また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2213607 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

六甲山(有馬温泉から宝塚へ)SMC2月定例会

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
有馬温泉集合、宝塚駅解散
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
46分
合計
5時間40分
S有馬本温泉 金の湯09:2309:24有馬バスターミナル(阪急バス)09:2709:31銀の湯09:3209:44有馬稲荷神社09:4511:12六甲山11:4511:51一軒茶屋12:00石の宝殿12:0112:05東六甲縦走路分岐点12:18水無山12:43船坂峠13:11大平山13:29大谷乗越13:3013:58譲葉山14:04岩倉山14:0614:18塩尾寺14:2215:03阪急宝塚駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は殆どありません
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

chamchan 重量:-kg

写真

有馬温泉の朝。金の湯の足湯に浸かる人は何人かいますが、いつになく寂しく感じます。これも新型コロナウィルスの影響でしょうか。
2020年02月09日 09:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬温泉の朝。金の湯の足湯に浸かる人は何人かいますが、いつになく寂しく感じます。これも新型コロナウィルスの影響でしょうか。
2
銀の湯の上の有馬稲荷神社から登ります
2020年02月09日 09:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀の湯の上の有馬稲荷神社から登ります
石段を上がった境内からは温泉街が見渡せます
2020年02月09日 09:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段を上がった境内からは温泉街が見渡せます
2
北側の北摂の山々も薄っすらと雪化粧のようです
2020年02月09日 09:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の北摂の山々も薄っすらと雪化粧のようです
1
魚屋道に合流して山頂を目指します。標高600m位ですが、北斜面の道のため薄っすらと雪が残っていました
2020年02月09日 10:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚屋道に合流して山頂を目指します。標高600m位ですが、北斜面の道のため薄っすらと雪が残っていました
2
縦走路の北斜面は霧氷が有りそうです
2020年02月09日 10:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路の北斜面は霧氷が有りそうです
2
樹林の間から最高点の山頂が望めます。霧氷が残っていてほしいです
2020年02月09日 10:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から最高点の山頂が望めます。霧氷が残っていてほしいです
1
温泉から1時間半ほどで一軒茶屋まで上がれました
2020年02月09日 11:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉から1時間半ほどで一軒茶屋まで上がれました
青空に霧氷が綺麗です。残っていてくれてラッキーでした
2020年02月09日 11:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に霧氷が綺麗です。残っていてくれてラッキーでした
3
霧氷越しに大阪市街方面を望みます
2020年02月09日 11:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しに大阪市街方面を望みます
4
霧氷は小さいけど青空に映えました
2020年02月09日 11:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷は小さいけど青空に映えました
3
白い花が満開になってるみたいです
2020年02月09日 11:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花が満開になってるみたいです
8
六甲最高点の山頂に到着。2時間かからずに登れました
2020年02月09日 11:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲最高点の山頂に到着。2時間かからずに登れました
6
北から東にかけての展望。霧氷が綺麗です
2020年02月09日 11:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北から東にかけての展望。霧氷が綺麗です
6
西側への六甲縦走路。北六甲のアンテナ群の奥には淡路島も展望できました
2020年02月09日 11:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側への六甲縦走路。北六甲のアンテナ群の奥には淡路島も展望できました
9
山頂の霧氷と一緒に記念撮影
2020年02月09日 11:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の霧氷と一緒に記念撮影
9
大阪湾方面の景色を眺めながらランチしました
2020年02月09日 11:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪湾方面の景色を眺めながらランチしました
4
霧氷越しの展望を楽しんで下山します
2020年02月09日 11:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しの展望を楽しんで下山します
2
下山は東尾根を宝塚へ。12kmの長丁場です
2020年02月09日 12:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は東尾根を宝塚へ。12kmの長丁場です
2
武庫川と宝塚歌劇大劇場が見えて来たらそろそろゴールです
2020年02月09日 14:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武庫川と宝塚歌劇大劇場が見えて来たらそろそろゴールです
4
宝塚駅前の宝塚歌劇のレビュー像の前で最後の記念撮影
2020年02月09日 15:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝塚駅前の宝塚歌劇のレビュー像の前で最後の記念撮影
6

感想/記録

山々会の2月定例会は、冬の六甲山。
例年であれば七曲滝など有馬四十八滝の氷瀑巡りの楽しい時期であるが、今年の暖冬では叶わぬ夢。オーソドックスに魚屋道を最高点まで登って宝塚へ下ろうという計画であった。
ただ、この日は数日前からの寒さが残って風花らしい雪も舞っており、ひょっとすると冬らしい景色に出会えるかもとの期待で登り始めることになった。
スタートの有馬温泉は、中国の新型コロナウィルスによる観光客の減少の影響をもろにかぶってか、明らかに人の姿は少ない。金の湯の足湯に浸かる人もまばらだった。
薄っすらと雪の残る魚屋道を登ると2時間足らずで到着した山頂は綺麗な霧氷が待っていてくれた。天気が良いので昼までには落ちてしまうのではとの心配をよそに本当にラッキーでした。
展望はやや霞んだ感じだったが、それでも金剛、葛城の奥には薄っすらと大峰の山並みも眺められたし、淡路島も望むことができた。
今年は、身の回りに色んなことが起こって山歩きも少し遠ざかっていて、この日がやっと3回目という出遅れ状態ではあるが、この日も満足できる山行になってこれから巻き返して行けそうな気がする。
目指せ!年間40山行、近畿百名山制覇!!!

【2020年の山行3回目】
 今回の歩行距離:15.6km 2020年の累積距離:49.6km
 今回の累積標高:1,140m 2020年の累積標高:3,516m
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:183人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ