また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2188999 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月18日(土) 〜 2020年01月19日(日)
メンバー
天候1日目 雪
2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー
韮崎からタクシー。韮崎から夜叉神への途中で7000円、御座石から韮崎は謎な感じになって謎。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間21分
休憩
17分
合計
5時間38分
Sスタート地点12:1713:13夜叉神峠13:1613:20夜叉神峠小屋13:2715:22杖立峠15:2716:20火事場跡16:2217:22苺平17:55南御室小屋
2日目
山行
9時間16分
休憩
1時間48分
合計
11時間4分
南御室小屋06:4007:58砂払岳08:07薬師岳小屋08:3709:31鳳凰山10:0110:35鳳凰小屋分岐10:4411:46アカヌケ沢の頭11:5712:52鳳凰小屋13:0814:47燕頭山14:5815:18旭嶽15:1917:44御座石鉱泉17:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報御座石鉱泉は冬もやってる
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ

写真

降る。タクシーが登山口まで歩けなかったので途中から歩く。弓道で林道をショートカットするも、行き過ぎて戻る。2.5時間遅れ。
2020年01月18日 13:22撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降る。タクシーが登山口まで歩けなかったので途中から歩く。弓道で林道をショートカットするも、行き過ぎて戻る。2.5時間遅れ。
1
前日は低れるまで歩いたので写真がない。そして寝坊。思ったよりも日が昇るの早くなってて驚いた。
2020年01月19日 07:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は低れるまで歩いたので写真がない。そして寝坊。思ったよりも日が昇るの早くなってて驚いた。
1
北岳はいつもかっこいいですね
2020年01月19日 08:42撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳はいつもかっこいいですね
4
かいこーま
2020年01月19日 09:43撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かいこーま
2
このあとから観音-地蔵でトレースがなくなってきた。後ろからきた2人組に抜かされる。ラッセル交代したほうがいいのだけど、そもそも追いつくのすらしんど……
2020年01月19日 10:25撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあとから観音-地蔵でトレースがなくなってきた。後ろからきた2人組に抜かされる。ラッセル交代したほうがいいのだけど、そもそも追いつくのすらしんど……
1
雲が面白い感じに流れてた。このあと雪の下に隠れた岩に悩まされながら御座石に下山。
2020年01月19日 11:56撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が面白い感じに流れてた。このあと雪の下に隠れた岩に悩まされながら御座石に下山。
2

感想/記録
by sett4

せっかく鳳凰三山なんだから入る場所と出るところ変えたいよなーと思い長らくたった。突然前日に思い立って行ったはいいが、東京でも雪が降るかという朝であり夜叉神峠は当然雪。タクシーはカーブした坂を登れず後退。そこから歩行。行き過ぎる旧道、引き換えして林道歩きで着いたら昼過ぎ。この時点でヘッデン行動覚悟。

南御室のテントサイトは大人数パーティで大変にぎやかだった。

翌日もまだ根たい感が強くて行動開始が遅れる。稜線の見晴らしはすこぶるよく最高。快晴微風。うそ。木曽側は普通に風あった。それでも岩陰は日差しと相まって昼寝できるくらいにはあたたかい。

観音岳から地蔵岳まではトレースなし。途中で二人組みに抜かされる。ラッセルなので協力しながら行くのが筋だけど、そもそも追いつけなくてラッセル泥棒。申し訳ない。

地蔵から御座石までは雪の下にある岩に苦しめられた。アイゼンを外すタイミングに迷う。かなり遅い段階で外したけど、早めに外したほうが良かったなぁこれ。結局、御座石についたのは日が暮れてから。2日ともヘッデン行動になってしまった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:737人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ