また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2091039 全員に公開 ハイキング奥秩父

多摩川源流と牛ノ寝通り、深まりゆく秋を堪能供

日程 2019年11月04日(月) [日帰り]
メンバー
天候☁時々☀間程度、予報ほど晴れず。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇道の駅「こすげ」の駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
≪道路状況≫
 本日自宅から利用した道路状況です。
 (先日の台風19号による道路状況等)
・吉野街道は軍畑大橋南〜御岳橋が通行止めです。
 行きはスムーズでしたが帰りは大渋滞に嵌りました。
 川井から青梅街道・吉野街道とも御嶽駅まで大渋滞。
 その先の軍畑まで渋滞は続きましたが、それ以降解消。
・小菅村内の林道松姫線は全線通行止め。
 現在松姫峠まで車で上がれません。
 バス便も道の駅こすげ止まりです。
・小菅村内を通るR139は問題ありません。

その他、奥多摩、奥秩父管内は相変わらず通行止め区間があります。
林道も通行止め多数。一部解除になってますが当分通行は控えるか注意が
必要です。

≪登山道状況・小菅のから牛ノ寝合流まで≫
本日歩いた区間の状況です。
・道の駅から山沢川沿いの林道は問題なく通れます。
・林道終点から先は一部斜面が崩れ歩きづらい箇所があります。
・水量多くわさび田から流れ出る水で渡渉箇所があります。
・沢に掛けられた橋が数ヶ所ありますがとても滑りやすいです。

≪登山道状況・牛ノ寝通り≫
・台風による影響は無く歩きやすいです。
 (一部倒木程度)
・標高1300m〜1400mでほぼフラット、足にやさしい道です。
・展望はありません。富士山見られるのは石丸峠付近と終盤の鶴寝山、
 そして松姫峠、奈良倉山ぐらい。
 展望を望む尾根ではないです。
 
 
その他周辺情報≪小菅の湯≫でひとっ風呂いただきました。
 アルカリ性単純温泉です。
 750円
 http://kosugenoyu.jp/

以下、近隣の丹波山村、奥多摩町、青梅市の温泉紹介です。
(1回以上入浴した温泉)

≪丹波山温泉のめこい湯≫丹波山村 自家源泉
 900円
 http://www.nomekoiyu.com/

≪三条の湯≫丹波山村 自家源泉
 アルカリ性冷泉の沸かし湯
 600円
 昔は後山林道終点から徒歩30分で行けたのですが、今はお祭りから
 歩いて3時間。遠い温泉となりました。 

≪奥多摩温泉もえぎの湯≫奥多摩町 自家源泉
 780円
 https://www.okutamas.co.jp/moegi/

≪氷川郷温泉麻葉の湯三河屋旅館≫奥多摩町 自家源泉
 1000円
 http://www.mikawaya-ryokan.com/

≪奥多摩温泉玉翠荘≫奥多摩町 鶴の湯温泉系
 750円
 http://gyokusuisou.com/

≪奥多摩温泉郷観光荘≫奥多摩町 鶴の湯温泉系
 650円
 http://www.okutama-kankousou.jp/

≪鶴の湯温泉丹下堂≫奥多摩町 鶴の湯温泉系
 750円
 https://spa-tokyo.net/z-t-tange/index.html

≪奥多摩の風はとのす荘≫ 鶴の湯温泉系&自家源泉
 1130円
 https://www.okutamas.co.jp/hatonosu/

≪河辺温泉梅の湯≫青梅市 自家源泉
 860円
 http://kabeonsen-umenoyu.com/
 ※自宅から近いので会員となり度々利用してます。

 大きな温泉街や熱々の温泉はありませんが、アルカリ性硫黄泉で
 PH10前後のつるつる系、ぬるぬる系が多くを占めます。
 僅かに硫黄臭がする温泉も。
「鶴の湯温泉」 奥多摩湖の湖底から湧き出る温泉です。
 かつてダムが出来る前温泉宿があったそうです。
 奥多摩周辺ではこの温泉を利用した宿が多いようです。
 
 登山と温泉、切り離せませんネ。

写真

≪登山道の様子≫
林道終点から少し上に渡渉箇所あります。
水量多いですが浅いので問題なく歩けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
林道終点から少し上に渡渉箇所あります。
水量多いですが浅いので問題なく歩けます。
3
≪登山道の様子≫
写真1から少し上、沢を渡り対岸に渡る橋付近。
少し崩れてます。
橋も滑りやすいです。
朝、ここを修復してるわさび田のオーナーと少しお話しました。「上を見てみな、わさび田凄いことになってしまった」と。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
写真1から少し上、沢を渡り対岸に渡る橋付近。
少し崩れてます。
橋も滑りやすいです。
朝、ここを修復してるわさび田のオーナーと少しお話しました。「上を見てみな、わさび田凄いことになってしまった」と。
3
≪登山道の様子≫
確かに。
登山道脇のわさび田が壊滅的な被害にあっていました。
わさびは流され、石組みのわさび田はその面影もありません。
奥多摩はわさびの産地。
ここ以外でもいたる所で被害が出てるかも知れません。
そういえば、去年ここでわさびを買った所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
確かに。
登山道脇のわさび田が壊滅的な被害にあっていました。
わさびは流され、石組みのわさび田はその面影もありません。
奥多摩はわさびの産地。
ここ以外でもいたる所で被害が出てるかも知れません。
そういえば、去年ここでわさびを買った所です。
9
≪登山道の様子≫
ここは橋が流されてますが水量少なく問題ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
ここは橋が流されてますが水量少なく問題ありません。
3
≪登山道の様子≫
その先、植林帯からは足元も乾き快適。少し急ですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
その先、植林帯からは足元も乾き快適。少し急ですが。
2
≪登山道の様子≫
沢の源頭部近く。
ここ確か橋があったと思いますが流されたのか?
問題なく歩けます。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
沢の源頭部近く。
ここ確か橋があったと思いますが流されたのか?
問題なく歩けます。

2
≪登山道の様子≫
沢を離れ巨樹の手前付近。
急に青空が覗き紅葉始まりの素晴らしい景色が出現。
さあ、富士を見に行こう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪登山道の様子≫
沢を離れ巨樹の手前付近。
急に青空が覗き紅葉始まりの素晴らしい景色が出現。
さあ、富士を見に行こう!
22
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
ということで富士見展望台に来ましたが、、、。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
ということで富士見展望台に来ましたが、、、。
2
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
ガスってました(*_*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
ガスってました(*_*)
4
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
しばし晴れ待ちのコーヒータイムで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
しばし晴れ待ちのコーヒータイムで。
8
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
20分程で晴れ間が広がる。しかし富士方面はガス充満(笑)
カメラを向けることなく退散。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
20分程で晴れ間が広がる。しかし富士方面はガス充満(笑)
カメラを向けることなく退散。

12
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
ブナも紅葉始まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・鶴寝山≫
ブナも紅葉始まりました。
5
≪牛ノ寝・山沢入りのヌタ≫
紅葉始まりの感じ。
昨年より1週間以上遅いですネ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・山沢入りのヌタ≫
紅葉始まりの感じ。
昨年より1週間以上遅いですネ。
6
≪牛ノ寝・大マテイ山北面≫
ブナの色づきがいい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・大マテイ山北面≫
ブナの色づきがいい感じ。
13
≪牛ノ寝・大マテイ山北面≫
少し遅れ目のブナ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・大マテイ山北面≫
少し遅れ目のブナ。
8
≪牛ノ寝・大マテイ山≫
いつも賑わう山頂も今日は寂しい。
ここで本日一人目の登山者にあいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・大マテイ山≫
いつも賑わう山頂も今日は寂しい。
ここで本日一人目の登山者にあいました。
4
≪牛ノ寝・狩場山付近≫
日が差した裏モミジをパチリ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・狩場山付近≫
日が差した裏モミジをパチリ!
22
≪牛ノ寝・狩場山付近≫
青空に映えます。
これが見たかったぁ〜〜〜!(^^)!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・狩場山付近≫
青空に映えます。
これが見たかったぁ〜〜〜!(^^)!
26
≪牛ノ寝・狩場山付近≫
ブナはいい感じ。
先週奥利根では終わりの葉っぱしか見られなかったので嬉しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・狩場山付近≫
ブナはいい感じ。
先週奥利根では終わりの葉っぱしか見られなかったので嬉しいです。
16
≪牛ノ寝・榧ノ尾山≫
今日の折り返し点。
これ以降は石丸峠まで500m程高度を上げるのでここまでの偵察とします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾山≫
今日の折り返し点。
これ以降は石丸峠まで500m程高度を上げるのでここまでの偵察とします。
4
≪牛ノ寝・榧ノ尾山≫
切株コレクション
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾山≫
切株コレクション
15
≪牛ノ寝・榧ノ尾山≫
切株コレクション
去年も撮りました。

さあ、紅葉みながら戻りましょ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾山≫
切株コレクション
去年も撮りました。

さあ、紅葉みながら戻りましょ。
15
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
遠く松姫湖(葛野川ダム)遠望。
こちらは相模川となり相模湾に注ぎます。
この尾根は多摩川・相模川の分水嶺になってるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
遠く松姫湖(葛野川ダム)遠望。
こちらは相模川となり相模湾に注ぎます。
この尾根は多摩川・相模川の分水嶺になってるようです。
3
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
P1354あたりは牛ノ寝通りのハイライト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
P1354あたりは牛ノ寝通りのハイライト。
21
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
22
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
18
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
18
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
緑残るブナもいいねぇ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
見上げます
緑残るブナもいいねぇ〜
8
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
お気に入りエリア。
やはり少し遅いですが、これから期待できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
お気に入りエリア。
やはり少し遅いですが、これから期待できます。
12
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
黄葉は辺りを明るくしますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
黄葉は辺りを明るくしますね。
27
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
日差しも出てきて足にやさしい道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
日差しも出てきて足にやさしい道を進みます。
7
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
しつこいですが最後に一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・榧ノ尾〜狩場間≫
しつこいですが最後に一枚。
17
≪牛ノ寝・大ダワ≫
少しだけ開けた大ダワより雲取山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪牛ノ寝・大ダワ≫
少しだけ開けた大ダワより雲取山。
8
≪帰りの登山道≫
帰りは慎重になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪帰りの登山道≫
帰りは慎重になります。
8
≪帰りの登山道≫
去年も撮ったな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪帰りの登山道≫
去年も撮ったな。
11
さあ、♨
久し振りに少しロングだったのでヌルヌル湯にゆっくり浸りました。帰りの大渋滞も知らずに(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、♨
久し振りに少しロングだったのでヌルヌル湯にゆっくり浸りました。帰りの大渋滞も知らずに(笑)
9

感想/記録
by teru-3

去年も同時期歩いた牛ノ寝通り。
ことしはどうかな?ということで偵察してきました。
当初はここではなくお隣の丹波山は「でんでぇ〜ろ」を予定しており道の駅に駐車。山はガスに包まれ全貌が解りません。
こちらは素早く諦め牛ノ寝歩きに転進。

事前情報で松姫峠からの歩きは無理のでその分人が少なく静かな山が楽しめそう。
そして今日歩くコースも問題無さそう、これで紅葉してたらバッチリかな?

そして肝心の紅葉状況。
今年はやはり1週間以上遅れてます。
歩きだしの沢付近はその気配も無し。
標高1200m付近まで来ると少〜し色が付き始めた感じです。
本日歩いた牛ノ寝通りの核心部、見頃はずばり次の週末の9日から先がピークになりそうです。
木枯らし吹かなければ次の次まで持ちそうです。

今年は松姫峠が不通のためバス便やマイカーは無理です。
そのせいかとても空いてました。
午後になると大菩薩からの縦走者に10人ほど会いましたが、とても静かな尾根歩きでした。
それより多く見かけたのはきのこ狩りの人かな。
種類を聞くのは忘れてましたが、きのこ一杯の籠を背負って歩いておりまいした。雨続きのせいか、豊作?

度重なる台風と大雨でまだまだ林道は不通の箇所あります。
山も山に向かう道もくれぐれにご注意を。
訪問者数:535人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/20
投稿数: 5131
2019/11/6 11:53
 予告通りのおでかけ!
teru-3さん こんにちは

私の大菩薩レコへのコメで「牛の寝通り」へと予告がありましたので
レコを楽しみにお待ちしていました
石丸峠を過ぎて「牛の寝通り」の分岐に差しかかった時に
そのネーミングと共に、どこに繋がるのか気になってました
このレコで大まかな方向感覚がつかめた気がします
 ※気がするだけで良くは分かってない可能性も
何しろ殆んど歩いた事が無いエリアなので・・・

それにしても地図で見るとこの辺りは面白い地名が多いですね
日本の地図じゃないみたいな・・・
カタカナ表記は北海道ではアイヌ語などで珍しくは無いけど
「内地」(北海道人は本州をこう言います )ではあまり多くは無いですヨネ?
その由緒やネーミングの経緯も登山道の景色並みに気になるBOKUでした

【追記】切り株コレクションの写真に乙女心を射抜かれました
     私が胸キュンしても嬉しくないでしょうけど
登録日: 2011/10/9
投稿数: 2023
2019/11/6 18:40
 Re: 予告通りのおでかけ!
BOKUTYANNさん、こんばんは!

そうそう大菩薩から南へ歩いて石丸峠を左折するとここ「牛ノ寝通り」。
分岐から1時間弱であの「切株」です。
「切株」に胸キュン? それって危なくない
まぁそれ以上想像しないことにしておきます
BOKUTYANNさんの事前レコで大菩薩の状況が分かってたので紅葉めがけて歩きましたが、今日の標高だと少しフライングかな?
週末がベストと断言しますmaple
機会があればぜひ歩いて見てください。
ただ車利用だとコース取りが難しい
今日の駐車場所からぐるっと大菩薩周回可能ですが、おそらく10時間以上のハード行程。とても私なんぞには無理。小刻みに通うことにしてます
大マティ山、モロクボ平、ショナメとか確かにカタカナ表記多数。
今度確かめてみます

コメントありがとうございました
登録日: 2011/6/29
投稿数: 6745
2019/11/6 20:52
 teru-3さん、こんにちは。
紅葉がきれいですね。赤色が濃いと
気持ちが華やぎますし、黄色は
安らぎますね。場所によっては
相当遅れてたり、早々に落葉したりと
今年は、地域差が大きいですね。

ふもとの、台風被害の深刻さには
驚くばかりです。ワサビの栽培地の
悲惨な状況には、心が痛みます。
登録日: 2011/10/9
投稿数: 2023
2019/11/6 22:22
 Re: teru-3さん、こんにちは。
komakiさん、こんばんは!

下流に住む私たちは堤防決壊とか氾濫など被害は刻々と報道され周知の事実ですが、こんなところにも被害があったのかと驚きです
林道など被害は想定済みですがあのワサビ田が、、、。
この辺は安曇野、伊豆と並ぶワサビの産地。
登山道と作業道が併設してる場所を丹念に石積されてる方にお会いしました。
少しお話しましたが、修復には相当時間を要するようです。
去年ここでワサビを買って、帰りにお刺身買って食べた夕食、思い出しました。
何もできませんが、あの”奥多摩わさび”が復活するのを祈るばかりです。

さて紅葉maple
今年は遅いです。
少し冷え込んできたので、この界隈では今週末が見頃かと。
この日は周囲の交通機関や道路状況で山に入る人は少なく静かな牛ノ寝通り。
少しフライング気味でしたが充分堪能した一日でした。

コメントありがとうございました
登録日: 2010/7/14
投稿数: 2484
2019/11/7 19:57
 てるさん、こんばんは!
先日から我が家で話題になっていた牛ノ寝!
タイムリ〜〜〜
え〜来週見頃な感じですかぁ〜迷うなぁ
とはいえ松姫峠は通行止めなんですね
しばらくは、アクセスちゃんと調べて出かけないと、目的地にたどり着けなくて悲しい思いをする羽目になるかもですね
しばらくというか・・マイナーな林道などはいつまでも直してくれなっかたりして

それにしても!
登り1500m超・距離20キロ超で7時間半って、速すぎませんか〜〜〜
すっかり身体の調子もいいようで
お疲れ様でした〜〜
登録日: 2012/12/29
投稿数: 2388
2019/11/7 21:14
 いろんな秋
teru-3さん、こんばんは。

奥多摩は台風の被害が甚大ですね。
わさび田は見る影もなく、壊滅状態
この地域が元の姿に戻るのはいつの日になることやら・・・

そんな中で、山の中は色づきの良い紅葉も見られ
珈琲を飲みながら、晴れ間を待つ至福の時間を
味わったようですね。
青空が見れて良かったです。

切り株コレクションもいいですね。
ウノタワにあった切り株を思い出しました。

今年は雨が多く、暑かったのでキノコの生育には
適していたのかもしれません。
ブナ林は食用キノコの宝庫です。
キノコ狩りの人は何を収穫したのか気になります。

実りの秋、芸術の秋、食欲の秋
温泉の秋、いろんな秋を楽しみたいです。
登録日: 2011/10/9
投稿数: 2023
2019/11/7 22:40
 Re: てるさん、こんばんは!
nyagiさん、こんばんは!

いやぁ〜いいですね〜 夫婦の間で牛ノ寝が話題になるなんて
我家などはなんもなくて、まあ一人で行かせてもらってありがたいですが
週末見頃間違いないですヨ。
天気も良さそうだし
このところの冷え込みでいい感じなんじゃないかと予想します。
松姫峠、ここ歩くのに便利ですがしばらく無理かも?
鶴峠に少し駐車スペースありそうだけど狭いし。
車利用だと麓において歩くしかないですね、ここは。
その分ハイシーズンの割には空いてるかも?

相変わらずせっかちなだけですよ〜〜
でも最近体の衰えは実感してます。特に下りは
バランス悪くなってます。
体幹鍛えなおさないと!まあ鍛えてる歳でもないですが

まあそれは兎も角、ここ牛ノ寝、週末の候補のひとつにご検討ください
コメントありがとうございました
登録日: 2011/10/9
投稿数: 2023
2019/11/7 23:24
 Re: いろんな秋
エルクさん、こんばんは!

下流の水害は連日テレビで報道されてますが、名物のワサビ田がこんな風になっていたとは驚きです
植え付けて出荷できるまで何年もかかるワサビ。
あの大雨で一瞬だったんでしょうね。
元通りになるには相当な時間がかかるとは思いますが、奥多摩ワサビの復活を望みたいです。

牛ノ寝、昨年は懲りずに2週に渡り歩きました。
その昨年と比べ、
木によってはバラツキがあり、まだまだ緑も多くこれからですネmaple
ここ数日冷え込んできたのでズバリ今週末がベストかなと思います。
週末は 予想ですし。
自分は残念ながら所用で山休み 皆さんのレコで我慢かな?

キノコ、種類は全くわかりませんが少し覗かせていただいた籠の中はもうビッシリ。先週の奥利根界隈と同じくブナが多いのでキノコ狩りにはいい場所なんでしょうね。登山者よりキノコ狩りが目についた山でありました

コメントありがとうございました
登録日: 2012/5/17
投稿数: 3327
2019/11/10 15:35
 紅葉の尾根ロング
teru-3さん、こんにちわ。紅葉は遅れているとのことですが、やはり名所だけあって木々の赤や黄色が美しいですね。台風被害の残る沢筋と、何ごともなかったかのような尾根筋との対比が印象的でした。人の作ったものはあっけなく壊れるものなのかな。まともに紅葉見ずに終わりそうなので、来週末こそは色付き残りを求めて彷徨わねば(^−^)
登録日: 2011/10/9
投稿数: 2023
2019/11/11 16:55
 Re: 紅葉の尾根ロング
yamaonseさん、こんにちは!

週末牛ノ寝通りのレコがいくつか上がってましたが、ほぼピークになりましたね
やはり1週間早かった紅葉でした。
台風の影響、下流の洪水ばかり報道されますが山の中でも随分目にします。
奥多摩湖の濁りまだ取れずこれからの時期湖面に映る赤や黄色、どうなるのかな?
自分も今週末は仕事と家の用事で紅葉を愛でることなく終了
久し振りの晴天を指をくわえて眺める日々でした。
今週末にかけて冷え込みがあるようなので奥武蔵や群馬の低山も例年に追いつきそうですね。都心も昨日祝賀パレード見てたら外苑のいちょう並木も心なしか色づいてきたような。
例年この時期同じような山に出没してるので今年は別山開拓しようかな?

コメントありがとうございました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ