また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2178412 全員に公開 山滑走 白山

白山(甚之助谷滑走・新規ルート開拓)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
マイカーで白峰ゲートまで。
そこから市ノ瀬まで自転車利用。
1月に自転車で市ノ瀬まで行けるというのは前代未聞。
厳冬期という感じではなく11月下旬〜12月上旬の様相だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
1時間34分
合計
10時間34分
S風嵐ゲート23:4100:01百万貫の岩00:38市ノ瀬ビジターセンター02:28別当出合02:4703:37中飯場03:4704:30別当覗04:3805:10甚之助避難小屋05:3207:15白山室堂07:2308:07白山08:2408:47甚之助避難小屋08:5009:07中飯場09:1009:32別当出合09:3610:12市ノ瀬10:35風嵐ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆風嵐ゲート〜市ノ瀬
・積雪なし。自転車で行けた。
・ただし一部凍結箇所があるので注意が必要。

◆市ノ瀬〜別当出合
・下部は雪が切れ切れ。
・釈迦新道分岐(ヘアピン)手前からスキー歩行開始。
・別当出合までは問題なくシール歩行可能。
・吊橋はうっすら積雪アリ。ツボ足で慎重に渡った。

◆別当出合〜中飯場
・藪が埋まり切っていないため登山道をトレース。
・石畳も少し石が出ていて登りづらい。

◆中飯場〜甚之助避難小屋
・基本夏道だが高度が上がるにつれて臨機応変にルートを取る。
・まだ藪がうるさいので気持ちよく滑ることはできない。
・甚之助避難小屋は1階から入ることができた。(これ、ミラクル)
・甚之助避難小屋には前泊者6名ほど。全員ツボ足登山者であった。

◆甚之助避難小屋〜御前峰
・甚之助谷を越えてアイスモンスターの森からエコーラインに登り上げた。
・一部凍結箇所があるのでクトー必須。
・室堂を過ぎて御前峰まではいつにかくカチコチだったためくの字途中でアイゼンに履き替えて登行した。(YSHR先生はスキー+クトーで登っていた)

◆スキー滑走
・くの字から高天原へ入って東面からエコーラインへ抜けた。(カチコチ斜面を避ける意味で)
・エコーラインから甚之助谷へ入り、索道拠点まで滑走、そこから中飯場へ続く林道に合流した。
・甚之助谷は崖の斜滑降や沢越え等もあり滑落リスクも高いのであまりお勧めしない。
・中飯場〜別当出合までは登山道滑走。
・別当出合〜釈迦新道分岐のヘアピンまで滑走。雪が締まっていてよくスキーが走った。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

今日は白山、1月のお参りへ。
1月としてはありえないチャリスタート。
2020年01月11日 23:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は白山、1月のお参りへ。
1月としてはありえないチャリスタート。
6
市ノ瀬を過ぎても雪切れ多数。
YSHRセンセーいわくこんな年は初めてだとか。
2020年01月12日 01:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬を過ぎても雪切れ多数。
YSHRセンセーいわくこんな年は初めてだとか。
5
別当出合到着。
ここまでラッセルなし。
2020年01月12日 02:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合到着。
ここまでラッセルなし。
6
休憩舎の中でエネルギー補給したり。
2020年01月12日 02:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎の中でエネルギー補給したり。
4
吊橋渡ってスタート。
怪獣パクは2日連続の白山。
2020年01月12日 02:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋渡ってスタート。
怪獣パクは2日連続の白山。
11
石畳はYSHR先生が先頭で突破。
まだ雪が少ない。
2020年01月12日 03:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳はYSHR先生が先頭で突破。
まだ雪が少ない。
9
藪多し。
感覚的には12月上旬なみ。
2020年01月12日 04:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪多し。
感覚的には12月上旬なみ。
3
甚之助避難小屋手前の霧氷。
いつもならとっくに雪の下に埋まっている木々達。
2020年01月12日 05:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助避難小屋手前の霧氷。
いつもならとっくに雪の下に埋まっている木々達。
5
甚之助避難小屋。
中には前泊の登山者さんが数名出発の準備をしていた。
2020年01月12日 05:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助避難小屋。
中には前泊の登山者さんが数名出発の準備をしていた。
7
月明りに照らされる甚之助避難小屋
2020年01月12日 05:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明りに照らされる甚之助避難小屋
11
甚之助谷からモンスターの森へ。
2020年01月12日 05:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助谷からモンスターの森へ。
9
エコーラインへ乗り上げたところで東の空が染まってきた
2020年01月12日 06:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインへ乗り上げたところで東の空が染まってきた
14
乗鞍岳もだいぶ白くなってきた。
2020年01月12日 06:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳もだいぶ白くなってきた。
11
天気は高曇り。
山頂はまだはっきり見えていた。
2020年01月12日 06:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は高曇り。
山頂はまだはっきり見えていた。
7
カチカチ弥陀ヶ原を行く。
2020年01月12日 06:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カチカチ弥陀ヶ原を行く。
4
五葉坂を登っていると東の空にサンピラー!
2020年01月12日 06:59撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五葉坂を登っていると東の空にサンピラー!
23
素晴らしい。
自分も見るのは2回目。
2020年01月12日 07:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい。
自分も見るのは2回目。
39
御嶽山の肩からお日の出。
2020年01月12日 07:06撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山の肩からお日の出。
18
室堂到着。
それほど寒くもなく風も強くなかった。
2020年01月12日 07:11撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂到着。
それほど寒くもなく風も強くなかった。
5
室堂の小屋もかなり埋まってきた。
2020年01月12日 07:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂の小屋もかなり埋まってきた。
7
鳥居の雪はこんな具合。
まだまだ少ない。
2020年01月12日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の雪はこんな具合。
まだまだ少ない。
11
山頂付近は青空が広がっていた。
この時は。
2020年01月12日 07:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近は青空が広がっていた。
この時は。
6
すぐにホワイトアウト。
カチカチだったのでYSHRセンセー以外はアイゼンに換装。
2020年01月12日 08:00撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにホワイトアウト。
カチカチだったのでYSHRセンセー以外はアイゼンに換装。
6
スキーのセンセーをツボ足で追う。
2020年01月12日 08:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーのセンセーをツボ足で追う。
8
視界もなくてプチ地獄。
だけど吹き溜まりのラッセルで暑い。
2020年01月12日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界もなくてプチ地獄。
だけど吹き溜まりのラッセルで暑い。
7
めでたく登頂!
板かついで登るのはかなりレア。
2020年01月12日 08:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めでたく登頂!
板かついで登るのはかなりレア。
18
1月のお参り。
これがメイン。
2020年01月12日 08:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月のお参り。
これがメイン。
18
登りは担いでも下りは滑ります。
2020年01月12日 08:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは担いでも下りは滑ります。
14
山頂からGO!
2020年01月12日 08:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からGO!
13
下にはヤバそうな雲。
この中に突っ込む。
2020年01月12日 08:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下にはヤバそうな雲。
この中に突っ込む。
9
雲の下は以外にも晴れていた。
YSHRセンセーの提案で甚之助谷へ滑り込むことに。
2020年01月12日 08:42撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の下は以外にも晴れていた。
YSHRセンセーの提案で甚之助谷へ滑り込むことに。
14
YSHRセンセー
2020年01月12日 08:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YSHRセンセー
12
アフリカ帰りのパク
2020年01月12日 08:45撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフリカ帰りのパク
12
絶好調の兄ちゃん。
御前峰に別れを告げる。
2020年01月12日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好調の兄ちゃん。
御前峰に別れを告げる。
11
初めての甚之助谷はアクロバティックだった。
堰堤をジャンプで飛び降りたり…
2020年01月12日 08:52撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての甚之助谷はアクロバティックだった。
堰堤をジャンプで飛び降りたり…
11
障害物が多いのでルートを工夫する必要があった。
2020年01月12日 08:58撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
障害物が多いのでルートを工夫する必要があった。
5
甚之助谷にあんな岩があったなんて!
2020年01月12日 09:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助谷にあんな岩があったなんて!
12
甚之助岩と名付けよう。
2020年01月12日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助岩と名付けよう。
13
索道の建物まで行けば中飯場の林道に合流できる
2020年01月12日 08:59撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
索道の建物まで行けば中飯場の林道に合流できる
6
沢の渡渉もジャンプ一番でこなす
2020年01月12日 09:02撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の渡渉もジャンプ一番でこなす
22
無事林道に合流。
こんなにうまくいっていいのか!?
2020年01月12日 09:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事林道に合流。
こんなにうまくいっていいのか!?
10
チャリ飛ばしてゴール!
お疲れさまでした。
2020年01月12日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャリ飛ばしてゴール!
お疲れさまでした。
15

感想/記録

今日は2020年初となる白山へ登る。

1月の白山といえば普通は白峰から片道23kmをフルラッセルしなければならないのだが、前代未聞の暖冬で林道には雪がない。
チャリが使えそうだということで全員チャリ仕様で集まることになった。

0時スタートということだが例に漏れず20分ほどフライングスタート。
兄ちゃんと大魔人さんに引っ張ってもらいながらなんとか市ノ瀬まで遅れずについていくことができた。
後発のYSHRセンセーとパクもすぐに到着。5人揃って市ノ瀬を出発した。
パクは年末年始キリマンジャロへ行っていたので11月の剱以来2か月ぶり。
久しぶりに地獄メンバー揃っての山行となった。今日は大人の遠足だ。

市ノ瀬を過ぎても雪は切れ切れ…ラッセルもない。ありえない。
厳冬期の白山に登ったというにはおこがましい、11月か12月と同じような状況だった。

別当出合の吊橋も雪がうっすら乗っている程度だったのでツボ足で楽勝。
普通ならガッツリ雪が乗っているのでスキーじゃないと渡れないはずなのだが。

別当出合から中飯場まで登山道をトレースして、中飯場からようやく少し雪が増えてきた。
とはいっても周囲は藪だらけ。どこでも歩けるという状況には程遠かった。

甚之助避難小屋に着くと前泊の登山者さん達が出発の準備をしていた。
おかげでいつになく暖かい。
これから天気は下り坂なのにツボ足で登頂して下山は大変だな…と思った。

いつものように甚之助谷へ一旦降りて対岸へ登り返す。
ここはアイスモンスターの森だ。
だがやはり暖冬の影響かモンスターはうまく育っていなかった。

エコーラインに登り詰めたところでお日の出タイム。
風はそれほどない。気持ちの良い朝だ。
曇り予報だったが御前峰も北アルプスもよく見通すことができた。
高曇りといったところか。

五葉坂を登っている時、ふと東の空を見ると太陽の光が上空に向かって一直線に伸びていた。

太陽柱、サンピラーだ!

白山で見るのは初めて、2年前にやはり高曇りの乗鞍岳で一度だけ見たことがある。
その時よりハッキリ見えたし明るかった。
高曇りで気温が低く風が弱いという特殊な条件で日の出と日の入りのタイミングで起きるらしい。
貴重なものを見た。

室堂からはいつものようにくの字を攻めるが斜面はいつになくカチカチ。
怪獣パクは前日も白山へ来ているので斜面が硬いことは聞いていたが想像以上だった。
YSHR先生はスキーで登り切ったが他のメンバーはそれぞれの判断でアイゼンに換装。
大魔人さんはツボ足でガンガンラッセルしていった。

山頂で写真を撮ったら奥宮でお参り。
これで1月のお参りも完了。
暖冬でも山頂部はしっかり雪が増えていた。

登りはカチカチアイゼンでも下りは山頂から滑る。
アイスバーンをこなしながら登りと違うルート、高天原経由でエコーラインへ。
途中視界がなくなりYSHR先生が雪庇から落下、ヒヤッとしたが何事もなかったかのようにそのまま滑っていった。

さあどこから下るか。
夏道は藪藪だし、別当谷もマンネリ気味なので…ということでYSHR先生から「甚之助谷を滑らないか」と提案があった。
僕らに意見を聞いているようで実はもうセンセーの中では結論は出ている、というパターン。
去年の笠ヶ岳、四ノ沢の時と同じだ。行くしかないんでしょ。

甚之助谷を滑った記録は恐らくない、YSHR先生をはじめ、メンバーもみんな初めてだ。
変な滝が出てこなきゃいいけど…だけどこんな感じで地獄メンバーが揃った時じゃないといけないし。

案の定際どい崖のトラバースやジャンプでこなすような渡渉があったがセンセーの読み通り中飯場の林道に無事合流。
めでたく新規ルート開拓成功である。

あとは普通の登山道ボブスレーをこなして別当から市ノ瀬まで林道滑走。
今日の林道は過去ないくらいによく走った。気温と雪質がうまく滑るモードになっていたのだろう。
市ノ瀬からはチャリに跨ってあっという間で白峰到着。

サンピラーに甚之助谷滑走…新鮮で楽しい大人の遠足になった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3278人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ