また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2280052 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

赤岳 ↑文三郎尾根↓地蔵尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候一点の雲なし快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸林道は凍結個所はあるものの、スタッドレスタイヤであれば問題ないが、路面の凸凹が酷く、最低地上高の低い車では通行困難と思われます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
2時間3分
合計
7時間26分
S赤岳山荘07:4207:46美濃戸07:5207:52美濃戸山荘08:47中ノ行者小屋跡09:39行者小屋10:0410:14阿弥陀岳分岐10:2011:20文三郎尾根分岐11:2611:34キレット分岐11:4011:47竜頭峰分岐11:4811:53赤岳11:5812:01赤岳頂上山荘13:0213:15赤岳天望荘13:19地蔵の頭13:2114:00行者小屋14:0114:07中山尾根展望台14:16赤岳鉱泉14:1814:44堰堤広場15:04美濃戸山荘15:0615:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂滞在時間が長いのは無線運用のためです。
コース状況/
危険箇所等
赤岳山荘〜行者小屋まではツルツル凍結で、チェーンアイゼンなしだと厳しい感じがしました。↑文三郎尾根はステップが切ってあり問題ないですが、↓地蔵尾根は上部がグズグズで慎重に。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 無線機2台

写真

平日でも結構停まってますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日でも結構停まってますね
最初は普通の林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は普通の林道
すぐにスケートリンク。たまらずチェーンアイゼン装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにスケートリンク。たまらずチェーンアイゼン装着。
1
定点観測地点の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定点観測地点の分岐
傾斜は緩いがチェーンアイゼンなしでは歩けません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜は緩いがチェーンアイゼンなしでは歩けません
1
行者小屋も雪は少ない。アイゼン+ピッケル+ヘルメットへ装備変更。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋も雪は少ない。アイゼン+ピッケル+ヘルメットへ装備変更。
2
テントは2張でした。見上げる赤岳も雪は少なそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントは2張でした。見上げる赤岳も雪は少なそうです
1
阿弥陀岳への分岐もトレースばっちりです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳への分岐もトレースばっちりです
1
文三郎尾根は雪が締まっていて問題なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根は雪が締まっていて問題なし
2
振り返っても雲一つない快晴。蓼科山雪少なっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っても雲一つない快晴。蓼科山雪少なっ!
2
ここはちょっと痩せ尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはちょっと痩せ尾根
1
定点観測地点からの中岳〜阿弥陀岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定点観測地点からの中岳〜阿弥陀岳
1
皆さん写真撮影が忙しい。私もですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん写真撮影が忙しい。私もですが。
1
中岳からの稜線合流手前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳からの稜線合流手前
2
鎖は出てますしそれほど腐ってもない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖は出てますしそれほど腐ってもない
竜頭峰分岐までとくに危険を感じる個所はなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜頭峰分岐までとくに危険を感じる個所はなかった
2
真教寺尾根・県界尾根にも雪は少なそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根・県界尾根にも雪は少なそう
2
行き会った方に撮っていただきました。ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行き会った方に撮っていただきました。ありがとうございました。
7
北峰へ行きましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰へ行きましょう
いつも思うが凄いところに建てますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも思うが凄いところに建てますね
ちょっとだけ無線遊び
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ無線遊び
1
横岳〜硫黄岳側も雪は少ない。県界尾根にはトレースがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳〜硫黄岳側も雪は少ない。県界尾根にはトレースがあった。
2
山頂振り返り。ここを登るのは嫌だな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂振り返り。ここを登るのは嫌だな。
1
赤岳天望荘からの赤岳はカッコいいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘からの赤岳はカッコいいですね
1
地蔵尾根を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を下ります
3
上部もグズグズ気味なのでゆっくりと慎重に足場を確保して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部もグズグズ気味なのでゆっくりと慎重に足場を確保して
2
行者小屋の裏手へ下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋の裏手へ下山
赤岳鉱泉経由で帰りましょう。ここは好きなところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉経由で帰りましょう。ここは好きなところ。
1
アイスキャンディは最大級なのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディは最大級なのかな
2
ここからの振り返りは好き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの振り返りは好き
2

感想/記録
by km117

 コロナプレシャーでメンタルをやられていますが、冬季遠征の最後に赤岳へ行くことにします。
 今年は雪が少なくさらにこの時季だからしょうがないですが、もうすっかり春山でこれからさらに気温が上がってくると雪がもっと腐ってくるので、注意が必要だなと痛感しました。
 厳しくも楽しい冬山シーズンもこれで終了、事故なく怪我なく楽しめたことに感謝です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:354人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ