また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2381631 全員に公開 雪山ハイキング 白山

今年初白山で天国を見つけた(砂防→観光)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
別当出合手前の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
1時間33分
合計
8時間12分
S別当出合03:2904:01中飯場04:0204:28別当覗04:57甚之助避難小屋05:20南竜分岐05:2606:07黒ボコ岩06:0906:18弥陀ヶ原・エコーライン分岐06:2506:37白山室堂07:0407:38白山07:5608:24白山室堂08:4308:58弥陀ヶ原・エコーライン分岐08:5909:09黒ボコ岩09:1009:50殿ヶ池避難小屋10:0010:50別当坂分岐10:5111:41別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南竜分岐〜十二曲がりは雪のトラバースが多いため、慣れていない人は危険
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック サブザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 筆記用具 携帯 時計 サングラス タオル

写真

暗い!
けど先行者も見えるのでスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い!
けど先行者も見えるのでスタート
たんぽぽがかわいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たんぽぽがかわいい
中飯場こんなに近かったっけ?
水場で火照った顔を洗う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場こんなに近かったっけ?
水場で火照った顔を洗う
開けたぞ!
朝日はもう昇っているみたいだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたぞ!
朝日はもう昇っているみたいだ
2
雪道が増えてきた
念には念を軽アイゼンの着脱は何度もやりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道が増えてきた
念には念を軽アイゼンの着脱は何度もやりました
このグラデーション
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このグラデーション
3
えぇ...
風が強く吹いていたので足ぶるぶる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えぇ...
風が強く吹いていたので足ぶるぶる
1
十二曲がり
使える夏道は使っていく
日が当たる前なのでツルツルで怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲がり
使える夏道は使っていく
日が当たる前なのでツルツルで怖い
十二曲がりをなんとか登り切り
黒ボコ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲がりをなんとか登り切り
黒ボコ!
1
黒ボコを抜けると天国があった
朝日に照らされた雪がキレイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒ボコを抜けると天国があった
朝日に照らされた雪がキレイ
4
五葉坂
半袖半ズボンの方がサクサク登っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五葉坂
半袖半ズボンの方がサクサク登っていく
1
これだけ雪に埋もれているのは始めてみた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけ雪に埋もれているのは始めてみた
1
夫婦で来られている方に撮っていただいた
下山後の駐車場でもばったり会って運命を感じた笑
ありがとうございました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦で来られている方に撮っていただいた
下山後の駐車場でもばったり会って運命を感じた笑
ありがとうございました!
6
今年は何回登れるだろうか
去年の7回は越したい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は何回登れるだろうか
去年の7回は越したい!
1
お池めぐりはパス!
御前峰で満足
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お池めぐりはパス!
御前峰で満足
1
自分が降りる頃にはすれ違う方が沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分が降りる頃にはすれ違う方が沢山
2
パッとご飯食べて下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パッとご飯食べて下山
2
これ、めちゃくちゃおいしかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、めちゃくちゃおいしかった
2
水場、機能してまぁす!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場、機能してまぁす!
1
下りはトレースを使って滑っていくように歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはトレースを使って滑っていくように歩く
1
弥陀ヶ原まで降りるとさらに人がいっぱい
黒ボコ周辺は7月を彷彿とさせるような多さ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原まで降りるとさらに人がいっぱい
黒ボコ周辺は7月を彷彿とさせるような多さ
それっぽい写真を撮っていただいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それっぽい写真を撮っていただいた
1
十二曲がりを上がってくる方
日が当たって雪が緩んだ分、朝よりも歩きやすそうかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲がりを上がってくる方
日が当たって雪が緩んだ分、朝よりも歩きやすそうかな
観光新道は雪道安心だよ〜と教えていただいたので
観光新道で下ることに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光新道は雪道安心だよ〜と教えていただいたので
観光新道で下ることに
十二曲がりを降りるのは怖い...というのもあった
緩やかな斜面が多いので安心して下っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲がりを降りるのは怖い...というのもあった
緩やかな斜面が多いので安心して下っていく
1
トレースを滑るように降りていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを滑るように降りていく
しばらく雪道と夏道を繰り返す
殿ヶ池避難小屋前で小休止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく雪道と夏道を繰り返す
殿ヶ池避難小屋前で小休止
崩れている
遊んでいる石が多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れている
遊んでいる石が多かった
朝通った吊り橋は通らず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝通った吊り橋は通らず
1
別当出合
人はほぼいない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合
人はほぼいない
舗装道路をテクテク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路をテクテク
駐車場はすごいことになってた
路駐も結構連なってたな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はすごいことになってた
路駐も結構連なってたな
2

感想/記録
by Jan123

0時過ぎに駐車場到着車は結構多かったです。
3時半に別当出合を出発し砂防で登る!

雪はまだまだ多いですね
しっかり軽アイゼンで対応

今年初の白山では雪の多さ、雪トラバースに圧倒されながらもなんとか御前峰までたどり着くことができました。(昨年の初白山は6/24)

トラバースを抜けて黒ボコを過ぎると雪で真っ白の弥陀ヶ原
一瞬目を疑うような光景でした笑

帰りの弥陀ヶ原で話していた方が、観光新道は雪緩やかだよ〜と教えていただき、下りは観光新道へ
雪道は緩やかだし確かにこっちのほうが安心(十二曲がりを下るというのは気持ち的にも辛かった...笑)

登りは雪面に日が当たっていなかったのでパリパリ + ツルツル
下りではシャーベット状になっていたのでどちらをまだ安全だったかも

ただ、夏道の歩きやすさは断然砂防だな〜

今日は登りから下山まで終始、天気が最高の一日でした。
次も安全登山で今回できなかったお池巡りしたいな

「さっき、十二曲がりで滑落した人を見た」と室堂で多くの人が不安げに話してました。
無事であることを祈っています。
慣れていない方、装備が無い方は今の時期の白山は危険です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:510人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ