また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2260827 全員に公開 講習/トレーニング 丹沢

地図読み講習✏↑遠見山西尾根↓戸沢左岸尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月16日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
14分
合計
5時間3分
S中川橋08:5109:23湖上平11:02遠見山11:0611:38戸沢ノ頭11:4813:53中川橋13:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・遠見山西尾根
中川橋の東側に広がる樹林帯を作業経路を使用しジグザクに登る(取付きに石階段あり)植林帯の切れるあたりから、左側の広葉樹の尾根を少し登ったら540P。

・戸沢左岸尾根
 遠見山から南南東の尾根を下る。
840m分岐、南南西の尾根へ。
810m分岐、ここは西向きの尾根が明瞭で、分岐であることに気づかず直進してしまう可能性あり、上から見下ろすと南側に尾根の平坦部分が見えるが、降り口から急で、浮石も多く足場もよくない(チェンスパ装着)
755mから少し降りたあたりで分岐、西向きの尾根が明瞭だが、755mから南側を意識して歩いていると植林帯の下のほうに尾根が見える
655m分岐、西北西の尾根形が出だしから不鮮明なので、655mから尾根の北側を意識して歩くと下のほうに平坦地が見える
585m分岐、西南西の尾根へ(北西×)
490m分岐、西の明瞭な尾根へ(南西×)
430m、尾根の末端まで行くと高い護岸提の上に出てしまう。今回は鹿柵の手前から植林帯を利用し戸沢の堰堤上へ下降、堰堤から沢へ降りず左岸(取付き崩壊)をトラバースしながら戸沢橋方面へ、先生がリスクの少ないルートを選択し、先行していただけたので辛うじて降りられました(チェンスパ装着)
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 雨具 帽子 ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル チェーンスパイク グローブ テムレス ヘルメット スマートフォン 予備バッテリー

写真

事課題に取り組む・・沢線の書き出しがとても楽しい
2020年03月12日 16:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事課題に取り組む・・沢線の書き出しがとても楽しい
6
遠見山西尾根の取付き
2020年03月16日 08:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見山西尾根の取付き
2
とても良く整備された植林帯の作業経路を歩きます
2020年03月16日 08:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても良く整備された植林帯の作業経路を歩きます
今日は終日ミツマタ祭り
2020年03月16日 09:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は終日ミツマタ祭り
8
見事だなーと思ってたら
2020年03月16日 09:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事だなーと思ってたら
4
見事なミツマタの帯もあり
2020年03月16日 09:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事なミツマタの帯もあり
7
P550のミツマタも見事でした。
2020年03月16日 09:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P550のミツマタも見事でした。
9
普段からGPSに頼り切り、方角がスラっと言葉に出てきません(泣)
2020年03月16日 09:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普段からGPSに頼り切り、方角がスラっと言葉に出てきません(泣)
3
下山に歩く戸沢左岸尾根が見えます。
2020年03月16日 10:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山に歩く戸沢左岸尾根が見えます。
3
舟窪になってる複雑な地形あり
2020年03月16日 10:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟窪になってる複雑な地形あり
6
雪がチラチラと
2020年03月16日 10:40撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がチラチラと
P880遠見山より
2020年03月16日 10:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P880遠見山より
6
ランチタイム
2020年03月16日 10:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチタイム
5
戸沢左岸尾根へ下降開始
2020年03月16日 11:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢左岸尾根へ下降開始
この先急斜面を下降するのでKAMO先生が先行
2020年03月16日 11:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先急斜面を下降するのでKAMO先生が先行
4
755mから足場の良くない急斜面を降りて、振り返って撮影
2020年03月16日 11:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
755mから足場の良くない急斜面を降りて、振り返って撮影
3
雪の主脈
2020年03月16日 11:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の主脈
6
富士山が良く見えます
2020年03月16日 11:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が良く見えます
9
655mから分かりにくい尾根へ下降する途中にある桜
2020年03月16日 12:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
655mから分かりにくい尾根へ下降する途中にある桜
2
580mあたり、この辺で天気が一変、小雪が舞い始めました
2020年03月16日 12:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
580mあたり、この辺で天気が一変、小雪が舞い始めました
4
金の帯みたい
2020年03月16日 12:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金の帯みたい
3
585mの小ピーク、ここから西南西へ
2020年03月16日 12:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
585mの小ピーク、ここから西南西へ
7
振り返って遠見山
2020年03月16日 12:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って遠見山
4
430mからの植林帯の下降は、もちろん写真を撮る余裕なく、集中して通過しました。
2020年03月16日 13:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
430mからの植林帯の下降は、もちろん写真を撮る余裕なく、集中して通過しました。
3
林道沿いもミツマタが満開
2020年03月16日 13:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道沿いもミツマタが満開
8
下山後、簡易ハーネスの作り方、フルボディーハーネスの作り方、ムンターヒッチによる下降を教えていただきました。
2020年03月16日 14:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、簡易ハーネスの作り方、フルボディーハーネスの作り方、ムンターヒッチによる下降を教えていただきました。
8
今日一日のことを、よく振り返って、復習復習!。
2020年03月16日 14:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日一日のことを、よく振り返って、復習復習!。
5

感想/記録

http://mt-farm.info/

山歩きを初めて4年目、詳細図とヤマレコマップに頼りきってることを自覚しており、思い切ってKAMO先生の「地図読み講習」を受講させていただきました。

まずは、事課題としてルートエリアの地形図に沢線を細かく書き入れたり、尾根上の小ピークや鞍部にマークを入れたり、その他尾根の向きが変わる個所などを書き入れました(これが楽しい)、先生からの指令の末尾には「ルートは書かなくて結構です」とありました?・・が、地形図に沢線を細かく書き入れると、おのずと進むべき尾根が浮かび上がりました。
普段GPSに頼っているので、コンパスを見て方角がパッと言葉に出てこないのが悩ましくも、山を観察、沢を観察、先を推測、答え合わせを繰り返し、今日一日GPSを見ることなく、今までと全く違う山歩きを経験した感覚でした。

430mから植林帯を利用しての下降は、自分のような受講者を安全に下ろすべく、弱点をついて、リスクの少ないルートを選択される姿に感銘を受けました。

単独でのバリ歩きで、万が一のセルフレスキュー、ロープワークについて相談すると、下山後に時間をかけ、スリングでの簡易ハーネスの作り方や懸垂下降について教えていただきました。

また、機会があれば地図読み講習に再度参加したいと思いましたし、沢登りにもいずれ挑戦したいと思いました。

KAMO先生、ありがとうございました!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:295人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2005/11/15
投稿数: 564
2020/3/19 22:59
 お疲れ様でした
短い行程でしたが結構おもしろいセクションが凝縮されたルートだと思います。
地図読みとは事前にどこの何がリスクなのか、どういう風に回避するのかを
感知するマネジメントと、
山を観察し、ハザードによるリスクを情報共有とスキルによって極力回避する
現場のマネジメントがあります。
それらのアクションを累積していけば、山を面として本当に楽しむことができますね。
登録日: 2016/11/2
投稿数: 90
2020/3/20 12:16
 Re: お疲れ様でした
地形図にルートを書き入れて、線を辿るのが当たり前と思っていたので、終日、今までにない感覚で山を楽しむことができました。
自分のスキルに合わせて「感知するマネジメント」「山を観察する習慣」「弱点を見抜く経験」を楽しみながら少しずつ積み上げていきたいと思います。
丹沢を長く楽しみたいと思います。
ありがとうございました、今後ともよろしくお願い申し上げます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ