また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2178337 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

社山と半月山〜三連休でも静かな好展望の雪山

日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候ガスのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
北千住6:15→7:01南栗橋7:02→8:16東武日光(東武線)
東武日光8:35→9:12日光レークサイドホテル(中善寺温泉行, 東武バス)
※北千住駅自販機で「まるごと日光東武フリーパス」を購入(4220円)。そこそこ節約できます。バス座席は外国人でそれなりに混んでましたが,空席はありました。

【復路】
中善寺温泉16:25→清滝一丁目途中下車(日光駅行,東武バス)
→♨→
やしおの湯19:09→19:26東武日光(日光駅行,東武バス)
東武日光19:35→19:34下今市(東武日光線)
下今市19:53→21:22北千住(きぬ150号,特急料金1050円)
※中善寺温泉からのバスは満席で増便が出ました。やしおの湯から先はバス,電車共にガラガラでした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間16分
合計
6時間43分
S日光レークサイドホテルバス停09:1609:19茶ノ木平登山口09:2009:32歌ヶ浜駐車場10:00狸窪10:24阿世潟10:2510:38阿世潟峠10:3911:32社山12:0612:47阿世潟峠12:4813:27中禅寺山13:2813:33半月峠13:3413:56半月山展望台14:00半月山14:0614:10半月山展望台14:2214:31半月峠14:3715:00狸窪15:0715:39歌ヶ浜駐車場15:4315:58中禅寺温泉バス停15:5915:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【中禅寺温泉→阿世潟(あぜがた)峠→社山(しゃざん)】トイレはレークサイドホテルバス停のそばにはありませんが,湖畔の歌ヶ浜駐車場の中に超綺麗なのがあり,その手前の立木第二駐車場にもありました。歌ヶ浜のゲートから先,登山口までの湖畔道路もかなりの部分で凍結しており,私は途中でチェーンスパイクを装着。以降,チェーンスパイク+ダブルストックで通しました。ただ,社山側は短いながら急斜面もあり,チェーンスパイクだとズルズルだったりしたので,しっかりとしたアイゼンの方が良いかもしれません。現状,あまり積雪量は多くありませんが,それでも社山の山頂付近では,膝ぐらいまでは踏み抜きます。

【阿世潟峠→中善寺山→半月峠→半月山】阿世潟峠から半月山までは踏み跡がなかったので,登山道の雰囲気が残る所は極力それに従い,それ以外は基本,尾根を直登。ここだけは正にワカンの使い所だったのですが,履き替えるよりも,そのまま気合いで進んだ方が早そうな気がしたので,チェーンスパイクのまま登り切りました。展望台付近から半月山山頂までは積雪量が少なくなり,ほぼ登山道に沿って行けました。

【半月峠→狸窪→中禅寺温泉】半月峠から狸窪までは積雪量も適度で踏み跡もしっかり。一方,途中に4匹の鹿達がが屯っていて,その内の一匹がルートを塞いでいました。少しずつ近づくと,前足を踏み鳴らして勝負を挑んで来たため,不本意ながらストックを振り回して追っ払いました。ごめんね,バンビちゃん。
その他周辺情報【日光和の代温泉やしおの湯】日光駅行バスの途中,清滝一丁目停留所で下車し,そこから徒歩約15分。510円。露天,サウナ,レストラン,広い休憩室と一通り揃っています。泉質は薄口ながらお肌ヌルヌルのアルカリ性。レストランの方は少々お高めですが,地元の食材を取り入れて頑張っているようです。レストランは18時までなのでご注意を。やしおの湯の前から日光駅行きのバスが出ているので,帰りは楽チン。19時過ぎの終バスの時間まで,飲んで食べてゴロゴロしてのんびり出来ました。

装備

個人装備 長袖シャツ 半袖シャツ 長袖インナー フリース(厚) ハードシェル(上下) タイツ ズボン(厚) 靴下 グローブ(薄) アウター手袋(薄) 予備手袋 防寒着(ダウン上) ゲイター 毛帽子 夏靴 アイゼン(チェーン) ストック 輪かんじき 朝昼ご飯 行動食 非常食 飲料(1L) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 時計 サングラス タオル ツエルト ロールペーパー カメラ スマホ 着替え(下着)
備考 今回は,夏靴+チェーンスパイクを選択。冬靴の方が良いのですが,やたらと長い舗装路のアプローチがなぁ,と最後まで悩みました。スパッツは必須です。

写真

日光レークサイドホテル前バス停で下車。何やら凄い工事中。
2020年01月11日 09:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光レークサイドホテル前バス停で下車。何やら凄い工事中。
1
中禅寺湖から見る社山。晴れの予報を信じて来ましたが,あちら側は怪しい雰囲気。
2020年01月11日 09:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖から見る社山。晴れの予報を信じて来ましたが,あちら側は怪しい雰囲気。
7
長い長いアプローチを終え,登山口到着。北側は晴れているんだけどな−。
2020年01月11日 10:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長いアプローチを終え,登山口到着。北側は晴れているんだけどな−。
3
阿世潟峠到着。すっかりガスの中。雪少なっ!
2020年01月11日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿世潟峠到着。すっかりガスの中。雪少なっ!
1
標高を上げるとそれなりの積雪量に急登も。しっかり蹴り込んで進みます。
2020年01月11日 10:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げるとそれなりの積雪量に急登も。しっかり蹴り込んで進みます。
3
中禅寺湖側が開ける場所でも先っちょしか見えず。今日はダメだな,早く温泉に行こう,と諦めてましたが…
2020年01月11日 10:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖側が開ける場所でも先っちょしか見えず。今日はダメだな,早く温泉に行こう,と諦めてましたが…
2
山頂を目の前にして,奇跡の青空!\(^O^)/
2020年01月11日 11:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を目の前にして,奇跡の青空!\(^O^)/
6
初めての社山がこの風景で嬉しい。男体山もようやく視界の中に。
2020年01月11日 11:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての社山がこの風景で嬉しい。男体山もようやく視界の中に。
10
山頂でお食事。万カツ。ちょっと嵩張るけど,納得の満足度でした。
2020年01月11日 11:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でお食事。万カツ。ちょっと嵩張るけど,納得の満足度でした。
11
奥白根山も姿を現す。そのうち湯元温泉から縦走したいと考えている,まだ未踏のお山です。
2020年01月11日 12:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥白根山も姿を現す。そのうち湯元温泉から縦走したいと考えている,まだ未踏のお山です。
15
霧氷というより,季節外れのクリスマスツリー。
2020年01月11日 12:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷というより,季節外れのクリスマスツリー。
7
晴れそうで晴れないこのもどかしさ。
2020年01月11日 12:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れそうで晴れないこのもどかしさ。
4
ま,これで文句を言ったらバチが当たりますね。ガスが取れただけで充分幸せです。
2020年01月11日 12:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ま,これで文句を言ったらバチが当たりますね。ガスが取れただけで充分幸せです。
6
太郎山と男体山,ここから見ると瓜二つで兄弟みたい。
2020年01月11日 12:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎山と男体山,ここから見ると瓜二つで兄弟みたい。
13
向こう正面に半月山。あちらは視界がよさそう。
2020年01月11日 12:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう正面に半月山。あちらは視界がよさそう。
1
阿世潟峠まで戻りました。続いて,半月山に向かいます。
2020年01月11日 12:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿世潟峠まで戻りました。続いて,半月山に向かいます。
1
こちら側はトレースが無く,上の方は以外と大変でした。
2020年01月11日 13:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側はトレースが無く,上の方は以外と大変でした。
1
まずはスルーしがちな中善寺山ゲット。
2020年01月11日 13:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはスルーしがちな中善寺山ゲット。
2
続いて何とか半月山ゲットです。ここは眺望が無いので,ピークハントだけして手前の展望台に戻ります。
2020年01月11日 14:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて何とか半月山ゲットです。ここは眺望が無いので,ピークハントだけして手前の展望台に戻ります。
1
展望台です。山頂名一覧があるので,山座同定の手間が省けてありがたい。
2020年01月11日 14:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台です。山頂名一覧があるので,山座同定の手間が省けてありがたい。
4
視界クッキリ。中禅寺湖の碧さが素敵な八丁出島&男体山コラボ写真ゲット。
2020年01月11日 14:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界クッキリ。中禅寺湖の碧さが素敵な八丁出島&男体山コラボ写真ゲット。
13
ここからだと太郎山が見えない代わりに,奥白根とコラボ出来ます。
2020年01月11日 13:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからだと太郎山が見えない代わりに,奥白根とコラボ出来ます。
11
「もし天気が良ければ,あなたはこの素晴らしい眺望をごらんになっていると思います」Yes, exactly!
2020年01月11日 14:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「もし天気が良ければ,あなたはこの素晴らしい眺望をごらんになっていると思います」Yes, exactly!
1
社山方面の雄大な尾根。左奥に皇海山&鋸山。
2020年01月11日 14:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社山方面の雄大な尾根。左奥に皇海山&鋸山。
5
素晴らしい眺望の中で,残りの万カツを頂く。
2020年01月11日 14:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺望の中で,残りの万カツを頂く。
8
自分のトレースを辿って下山開始。
2020年01月11日 14:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを辿って下山開始。
登りで帰りたくなった雪深い場所も,帰りはヨイヨイ。
2020年01月11日 14:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで帰りたくなった雪深い場所も,帰りはヨイヨイ。
2
半月峠到着。ここからは踏み跡多数で一安心。
2020年01月11日 14:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月峠到着。ここからは踏み跡多数で一安心。
1
登山道にバンビちゃん。
2020年01月11日 14:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にバンビちゃん。
4
近づいたら逃げるかと思ったら,なんと前足を踏みならして臨戦態勢。ツノ無いくせに。
2020年01月11日 14:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいたら逃げるかと思ったら,なんと前足を踏みならして臨戦態勢。ツノ無いくせに。
11
追っ払いました。団らんを邪魔してゴメンね!
2020年01月11日 14:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追っ払いました。団らんを邪魔してゴメンね!
2
無事下山。凍結した湖畔道路をチェーンスパイクを履いたまま戻ります。
2020年01月11日 15:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。凍結した湖畔道路をチェーンスパイクを履いたまま戻ります。
夕暮れの男体山。
2020年01月11日 15:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの男体山。
3
冬休み中のスワンちゃんの先に,夕陽を受ける社山。
2020年01月11日 15:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬休み中のスワンちゃんの先に,夕陽を受ける社山。
5
日光レークサイドホテルは,リッツカールトン日光として生まれ変わり5月の開業とのこと。一泊二日2人で6万円〜10万円程度だそうな…
2020年01月11日 15:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光レークサイドホテルは,リッツカールトン日光として生まれ変わり5月の開業とのこと。一泊二日2人で6万円〜10万円程度だそうな…
1
中善寺温泉バス停到着。本日のゴールです。さすが日光,バスは外国人だらけ。
2020年01月11日 15:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中善寺温泉バス停到着。本日のゴールです。さすが日光,バスは外国人だらけ。
1
やしおの湯でまったり。明日も明後日も休みって最高です!
2020年01月11日 17:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やしおの湯でまったり。明日も明後日も休みって最高です!
13

感想/記録
by napiee

正月ボケ明け5日間の激務を何とか乗り切り,神様の贈り物と思えるこの三連休。のんびりしたいような気もしつつ,晴れの天気予報に背中を押されて好展望で知られる日光のこの二つのお山に登ってみました。

先ずは社山に向けて出発。冬山らしく麓は晴れていても山はガスが掛かっており,道中すれ違った方ともなかなか晴れませんねー,なんて話をしながら標高を上げて行きました。今日は流石にダメかなーと諦め掛けた頃,徐々にガスが晴れ,時折まばゆい青空が。その後はガスったり晴れたりで完璧とは言えないものの,この山が好展望で知られる所以の一端を味わう事が出来ました。

その勢いで,踏み跡がない斜面と格闘しつつも半月山にも無事登頂。この頃には完全にガスも取れ,澄んだ空気の中で中禅寺湖と奥白根山や男体山のコンボを味わい尽くしました。

ここは雪で覆われても目の前の尾根をとにかく詰めていけば良さそうなので,降雪後に,行ける所まで行くつもりでワカンやスノーシューを持って遊びに来ても面白そうです。
訪問者数:395人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/3
投稿数: 108
2020/1/16 12:54
 早い!
社山まで行ってこのスピードは早いですな。雪が少なめなのも幸いしてますが。雪が深い時は、狸窪〜半月峠の急斜面のトラバースでずり落ちそうになったこともあります。以前はフリーパスを買うとレイクサイドの割引があったのですが改装後高級志向になって、日帰り湯もできなくなりましたか?(笑)
登録日: 2016/1/11
投稿数: 270
2020/1/16 19:44
 Re: 早い!
そういえば昔はフリーパスは窓口でしか買えなくて、その代わり割引券みたいなのが付いてましたね。今は自販機で買える分、何も無かった気が。
リッツ、外資系ながら共用の広い温泉を作るらしいですが、間違いなく日帰りは受付ないでしょうねえ😞

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ