また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2137205 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山ハイキング

日程 2019年12月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小袖乗越駐車場60台(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
1時間18分
合計
6時間20分
S丹波山村村営駐車場07:1907:23小袖緑道あがり09:09上段と下段の分岐09:17ブナ坂09:42奥多摩小屋09:4409:46ヨモギノ頭09:4910:07小雲取山10:1110:22雲取山避難小屋10:2410:24雲取山11:0411:04雲取山避難小屋11:16小雲取山11:1811:27ヨモギノ頭11:2911:42ブナ坂11:4512:00七ツ石山12:0912:16七ッ石小屋上分岐12:1812:18七ツ石山の水場12:19七ツ石小屋12:2712:51堂所13:01茶煮場13:35小袖緑道あがり13:38丹波山村村営駐車場13:3913:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七ッ石小屋下から下段の巻道は、橋が崩落寸前の状態(写真参照)のため、通行止めとなっている。
その他周辺情報奥多摩小屋は平成31年3月31日をもって終了
小菅の湯700円(niftyのWebで50円引き)
御岳駅前の東峯園で夕食

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 サングラス タオル カメラ ガスコンロ ガスウボンベ コッヘル 水筒

写真

カケスかな?ブルーの羽が鮮やかでした!
2019年12月08日 08:28撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カケスかな?ブルーの羽が鮮やかでした!
行程3分の1を消化
2019年12月08日 08:30撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行程3分の1を消化
七ッ石小屋下直下にて。やや傾斜がきつくなってきました
2019年12月08日 08:46撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋下直下にて。やや傾斜がきつくなってきました
七ッ石小屋下直下の道標。ここから左手に進路を取り、下段の巻道に入ります
2019年12月08日 08:45撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋下直下の道標。ここから左手に進路を取り、下段の巻道に入ります
岩場に出来た氷柱。今年、初見です
2019年12月08日 08:49撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に出来た氷柱。今年、初見です
七ッ石小屋下分岐から一つ目の沢筋に設置された橋は崩落寸前で利用できず。沢は頻繁に落石があるので非常に危険です!
2019年12月08日 08:50撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋下分岐から一つ目の沢筋に設置された橋は崩落寸前で利用できず。沢は頻繁に落石があるので非常に危険です!
1
尾根筋までに出て、やっと富士が姿を見せました
2019年12月08日 09:00撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋までに出て、やっと富士が姿を見せました
1
山頂も視界に捉えられるようになりました
2019年12月08日 09:09撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂も視界に捉えられるようになりました
1
雲一つない空に優美な姿が映えます
2019年12月08日 09:27撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない空に優美な姿が映えます
1
これは噂のダンシングツリーでは?!
2019年12月08日 09:28撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは噂のダンシングツリーでは?!
1
奥多摩小屋は平成31年3月31日に閉鎖とのこと
2019年12月08日 09:44撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋は平成31年3月31日に閉鎖とのこと
1
南アルプスもよーく見えてます
2019年12月08日 09:44撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスもよーく見えてます
1
山頂直下まで来ました
2019年12月08日 10:21撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下まで来ました
1
登頂の記念にお決まりのショット
2019年12月08日 10:28撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂の記念にお決まりのショット
1
山頂から見下ろし直下の登り
2019年12月08日 11:05撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見下ろし直下の登り
1
山頂からの富士。本日は安定した天候のもと、雲が湧く気配は全くありません!
2019年12月08日 11:08撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士。本日は安定した天候のもと、雲が湧く気配は全くありません!
2
帰り掛けには、七ッ石山に登頂。ブナ坂からの登り返しは15分ほどでした
2019年12月08日 12:04撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り掛けには、七ッ石山に登頂。ブナ坂からの登り返しは15分ほどでした
1
七ッ石山から顧みた雲取山
2019年12月08日 12:04撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石山から顧みた雲取山
2
鷹ノ巣山方面への分岐点です
2019年12月08日 12:13撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山方面への分岐点です
1
ここは七ッ石小屋
2019年12月08日 12:21撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは七ッ石小屋
1
太陽光に南斜面が輝きます
2019年12月08日 12:24撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽光に南斜面が輝きます
1
七ッ石小屋のあるじ?
2019年12月08日 12:26撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋のあるじ?
2
紅葉は、登山道入口付近が盛りでした
2019年12月08日 13:29撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は、登山道入口付近が盛りでした
1
登山道の入口
2019年12月08日 13:37撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の入口
1
小袖乗越駐車場の全体像はこんな感じ。右手の小屋はトイレですが、使用不可となっていました
2019年12月08日 13:39撮影 by DMC-GF3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小袖乗越駐車場の全体像はこんな感じ。右手の小屋はトイレですが、使用不可となっていました
1

感想/記録

晴れ予報をもとに、冬場の体力維持を兼ねて雲取山ハイキングを実施。12月ということもあり、沢目にはつららが垂れ、小雲取山上のダラには薄っすらと雪が積もるなど、冷たい初物を見せられたが、天候は終始穏やかであり、日なたではぬくもりさえ感じられる最高の登山日和となった。雲一つない好天ゆえ、山頂からは富士のほか、南アの名峰もはっきりと姿を確認することができた。また、北方には浅間山も認められた。
他方、歩行中には、山の斜面から「カサカサカサ」と何かが下る音を度々耳にする。この音の主は小石であり、本年の台風被害による崩落箇所から斜面を覆う枯れ葉の上を落下して行く際に生ずる音であった。特に沢筋では頻繁に落石が発生しているため、沢には極力近づかないことをお勧めする。
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 崩落 紅葉 カケス ブナ 道標 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ