また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176222 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

後立山・唐松岳〜頂上山荘で撤退(八方池山荘よりピストン)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ☀のち曇り☁
アクセス
利用交通機関
車・バイク
〜クルマ〜
▼駐車場
白馬八方尾根スキー場 第2駐車場(無料)を利用しました。マップコード:535 101 656*46。約70台。路面はアスファルト。トイレあり。駐車場に日帰り温泉施設「八方の湯」と「足湯」があります。
https://www.happo-one.jp/access/parking/

▼利用状況
路面凍結なし。到着した7時で30台ほど。外気温マイナス6℃。下山した16時で60台ほど。外気温5℃。

〜ゴンドラ、リフト〜
▼八方アルペンライン
八方ゴンドラリフト+アルペンクワッドリフト+グラートクワッドリフト通し券を購入します。往復 大人@2,980円。窓口で割引ありませんと言われました。

▼利用状況
8:10ごろでチケット売り場とゴンドラ乗り場それぞれ30〜40人くらいの行列。15分ほどで乗れました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
11分
合計
5時間2分
Sスタート地点09:1409:33石神井ケルン09:3309:41第2ケルン09:4209:47八方ケルン09:4809:58第三ケルン09:5811:15丸山11:1613:01丸山13:1113:45第三ケルン13:4613:51八方ケルン13:5213:55第2ケルン13:5614:03石神井ケルン14:0314:22八方池山荘14:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〜危険箇所〜
唐松頂上山荘の東側にある岩場。その岩場を迂回するため、ほぼ雪の壁を7〜8mトラバースして3〜4m直登する箇所。アイゼンの前爪を蹴り込み、ピッケルを突き刺して慎重に進みます。下りはかなり緊張します。

〜コース状況〜
▼八方池山荘〜八方池
八方ケルン手前までは急な登りが続きます。そこから八方池までは緩やかな坂で歩きやすいです。装備:アイゼン+ストック。

▼八方池〜丸山
八方池を過ぎてしばらく進みと、どんどん坂が急になります。このたありから風が強くなり、風に舞った氷が身体に当たります。装備:アイゼン+ストック。

▼丸山〜唐松岳頂上山荘
尾根道が細くなります。装備をストックからピッケルに換装。核心部である上記危険箇所はかなり慎重に進みました。一瞬、片足が滑りヒヤッとする場面ありました。滑落すると10m以上は落ちると思われます。
その他周辺情報〜日帰り温泉♨〜
▼白馬塩の道温泉 倉下の湯
源泉掛け流し。鉄分たっぷり茶褐色の天然温泉が楽しめます。駐車場より車で5分ほど。大人@600円。露天1、洗い場10。時間帯によってはかなり混雑します。
tel: 0261-72-7989
http://kurashitanoyu.com

〜食事処🐷〜
かつ玄 本店
松本市中心部にあるお洒落な老舗トンカツ屋さん。特選ロースカツが激ウマ!肉の柔らかさとジューシーさがハンパないです!ご飯3杯お代わりしちゃいましたw
tel:0263−32−2430
http://www15.plala.or.jp/katsugen/honten.htm
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン グローブ 防寒テムレス 雪山用防寒グローブ 防寒着(ダウン) ハードシェル 雪山用登山靴 ザック 昼ご飯 行動食(お菓子・アミノ酸ゼリー) 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ トイレットペーパー 携帯トイレ ガムテープ 予備靴紐 ニット帽 バラクラバ 12本爪アイゼン ピッケル 座布団 水筒700ml ソフト水筒1000ml カラビナ スリング 日焼け止め ゴーグル 曇り止め
共同装備 ファーストエイドキット 常備薬 サーモス水筒900ml モバイルバッテリー ビクトリノックスマルチツール(リクルート)

写真

白馬八方尾根スキー場の駐車場から後立山連峰の朝劇場を鑑賞中^_^
2020年01月11日 07:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬八方尾根スキー場の駐車場から後立山連峰の朝劇場を鑑賞中^_^
チケット購入もゴンドラ乗車も長蛇の列。ここでは登山者はマイナーですw
2020年01月11日 08:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チケット購入もゴンドラ乗車も長蛇の列。ここでは登山者はマイナーですw
八方池山荘でアイゼン装着。登山道のすぐそばで、なんかの撮影やってました。どうやら聞こえてくるセリフから雪山で遭難したシーンらしい…。お天気良いのに役者さんは大変だw
2020年01月11日 08:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘でアイゼン装着。登山道のすぐそばで、なんかの撮影やってました。どうやら聞こえてくるセリフから雪山で遭難したシーンらしい…。お天気良いのに役者さんは大変だw
4
地吹雪が頻繁に舞う状況。ソコソコ風が強かったですネ。冬では大人しい方かな?
2020年01月11日 09:28撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地吹雪が頻繁に舞う状況。ソコソコ風が強かったですネ。冬では大人しい方かな?
2
真っ白に染まった五竜岳!か、か、カッコいい!!!
2020年01月11日 09:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白に染まった五竜岳!か、か、カッコいい!!!
6
白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)もキレイに見えました^_^ どこを切り取っても絶景が広がります!
2020年01月11日 09:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)もキレイに見えました^_^ どこを切り取っても絶景が広がります!
1
さぁ!ガンガン登りすよー。リフト始発組?は遥か遠くに…。
2020年01月11日 09:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ!ガンガン登りすよー。リフト始発組?は遥か遠くに…。
2
丸山を過ぎたあたりから一段と風の強さがマシマシですw
2020年01月11日 11:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山を過ぎたあたりから一段と風の強さがマシマシですw
2
丸山付近より唐松岳山頂を見ると、風で雪が飛ばされる状況を確認…風つおい(^_^;)
2020年01月11日 12:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山付近より唐松岳山頂を見ると、風で雪が飛ばされる状況を確認…風つおい(^_^;)
2
核心部を通過して唐松岳頂上山荘付近で時間切れ。頑張れば行けなくは無いけど、焦りは事故につながりそうなので、ここでUターンすることに。
2020年01月11日 12:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を通過して唐松岳頂上山荘付近で時間切れ。頑張れば行けなくは無いけど、焦りは事故につながりそうなので、ここでUターンすることに。
3
ホント、あと少しだったのに…。スタートが遅れたことが悔やまれます(T ^ T)
2020年01月11日 12:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホント、あと少しだったのに…。スタートが遅れたことが悔やまれます(T ^ T)
4
真っ白に染まった「剱岳」にもお別れ言って下山スタート。
2020年01月11日 12:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白に染まった「剱岳」にもお別れ言って下山スタート。
2
ココが核心部。登りより下りがとってもキンチョーしました!!!
:(;゙゚'ω゚'):
2020年01月11日 12:27撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココが核心部。登りより下りがとってもキンチョーしました!!!
:(;゙゚'ω゚'):
1
核心部を通過して振り返ると地吹雪舞う五竜岳。風が強い一日でしたネ…。
2020年01月11日 13:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を通過して振り返ると地吹雪舞う五竜岳。風が強い一日でしたネ…。
2
もうすぐで八方池山荘。遠くに四阿山と浅間山が見えます。
2020年01月11日 14:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐで八方池山荘。遠くに四阿山と浅間山が見えます。
1
八方ケルンと高妻山。素晴らしい景色です^_^
2020年01月11日 14:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ケルンと高妻山。素晴らしい景色です^_^
3
八方池山荘に到着。軽く食事して下りのゴンドラに乗る頃には、空が曇り始めてました。
2020年01月11日 14:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘に到着。軽く食事して下りのゴンドラに乗る頃には、空が曇り始めてました。
1
倉下の湯でサッパリ。濃い鉄分のいい温泉でした♨️
2020年01月11日 15:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉下の湯でサッパリ。濃い鉄分のいい温泉でした♨️
かつ玄本店でガッツリ!ちなみに山梨にある「やわらかとんかつ かつ玄」とは関係ないそうですw
2020年01月11日 19:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつ玄本店でガッツリ!ちなみに山梨にある「やわらかとんかつ かつ玄」とは関係ないそうですw
3

感想/記録

成人の日三連休の初日、とってもお天気が良さそうだったので、後立山連峰にある唐松岳に登りました。約7年ぶり。前回は初夏にテント担いで登ったので、厳冬期の唐松岳登山は初めてです。

実は出発直前まで信州・四阿山でのスノーシュー登山と悩みましたが、せっかくの三連休なので、ちょっと足を伸ばして唐松岳に登ることにしました。

白馬八方尾根スキー場の駐車場に7時30分前に到着しましたが、準備で手間取り、リフト渋滞にハマり、9時過ぎに八方池山荘に到着。

最終リフトは15時なので、唐松岳ピストンで往復5時間30分〜6時間かかり見込みだったのでギリギリ…( ̄▽ ̄;)
ヤヴァイやん。

とりあえず12時30分をデッドラインに設定して、久しぶりの白銀の世界を満喫しつつ、小休止もソコソコにガンガン登りました…が、唐松岳頂上山荘でタイムアップ!

少し頑張れば山頂ピストンしても最終リフト間に合いそうでしたが、焦る気持ちが事故を引き起こすことはよくある話なので、唐松岳頂上山荘をピークとして八方池山荘へ引き返すことにしました。

そのお陰で、のんびりと雄大な景色を楽しみながら下山することができました^_^ 次回は始発リフトに乗ってピークハントピストンにチャレンジしたいと思います!!

下山後に八方の湯が激混みで、少し離れた「倉下の湯」へ。広い露天風呂が一つしかありませんが、濃い源泉掛け流しの温泉が楽しめました♨️

その後、松本まで移動。偶然ネットで見つけた「かつ玄 本店」で特選ロースカツ定食を注文。ひと口食べたら、お肉の柔らかさ、薄いサクサクとした衣の香ばしさ、溢れ出るジューシーな肉汁…味はパーフェクト!💯 付け出しのお漬物や炒め物、煮物セットもとても美味しかったなぁ…。再訪決定です!

雪山登山の厳しさと濃い温泉、美味しいトンカツに出会えた山旅となりました^_^
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:562人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ