また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2129770 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

蛭ヶ岳南陵 寄から

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年11月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
正直難義な登山であった。夜明け前のスタートで、コース上土砂崩れ、倒木が多数あり、ヘッデンでは、コースの判別が困難であった。今回3回目であったが、コースが台風の影響で荒れていたため、道に迷い、ルートをはずれ、日の出まで付近の急峻な崖を登っていた。体力、腕力も結構使い、降りるのも難義した。恐らく40分くらいタイムロス、バカである。
夜中にはGPSは無力。実際、どこにいるかがよく分からない。日が短いため、よほど体力がないと、このコースは難義する。むしろ、日が出てから登山口をスタートした方が良いかもしれない。12月の日の出は6時過ぎである。日没も17時前で月が出る。
また、ほとんど登山者がいないせいか、熊木沢から登山口までの道は全く未整備。朽ち果てている。(すでに、最近の地図ではコースが抹消されている。もともとバリエーションであるが、いっそう、登る人がいなくなるのが残念である。)
特に、邪魔な草木が道を覆っており、払うのに難義する。基本的には道はないが、
むしろ、草ぼうぼう地帯は沢を歩いた方が良いかもしれない。ただ、そうすると、
堰があると、越せないかいかもしれないのが難点。有名な、2番目の堰の鉄の階段はなくなっていたので、流木を立てかけてよじ登った。とにかく、登山というより、途中の草ぼうぼう地帯を抜けるのにストレスが溜まる。
登山口から、蛭ヶ岳までは、急峻なため、体力、筋力を目一杯使う。最後の方は、ふくらはぎ、側筋がつりはじめた。危なかった。最初の道迷いで結構筋力を使ったのが、効いた。このルートは筋力勝負である。山頂直前は茨地獄。痛い!
蛭ヶ岳の山荘で千円カレーを食べたが、筋力回復には効果なし。靴を履き直した時に、筋肉硬直発生。帰り道は筋肉を騙しながら下山。今回は、急遽、多少とも疲労筋肉にやさしい、棚沢ノ頭、弁当沢ノ頭ルートに下山ルートを変更。GPSを駆使して、初めてであったが、なんとか迷わずに下山。ちなみに、前々日に雪が降り、山頂付近は1−2センチ程度の積雪あり。ただ、歩行には特段影響なし。むしろ、凍結していないため、クッションとなって筋肉にやさしい。落ち葉もふわふわ土壌を作って、脚にやさしい。林道に出てから、小走り走行。雨山橋から雨山峠までの登りは、結構疲れた脚に堪える。最後の30分は日が暮れてヘッデン装着。日暮目前で、川の渡渉箇所をクリアできたのが、何とか戻れた要因だと思う。日が暮れたら、まず、帰還は相当に困難だと思われる。このコースは決して侮ってはならないバリルートである。
コース状況/
危険箇所等
土砂崩れ多数、倒木多数、茨多数、邪魔な木多数
その他周辺情報秦野湯楽花(日帰り温泉)
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ポール

写真

釜場の平 途中休憩
2019年11月30日 06:49撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜場の平 途中休憩
コシバ沢
2019年11月30日 06:59撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コシバ沢
鍋割峠登り口
2019年11月30日 07:18撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割峠登り口
コシバ沢 倒木多い
2019年11月30日 07:20撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コシバ沢 倒木多い
相模湾遠望
2019年11月30日 07:34撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾遠望
旧鍋割峠から富士山
2019年11月30日 07:59撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧鍋割峠から富士山
熊木沢
2019年11月30日 08:58撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢
1
熊木沢から蛭ヶ岳へ
2019年11月30日 08:58撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢から蛭ヶ岳へ
2
すわったら隣富士
2019年11月30日 11:05撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すわったら隣富士
1
相模湾
2019年11月30日 11:39撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾
1
富士山
2019年11月30日 11:39撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
蛭ヶ岳山頂から富士山
2019年11月30日 12:01撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂から富士山
2
蛭ヶ岳山頂から相模湾
2019年11月30日 12:01撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂から相模湾
熊木沢出合
2019年11月30日 14:44撮影 by SOV39, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢出合

感想/記録
by papion

筋肉に相当負荷がかかるルートです。もう、暫くは行きたくない。ほとんど、人には会いません。鹿には会います。ちなみに、冬場は日が短いため、急がないと日の入りに間に合いません。今回も残り1.5キロで日没。最後の渡渉箇所はヘッデン併用でなんとかクリア。しかも、倒木につかまりながら、渡渉する箇所有。ところで、日没が迫る中、小走りで下山中、寄コシバ沢出合後に3名の若者に遭遇。若干道に迷った模様で、正しい道を教え、日没を伝えたが、恐らく、時間的にビバーグは必至だと思われた。彼らは無事帰還できただろうか?無事な帰還を祈りたい。駐車場には車がなかったため、恐らく、寄バス停まで歩くものと思われた。このコースはなめてはいけない。特に冬場は日が短いので、ルート判断が日没後ではまず無理だ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:350人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

渡渉 倒木 ヘッデン 出合 クリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ