また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2150741 全員に公開 山滑走 剱・立山

薬師岳(暖冬のピンチをチャンスに!)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年12月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
マイカーで有峰林道入口の亀谷温泉まで向かう。
料金所前の駐車場を利用。
冬季ゲート閉鎖中なのでそこから自転車を利用。
ゲートから約10km、1,000m付近まで使うことができた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
16時間3分
休憩
1時間24分
合計
17時間27分
Sスタート地点23:0000:01有峰林道00:27チャリデポ地点01:41猪根山散歩道 有峰ハウス口03:24折立03:4003:42十三重之塔 慰霊碑03:4304:51太郎坂(アラレちゃん)04:5905:36青淵三角点(青淵山)05:49積雪深計測ポール07:18五光岩ベンチ07:2107:45太郎兵衛平08:18太郎平小屋08:1908:47薬師峠08:5909:35薬師平09:4110:25薬師岳山荘10:3111:04薬師岳避難小屋跡11:23薬師岳11:3311:42薬師岳避難小屋跡11:46薬師岳山荘11:4711:54薬師平11:5512:04薬師峠12:1712:48太郎平小屋12:4912:52太郎兵衛平12:5313:07五光岩ベンチ13:37積雪深計測ポール13:43青淵三角点(青淵山)14:13太郎坂(アラレちゃん)14:50十三重之塔 慰霊碑14:5314:54折立14:5516:09有峰ビジターセンター17:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆亀谷ゲート〜折立
・標高1,000m付近まで雪がないのでチャリ利用。そこから雪がでるのでスキーハイク。
・雪切れ箇所が多いので着脱が面倒だった。
・有峰湖から折立までは折立遊歩道を利用。距離は短いが少しテクニカルなので林道をそのまま行った方が楽かも?

◆折立〜太郎平小屋
・折立から登山道には積雪があるのでスキーで登った。
・五光岩ベンチあたりまでは夏道通りにしか歩けない。
・そこから太郎平小屋までは雪原なので適当に効率の良いルートを選べばよい。

◆太郎平小屋〜薬師岳
・基本夏道通りだが、薬師峠から先、薬師平までは少しルート開拓してみた。
・山頂稜線は基本的に風が強いので少し下で地獄装備に換装した。

◆薬師岳〜薬師峠(滑走)
・薬師平周辺の斜面がパウダーで楽しかった。
・他は風衝地だったり密林だったりで基本消化試合。

◆薬師峠〜太郎平小屋
・一旦シールで登り返す必要がある。

◆太郎平小屋〜1,700m地点(滑走)
・スキー滑走を楽しめる。
・樹林帯に入ると登山道滑走になるので激突・滑落注意。

◆1,700m地点〜折立
・シートラで安全に降りたが踏み抜きは多かった。

◆折立〜亀谷ゲート
・下山は折立遊歩道ではなく車道を使ったが、有峰湖までは斜度があるのでスキーで自動運転だった。
・その後チャリデポ地点まではアップダウンもあるのでなかなか修行。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

今日は12月の薬師岳へ!
亀谷ゲートを23時スタート。
2019年12月20日 22:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は12月の薬師岳へ!
亀谷ゲートを23時スタート。
2
スタートから10km、標高1,000m付近までチャリが使えた。
2019年12月21日 00:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから10km、標高1,000m付近までチャリが使えた。
3
そこからは割とガッツリ積雪アリ。
雪切れもあったけど。
2019年12月21日 00:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからは割とガッツリ積雪アリ。
雪切れもあったけど。
2
ショートカットのため初の折立遊歩道から行く。
2019年12月21日 02:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカットのため初の折立遊歩道から行く。
1
何とかスキーで登れた。
2019年12月21日 02:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とかスキーで登れた。
2
ところがアクシデント。
このちっちゃい沢の渡渉でまさかのドボン。
靴もシールも濡らしてしまいテンションダウン。
2019年12月21日 03:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがアクシデント。
このちっちゃい沢の渡渉でまさかのドボン。
靴もシールも濡らしてしまいテンションダウン。
1
やっと折立に到着。
ゲートから4時間半もかかった。
2019年12月21日 03:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと折立に到着。
ゲートから4時間半もかかった。
3
標柱も冬支度。
2019年12月21日 03:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱も冬支度。
2
アラレちゃんは冬でも元気。
2019年12月21日 04:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アラレちゃんは冬でも元気。
9
五光岩くらいで明るくなってきた。
しかし薬師岳も他の山もガスがかかっているようだった。
2019年12月21日 07:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五光岩くらいで明るくなってきた。
しかし薬師岳も他の山もガスがかかっているようだった。
1
太郎平小屋に到着。
ここまでで既に9時間経過。
2019年12月21日 08:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋に到着。
ここまでで既に9時間経過。
4
こういう景色も嫌いじゃない。
2019年12月21日 08:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう景色も嫌いじゃない。
7
お、西側に青空が!
2019年12月21日 08:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、西側に青空が!
3
鍬崎山にも陽が差した。
これはワンチャンあるかも?
2019年12月21日 08:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山にも陽が差した。
これはワンチャンあるかも?
3
12月の薬師はもちろん初めてだが何もかもが真っ白で美しかった。
2019年12月21日 08:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12月の薬師はもちろん初めてだが何もかもが真っ白で美しかった。
6
おお!薬師の雲も取れそうだ。
2019年12月21日 08:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!薬師の雲も取れそうだ。
2
晴れた!やった!
疲れが一気に吹き飛んだ。
2019年12月21日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れた!やった!
疲れが一気に吹き飛んだ。
14
太郎平に延びるマイトレース。
2019年12月21日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平に延びるマイトレース。
8
ワリモと鷲羽は見えるが槍はみえない・・・
2019年12月21日 08:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモと鷲羽は見えるが槍はみえない・・・
6
と思ったら雲が薄くなってシルエットが。
2019年12月21日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら雲が薄くなってシルエットが。
7
薬師峠へ下る。
2019年12月21日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師峠へ下る。
2
薬師峠のトイレ。
埋まりかけ。
2019年12月21日 08:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師峠のトイレ。
埋まりかけ。
3
夏道から外れて楽しそうなルートを探しながらハイクアップ。この辺はめちゃパウダーだった。
2019年12月21日 09:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道から外れて楽しそうなルートを探しながらハイクアップ。この辺はめちゃパウダーだった。
6
太郎平のトレースが遠くからでも見える。
2019年12月21日 09:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平のトレースが遠くからでも見える。
4
モンスターじゃないけどしらびその森。
薬師平にもこんな隠れ家があったのね。
2019年12月21日 09:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターじゃないけどしらびその森。
薬師平にもこんな隠れ家があったのね。
15
薬師平から太郎平小屋と白山を一望。
2019年12月21日 09:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師平から太郎平小屋と白山を一望。
11
すっかり槍も姿を見せてくれた。
2019年12月21日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり槍も姿を見せてくれた。
8
これだけ白い薬師は11月でも春でも見ることはできないだろう。
2019年12月21日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけ白い薬師は11月でも春でも見ることはできないだろう。
11
薬師岳山荘。
吹き溜まりがすごい。
2019年12月21日 10:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘。
吹き溜まりがすごい。
10
黒部五郎とその向こうに笠ヶ岳。
2019年12月21日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎とその向こうに笠ヶ岳。
10
山頂部は風衝地なのでいつも石が出ている。
踏まないように気を付けていこう。
2019年12月21日 11:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部は風衝地なのでいつも石が出ている。
踏まないように気を付けていこう。
4
強風、暴風だが視界はあるので地獄3丁目ってところか。
2019年12月21日 11:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風、暴風だが視界はあるので地獄3丁目ってところか。
6
エビの尻尾がすごい。
2019年12月21日 11:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビの尻尾がすごい。
21
登頂!
ここまで単純標高差2,500m、距離30km。
12時間半もかかった!
2019年12月21日 11:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
ここまで単純標高差2,500m、距離30km。
12時間半もかかった!
35
せっかく来たんだからパウダーいただかないと。
2019年12月21日 11:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく来たんだからパウダーいただかないと。
8
貸切薬師最高。
2019年12月21日 11:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸切薬師最高。
11
いつの間にか水晶岳も見えてた。
2019年12月21日 12:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか水晶岳も見えてた。
10
登山道滑走。
ここの登山道は急だし狭いので難易度高い。
2019年12月21日 13:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道滑走。
ここの登山道は急だし狭いので難易度高い。
2
1,700m付近で滑走終了。
あとはツボ足で踏み抜きながら降りる。
2019年12月21日 13:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,700m付近で滑走終了。
あとはツボ足で踏み抜きながら降りる。
2
折立到着。
今日はここから先がまだ長い…
2019年12月21日 14:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立到着。
今日はここから先がまだ長い…
1
帰りは遊歩道は使わずにノートレースの道をひたすら歩いていく。
2019年12月21日 15:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは遊歩道は使わずにノートレースの道をひたすら歩いていく。
2
雪切れも多いので板の着脱も多かった。
2019年12月21日 16:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪切れも多いので板の着脱も多かった。
2
ありみねんこ
2019年12月21日 16:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありみねんこ
1
結局暗くなっちゃった。
また暗闇のスキーか。
2019年12月21日 17:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局暗くなっちゃった。
また暗闇のスキーか。
3
ゴール!
トータル18時間半!
おつかれさまでした。
2019年12月21日 17:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール!
トータル18時間半!
おつかれさまでした。
17

感想/記録

今週は土曜日に単独で山へ行くことにした。

白山は既に3回行ったし、立山も行ったし…ふと薬師岳がいいんじゃないかと思いついた。
例年の薬師岳は12月にもなるとアプローチの有峰林道にも雪が積もってめちゃくちゃ遠い山になるが今年は暖冬なので林道にも雪はほとんどない。
これはもしかして12月の薬師に登るチャンスなんじゃないか!?
暖冬のピンチをチャンスに変えてやろう。

とはいえ、どこまでチャリが使えるかわからないし登山道の状況もわからない。
薬師は基本的に風が強いのでフカフカパウダーのラッセルというのはあまりないだろうからポンじゃなくてファットで十分だろう。
準備を万全にしたら後は運を天に任せるしかない。
時間無制限一本勝負、登頂するまで帰らないつもりで臨もう。

夜中23時に亀谷ゲートをスタート。

もちろん他にこんなことをやろうという人は誰もいない。
チャリミネンコは夏以来5回目くらいかな…立山で2,000mのヒルクライムをやったおかげでそれほどアレルギー反応はない(笑)

10kmほど走ったところでガッツリ雪が出てきたのでそこから先はスキーで行くことにする。
折立までの行き方は2通り。
折立遊歩道でショートカットするか愚直に車道を歩いていくか。
前者は歩いたことがなかったので試してみることにした。
雪はそこそこあるのでスキーでも登れそうだ。

しかしここで事件が。

小さな沢の渡渉で石に滑ってまさかの転倒。
靴の中までびしょ濡れになりスキーのシールも濡らしてしまった。
一気にテンションダウン…敗退の2文字がよぎるがすぐにかき消す。大丈夫、まだまだ元気だ。

折立からの登山道歩きも難儀した。
タップリ雪があればどこでも歩けるのだが登山道限定で段差も埋まっていないのでなかなかテクニカル。
白山の石畳みで修業しているので良かったが初見だったらここで敗退してもおかしくない。

三角点を過ぎるとようやく歩きやすくなり普通にシールハイクを楽しむことができた。

朝6時、めちゃ眠い。
前日3時間くらいしか寝られず既に暗闇の中を7時間も行動しているし単独なので無理もない。
フラフラ歩きながら寝ていた。

太郎平まで来るとそれまで曇って見なかった山並みが晴れて一気に姿を現してくれた。
ようやく目も覚めてテンションアップ。
沢にドボンしたことはすっかり忘れていた。

踝ラッセルが延々と続きさすがに体も疲れてきたがこの天気で登頂しないわけにはいかない。
YSHR先生から悪魔のささやき「敗退してもいいぞ」だって。
敗退するわけないじゃないですか!行くしかない!

そして薬師岳登頂!12時間半もかかった。
12月の薬師岳は初めてだったがこんなに真っ白になるんだ…初めてみる景色に感動しきりだった。
この絶景は春では見ることはできない。

喜んでばかりいられない。
まだ帰路が待っている。
下山も楽ではなくアップダウンもあるし長い林道歩きもある。

薬師峠までパウダー滑走を楽しんで、更に太郎平から1,700mくらいまで滑走。
やっぱりスキーは速い!偉大だ。

そこから先は長い消化試合となったが何とか下山。
辺りはすっかり暗くなってしまった。

トータル18時間半の激闘だった。
これまでの山行の中で最もハードだったと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1525人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/22
投稿数: 847
2019/12/23 13:13
 モンスター化に拍車が・・・
オオシラビソじゃないよ、Sanchanだよぉ〜(笑)
まあ、普通の人じゃ17時間、18時間もやんないでしょ。以前からロング山行の多いSanchanだけど、モンスター、いやモンスターを超えてるね。
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2988
2019/12/23 21:05
 Re: モンスター化に拍車が・・・
レッズさん、こんばんは。
いやいや、日々山に登り続けていればあとはモチベーション次第でなんとかなるもんです。
山に限らない話ですが、自分の中で線を引いてしまうことが一番の敵ですね。
ここまで苦労して薬師に登りたいと思うかどうか、そこが分岐点だと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ