜線から下を見ると、紅葉がとてもきれいであった。
2019年10月27日 09:33撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から下を見ると、紅葉がとてもきれいであった。
1
燕岳へ向かう。途中にあるイルカ岩。本当にイルカのように見える。(登攀禁止である)
2019年10月27日 09:43撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳へ向かう。途中にあるイルカ岩。本当にイルカのように見える。(登攀禁止である)
2
燕岳への登山道。ところどころアイスバーンになっており、アイゼンが必要だと思うような箇所があった。
2019年10月27日 09:43撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳への登山道。ところどころアイスバーンになっており、アイゼンが必要だと思うような箇所があった。
1
眼鏡岩?豚の鼻岩?日差しが差し手なんとも幻想的!?
2019年10月27日 10:00撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼鏡岩?豚の鼻岩?日差しが差し手なんとも幻想的!?
2
燕岳山頂。10年以上前に冬の燕岳を目指して上ったが、暴風雪により断念。それからようやく燕岳に登頂を実現できた。表銀座の縦走路がよく見える。大天井岳はかなりの積雪があるようであった。
2019年10月27日 10:10撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳山頂。10年以上前に冬の燕岳を目指して上ったが、暴風雪により断念。それからようやく燕岳に登頂を実現できた。表銀座の縦走路がよく見える。大天井岳はかなりの積雪があるようであった。
2
槍ヶ岳方面。奥穂高岳もよく見える。(しかしこの後吹雪に会い、すぐにその景色もなくなる)
2019年10月27日 10:10撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳方面。奥穂高岳もよく見える。(しかしこの後吹雪に会い、すぐにその景色もなくなる)
1
裏銀座方面。だんだん天気が悪くなってくる。
2019年10月27日 10:10撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座方面。だんだん天気が悪くなってくる。
燕岳頂上。雪だるま(かなり溶けた状態)がそばにあった。
2019年10月27日 10:14撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳頂上。雪だるま(かなり溶けた状態)がそばにあった。
燕山荘と大天井岳方面。
2019年10月27日 10:14撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘と大天井岳方面。
3
北燕岳方面。
2019年10月27日 10:15撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳方面。
1
表銀座、奥穂高、槍ヶ岳方面。かなり吹雪いていそうだった。
2019年10月27日 10:16撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座、奥穂高、槍ヶ岳方面。かなり吹雪いていそうだった。
1
燕山荘。宿泊者でもないのに、休憩させていただきました。室内でバーナーも使うことができ(完備されてる鍋敷きを使うこと)、持ち込んだ食糧も室内で食べることができ、温かいおもてなしに感謝しました。
2019年10月27日 11:59撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘。宿泊者でもないのに、休憩させていただきました。室内でバーナーも使うことができ(完備されてる鍋敷きを使うこと)、持ち込んだ食糧も室内で食べることができ、温かいおもてなしに感謝しました。
1
下山開始。ずっとこんな天気が続く。
2019年10月27日 11:59撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。ずっとこんな天気が続く。
1
下山途中の紅葉の風景。
2019年10月27日 14:24撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中の紅葉の風景。
1
中房温泉近くの下山路から紅葉の風景。赤、黄、緑のコントラストが目に優しい。
2019年10月27日 14:44撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉近くの下山路から紅葉の風景。赤、黄、緑のコントラストが目に優しい。
2
中房温泉へ無事戻ってきた。このあたりは雪ではなく、雨に変わっていた。
2019年10月27日 14:48撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉へ無事戻ってきた。このあたりは雪ではなく、雨に変わっていた。
1
紅葉がきれい。
2019年10月27日 14:51撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がきれい。
2
第一駐車場。前夜の9時30分くらいに着いてほゞ満車だったのに、帰ってきたときにはほとんど車はなくなっていた。
2019年10月27日 14:58撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一駐車場。前夜の9時30分くらいに着いてほゞ満車だったのに、帰ってきたときにはほとんど車はなくなっていた。
1

感想/記録

10月の後半となると夜明けが遅い。朝6時前にようやく明るくなる。それまではヘッドライトが必要。ルート全体はとても整備されているためヘッドライトでの歩きでも迷うことなく歩くことが出来る。途中の休憩ベンチが有り難い。合戦小屋も10月末でも営業しており有り難い。おしるこが食べたくなる。合戦小屋から上は森林限界となり、風の影響を受ける。稜線に出ると西からの風が強く、寒さを感じる。11月末まで営業している燕山荘は宿泊者でもない登山者に対しても寛容であり、おもてなしに大変ありがたみを感じた。今度は宿泊で利用したいと思った。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:563人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/10/2
投稿数: 1764
2019/10/28 23:33
 ひゃ〜
もう雪がこんなに!

寒くても、
下山後の温泉とビールは最高ですね!
(Ф(ェ)Ф)キラーン☆
登録日: 2019/5/13
投稿数: 119
2019/10/28 23:40
 Re: ひゃ〜
そうなんですよー。前々日にかなり雪が降ったようで、一面銀世界でした。10月前半は暑かったのに、あっという間に山は冬到来です。下山後の温泉は最高ですね。ビールも飲みたいですが、帰りの運転があるのでおあずけです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ