また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2206189 全員に公開 雪山ハイキング大峰山脈

八経ヶ岳 白いモンスターたちとの遭遇!(;゜Д゜)

日程 2020年02月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車スペースは10台程度
(金引への橋の前は駐車不可。本日は5時までには満車だったとのこと。もう200mほど先に駐車)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間50分
休憩
1時間22分
合計
11時間12分
S熊渡06:2707:03金引橋07:1208:52カナビキ尾根分岐08:5909:32ナベの耳09:3610:24狼平避難小屋10:4511:48弥山11:4911:53弥山小屋12:0812:44八経ヶ岳13:0113:24明星ヶ岳13:2814:19日裏山14:2114:56ナベの耳15:35カナビキ尾根分岐15:3617:03金引橋17:0417:39熊渡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全コース夏道通りにトレースあり。
狼平ー弥山間の階段は8割程度雪で埋もれ、通行に支障なし。
積雪期の弥山ー八経ヶ岳間は夏道を辿るとオオヤマレンゲの柵の扉が開けにくくザックをおろして通過出来た。稜線沿いに行くのが一般的との情報あり。
危険個所無(本日全行程ツボ足歩行)

装備

備考 水分消費800ml ケストレル3848 フィッション シェルパ 12.60キロ:oris

写真

朝の6時過ぎに熊渡に到着しましたが橋の前は満車でとめられずに少し行った先のスペースに駐車します。
2020年02月02日 06:21撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の6時過ぎに熊渡に到着しましたが橋の前は満車でとめられずに少し行った先のスペースに駐車します。
3
さて、スタートします。今日は熊渡からカナビキ尾根を登り八経ヶ岳を登る予定です。
oris:まだ、少し暗いですが今日はロングなルートなので早くから出発します。

mets :さあ、張り切って行きましょう
2020年02月02日 06:22撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、スタートします。今日は熊渡からカナビキ尾根を登り八経ヶ岳を登る予定です。
oris:まだ、少し暗いですが今日はロングなルートなので早くから出発します。

mets :さあ、張り切って行きましょう
4
熊渡の駐車地はすでに8台くらい駐車してあり満車ですね。ここから左へ橋を渡って林道を歩いていきます。
2020年02月02日 06:24撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊渡の駐車地はすでに8台くらい駐車してあり満車ですね。ここから左へ橋を渡って林道を歩いていきます。
2
oris:metsさん、今日は弥山川ルートには行きませんよ。(*‘∀‘)

mets :前行った時は河原小屋がまだありました。
2020年02月02日 06:27撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
oris:metsさん、今日は弥山川ルートには行きませんよ。(*‘∀‘)

mets :前行った時は河原小屋がまだありました。
4
まだまだ林道を歩きます。道中に和歌山から来られた単独の男性に会いました。月に1度は今回我々が登る八経ヶ岳に登っておられるそうだ・・・
oris:それから以降は抜いたり抜かされたりでほぼ同じペースで登りました。そして、ルートのアドバイスもいただいてその節はありがとうございました。(*^^*)
2020年02月02日 06:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ林道を歩きます。道中に和歌山から来られた単独の男性に会いました。月に1度は今回我々が登る八経ヶ岳に登っておられるそうだ・・・
oris:それから以降は抜いたり抜かされたりでほぼ同じペースで登りました。そして、ルートのアドバイスもいただいてその節はありがとうございました。(*^^*)
4
40分ほど歩いて金引橋に到着しました。ここで少し休みます。
2020年02月02日 07:03撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分ほど歩いて金引橋に到着しました。ここで少し休みます。
2
ここからトラバースの尾根歩きが始まります。
2020年02月02日 07:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからトラバースの尾根歩きが始まります。
1
そして、ここでチェーンアイゼンを装着します。
oris:今シーズン初使用ですわ。
2020年02月02日 07:21撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ここでチェーンアイゼンを装着します。
oris:今シーズン初使用ですわ。
5
そして、尾根を登ります。oris:ここまでフリースを着て登ったり、暑くて半袖になったり、服装の調整が頻繁でしたけど前述の和歌山の単独男性から「ここから風が吹き付けてくる」とのアドバイスを受けてハードシェルを着て登りました。
2020年02月02日 07:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、尾根を登ります。oris:ここまでフリースを着て登ったり、暑くて半袖になったり、服装の調整が頻繁でしたけど前述の和歌山の単独男性から「ここから風が吹き付けてくる」とのアドバイスを受けてハードシェルを着て登りました。
1
どんどんと雪深くなっていきます。
ここからが正念場ですね。
2020年02月02日 08:44撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどんと雪深くなっていきます。
ここからが正念場ですね。
5
見上げると霧氷が・・・・
2020年02月02日 08:52撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると霧氷が・・・・
5
ここでカナビキ尾根の分岐に到着しました。
2020年02月02日 08:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでカナビキ尾根の分岐に到着しました。
2
ルートはどんどんと雪景色になっていきます。
2020年02月02日 09:10撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートはどんどんと雪景色になっていきます。
1
oris:まるで砂糖菓子みたいですけどmetsさん食べられませんよ。

mets :むしゃむしゃ。見たな!
oris:どんな味でしたか???( ;∀;)
2020年02月02日 09:13撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
oris:まるで砂糖菓子みたいですけどmetsさん食べられませんよ。

mets :むしゃむしゃ。見たな!
oris:どんな味でしたか???( ;∀;)
7
いい感じの霧氷ですね。^ ^
2020年02月02日 09:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの霧氷ですね。^ ^
5
ナベの耳手前を快調に進むorisさん
2020年02月02日 09:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナベの耳手前を快調に進むorisさん
高崎横手付近
2020年02月02日 09:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高崎横手付近
4
のトラバース
2020年02月02日 09:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のトラバース
2
ここで高崎横手出合に到着しました。
左へ行くと狼平-弥山-八経ヶ岳-明星ヶ岳への周回です。
右へは逆周回の明星ヶ岳-八経ヶ岳-弥山-狼平となります。
oris:まあ、どちらから回ってもコースタイムは同じようなもので私はむしろ逆周回推しでしたがmetsさんはピークの八経ヶ岳から一旦下って弥山に登り返すのが嫌だと主張されたので左から周回することになりました。

mets :これで正解!
oris:私が大人になって譲ったんですよ。(*'▽')
あと、和歌山の単独男性はここから分かれて右へと行きましたね、八経ヶ岳のピークくらいで会えるかな?
2020年02月02日 10:04撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで高崎横手出合に到着しました。
左へ行くと狼平-弥山-八経ヶ岳-明星ヶ岳への周回です。
右へは逆周回の明星ヶ岳-八経ヶ岳-弥山-狼平となります。
oris:まあ、どちらから回ってもコースタイムは同じようなもので私はむしろ逆周回推しでしたがmetsさんはピークの八経ヶ岳から一旦下って弥山に登り返すのが嫌だと主張されたので左から周回することになりました。

mets :これで正解!
oris:私が大人になって譲ったんですよ。(*'▽')
あと、和歌山の単独男性はここから分かれて右へと行きましたね、八経ヶ岳のピークくらいで会えるかな?
3
oris:metsさん、下ってますやん。また登らんとあきませんやん。(//∇//)
mets :人生下りもあれば登りもあり
2020年02月02日 10:13撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
oris:metsさん、下ってますやん。また登らんとあきませんやん。(//∇//)
mets :人生下りもあれば登りもあり
6
2人ともお初の積雪期狼平
oris:いい雰囲気でしたね。(^^♪
2020年02月02日 10:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人ともお初の積雪期狼平
oris:いい雰囲気でしたね。(^^♪
4
狼平に到着しました。
2020年02月02日 10:24撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼平に到着しました。
4
そして、小屋の中に入って小休止をしました。今回はロングなルートなのでゆっくり休憩時間も取れないし、寒くて腰を落ち着けて食べるのも無理だろうからパン等と行動食を休憩時に一つずつ食べるって感じでした。
2020年02月02日 10:39撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、小屋の中に入って小休止をしました。今回はロングなルートなのでゆっくり休憩時間も取れないし、寒くて腰を落ち着けて食べるのも無理だろうからパン等と行動食を休憩時に一つずつ食べるって感じでした。
2
さて、獣除けのネットを抜けて登山の再開です。雪で田原が半開きで通過が困難です。
oris:metsさん、何気に絡まってます?

mets :決して紐で縛られるのが趣味では無いてすよ。

oris:うれしそうな顔をしてはりましたよ。(*^^*)
2020年02月02日 10:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、獣除けのネットを抜けて登山の再開です。雪で田原が半開きで通過が困難です。
oris:metsさん、何気に絡まってます?

mets :決して紐で縛られるのが趣味では無いてすよ。

oris:うれしそうな顔をしてはりましたよ。(*^^*)
5
ここらあたりから雪深くなってきて踝くらいの積雪になってきました。
2020年02月02日 10:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらあたりから雪深くなってきて踝くらいの積雪になってきました。
2
狼平から弥山への階段もほぼ雪に埋まっています。
2020年02月02日 10:47撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼平から弥山への階段もほぼ雪に埋まっています。
3
登りは続きます・・・・
2020年02月02日 11:00撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは続きます・・・・
1
これまでずっと曇り空でしたけど、一瞬だけ青空が。。。^ ^
2020年02月02日 11:18撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでずっと曇り空でしたけど、一瞬だけ青空が。。。^ ^
11
ですがまた曇り出しました。晴れていたら、ここから八経ケ岳の姿を見ることができますがガスって見ることができません。(≧∇≦)
2020年02月02日 11:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですがまた曇り出しました。晴れていたら、ここから八経ケ岳の姿を見ることができますがガスって見ることができません。(≧∇≦)
2
それにしても、ビックな霧氷ですね。
2020年02月02日 11:46撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても、ビックな霧氷ですね。
3
青空バックと思いきや一瞬にしてガス。難しいね。
2020年02月02日 11:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空バックと思いきや一瞬にしてガス。難しいね。
5
もうすぐ弥山ですね。
oris:やっと弥山です。(*^^*)
2020年02月02日 11:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ弥山ですね。
oris:やっと弥山です。(*^^*)
2
登り始めて5時間半で弥山に到着しました。
oris:タイム的に行けそうなので八経ヶ岳を目指しましょう。(^^)/
2020年02月02日 11:51撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて5時間半で弥山に到着しました。
oris:タイム的に行けそうなので八経ヶ岳を目指しましょう。(^^)/
8
鳥居と奥には弥山小屋が見えています。
2020年02月02日 11:52撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居と奥には弥山小屋が見えています。
6
そんなに積雪はなくて、metsさんも鳥居をくぐることができました。(例年なら雪で鳥居はほぼ雪の中には埋まっていて立ったまま潜ることはできません。)
2020年02月02日 11:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなに積雪はなくて、metsさんも鳥居をくぐることができました。(例年なら雪で鳥居はほぼ雪の中には埋まっていて立ったまま潜ることはできません。)
7
弥山の看板です。oris:ここで2人連れの登山者が来てmetsさんが写真を撮ってあげておりました。我々も同じように写真を撮ってもらいました。その人たちとは下山時も会いました。見事に抜かされましたけど・・・(*^^*)
2020年02月02日 11:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山の看板です。oris:ここで2人連れの登山者が来てmetsさんが写真を撮ってあげておりました。我々も同じように写真を撮ってもらいました。その人たちとは下山時も会いました。見事に抜かされましたけど・・・(*^^*)
6
さて、ではピークの八経ケ岳を目指しましょう。
2020年02月02日 12:06撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ではピークの八経ケ岳を目指しましょう。
2
一旦、下ってから登り返さないといけません。
oris:これが辛いのです。(≧∀≦
)

mets :弥山からの下りも雪があると楽チン。登りはやっぱりきつい(>_<)
2020年02月02日 12:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、下ってから登り返さないといけません。
oris:これが辛いのです。(≧∀≦
)

mets :弥山からの下りも雪があると楽チン。登りはやっぱりきつい(>_<)
1
またしても積雪で半開きの獣除けのネットを通過します。ここはザックを下ろしてから通過しました。
2020年02月02日 12:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしても積雪で半開きの獣除けのネットを通過します。ここはザックを下ろしてから通過しました。
2
弥山から歩くこと35分で八経ケ岳のピークに到着しました。(^^)/ ずっとつかず離れずで登ってきた和歌山の単独男性とここで再開しました。
2020年02月02日 12:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山から歩くこと35分で八経ケ岳のピークに到着しました。(^^)/ ずっとつかず離れずで登ってきた和歌山の単独男性とここで再開しました。
8
八経ヶ岳 1914.9M近畿最高峰です。(*'▽')
2020年02月02日 12:52撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳 1914.9M近畿最高峰です。(*'▽')
18
八経ヶ岳からのピークからは残念ながらガスで展望はありませんでした。
2020年02月02日 12:49撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳からのピークからは残念ながらガスで展望はありませんでした。
4
少し晴れるのを待ちます・・・・
一足先に和歌山の単独男性は先に下山しました。
(また、どこかで会いましょう・・・・)
2020年02月02日 12:53撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し晴れるのを待ちます・・・・
一足先に和歌山の単独男性は先に下山しました。
(また、どこかで会いましょう・・・・)
6
我々も下山時刻が気になるので20分ほどの滞在で下山します。
2020年02月02日 13:01撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々も下山時刻が気になるので20分ほどの滞在で下山します。
2
そして、振り返ると・・・・・
2020年02月02日 13:04撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、振り返ると・・・・・
9
空が青く晴れてきて・・・・
2020年02月02日 13:04撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が青く晴れてきて・・・・
16
おっ!モンスター(*'▽')
2020年02月02日 13:03撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!モンスター(*'▽')
12
次は明星ヶ岳に向かって歩きます。
2020年02月02日 13:07撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は明星ヶ岳に向かって歩きます。
7
振り返って八経ケ岳のピークですね。
2020年02月02日 13:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って八経ケ岳のピークですね。
7
またも撮影会
2020年02月02日 13:08撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またも撮影会
10
また、下って振り返って八経ケ岳のピークが遠くなっていきます。
2020年02月02日 13:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、下って振り返って八経ケ岳のピークが遠くなっていきます。
7
そして、ここにもモンスター出現!( ゜Д゜)
2020年02月02日 13:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ここにもモンスター出現!( ゜Д゜)
7
あの乗鞍岳のような山は、大台ケ原でしょう。
2020年02月02日 13:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの乗鞍岳のような山は、大台ケ原でしょう。
6
oris:ここから3分くらい登れば明星ヶ岳にピークに到着しますがmetsさんは「もう、登るのはしんどいわ」とのことなんで私が代表してピークをとりに登ります。

mets :八経ヶ岳からは下り一辺倒のはず。もう登りはいや。
2020年02月02日 13:20撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
oris:ここから3分くらい登れば明星ヶ岳にピークに到着しますがmetsさんは「もう、登るのはしんどいわ」とのことなんで私が代表してピークをとりに登ります。

mets :八経ヶ岳からは下り一辺倒のはず。もう登りはいや。
5
3分ほど登って、明星ヶ岳のピークに到着しました。
2020年02月02日 13:25撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3分ほど登って、明星ヶ岳のピークに到着しました。
9
ここからは右から八経ケ岳から弥山までの稜線が見えています。
2020年02月02日 13:26撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは右から八経ケ岳から弥山までの稜線が見えています。
4
orisさんを待ってる間の1コマ。
真ん中に月が写ってるの、わかります?
oris:なんとなく・・・
2020年02月02日 13:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
orisさんを待ってる間の1コマ。
真ん中に月が写ってるの、わかります?
oris:なんとなく・・・
6
明星ヶ岳のピークから下って、またまたひらすら下ります。
2020年02月02日 13:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳のピークから下って、またまたひらすら下ります。
1
弥山から続くたおやかな尾根
2020年02月02日 13:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山から続くたおやかな尾根
5
この看板の場所で小休止します。
oris:ここで腰を下ろしていると2組の登山者が下ってきて同じように休んでましたね。
2020年02月02日 14:03撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の場所で小休止します。
oris:ここで腰を下ろしていると2組の登山者が下ってきて同じように休んでましたね。
1
日裏山のピークを通過・・・
2020年02月02日 14:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日裏山のピークを通過・・・
地味に看板ありました。^ ^
2020年02月02日 14:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味に看板ありました。^ ^
5
ようやく、高崎横手出合まで戻ってきました。ここは左へと下ります。
2020年02月02日 14:34撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、高崎横手出合まで戻ってきました。ここは左へと下ります。
まだまだ、下ります。oris:ここらあたりから久しぶりに左膝に痛みが出てきました。
2020年02月02日 14:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ、下ります。oris:ここらあたりから久しぶりに左膝に痛みが出てきました。
1
頂仙岳を巻いている最中。
2020年02月02日 14:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂仙岳を巻いている最中。
午後になってガスも取れた
2020年02月02日 15:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後になってガスも取れた
2
カナビキ尾根の分岐まで戻ってきました。
oris:だんだんと左膝の痛みが強くなってきて20分間隔で屈伸をしながら休み休み下りました。
2020年02月02日 15:35撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カナビキ尾根の分岐まで戻ってきました。
oris:だんだんと左膝の痛みが強くなってきて20分間隔で屈伸をしながら休み休み下りました。
1
神々しい金引尾根からの稲村ヶ岳。
今日一番の発見。
2020年02月02日 16:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神々しい金引尾根からの稲村ヶ岳。
今日一番の発見。
9
そして最後にトラバースを下ります。
oris:右手が山側の時は右足に体重がかかるみたいで楽でしたが、逆の左手が山側の時は左足に体重がかかって左膝が痛むので辛かった。
2020年02月02日 16:55撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最後にトラバースを下ります。
oris:右手が山側の時は右足に体重がかかるみたいで楽でしたが、逆の左手が山側の時は左足に体重がかかって左膝が痛むので辛かった。
1
ようやく、金引橋に戻ってきました。

oris:ここでチェーンアイゼンを外しました。今日はほばそれだけで歩くことができました。12本アイゼン950gもワカン950gもピッケル550gも持参したのですが使わず仕舞いで合計2.45キロのただの荷物となりました。(*^^*)
2020年02月02日 17:03撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、金引橋に戻ってきました。

oris:ここでチェーンアイゼンを外しました。今日はほばそれだけで歩くことができました。12本アイゼン950gもワカン950gもピッケル550gも持参したのですが使わず仕舞いで合計2.45キロのただの荷物となりました。(*^^*)
3
あとは林道を歩いて戻ります。
oris:疲れており、お互いに無口でした。^ ^

mets :この時は疲労の極地でしたね
2020年02月02日 17:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道を歩いて戻ります。
oris:疲れており、お互いに無口でした。^ ^

mets :この時は疲労の極地でしたね
1
熊渡に到着しました。朝は駐車してあった車両はもうあらかたありませんね。
2020年02月02日 17:36撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊渡に到着しました。朝は駐車してあった車両はもうあらかたありませんね。
3
駐車地に戻って来ました。
oris:お疲れ様でした。
mets :膝の痛みに耐えて頑張りましたね。感動したっ
2020年02月02日 17:38撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に戻って来ました。
oris:お疲れ様でした。
mets :膝の痛みに耐えて頑張りましたね。感動したっ
8
本日のログ。
oris:それにしてもロングでした。早く家に帰って風呂にゆっくりと浸かりたい。(//∇//)

mets :出発時も到着時もヘッデン行動。ハードやわ
2020年02月02日 17:39撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のログ。
oris:それにしてもロングでした。早く家に帰って風呂にゆっくりと浸かりたい。(//∇//)

mets :出発時も到着時もヘッデン行動。ハードやわ
6

感想/記録
by mets

長年暖めていた積雪期の八経ヶ岳、遂に実現出来ました。
今年度の冬は例年になく雪がなく、近郊での雪山はあきらめかけていましたが、登山前々日にテレビで見た雪の比良山に、テンションアップ。行き先をレコを見ながら検討した結果、モンスターにょきにょきの八経ヶ岳に決定。
出発2日前のお誘いだったにも関わらず、orisさんが同行していただけることになりました。感謝。

思っていたよりも入山者が多く、車の数から言って2-30名は入山していたと思われます。おかげでトレースはバッチリ、夏道と変わらないコースタイムで歩けたと思います。雪質はパウダーでアイゼン不要、踏み抜きも無く快適でした。

金引尾根を登りつめた稜線から上部は綺麗な霧氷の世界。更に登るとモンスター天国。木がトウヒだから雪が付きやすいのかな?
今日は晴れ予報だったにも関わらず、稜線沿いはガスに覆われ、時々晴れ間が覗くとここぞとばかりに撮影会。特に八経ヶ岳下山開始してからの晴れ間は最高でしたね。

下山は想像以上にロングルート。ヘロヘロになりましたが、何とか暗くなるまでに金引橋まで下山でき、一安心。

orisさん 筋トレで膝痛治して下さいね。

感想/記録
by oris



metsさんからお誘いいただき近畿の最高峰の冬の八経ヶ岳に登ってきました。
通常は八経ヶ岳への登山ルートは行者還TN西口からメインではあるが
冬季は途中で通行止めのためにそれより手前の熊渡から登るしかない。

実は熊渡からのルートはもう8年近く前の2012年7月に私は単独で登っていて
20キロ近くの歩行距離と11時間40分もの行動時間で下山後はぐったりとなった思い出がある。
今回は積雪もあり、八経ヶ岳のピークまでたどり着けるかどうかわからないが
下山のことも考えて13時を過ぎたら途中撤退することにしてチャレンジしてみることにした。

結果としてはこの時期の八経ヶ岳にしては積雪も少なくてしかもルートにはトレースもしっかりあり行動時間は11時間以上かかったが八経ヶ岳のピークを踏むことができた。
しかも、白いモンスターとの遭遇できてとてもいい山行になった。
下山後はもう、ぐったりでしたが・・・
お誘い頂いたmetsさんありがとうございました。!

ただ、最後に個人的な思いで言えば、冬の大峰は私のような軟弱な登山者がピークを踏めるような山ではなくて、恐ろしくて近づくことすら許されない厳しい山でいてほしいと思う。


訪問者数:382人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ