また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2269292 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 谷川・武尊

どピーカン残雪期の谷川岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月21日(土) [日帰り]
メンバー
 bandai_hh(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
谷川岳ロープウェイ駐車場 1000円
当日のロープウェイ運行時間は 7:00〜16:30。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
47分
合計
4時間18分
S天神平07:4208:07天神平・天神峠分岐点08:36熊穴沢避難小屋08:4109:08天狗の留まり場09:1109:30天神ザンゲ岩09:3509:46谷川岳・肩の小屋09:4709:53谷川岳10:0110:13谷川岳10:1810:26谷川岳10:31谷川岳・肩の小屋10:4310:51天神ザンゲ岩11:00天狗の留まり場11:0111:17熊穴沢避難小屋11:1811:35天神平・天神峠分岐点11:3611:55天神平12:0012:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報鈴森の湯 (大人800円)

写真

ロープウェイのチケット売り場。始発組が既に捌けた後なのか、予想に反してガラガラ。(h)
スキーシーズンもそろそろ終わり?(s)
2020年03月21日 07:08撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイのチケット売り場。始発組が既に捌けた後なのか、予想に反してガラガラ。(h)
スキーシーズンもそろそろ終わり?(s)
1
ロープウェイ乗り場はちょっと行列が出来ていた
2020年03月21日 07:12撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場はちょっと行列が出来ていた
RW山頂駅まで上がりました。ここでアイゼンとストックを装備。
2020年03月21日 07:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
RW山頂駅まで上がりました。ここでアイゼンとストックを装備。
正面に谷川岳が見える
2020年03月21日 07:33撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に谷川岳が見える
序盤は急登でキツい。渋滞でゆっくり登れて良かった
2020年03月21日 07:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は急登でキツい。渋滞でゆっくり登れて良かった
3
後ろからも続々登ってきています。バックカントリー組は装備が重そう。
2020年03月21日 07:58撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろからも続々登ってきています。バックカントリー組は装備が重そう。
最初の急登を登り終える。
2020年03月21日 07:58撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急登を登り終える。
次は熊穴沢避難小屋までアップダウンを越えていく
2020年03月21日 08:06撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は熊穴沢避難小屋までアップダウンを越えていく
岩場前で渋滞発生
2020年03月21日 08:17撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場前で渋滞発生
1
雪が少なくなっているのでロープを使って降りる。ちょっと緊張した。(h)
ここの難易度は雪の状態によって変化(s)
2020年03月21日 08:24撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少なくなっているのでロープを使って降りる。ちょっと緊張した。(h)
ここの難易度は雪の状態によって変化(s)
2
岩場を振り返る。
2020年03月21日 08:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を振り返る。
こういう森林帯を突っ切る道は好き。(h)
谷側はの斜面は切れ落ちているので慎重に(s)
2020年03月21日 08:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう森林帯を突っ切る道は好き。(h)
谷側はの斜面は切れ落ちているので慎重に(s)
熊穴沢避難小屋(h)
今年は雪が少ない割にはまだ結構埋まってました。(s)
2020年03月21日 08:36撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋(h)
今年は雪が少ない割にはまだ結構埋まってました。(s)
2
小屋付近で小休憩後、再出発。この先もなかなかの急登。
2020年03月21日 08:42撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋付近で小休憩後、再出発。この先もなかなかの急登。
くぼみに足を置いてひたすら登る。
2020年03月21日 08:46撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くぼみに足を置いてひたすら登る。
下を振り返る。大分高度上げました。(h)
急登で息が上がってゆっくり景色を見る余裕がなし(s)
2020年03月21日 08:56撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を振り返る。大分高度上げました。(h)
急登で息が上がってゆっくり景色を見る余裕がなし(s)
1
今度はあの岩(天狗の留まり場)を目標に登る
2020年03月21日 09:01撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はあの岩(天狗の留まり場)を目標に登る
天狗の留まり場
2020年03月21日 09:10撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の留まり場
次なる目標はあの遠くにある岩(天神ザンゲ)
2020年03月21日 09:11撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次なる目標はあの遠くにある岩(天神ザンゲ)
天神ザンゲ(h)
腰を掛けて休んだら足の指を釣る(s)
2020年03月21日 09:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神ザンゲ(h)
腰を掛けて休んだら足の指を釣る(s)
ここからは山頂へ向かってラストスパート(h)
最後の登りが一番キツくいように感じた(s)
2020年03月21日 09:36撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは山頂へ向かってラストスパート(h)
最後の登りが一番キツくいように感じた(s)
肩の小屋が左に見えた
2020年03月21日 09:46撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋が左に見えた
西黒分岐
2020年03月21日 09:47撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒分岐
2
トマの耳へ到着(h)
人が多くてベストアングルでの撮影は断念(s)
2020年03月21日 09:55撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳へ到着(h)
人が多くてベストアングルでの撮影は断念(s)
4
オキの耳方面を眺める。拡大すると、オキの耳の雪庇の上に人が一人立ってしまっているように見える。
2020年03月21日 10:00撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳方面を眺める。拡大すると、オキの耳の雪庇の上に人が一人立ってしまっているように見える。
2
次はオキの耳へ向かいます。無雪期は大きな岩がゴロゴロして歩きづらいですが、雪がある時期は楽ですね。(h)
この先は冬期未踏。(s)
2020年03月21日 10:01撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はオキの耳へ向かいます。無雪期は大きな岩がゴロゴロして歩きづらいですが、雪がある時期は楽ですね。(h)
この先は冬期未踏。(s)
1
オキの耳。
2020年03月21日 10:12撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳。
2
万太郎山、仙ノ倉山方面。左へ伸びる尾根のエッジが凄い。
2020年03月21日 10:14撮影 by SM-N935F, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎山、仙ノ倉山方面。左へ伸びる尾根のエッジが凄い。
2
オキの耳からトマの耳を眺める。今日来て良かった。
2020年03月21日 10:15撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳からトマの耳を眺める。今日来て良かった。
2
それでは下山します。(h)
狭い場所が混雑しているので、のんびり滞在とはいかず(s)
2020年03月21日 10:15撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは下山します。(h)
狭い場所が混雑しているので、のんびり滞在とはいかず(s)
1
樹氷。今回のルートでは樹氷は数える程しかなかった。
2020年03月21日 10:21撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷。今回のルートでは樹氷は数える程しかなかった。
1
オキノ耳とトマの耳の中間のコル。
2020年03月21日 10:22撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳とトマの耳の中間のコル。
1
トマの耳への登り返し
2020年03月21日 10:24撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳への登り返し
次は肩の小屋へ行ってみます。
2020年03月21日 10:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は肩の小屋へ行ってみます。
雪が少なくなっているけど格好いいですね
2020年03月21日 10:27撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少なくなっているけど格好いいですね
2
肩の小屋
2020年03月21日 10:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋
小屋の裏にある鐘。鳴らそうと思ったら部品が外されていたので出来なかった。ちょっとガッカリ。
2020年03月21日 10:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の裏にある鐘。鳴らそうと思ったら部品が外されていたので出来なかった。ちょっとガッカリ。
鐘の近くにあるベンチで小休憩。ここでは風をモロに受けました。ここで靴紐を締め直し。靴紐が緩いままここまで登ってきて、踵に靴擦れが出来てしまった。
2020年03月21日 10:39撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘の近くにあるベンチで小休憩。ここでは風をモロに受けました。ここで靴紐を締め直し。靴紐が緩いままここまで登ってきて、踵に靴擦れが出来てしまった。
小屋のドアは開きました。
2020年03月21日 10:39撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のドアは開きました。
下山中です。このような斜面はサクサク降りられる。この辺から雪がシャーベット状になっていた。(h)
下山時は景色を楽しみながら慎重に下る(s)
2020年03月21日 10:46撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中です。このような斜面はサクサク降りられる。この辺から雪がシャーベット状になっていた。(h)
下山時は景色を楽しみながら慎重に下る(s)
熊穴沢避難小屋まで戻ってきた
2020年03月21日 11:16撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋まで戻ってきた
この急斜面のトラバースは慎重に通過。ここはピッケルがあると良いと思った。
2020年03月21日 11:23撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急斜面のトラバースは慎重に通過。ここはピッケルがあると良いと思った。
山頂駅まで大分近づきましたが、まだまだ下ります。(h)
暑いしくたびれた。ここでゴロンと横になると気持ちよい(s)
2020年03月21日 11:41撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅まで大分近づきましたが、まだまだ下ります。(h)
暑いしくたびれた。ここでゴロンと横になると気持ちよい(s)
山頂駅に無事到着。
2020年03月21日 12:01撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅に無事到着。
帰りに鈴森の湯で入浴。この温泉はあまり混雑しておらずお気に入り。
2020年03月21日 13:02撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに鈴森の湯で入浴。この温泉はあまり混雑しておらずお気に入り。
1

感想/記録

天気が良くて同行者と予定も合ったので谷川岳へ来ました。
前日の予報では山頂の風速が11〜17m/秒でしたが、ロープウェイ山頂駅はほぼ無風。山頂でもやや風があるぐらいでした。
雪山の谷川岳は二度目。前回は吹雪で視界が利かない中、トマの耳まで辛うじて登りました。今回は雲一つ無いドピーカンの天気です。景色を見ながら楽しくオキの耳まで登ることが出来ました。下山時はすっかり春らしい陽気でハードシェルを脱ぎました。もう春になったと実感。
今シーズンは一度も雪山に登らずに終わってしまうのかと思いましたが、登れて良かった。

感想/記録

少し遅めの冬の谷川岳は今回が3度目。
これまで全て吹雪いて眺望ゼロだったので初の快晴日。
予報では強風でしたが当日は微風で暑かったくらい。

冬は直登ルートでキツいのは知ってたはずだが、こんなに急斜面だったけ?というくらい苦戦して、登りはあまり景色を楽しめる余裕がなかった。
下りは気温が上がり、雪も腐り気味で神経使う箇所がありましたが、青空の下の雪景色を堪能する余裕がありました。

今期は雪山に登る機会が殆どありませんでしたが、冬期シーズン初めてオキの耳まで登頂する事ができて満足。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:168人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ