また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2400271 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

鳴虫山 (鹿沼市からバリルート経由で北上)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
東武日光線の板荷駅で下車。
東武板荷駅前バス停→小来川森崎BS(リーバス 100円)

下山後は東武日光駅まで歩き、乗車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
43分
合計
5時間26分
S小来川森崎BS09:1109:57火戸尻山登山口09:5910:12展望歩道終点10:2610:40二基の祠10:4010:50山神様10:5011:06火戸尻山11:1112:01919P12:0112:30996P12:3013:08鳴虫山13:3013:42合峰13:4314:04独標925m14:0514:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
火戸尻山山頂から鳴虫山山頂まで、登山地図には無いバリエーションルート区間となります。

しかしながら、目立った注意点や危険箇所は無いのではないかと思われます。
山の関係者がときどき入山するためか、リボン等のなんらかの目印は見つかります。
台風による崩れは特段ありません。
コロナ自粛期間の草木の伸長も限定的で、藪漕ぎの要素はわずかでした。

その他の一般登山道も特筆すべきところはなく、最低限の整備は保たれています。
その他周辺情報下山後の日帰り入浴

6/20現在、日光駅前の日光ステーションホテルクラシックは日帰り入浴を休業しています。
やしおの湯かほの香まで足を延ばすしかありません。

日光市街地の飲食店や土産屋は、営業中と休業中とに割れているような状態でした。また時間短縮営業のカフェなども有り。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

板荷駅。はじめて降りました。
コミュニティバスのバス停は、歩いて数十メートルの駅向かいにあります。
2020年06月20日 08:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板荷駅。はじめて降りました。
コミュニティバスのバス停は、歩いて数十メートルの駅向かいにあります。
リーバスを下車。しばらく車道を進みます。
2020年06月20日 09:11撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーバスを下車。しばらく車道を進みます。
1
アジサイの季節。
2020年06月20日 09:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイの季節。
1
そば処・山家の奥から荒れた林道に入ります。
2020年06月20日 09:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そば処・山家の奥から荒れた林道に入ります。
林道から火戸尻山登山道への分岐点。
2020年06月20日 10:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から火戸尻山登山道への分岐点。
鹿避け柵が二箇所あるので、ヒモをほどいて入り、また結びます。
2020年06月20日 10:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿避け柵が二箇所あるので、ヒモをほどいて入り、また結びます。
今回の山行は展望はあまり期待できない樹林帯メインですが、いちど集落が見下ろせました。
2020年06月20日 10:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行は展望はあまり期待できない樹林帯メインですが、いちど集落が見下ろせました。
1
火戸尻山まで目印はちゃんとあります。ただ栃木百名山と言っても寂峰なので、踏み跡はちょっと薄めです。
2020年06月20日 10:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火戸尻山まで目印はちゃんとあります。ただ栃木百名山と言っても寂峰なので、踏み跡はちょっと薄めです。
久々の登山でこのダイレクト急登はきつい。
2020年06月20日 10:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の登山でこのダイレクト急登はきつい。
二基の祠。火戸尻山まであともう一息。
2020年06月20日 11:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二基の祠。火戸尻山まであともう一息。
山神様。
2020年06月20日 11:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山神様。
尾根のいちばん細いところでも、この程度。
2020年06月20日 11:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根のいちばん細いところでも、この程度。
火戸尻山に登頂。展望なし。
2020年06月20日 11:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火戸尻山に登頂。展望なし。
火戸尻山山頂からは一応バリルートになりますが、その序盤は植林エリアでかなり歩きやすいです。
2020年06月20日 11:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火戸尻山山頂からは一応バリルートになりますが、その序盤は植林エリアでかなり歩きやすいです。
2
ちょっと樹林が密になってる尾根。
2020年06月20日 11:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと樹林が密になってる尾根。
3
ひらけました。アップダウンは続きますが、とりあえず快適な尾根道です。
2020年06月20日 11:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひらけました。アップダウンは続きますが、とりあえず快適な尾根道です。
また急登。鳴虫山に至るまでに二つのピークを越えます。
2020年06月20日 12:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また急登。鳴虫山に至るまでに二つのピークを越えます。
1
途中で出会った祠。それと欠けた器。
2020年06月20日 12:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で出会った祠。それと欠けた器。
バリルートとは言っても目印は意外とあるので、道迷いはしにくいです。
2020年06月20日 12:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリルートとは言っても目印は意外とあるので、道迷いはしにくいです。
足の踏み場にも困る、プチプチキノコの群生地。
2020年06月20日 12:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足の踏み場にも困る、プチプチキノコの群生地。
3ヶ月ぶりの登山。無雪期は実に半年ぶり。
なんでもないような尾根道や緑を撮ってしまいます。
2020年06月20日 12:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ヶ月ぶりの登山。無雪期は実に半年ぶり。
なんでもないような尾根道や緑を撮ってしまいます。
2
鳴虫山が近くなってきました。ここからは基本、鹿避け柵に沿うようなラインで、歩きやすいところを進みます。
2020年06月20日 12:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴虫山が近くなってきました。ここからは基本、鹿避け柵に沿うようなラインで、歩きやすいところを進みます。
展望がひらけるポイントで。残念ながら雲が多いです。
2020年06月20日 12:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望がひらけるポイントで。残念ながら雲が多いです。
1
ちょっと植物を掻き分ける感じになってきましたが、小枝やアジサイぐらいなので平和なものです。
2020年06月20日 12:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと植物を掻き分ける感じになってきましたが、小枝やアジサイぐらいなので平和なものです。
1
六月のマイナールート。
2020年06月20日 12:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六月のマイナールート。
花と根。
2020年06月20日 13:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花と根。
1
鳴虫山登頂!
この看板の向こうから、私はやってきました。頂上で休む一般登山道ハイカーが間違えて進まないように。
2020年06月20日 13:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴虫山登頂!
この看板の向こうから、私はやってきました。頂上で休む一般登山道ハイカーが間違えて進まないように。
1
山頂標識。
2020年06月20日 13:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識。
2
山頂から日光連山の展望は、雲が多くておあずけ。
2020年06月20日 13:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から日光連山の展望は、雲が多くておあずけ。
1
あとは整備されたトレイルを下山しました。アップダウンはありますが、日光の山ではお馴染みの赤黄に安心しますね。
2020年06月20日 14:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは整備されたトレイルを下山しました。アップダウンはありますが、日光の山ではお馴染みの赤黄に安心しますね。
含満ヶ淵に下山しました。
久しぶりに見る、お化け地蔵。
2020年06月20日 14:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
含満ヶ淵に下山しました。
久しぶりに見る、お化け地蔵。
川の流れが涼しげです。
2020年06月20日 14:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の流れが涼しげです。
神橋の近くにあるラスク&ジェラートのお店で、聞かザル。
2020年06月20日 15:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神橋の近くにあるラスク&ジェラートのお店で、聞かザル。
2
続いてMurmurさんでクラフトビール。
疫病退散のアマBEER
2020年06月20日 16:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いてMurmurさんでクラフトビール。
疫病退散のアマBEER

感想/記録
by sprout

新型コロナウィルスの流行とそれによる社会的パニック。
予期できぬ状況によって、ここ3ヶ月間の登山計画はすべて白紙に戻りました。

痛恨なのが、GWの利尻山=日本百名山完登のキャンセル。
冬のトレーニング登山は実らず、それどころか都内住みの私はあらゆる登山を自粛せざるを得ませんでした。

久しぶりの登山再開は、やはりここ最近リピートしている日光エリア。
まずは低山からと考えて、駅前の人気の山である鳴虫山を再訪しようかと思いました。
しかしながら、さすがにただ駅からハイキングをするだけでは張り合いがない。登山スイッチを入れたい。

そこで鹿沼市から北進するバリエーションルートでの鳴虫山としました。
雲は多かったですが、蒸し暑さのない一日で、快適にリハビリができたように感じます。

もしかしたら7月下旬に利尻山はリベンジできる可能性があるので、あまり時間や機会は残されていませんが、身体を整える登山をしておきたいところです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:280人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ