また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2249276 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根 冬期 小屋泊

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月06日(金) 〜 2020年03月07日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
バス+レンタカー車中泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間23分
休憩
25分
合計
8時間48分
S尾白川渓谷駐車場06:3508:35笹の平分岐10:45刃渡り11:35刀利天狗13:45五合目小屋跡14:1015:23七丈小屋
2日目
山行
7時間30分
休憩
1時間10分
合計
8時間40分
七丈小屋07:0508:09八合目御来迎場08:2009:30駒ヶ岳神社本宮09:35甲斐駒ヶ岳09:5510:40八合目御来迎場11:03七丈小屋11:2012:09五合目小屋跡12:2513:01刀利天狗13:30刃渡り14:14笹の平分岐14:2015:35竹宇駒ヶ岳神社15:45尾白川渓谷駐車場15:45帰着G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
12本爪とピッケル必須
八合目までは積雪後のため綿のようなサラサラ雪が凍結やトレースに載った状態 
積雪後はワカン携行が必要な場合あり
本当の厳冬期は腰まで積もるらしい
高温のため日が当たる場所は翌日雪が腐ってました
八合目より先は吹き飛ばされ締まったトレースあり、積もりやすい箇所は吹き溜りあり
二本剣下のルンゼは前爪使う感じで固めに締まってました
その他周辺情報道の駅白州に無料の天然水
そこから500mにローソン
七丈小屋HP
【公式】甲斐駒ヶ岳七丈小屋|ホームwww.kaikoma.info

装備

個人装備 フリース ダウン ゴアパンツ メリノタイツ インナー ミレードライナテック 厚手インナー NFヴェントリックス 手袋 サングラス ウィンドストッパー帽子2枚 厚手帽子 ヘルメット 予備靴下 テルモス350 750ボトル 1ℓ水袋 チェーンスパイク アイゼン ピッケル サブバッグ 救急キット バッテリー アルファ米2袋 フリーズドライ2袋 ゼリー2袋 ナッツ チョコバー1本 チョコ2袋 ウィスキー200ml つまみ2種 アルコールティッシュ ティッシュ バラクラバ
備考 モンテーンの手袋いらない?毎回チョコバー、ナッツ食わない。おにぎりの方がいい。ゲイターはある方がいい気がする。フリース持っていきすぎ。

写真

夜から快晴
朝、山頂まで見える
2020年03月06日 06:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜から快晴
朝、山頂まで見える
出発
こんなアクセスよい標高から3000m級山の登山口があるのはすごい
2020年03月06日 06:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発
こんなアクセスよい標高から3000m級山の登山口があるのはすごい
途中樹林帯トラバースから山頂見える場所あります 左から2番目辺りが山頂
2020年03月06日 08:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中樹林帯トラバースから山頂見える場所あります 左から2番目辺りが山頂
笹野平 コース唯一のしっかりした一般的な登山道っぽい標識 以後、赤テープや「甲斐駒登山道」の看板のみ
2020年03月06日 08:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹野平 コース唯一のしっかりした一般的な登山道っぽい標識 以後、赤テープや「甲斐駒登山道」の看板のみ
いきなり吹き溜り出現
2020年03月06日 10:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり吹き溜り出現
30センチくらいの吹き溜りの境目
2020年03月06日 10:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30センチくらいの吹き溜りの境目
刃渡り手前テッカテカ
このだいぶ前で12本爪アイゼン履いてました
荷物軽くなるし
2020年03月06日 10:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り手前テッカテカ
このだいぶ前で12本爪アイゼン履いてました
荷物軽くなるし
1
刃渡り
先週と同じ
2020年03月06日 10:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り
先週と同じ
長い黒戸尾根で、眺望の開けた刃渡りは気分転換の場所
標高780m辺りからどれくらい登ってきたかよくわかります
2020年03月06日 10:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い黒戸尾根で、眺望の開けた刃渡りは気分転換の場所
標高780m辺りからどれくらい登ってきたかよくわかります
刀利天狗
名前の由来は七丈小屋主人に聞いてみましょう
2020年03月06日 11:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗
名前の由来は七丈小屋主人に聞いてみましょう
1
吹き溜り
ラッセルの始まりとは思いもせず
2020年03月06日 11:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜り
ラッセルの始まりとは思いもせず
大ラッセル大会の始まり
10センチくらいもあれば、太ももまでもあり
2020年03月06日 11:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ラッセル大会の始まり
10センチくらいもあれば、太ももまでもあり
黒戸山巻道はずっとラッセル
2020年03月06日 11:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸山巻道はずっとラッセル
太ももラッセル
膝で押しつぶして踏破していきます
2020年03月06日 11:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太ももラッセル
膝で押しつぶして踏破していきます
1
樹林帯なのに雪庇
2020年03月06日 12:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯なのに雪庇
1
ラッセル前
2020年03月06日 12:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル前
ラッセル後
2020年03月06日 12:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセル後
1
屏風岩直登はしごルート
屏風はこちら向きではなく、奥に続く屏風状
登ったあとは、尾根を進みます
2020年03月06日 14:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩直登はしごルート
屏風はこちら向きではなく、奥に続く屏風状
登ったあとは、尾根を進みます
名物の岩場
2020年03月06日 14:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の岩場
どっさりパウダースノー
2020年03月06日 15:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっさりパウダースノー
ゆっくりとはいえ、七丈小屋までまさかの9時間
2020年03月06日 15:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりとはいえ、七丈小屋までまさかの9時間
カレー!
冬に熱いお茶が嬉しかった
スプーン持参するとエコです
2020年03月06日 16:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレー!
冬に熱いお茶が嬉しかった
スプーン持参するとエコです
1
最高に綺麗な夕陽に染まる鳳凰三山
第二小屋はしご上から
この日は暖かくずっと見てました
2020年03月06日 17:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高に綺麗な夕陽に染まる鳳凰三山
第二小屋はしご上から
この日は暖かくずっと見てました
1
月明かりで木の影ができるなんて
東京でもあるのだろうか
気づいてないだけかな
2020年03月06日 19:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明かりで木の影ができるなんて
東京でもあるのだろうか
気づいてないだけかな
小屋出発
いきなりの急登から
最初が一番体力的に辛い気がする
2020年03月07日 08:06撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋出発
いきなりの急登から
最初が一番体力的に辛い気がする
一気に標高上がります
2020年03月07日 08:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に標高上がります
八合目までは締まっていてトレースわかる
アイゼンが効いて歩きやすい
2020年03月07日 08:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目までは締まっていてトレースわかる
アイゼンが効いて歩きやすい
写真だと角度が分からない
2020年03月07日 08:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だと角度が分からない
リッジ
この辺りは雪降ると積もります
2020年03月07日 08:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リッジ
この辺りは雪降ると積もります
1
核心部の二本剣
2020年03月07日 08:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部の二本剣
雪庇を外して慎重に
2020年03月07日 08:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇を外して慎重に
この辺りはあまり怖くない
2020年03月07日 08:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはあまり怖くない
脇に北岳
2020年03月07日 08:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇に北岳
カエルのような泣き声が聞こえ
雷鳥出現
雷鳥って飛べるんだ…
2020年03月07日 09:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエルのような泣き声が聞こえ
雷鳥出現
雷鳥って飛べるんだ…
3
積雪後も今回はトレースは消えず
2020年03月07日 09:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪後も今回はトレースは消えず
富士と鳳凰三山
2020年03月07日 09:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士と鳳凰三山
2
トレース消えてない
2020年03月07日 09:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレース消えてない
山頂見えた
2020年03月07日 09:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂見えた
山頂手前は積もってました
2020年03月07日 09:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前は積もってました
真っ白な仙丈ヶ岳
2020年03月07日 09:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な仙丈ヶ岳
山頂!
が、下りばかり気になる
2020年03月07日 09:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂!
が、下りばかり気になる
1
この方向ばかり撮る
2020年03月07日 09:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この方向ばかり撮る
1
中央アルプス?
2020年03月07日 09:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス?
北岳方向
2020年03月07日 09:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方向
2
遠かった
2020年03月07日 09:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠かった
和みました
2020年03月07日 09:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和みました
眼下に町
甲斐駒のいきなりそそり立つ高度感すごい
2020年03月07日 09:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に町
甲斐駒のいきなりそそり立つ高度感すごい
1
この先の核心部ルンゼしか気にしなかったため二本剣越しの富士撮影し忘れ
2020年03月07日 10:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の核心部ルンゼしか気にしなかったため二本剣越しの富士撮影し忘れ
ルンゼ下り手前
手前もまぁまぁの角度
その先は急過ぎて見えない怖くて写真撮れず
2020年03月07日 10:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼ下り手前
手前もまぁまぁの角度
その先は急過ぎて見えない怖くて写真撮れず
核心部最下部
2020年03月07日 10:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部最下部
ルンゼ斜面に横から合流し直登
2020年03月07日 10:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼ斜面に横から合流し直登
ルンゼ脱出後撮影
ルンゼ下部は滑り台
2020年03月07日 10:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼ脱出後撮影
ルンゼ下部は滑り台
ルート
この辺りは積もっていた
2020年03月07日 10:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート
この辺りは積もっていた
左の大岩の右を回って、斜めになった岩の向こうを巻いて、向こう側にあるルンゼ状へ合流 登り切ると二本剣の岩の手前を右に巻いていく
ルンゼの斜度は斜めになっている岩と同じくらいに感じた
2020年03月07日 10:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の大岩の右を回って、斜めになった岩の向こうを巻いて、向こう側にあるルンゼ状へ合流 登り切ると二本剣の岩の手前を右に巻いていく
ルンゼの斜度は斜めになっている岩と同じくらいに感じた
同じく核心部
2020年03月07日 10:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく核心部
雪庇。八合目へ降る
2020年03月07日 10:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇。八合目へ降る
七丈小屋へ無事帰着
2020年03月07日 11:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋へ無事帰着
屏風岩 尾根道
2020年03月07日 11:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩 尾根道
改修後の長い階段
2020年03月07日 12:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改修後の長い階段
五合目からそそり立つ頂上方面
2020年03月07日 12:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目からそそり立つ頂上方面
後ろ側の山の上に小屋 
2020年03月07日 12:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ側の山の上に小屋 
ここにあると知らなかった
五合目の岩の裏側
2020年03月07日 12:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにあると知らなかった
五合目の岩の裏側
帰り 道ができて歩きやすい
2020年03月07日 12:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り 道ができて歩きやすい
刀利天狗 
2020年03月07日 13:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗 
尾白川の吊り橋に帰着
2020年03月07日 15:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川の吊り橋に帰着
べるが 尾白の湯
とりあえず揚げ物とコーラ
2020年03月07日 16:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
べるが 尾白の湯
とりあえず揚げ物とコーラ
1

感想/記録
by bellx1

一週間前、晴天を狙って登るも、体調不良のため刃渡りで撤退。満を持して、再挑戦でした。
2日前に降雪があり、小屋までは吹き溜まりは積もっているとの情報。
誰か登っているかなぁなんて期待してスタート。
笹野平分岐手前くらいから5センチほど積もっているが、トレースはないので、積雪後自分が最初であることを知る。先行者いてくれという淡い期待は消えた。
八丁坂を登り切ったあたりから吹き溜まった雪との戦いが始まり、20センチから40センチ、ところにより太腿くらいまで吹き溜まっている場所も現れ始めた。体調も体力も大丈夫だったため、集中が切れなかった。刃渡りあたりの雪は少なく、先週と同じだった。ふかふかの雪を軽くラッセルして進み、刀利天狗でしばし休憩。
その先、樹林帯の黒戸山の巻道に入ればいくらか楽になるかと期待したが、そこから約1kmくらいの巻道は左から右への斜面でずっと吹き溜り。20センチもあれば太腿くらいもあり。ワカンはもっていないので、アイゼンのツボ足踏破で、雪の下のトレース踏み外し踏み抜きながら、2時間の苦闘となった。休み休み進み、思いの外、脚には力があり、体力面は大丈夫だった。
いやぁ、先週刃渡りまで登ったのがトレーニングになってよかった。
こりゃ、小屋に何時になるんだ?巻道こんな長かったか?時間大丈夫か?引き返すか、小屋を目指すか迷うくらいだらだらとした歩み。木々の間から見える空は真っ青の快晴で、それが救いだった。
五合目の”下山道”の看板が見えたあたりでかなり山慣れされている感じの後続の方が追いつきラッセルへの感謝の言葉をいただいた。道中は単に自分が進むためしか考えていなかったので、とんでもございませんという気持ちだった。
後々考えると、膝で雪を押し出しながら進むようなラッセルは初体験だったし、樹林帯でかなり安全な場所だったので、とてもいいトレーニング。なかなかこんなチャンスはないので先頭でラッキーだったかもしれない。結果楽しかった。
5合目で休憩をしていると小屋の登山ツアーの方々が到着した。そのなかにインスタで見た尻皮をつけた小屋のご主人発見。
食事を摂り再び小屋までの登りにスタートすると、すかさず先ほどの方が追いついてきて、食べ物でモゴモゴした口で「自分先行きますよ!」と言ってくれ、小屋までずっと先行していただいた。エネルギー補給の途中だったようで焦らせてしまったなと思いつつも、こういうのかっこいいなと思った。
小屋に着いたのは15時半くらいになっていてタイムぎりぎりだった。今日の宿泊者は10名ほどで、皆第一小屋に泊まれた。七丈小屋はあたたかく、欲しかったコップを1500円で購入。通年営業をしていただいており、夕食のカレーやお湯やお水、暖かく快適な寝床がありがたかった。夕食後、夕陽をながめて、明日の準備をしてまた外に出ると、月明かりで明るく、そこら中に影ができていた。月ってこんなに明るいんだなぁ。
翌日はまた快晴の予定だったが、8合目までとその先の積雪状態は不明。明日は深夜出発の日帰り組が来ない限りはまた一人旅となる。小屋のご主人に心配していただいてツアーの方々と同じ時間に出発させていただくことになった。

小屋前で朝準備をしていると、朝7時だというのに日帰りの方が上がってこられて、少し安心し、先に出発。小屋から8合目へ向かう斜面に出るまでの道のりが結構長く、一番体力的にキツかった。昨日8合目まで上がられた方のトレースがあり、また小屋のご主人のお気遣いでツアーのガイドの方1名が8合目へ向かう斜面手前までご一緒してくれた。お二人のお心遣いに感謝いたします。
途中下ってくる方1名とすれ違う。え?いつの間にと思った。あとあと聞くとその方も今日の深夜発日帰りの方らしく、登頂し朝の8時くらいには小屋へ戻ってくる途中だったよう。なんてスピードでしょう。。。
8合目へ向かう斜面は風で雪が吹き飛ばされてほとんど積雪はなく、雪は締まっており、昨日以前のトレースもしっかり見え、快適に登れた。
8合目から先も昨日以前のトレースはしっかり見えて、またすれ違った先行者の方のトレースもあり。まったくの無風。登っている時は、あのこわいこわいルンゼ状の直登しか頭になかった。
いよいよ核心部の急登。下にも続く斜面の途中、横からカットインして、登り始めるルート。斜面に入る一歩目が一番怖かった。慎重に一歩目、二歩目を安定させて直登開始。斜面はかなり締まっており、前爪を蹴り込み、ピックを突き刺して、ゼイゼイ言いながら緊張して登った。頭の中では「これ降りるのかぁ、でも行くしかねぇ」。後ろからも日帰りの方が追いついてこられて、少し安堵。
小屋泊なのにだらしないことにこの辺りからペースガタ落ち。日帰りの方はさすがに体力があり元気だった。
山頂に立つのは1年半以上ぶり。暖かいうえにまったくの無風。真っ青な快晴ではなかったが、遠くの中央アルプスまで見渡せた。山頂で他の方と談笑。一人の方は竹宇駒ヶ岳神社まで11キロ歩いてから未明から登り始めたとのこと、そして朝9時半に山頂に到着、なんという体力だろう。。。
下りは核心部しか頭になかったため、写真をとることを忘れていた。
ルンゼ状の斜面の下りは、今までで一番怖かった。怖いことは正常なセンサーだ、と竹内洋岳さんがどこかで言ってたっけな。ピックと前爪を力一杯打ち込んで時間をかけて後ろ向きで下降。最後、左へ斜面から脱出するところが行きと同じで怖かった。慎重に慎重にセンサーの感度を上げて。
そのあとは、次回参考にするため写真を取りながら小屋まで下降。
小屋まで戻って、降りてきた方の話を聞くと皆さん昨日は寝ずに登り始めたらしい。
小屋に預けた荷物をまとめて、長い長い下山。刃渡りあたりからは同じ時間に山頂に登った方とずっとお喋りしながら下って飽きずに下れました。
今回の山行はソロで登っているとはいえ、誰かの助けになったり、誰かにお世話になったり、同じ体験を分かちあったり、一人で登っても、同じ日に登る人がいれば、全然一人ではないんだな、なんてことをしみじみと感じた登山でした。





お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:439人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ