また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2392424 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

御神楽岳 蝉ヶ平〜室谷

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月13日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候曇り雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
磐越道津川インターよりR49を福島方面へおよそ2、3區覆鵑聖斡晋鮑硬世魃折。県道227を室谷まで。途中御神楽岳登山口の看板ありそこを左折し林道へ。
今回はスタート蝉ヶ平、下山は室谷のため車を室谷に1台デポし蝉ヶ平へもう1台で移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
17分
合計
7時間47分
S蝉ヶ平登山口05:1706:18湯沢の出合06:2208:31高頭09:30湯沢の頭09:4110:39雨乞峰10:4010:56御神楽岳11:04雨乞峰11:33大森11:49水場11:5013:04室谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場と鎖の連続、踏み跡はわかりますがここを下山となると迷うと言うのはよくわかりました
その他周辺情報阿賀町の温泉施設が軒並み営業休止してますが、御神楽温泉小会瀬はやってました。500円
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

蝉ヶ平よりスタート、御神楽はここも室谷もしめ縄をくぐる。神の領域感
2020年06月13日 05:16撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝉ヶ平よりスタート、御神楽はここも室谷もしめ縄をくぐる。神の領域感
1
湯沢出合まで長いへつりが続く、スタートから気は抜けない
2020年06月13日 05:20撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢出合まで長いへつりが続く、スタートから気は抜けない
1
落ちたら終了箇所も多数、刈払いがなく足元見えない所も多数
2020年06月13日 05:33撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたら終了箇所も多数、刈払いがなく足元見えない所も多数
1
ここも落ちたら終了、陽当たりが悪いので登山道の石なども軒並み苔むしておりとにかく滑る
2020年06月13日 05:41撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも落ちたら終了、陽当たりが悪いので登山道の石なども軒並み苔むしておりとにかく滑る
1
渡渉というほど流れはないが、見ての通り苔岩がハンパなく滑る、嫌というほど滑る
2020年06月13日 05:52撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉というほど流れはないが、見ての通り苔岩がハンパなく滑る、嫌というほど滑る
1
しかし下の渓流はハンパなく水が綺麗
2020年06月13日 06:06撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし下の渓流はハンパなく水が綺麗
1
湯沢出合、ここから栄太郎新道に取り付く。
気合いを入れ直す
2020年06月13日 06:22撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢出合、ここから栄太郎新道に取り付く。
気合いを入れ直す
1
スラブ現る、まだ高曇りだが怪しいお空(´Д`)
2020年06月13日 06:32撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブ現る、まだ高曇りだが怪しいお空(´Д`)
とにかく凄いとしか言えない、ド迫力
2020年06月13日 06:42撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく凄いとしか言えない、ド迫力
1
どこ歩くのって笑 
2020年06月13日 06:56撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこ歩くのって笑 
1
高頭まで鎖と岩場の急登 岩場はフリクションが利くので登りやすい
2020年06月13日 07:05撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高頭まで鎖と岩場の急登 岩場はフリクションが利くので登りやすい
1
右側の尾根を正面突破する模様笑
2020年06月13日 07:10撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の尾根を正面突破する模様笑
1
武者震いするヘルメットおじさん(私ではありません)
2020年06月13日 07:13撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武者震いするヘルメットおじさん(私ではありません)
大日岳がよく見えます♪
2020年06月13日 07:20撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳がよく見えます♪
1
一つ上がっては先を眺めスラブを眺めの繰り返し
2020年06月13日 07:22撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ上がっては先を眺めスラブを眺めの繰り返し
1
ここも長い鎖場、常に気は抜けない
2020年06月13日 07:23撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも長い鎖場、常に気は抜けない
1
最初の核心部、午の背
2020年06月13日 07:32撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の核心部、午の背
1
両サイド切れ落ちてます。中央に嫌らしい突起があるのでそこはこの画のようにするのが正解かな。
2020年06月13日 07:33撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両サイド切れ落ちてます。中央に嫌らしい突起があるのでそこはこの画のようにするのが正解かな。
1
渡った後の午の背
2020年06月13日 07:36撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡った後の午の背
2
三点支持から時に四駆になったり全身を使う。
2020年06月13日 07:40撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三点支持から時に四駆になったり全身を使う。
1
湯沢の頭が見えてきた
2020年06月13日 07:44撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢の頭が見えてきた
1
画を見ているだけではわからない、行ってみるとここの凄さ迫力がホントよくわかる
2020年06月13日 07:44撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画を見ているだけではわからない、行ってみるとここの凄さ迫力がホントよくわかる
1
何気にこのルートはヒメサユリルート
2020年06月13日 08:11撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何気にこのルートはヒメサユリルート
3
トキソウ
2020年06月13日 08:20撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トキソウ
3
すでに湯沢の頭、ここはヒメサユリポイント。高頭過ぎてから雨脚が強くなってきた。高頭〜湯沢の頭間は樹林帯の痩せ尾根、足元を隠すほどの濡れた草木で全身びしょ濡れ
2020年06月13日 09:37撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに湯沢の頭、ここはヒメサユリポイント。高頭過ぎてから雨脚が強くなってきた。高頭〜湯沢の頭間は樹林帯の痩せ尾根、足元を隠すほどの濡れた草木で全身びしょ濡れ
2
ようやく御神楽本峰が見えてきた♪
2020年06月13日 09:38撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく御神楽本峰が見えてきた♪
1
振り返って湯沢の頭、あんなとこ歩いてきたのか…
2020年06月13日 10:07撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って湯沢の頭、あんなとこ歩いてきたのか…
1
山頂へ、下山は室谷へ♪ピストンでない安心感はハンパない、もう終わったも同然笑
2020年06月13日 10:51撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ、下山は室谷へ♪ピストンでない安心感はハンパない、もう終わったも同然笑
1
雨降りなので滑りはしますが、室谷ルートは快適です♪
2020年06月13日 12:45撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨降りなので滑りはしますが、室谷ルートは快適です♪
1
こちらもしめ縄くぐって無事下山
2020年06月13日 13:04撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもしめ縄くぐって無事下山
2

感想/記録

御神楽はここを歩いてこそってのがよくわかりました。危険箇所多数でビビりな私には荷が重いルートの認識でしたが、頼れる仲間と共に以外とすんなり歩けた事に自分自身がビックリしてます笑

このルート全般に言えますが、刈払いがされてなく草木も腰高だったりと足元も見えづらくかなり慎重に歩かないと行けません。この日は途中から雨降りでしたが、朝露などで濡れてたりすると全身びしょ濡れになります。レインウェアは早めに着た方が無難です。

・スタートから湯沢出合まで〜へつり箇所、絶対に踏み外せないポイントも多数、のっけから神経使います。

・湯沢出合から高頭〜岩場と鎖が連続する急登箇所。途中午の背など要注意、高度感もハンパなくもう後戻り出来ない感もあります。ただ見えてる周りのスラブ地形はド迫力で素晴らしい

・高頭から湯沢の頭〜樹林帯の細尾根、足元が見えないほど草木が生い茂ってます。

・湯沢の頭から御神楽岳〜岩稜の稜線、巨岩を巻いたり、短い午の背もあり切れ落ちポイントも多数、雨乞峰まで気は抜けません。雨乞峰から山頂までは危険箇所はないですが山開きがされてなかった影響か草木の茂みも激しいです。
山頂から室谷へは危険箇所もなく安心して歩けます。

雨乞峰に到達した段階でこの山行ほぼ終了状態に笑 テクニカルなルートなのでここをピストンするのは私は絶対に嫌です。
この山の楽しみ方は蝉ヶ平から下山は室谷がいいと思います。同行者に感謝です


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:275人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/2/17
投稿数: 1912
2020/6/19 20:44
 写真を見ながら
終始ドキドキしました。
蝉から行くなんて凄いですよ!
前に室谷から登ってた時に、他県から来られた女性2人(かなりご高齢)の方が蝉から上がって来たと…御神楽岳は蝉から上がらないと登ったことにならない!と言ってたけど…。
それでも室谷からも長かったので、十分に満足していた私。
それに私が蝉から挑戦なんてしたらヘリに乗ること間違いなしだもの。
苔むした石岩とか大嫌い!滑ると思って足の変なところに力が入って痙攣
登録日: 2016/2/17
投稿数: 1912
2020/6/19 20:46
 写真を見ながら
終始ドキドキしました。
蝉から行くなんて凄いですよ!
前に室谷から登ってた時に、他県から来られた女性2人(かなりご高齢)の方が蝉から上がって来たと…御神楽岳は蝉から上がらないと登ったことにならない!と言ってたけど…。
それでも室谷からも長かったので、十分に満足していた私。
それに私が蝉から挑戦なんてしたらヘリに乗ること間違いなしだもの。
苔むした石岩とか大嫌い!滑ると思って足の変なところに力が入って攣るし。。。
今年はまだヒメサユリ見てないなぁ…。
日曜は快晴らしいよ?あ。。。家族サービスでしたっけ?(^_^;)お疲れ様です。
登録日: 2015/10/5
投稿数: 17
2020/6/20 7:55
 Re: 写真を見ながら
おはようございます(^^) どちらから登っても山頂は一緒ですよね♪ 確かに迫力あるあのスラブは一見の価値ありですが、正直私もこういうとこ嫌ですもん笑
八海山と荒沢岳どうしよっかなーと悩んでます
何気に下越の山でも至る所でヒメサユリは見られるんですね、今は光兎山とかピークらしいですよ。ホントは明日あたり粟ヶ岳にヒメサユリ見に行きたかったとこですけど、この先の山のこと考えるとかみさんの言うことには逆らえません笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ