また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2079833 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川連峰主脈縦走【日帰り・谷川岳→平標山】

日程 2019年10月28日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
〇土合駅前の駐車スペースに停めました
https://tozanguchi-p.com/4737/
※電車利用者以外は他の無料駐車場に停めましょう


〇下山後のバス ¥610 現金のみ  ※2019/10/28の時点の情報です
平標登山口→湯沢駅前〔越後湯沢〕
14:15発 14:52着 (37分)
16:15発 16:52着 (37分)▲水上行きの電車に乗るにはこれが最終バス▲
https://www.navitime.co.jp/bus/diagram/timelist?hour=4&departure=00492191&arrival=00492448&line=00077485&date=2019-06-18


〇越後湯沢駅→土合駅 ¥420 ※2019/10/28の時点の情報です
15:08→15:33土合駅着
17:50→18:16土合駅着▲水上行きの最終電車▲ 
https://ekitan.com/timetable/railway/line-station/51-18?d=1&dt=20190618
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間4分
休憩
1時間10分
合計
12時間14分
S土合駅02:3703:12西黒尾根登山口06:08谷川岳(トマの耳)06:1106:21谷川岳・肩ノ小屋06:3607:20オジカ沢ノ頭07:2307:49小障子ノ頭08:22大障子ノ頭08:2509:06万太郎山09:1109:47毛渡乗越10:41エビス大黒ノ頭10:4311:33仙ノ倉山11:5212:27平標山12:4613:32松手山 13:3313:52平標山四合目(鉄塔のピーク)14:51平標登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマプラでの計画では合計距離: 22.65km
          累積標高(上り): 2440m
          累積標高(下り): 2124m
          コースタイム14時間20分でした
コース状況/
危険箇所等
【土合駅〜西黒尾根登山口】 舗装路歩き。夜中でも電気が灯っている谷川岳登山指導センターでトイレ、登山届けが利用出来ます。当日は寝ている方も

【西黒尾根登山口〜谷川岳】 西黒尾根は日本三大急登のひとつで標高差1200mを一気に登るので体力は必要であり最初の核心部。樹林帯→森林限界に出てからは鎖場・岩場と変化が多い

【谷川岳〜オジカ沢ノ頭】主脈縦走路上の唯一の鎖場がある。

【オジカ沢ノ頭〜万太郎山】オジカ沢ノ頭からの下りの際、泥で2回コケました。。小障子ノ頭〜大障子ノ頭の辺りはアップダウンがあります。大障子ノ頭からの下りで滑り易い岩場が続くので滑落に注意。万太郎山まで残り標高差100mは細尾根で斜度が増しきつい

【万太郎山〜エビス大黒ノ頭】前半は激細の尾根で最低鞍部の毛渡乗越(けとのこし、1568m)まで一気に下ります。その後無名ピークを越えますが斜度がきつい
エビス大黒ノ頭の登りは相当なきつさで偽ピークにがっかりしないように一歩一歩着実に。。間違いなく後半の核心部

【エビス大黒ノ頭〜仙ノ倉山】見た目雄大な仙ノ倉山だがこちらの登りもきつい。あのピークさえ越えればと思いながらの後半最後の踏ん張りどころ

【仙ノ倉山〜平標山】人気のルートでハイカーが増える。木道歩き。登り返しは階段なので歩き易い

【平標山〜松手山〜登山口】前半は正面に苗場山を見ながら、木の階段が整備されていて歩き易い。松手山辺りから潅木帯の道になります。松手山には分岐があるので注意


全体的にドロの箇所が多くスパッツはあった方が良いカモ
私は車に置いて来てしまって失敗しました ズボンの裾がドロだらけに

水分は2ℓ弱消費 手付かずのプラティパス2.5ℓはほど良い歩荷訓練となりました💦
食料は半分程消費しました 

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ 三季用ズボン メリノウール 靴下 ソフトシェル ダウン(モンベル800フィルパワー) 雨具上下 ローカット登山靴 防水キャップ 指ぬき手袋 手ぬぐい ザック50ℓ スタッフバック 行動食 非常食 飴沢山 アミノバイタルスティック2200m×3 プラティパスに水2.5ℓ 麦茶500m×2 ナルゲンにスポーツドリンク500m 缶コーヒー403g エマージェンシーシート 昭文社の地図 コンパス ヘッドランプ ハンディライト 予備電池 登山靴の予備紐 ファーストエイドキット( ポイズンリムーバー・毛抜き・ 包帯・絆創膏・マキロンs30mL・アルコール消毒綿・サージカルテープ・ゴム手袋・ライター・ビクトリノクスのマルチナイフ) ポケットティッシュ 芯を抜いてガムテープで丸めたトイレットペーパー ゴミ袋 財布 保険証 免許証 車のキー スマートフォン(ヤマレコMAP入り) ストック 熊鈴2種類 デジカメ デジカメの予備電池2個 ゴリラポッド

写真

前夜、これからパッキングする飲食料
水分は晴れで暑くなると予想し約4.5ℓ持ちました
2019年10月27日 20:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜、これからパッキングする飲食料
水分は晴れで暑くなると予想し約4.5ℓ持ちました
12
関越水上IC直前の下牧PAで3時間弱仮眠をとり、無人の土合駅に乗り付けました
果たして16時間後に無事に戻って来られるだろうか・・
長い一日が始まった!
2019年10月28日 02:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越水上IC直前の下牧PAで3時間弱仮眠をとり、無人の土合駅に乗り付けました
果たして16時間後に無事に戻って来られるだろうか・・
長い一日が始まった!
3
登山センターで登山届け・トイレを済まし暗黒の西黒尾根に突入します
2019年10月28日 03:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山センターで登山届け・トイレを済まし暗黒の西黒尾根に突入します
1
台風19号の爪痕か
倒木は左上の斜面からクリア
2019年10月28日 04:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風19号の爪痕か
倒木は左上の斜面からクリア
1
森林限界に出てからの第一クサリ
ここさえクリア出来れば西黒尾根は歩けるでしょう
2019年10月28日 04:39撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界に出てからの第一クサリ
ここさえクリア出来れば西黒尾根は歩けるでしょう
2
まだ真っ暗
トマの耳の左上のオリオン座がきれいだったなあ
2019年10月28日 04:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ真っ暗
トマの耳の左上のオリオン座がきれいだったなあ
3
登山道は岩登りに変化し、着実に黄色ペイントを追う区間へ
2019年10月28日 05:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は岩登りに変化し、着実に黄色ペイントを追う区間へ
1
人面に見えるザンゲ岩もまだおねむ
2019年10月28日 05:46撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人面に見えるザンゲ岩もまだおねむ
4
天神平のロープウェイ駅方面
2019年10月28日 05:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平のロープウェイ駅方面
2
振り返り谷川連峰馬蹄形縦走路上の朝日岳のシルエット
2019年10月28日 05:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り谷川連峰馬蹄形縦走路上の朝日岳のシルエット
9
登って来た西黒尾根を振り返る
2019年10月28日 05:49撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た西黒尾根を振り返る
3
俎(まないたぐら)
オジカ沢の頭から伸びる稜線
2019年10月28日 05:51撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎(まないたぐら)
オジカ沢の頭から伸びる稜線
6
双耳峰の谷川岳
今日は山頂からご来光が拝めそう
4度目の正直はなるか・・
2019年10月28日 05:57撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の谷川岳
今日は山頂からご来光が拝めそう
4度目の正直はなるか・・
7
着いた途端にガスが。。
肩の小屋泊の方と撮りっこしました
2019年10月28日 06:09撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた途端にガスが。。
肩の小屋泊の方と撮りっこしました
24
熊笹には霜が降りてました
寒ひ
2019年10月28日 06:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊笹には霜が降りてました
寒ひ
2
肩の小屋でトイレ(チップ制¥100)を借りて小休止
2019年10月28日 06:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋でトイレ(チップ制¥100)を借りて小休止
1
Trick or Treat♪
テーブルにも霜
昨夜は雪がちらついたそう
2019年10月28日 06:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Trick or Treat♪
テーブルにも霜
昨夜は雪がちらついたそう
6
カッパまで4枚着込んで谷川連峰主脈に初突入!
2019年10月28日 06:36撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッパまで4枚着込んで谷川連峰主脈に初突入!
2
一つ目の小ピーク
2019年10月28日 06:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目の小ピーク
1
ハクサンイチゲの葉の紅葉
2019年10月28日 06:42撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲの葉の紅葉
7
破線の中ゴー尾根との分岐
2019年10月28日 06:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線の中ゴー尾根との分岐
2
南向きの斜面の草紅葉がキレイで、ほんと来て良かったなあと思いました
2019年10月28日 06:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南向きの斜面の草紅葉がキレイで、ほんと来て良かったなあと思いました
8
マツダランプ
2019年10月28日 06:55撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツダランプ
1
オジカ沢の頭が見えて来ました
2019年10月28日 07:01撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢の頭が見えて来ました
7
主脈で唯一のクサリ場
下りだと基部より下が急斜面なのでちょっと怖そう
2019年10月28日 07:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈で唯一のクサリ場
下りだと基部より下が急斜面なのでちょっと怖そう
2
【オジカ沢ノ頭】
オジカ沢ノ頭に到達
360度の大展望!
2019年10月28日 07:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
オジカ沢ノ頭に到達
360度の大展望!
12
【オジカ沢ノ頭】
俎(まないたぐら)への稜線
2019年10月28日 07:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
俎(まないたぐら)への稜線
12
【オジカ沢ノ頭】
次に目指す万太郎山
2019年10月28日 07:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
次に目指す万太郎山
7
【オジカ沢ノ頭】
振り返り谷川岳方面
ガスが切れているし〜〜w
2019年10月28日 07:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
振り返り谷川岳方面
ガスが切れているし〜〜w
5
【オジカ沢ノ頭】
平らな苗場山
2019年10月28日 07:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
平らな苗場山
5
【オジカ沢ノ頭】
浅間連山
2019年10月28日 07:21撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
浅間連山
3
【オジカ沢ノ頭】
俎瑤留に榛名山
2019年10月28日 07:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
俎瑤留に榛名山
2
【オジカ沢ノ頭】
赤城山
手前のテーブルマウンテンは三峰山
2019年10月28日 07:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
赤城山
手前のテーブルマウンテンは三峰山
4
【オジカ沢ノ頭】
上州武尊山(ほたかやま)
2019年10月28日 07:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オジカ沢ノ頭】
上州武尊山(ほたかやま)
3
オジカ沢ノ頭避難小屋
2019年10月28日 07:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭避難小屋
2
中を空けて見たくなりますよね?
全ての避難小屋をチェックしました(笑)
手前は水が溜まってたな
2019年10月28日 07:30撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中を空けて見たくなりますよね?
全ての避難小屋をチェックしました(笑)
手前は水が溜まってたな
3
影オジカ沢の頭
関越トンネルの換気塔も見えています
2019年10月28日 07:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影オジカ沢の頭
関越トンネルの換気塔も見えています
2
小障子ノ頭(手前のピーク)と万太郎山
2019年10月28日 07:48撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小障子ノ頭(手前のピーク)と万太郎山
14
小障子ノ頭
2019年10月28日 07:49撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小障子ノ頭
1
大障子避難小屋
ドアの下部が壊れていました
手前半分は濡れてたな
2019年10月28日 08:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子避難小屋
ドアの下部が壊れていました
手前半分は濡れてたな
2
大障子ノ頭
2019年10月28日 08:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭
2
万太郎山にだいぶ近づいて来ました
右に延びるギザギザの尾根が土樽駅へ続く呉策新道のようです
裏馬蹄形もいつか歩いてみたくなりました
2019年10月28日 08:27撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山にだいぶ近づいて来ました
右に延びるギザギザの尾根が土樽駅へ続く呉策新道のようです
裏馬蹄形もいつか歩いてみたくなりました
6
本日初のお花はアキノキリンソウ
2019年10月28日 08:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日初のお花はアキノキリンソウ
1
万太郎山へのアタック体制に入ります
2019年10月28日 08:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山へのアタック体制に入ります
4
ぶっ倒れていた道標
土樽駅への吾策新道との分岐
2019年10月28日 09:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶっ倒れていた道標
土樽駅への吾策新道との分岐
2
吾策新道の尾根
2019年10月28日 09:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾策新道の尾根
4
【万太郎山】
万太郎山(1954m)に到達
2019年10月28日 09:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【万太郎山】
万太郎山(1954m)に到達
11
【万太郎山】
振り返り左から茂倉岳〜一ノ倉岳〜谷川岳(オキの耳〜トマの耳)〜オジカ沢の頭〜大障子ノ頭

雄大な稜線だなあ
2019年10月28日 09:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【万太郎山】
振り返り左から茂倉岳〜一ノ倉岳〜谷川岳(オキの耳〜トマの耳)〜オジカ沢の頭〜大障子ノ頭

雄大な稜線だなあ
6
【万太郎山】
エビス大黒ノ頭(左)と仙ノ倉山(右)を初めて捉えます
左から回り込むようです
2019年10月28日 09:09撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【万太郎山】
エビス大黒ノ頭(左)と仙ノ倉山(右)を初めて捉えます
左から回り込むようです
5
【万太郎山】
次に向かうエビス大黒ノ頭をアップ
事前情報通りかなり手ごわそなトンガリピーク
2019年10月28日 09:09撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【万太郎山】
次に向かうエビス大黒ノ頭をアップ
事前情報通りかなり手ごわそなトンガリピーク
9
【万太郎山】
対して仙ノ倉山はたどっしりとして、たおやかな山容
2019年10月28日 09:09撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【万太郎山】
対して仙ノ倉山はたどっしりとして、たおやかな山容
1
【万太郎山】
右には湯沢方面が良く見えました
2019年10月28日 09:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【万太郎山】
右には湯沢方面が良く見えました
振り返って万太郎山
こちら側からの方がかっこいい
2019年10月28日 09:29撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って万太郎山
こちら側からの方がかっこいい
11
越路避難小屋(こしじひなんごや)とエビス大黒ノ頭と仙ノ倉山
中はここなら泊まっても良いかなのレベル
2019年10月28日 09:36撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越路避難小屋(こしじひなんごや)とエビス大黒ノ頭と仙ノ倉山
中はここなら泊まっても良いかなのレベル
2
枯れ残っているオヤマボクチの後頭部越しにエビス大黒ノ頭
2019年10月28日 09:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ残っているオヤマボクチの後頭部越しにエビス大黒ノ頭
4
下の方の斜面の紅葉が美しい
2019年10月28日 09:46撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方の斜面の紅葉が美しい
4
谷川主脈の最低鞍部である毛渡乗越(けとのこし、1568m)
2019年10月28日 09:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈の最低鞍部である毛渡乗越(けとのこし、1568m)
1
ニセピークがあるエビス大黒ノ頭へアタック体制に入ります
いや〜きつかったなあ
2019年10月28日 10:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセピークがあるエビス大黒ノ頭へアタック体制に入ります
いや〜きつかったなあ
3
【エビス大黒ノ頭】に到達
肩ノ小屋泊の60代後半男性とお話しをしました
以降抜きつ抜かれつ帰りのバス停でも談笑しました
2019年10月28日 10:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【エビス大黒ノ頭】に到達
肩ノ小屋泊の60代後半男性とお話しをしました
以降抜きつ抜かれつ帰りのバス停でも談笑しました
2
振り返りエビス大黒ノ頭
トンガってますなあ
2019年10月28日 10:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りエビス大黒ノ頭
トンガってますなあ
5
雄大な仙ノ倉へ登りもきつそう
エビス大黒避難小屋は半自動ドアで重い
2019年10月28日 11:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な仙ノ倉へ登りもきつそう
エビス大黒避難小屋は半自動ドアで重い
4
ハクサンフウロが残っていてくれました
2019年10月28日 11:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロが残っていてくれました
12
【仙ノ倉山】
仙ノ倉山に到達
2019年10月28日 11:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仙ノ倉山】
仙ノ倉山に到達
5
【仙ノ倉山】
振り返り、エビス大黒ノ頭はこちら側からだとかなり鋭い
分度器当てたら40度くらいはある?
2019年10月28日 11:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仙ノ倉山】
振り返り、エビス大黒ノ頭はこちら側からだとかなり鋭い
分度器当てたら40度くらいはある?
1
【仙ノ倉山】
紳士の食べ物と山コーヒーで小休止
2019年10月28日 11:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仙ノ倉山】
紳士の食べ物と山コーヒーで小休止
5
【仙ノ倉山】
自撮り
5人ほどいて、そろぞれがぼっちを楽しんでいるご様子
2019年10月28日 11:49撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仙ノ倉山】
自撮り
5人ほどいて、そろぞれがぼっちを楽しんでいるご様子
27
【仙ノ倉山】
平標山方面へ下ります
木道が整備されているので歩き易いです
2019年10月28日 11:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仙ノ倉山】
平標山方面へ下ります
木道が整備されているので歩き易いです
6
【平標山】
平標山に到達
7人ほどいて賑やか
登山道の交差点。十字路なので降りるほうには要注意
2019年10月28日 12:27撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【平標山】
平標山に到達
7人ほどいて賑やか
登山道の交差点。十字路なので降りるほうには要注意
5
【平標山】
国道17号を挟んですぐ向かいの苗場山を見ながら松手山方面へ下ります
2019年10月28日 12:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【平標山】
国道17号を挟んですぐ向かいの苗場山を見ながら松手山方面へ下ります
6
【平標山】
少しお話しした方によると平標山の家方面の下の方の紅葉は綺麗だったようです
2019年10月28日 12:46撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【平標山】
少しお話しした方によると平標山の家方面の下の方の紅葉は綺麗だったようです
2
振り返り平標山
熊笹の斜面が美しい
2019年10月28日 13:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り平標山
熊笹の斜面が美しい
7
良く整備されています
2019年10月28日 13:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く整備されています
3
左下の方の紅葉
2019年10月28日 13:16撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下の方の紅葉
8
タテヤマウツボグサ
2019年10月28日 13:18撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ
9
横を向くと紅葉が美しい 手前はツツジ
2019年10月28日 13:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横を向くと紅葉が美しい 手前はツツジ
3
【松手山】
分岐となっているので注意
2019年10月28日 13:32撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【松手山】
分岐となっているので注意
1
黄葉がボチボチ出始めます
2019年10月28日 13:38撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉がボチボチ出始めます
3
カエデの低い木が結構ありました
2019年10月28日 13:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデの低い木が結構ありました
5
鉄塔を通過
残りコースタイム50分
2019年10月28日 13:52撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔を通過
残りコースタイム50分
1
ヤマモミジかな
赤いのがなかなかありません
2019年10月28日 13:53撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマモミジかな
赤いのがなかなかありません
6
苗場プリンスホテル
2019年10月28日 13:56撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場プリンスホテル
3
綺麗だなあ
2019年10月28日 14:00撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗だなあ
5
シラカバ地帯も
2019年10月28日 14:02撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラカバ地帯も
4
透かすと青空に映えます
2019年10月28日 14:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透かすと青空に映えます
3
可愛い葉っぱの貴重な赤
ヤマモミジかな
2019年10月28日 14:20撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛い葉っぱの貴重な赤
ヤマモミジかな
6
黄葉も綺麗 コハウチワカエデかな
2019年10月28日 14:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉も綺麗 コハウチワカエデかな
4
ドライフラワー化したヤマハハコ
2019年10月28日 14:26撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライフラワー化したヤマハハコ
3
赤が欲しい。。
2019年10月28日 14:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤が欲しい。。
2
下の方まで紅葉が降りてきていました
2019年10月28日 14:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方まで紅葉が降りてきていました
4
登山口
左へ
2019年10月28日 14:44撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
左へ
1
橋の上から 
2019年10月28日 14:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上から 
5
駐車場の植え込みのモミジ
2019年10月28日 14:49撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の植え込みのモミジ
19
駐車場のトイレをお借りしました
2019年10月28日 14:54撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のトイレをお借りしました
1
通過して来た鉄塔ピークにむけてコーラで〆ます
2019年10月28日 15:03撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過して来た鉄塔ピークにむけてコーラで〆ます
4
16:15のバスに無事に間に合いました
待ち時間、2名の単独ハイカーさんと楽しく山談義
2019年10月28日 15:16撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:15のバスに無事に間に合いました
待ち時間、2名の単独ハイカーさんと楽しく山談義
2
湯沢駅に到着
17:50の水上行き最終までお土産買ったりしました
2019年10月28日 16:57撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢駅に到着
17:50の水上行き最終までお土産買ったりしました
1
乗ってきたバス
立ったまま身動き出来ない程の激混みで疲れました
途中のバス停で20人くらいが並んでいて、え?乗れるの??と思ったけど詰めて詰めて詰めて何とか全員乗れたようです
更に2人が待ってるバス停では前から乗せてました
2019年10月28日 16:58撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗ってきたバス
立ったまま身動き出来ない程の激混みで疲れました
途中のバス停で20人くらいが並んでいて、え?乗れるの??と思ったけど詰めて詰めて詰めて何とか全員乗れたようです
更に2人が待ってるバス停では前から乗せてました
3
レコでよく見る「ぽんしゅ館」の酔っぱらい
2019年10月28日 17:15撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコでよく見る「ぽんしゅ館」の酔っぱらい
7
天玉そばと食べ残した🍙を美味しく頂きました
2019年10月28日 17:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天玉そばと食べ残した🍙を美味しく頂きました
10
乗車時間26分程で土合駅に戻って来ました
登り電車は462段のモグラ駅を体験出来なかったです
2019年10月28日 18:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗車時間26分程で土合駅に戻って来ました
登り電車は462段のモグラ駅を体験出来なかったです
4
撮影機材:

感想/記録

   月曜日帰り登山のMon-Dayです


今回は6月にトマの耳でへばってリタイアした谷川連峰主脈縦走でした
そろそろ雪が降り出すだろうし今年はほぼ諦めていました
が、月曜日だけ群馬側新潟側とも今秋初の快晴の予報に変化したので急遽リチャレンジ案が浮上してきたのです

今回の目的
1、念願だった谷川連峰主脈縦走へ初チャレンジ
2、稜線の草紅葉&松手山辺りの紅葉鑑賞


今回のコースを知ったのは私が尊敬するオーマイさんのこちらのレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-467606.html
もう5年も経ちましたが。。やっと歩くことが出来ました

歩き出しから星が良く見えていて 〜ほんと凄い!圧倒的な星の数でした〜 快晴を確信し天気の不安がないのは大きかったです
4回目のトマの耳はまたもガスで視界不良でしたが。。
オジカ沢ノ頭以降は快晴の中を大展望で歩けて気持ち良かった!

周りの山は名も知らない山ばかりだけど、そんなのは関係なく山並みのどこまでも続く稜線・下の方まで続く山肌・底を流れる川・遠くに見える滝・新潟方面の街並み等の雄大な景色に思わず声が出ました
本年最大級に疲れましたが、いつかまたお花畑の時期に逆方向で歩きたいですね
※谷川馬蹄形より疲労度は少し軽減しますがバス時間のプレッシャーは大きいと感じました


先週歩かれた友達のtididiさんの情報通り稜線の草紅葉はまだ残っていて、なめらかな山肌に微妙な色の変化が綺麗でした
松手山辺りの潅木帯の紅葉には少し遅かったようですが残っていてくれて嬉しかったです
台風19号の影響か赤いのが少なかったですが、見つけたときは雲の隙間から日が差すまで待って撮影を楽しみながら歩けました



※本日挨拶した&見かけ人の数
谷川岳トマの耳周辺で9人
主脈縦走路での平行スライドで2人(肩ノ小屋泊だそう)
仙ノ倉山で5人
平標山まで6人(仙ノ倉に向かう人)
平標山で7人
土合駅で一緒に降りた方(日帰りで主脈歩いたそう)
30名でした


※花名等の間違いはご指摘くださると勉強になる為嬉しいです!



最後までお読みくださりありがとうございました
by Mon-Day
訪問者数:764人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/8
投稿数: 104
2019/10/30 10:39
 素晴らしい!
うーんこの時季ですか、素晴らしいですね。私もオーマイさんに刺激されて、馬蹄形は何周かしてるんですが、こちらはつなげて歩いたことはありません。書かれているように、バス時間のプレッシャーに押しつぶされそうです。体力だけでなく正確な時間読みと、強靱なメンタルがないと二の足を踏んでしまうコースですね。レコを拝見し少し触発されましたので、来年あたり考えたいと思います(^_^)。
登録日: 2013/11/19
投稿数: 38
2019/10/30 15:18
 無事お帰りですね
Mon-day様
本レポ登場の60代後半男性です。エビス大黒の頭や平標登山口バス停で楽しくお話させていただきました。お互い、素晴らしい晴天での紅葉を楽しめましたね。ありがとうございました。
土合を2時37分に出発ということは埼玉のご自宅を12時前には出て、ほぼ一日眠らずに、12時間アップダウンをこなしたとのことですね。驚いた体力です。しかもこの丁寧なレポをすばやく提示したことにも感心いたしました。
どうか今後とも、ご無理をなさらず、山行をお楽しみください。本日15時にアップした私のレポートにもMonーday様との遭遇を簡単にふれさせていただいております。
yumihide
登録日: 2013/12/6
投稿数: 165
2019/10/30 18:23
 絶景の主脈稜線!
Mon-Dayさん、谷川連峰主脈縦走お疲れさまでした。

稜線上では先週と違ってほぼ快晴で絶景を眺めながらの歩きとなったようですね。
主脈は車の回収が厄介ですが、それでもまた歩きたくなります。

本当に晴れた主脈は素晴らしい景色だなと思って見ていたら、最後のバスを見てまた満車立ち乗りでの気持ち悪さが甦ってきました(汗)
登録日: 2014/1/4
投稿数: 499
2019/10/30 19:54
 主脈縦走
Mon-Dayさん、こんばんわー。
最高のお天気の中での谷川主脈縦走を満喫されたようでお疲れさまでした。主脈縦走、私も歩いてみたいと思いながら、バスの時間とのタイムトライアルに自信が無くてまだ実現できていません。本当は私も同じ日に縦走ではない谷川岳方面を考えていたのですが、夕方に用事ができて奥日光に変更してしまいました。(^-^; 行けばよかったかなとちょっと後悔しましたが、なぜ谷川だけ雲がかかりやすいんですかね。前回も丹沢主脈繋がりで今回の谷川主脈も参考にさせていただき年内は無理ですが私もチャレンジしてみたいと思います。
登録日: 2016/8/14
投稿数: 2
2019/10/30 22:33
 土合駅で一緒に降りた者です。
Mon-day様

土合駅で一緒に降りた者です。バスも一緒だったのですね。
キツかったけど、最高のお天気でしたね。
自身は下山後に土合戻りのリミットがある事を知り驚愕しました。
仙ノ倉山でのんびりしていたら…

またどこかの山で。
登録日: 2014/11/11
投稿数: 310
2019/10/31 0:30
 Re: 素晴らしい!
km117さん こんばんは

出来れば紅葉の時期で、安全を考慮してハイカーが多少歩いている体育の日(14日)辺りに行きたかったのですが台風等で都合がつかなかったです。
2日前くらいに快晴の予報だったので一気にテンションがあがりやる気モードにスイッチが入りました。
翌日は仕事で16:15の最終バスは絶対だったので時間のプレッシャーは相当でした。
オジカ沢ノ頭で無線の運用をしたらきっとバンバン入ると思いますよ!
その際は楽し過ぎてバスの時間を忘れないようにしてください
登録日: 2014/11/11
投稿数: 310
2019/10/31 0:46
 Re: 無事お帰りですね
yumihide様 こんばんは

こちらこそ先日は楽しくお話をさせていただきました。ありがとうございました。
下ノ廊下の話をされてましたよね。レコの方も拝見しました。
年齢的にと言っては失礼ですが・・強靭な体力をお持ちですね。
私は80歳くらいまで山登りを続けたいと思っているのでまさに『希望』のような存在です!
これからも素晴らしい山行レコを作ってください。
またどこかのお山で会いましょう。

p.s.天覧山から武甲山までは奥武蔵最強ルートと言う名称がついています。
二度に分けて歩くのもありなので是非チャレンジしてみてください。
登録日: 2014/11/11
投稿数: 310
2019/10/31 1:03
 Re: 絶景の主脈稜線!
tididiさん こんばんは

先週のtididiさんのレコに触発されて行って来ちゃいました。
確かに谷川馬蹄形よりか遠くまで見渡せて景色が良いので面白いカモ。
出来ることなら車2台体制で時間を気にせず歩ければもっと楽しめるでしょうね。
当日は仙ノ倉山まではとにかく時間を気にして自分のペースでは歩けなかったです。

帰りのバスはtididiさん情報で平日でも座れないと知っていましたが、とにかくギュウギュウ詰めで乗車率150%くらいだと思います
自分は車酔いは全くしませんが下りのカーブでGが掛かり手だけで踏ん張ったので疲れました。
顔面蒼白になったtididiさんを想像しながら、早く料金掲示板の数字が610になれ!
もう1000でもいいから早く降ろしてくれ〜と心の中で叫んでいました
登録日: 2014/11/11
投稿数: 310
2019/10/31 1:48
 Re: 主脈縦走
iwanobさん こんばんわ

翌日は仕事だったのでバスの時間は相当なプレッシャーとなりました。
最悪、湯沢駅周辺で一泊するくらいの覚悟だと気が楽かもしれません。

iwanobさんなら体力的には問題ないと思うので、いつでも引き出しから出せるよう山行計画を作っておいて快晴の予報の時にチャレンジするのが良いと思います。
6月の梅雨入り前のお花畑の時期か10月の紅葉の時期に皆さん歩かれているようです。
大展望が素晴らしいのでオススメします!
登録日: 2014/11/11
投稿数: 310
2019/10/31 2:03
 Re: 土合駅で一緒に降りた者です。
PAPERDRIVERS様 こんばんは

そうなんです。平標登山口のバス停でお姿を拝見していたので土合駅で一緒に降りたときは主脈縦走をされたのだと思いお声掛けさせていただきました。
当日は遠くの山々まで見渡せる最高の快晴でお互いに素晴らしい山旅になりましたね!
もう1人の一緒に降りた方もバスの時間を把握していなかったようで・・
下山後のことだし結果オーライってことで

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ