また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2400932 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

雲取山(留浦バス停から鴨沢コース往復)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候朝のうちは晴れていたが、概ね曇り。気温は山頂で13℃
アクセス
利用交通機関
電車バス
▼行き
板橋4:32―(赤羽・南浦和・西国分寺・立川・青梅のりかえ)ー7:18奥多摩
奥多摩駅7:25=(西東京バス 小菅の湯行き)=7:58頃 留浦

▼帰り
留浦16:04=(西東京バス)=16:34ごろ 奥多摩駅
奥多摩16:54ー(JR:ホリデー快速・埼京線)ー18:35板橋

●交通費
JR 新宿ー奥多摩 片道1100円
西東京バス 奥多摩駅ー留浦 片道割引運賃320円
往復交通費 2840円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
42分
合計
7時間41分
S留浦バス停08:0408:33丹波山村村営駐車場08:3408:37小袖緑道あがり08:3809:30茶煮場09:48堂所09:5010:29七ツ石小屋10:3710:40七ツ石山の水場10:4511:07ブナ坂11:33奥多摩小屋11:3911:46ヨモギノ頭12:05小雲取山12:23雲取山12:2412:26雲取山避難小屋12:3913:28ブナ坂13:49七ツ石山の水場13:5213:53七ツ石小屋14:25堂所14:2614:36茶煮場14:3715:15小袖緑道あがり15:45留浦バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
概ね問題なく通行可能。
トレランが非常に多かった。

七ツ石小屋〜ブナ坂の巻道は、昨年の台風19号の影響なのか、沢筋と出合う箇所など、やや荒れている。

七ツ石小屋は営業再開が7月下旬ごろ。それまではテントも不可。水場は小屋から2,3分登った湧水が使える。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

小菅の湯行きバス、留浦では5人くらい降りました。今はバスが留浦まで来てくれてますか、かつては小菅行きのバスを深山橋で降りて歩いたんですよ。それでも奥多摩駅8:30発にのるよりも早く鴨沢に着いたのです。
2020年06月20日 08:04撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小菅の湯行きバス、留浦では5人くらい降りました。今はバスが留浦まで来てくれてますか、かつては小菅行きのバスを深山橋で降りて歩いたんですよ。それでも奥多摩駅8:30発にのるよりも早く鴨沢に着いたのです。
鴨沢橋を渡って、タバスキーの里・丹波山村に入ります。鴨沢バス停にはいかず、小袖川バス停近くの車道を登ります。
2020年06月20日 08:09撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢橋を渡って、タバスキーの里・丹波山村に入ります。鴨沢バス停にはいかず、小袖川バス停近くの車道を登ります。
昔はただの空き地だったのに、立派なトイレのある駐車場に生まれ変わってました。
2020年06月20日 08:34撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔はただの空き地だったのに、立派なトイレのある駐車場に生まれ変わってました。
登山口も立派な看板が。2017年のタバスキーのやつはなくなっちやったのね。残念。
2020年06月20日 08:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口も立派な看板が。2017年のタバスキーのやつはなくなっちやったのね。残念。
この廃屋は竈門炭治郎の生家…のわけないですね。個人的には竈門炭治郎の生家は赤指尾根の真ん中辺あたりがしっくりきます。
2020年06月20日 08:51撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この廃屋は竈門炭治郎の生家…のわけないですね。個人的には竈門炭治郎の生家は赤指尾根の真ん中辺あたりがしっくりきます。
ユキノシタが咲いてました。
2020年06月20日 09:13撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキノシタが咲いてました。
2
茶煮場の水、上まで汲みに行ったことが一度もないです。登山口に近すぎて、あまり有り難みがないんですよね。
2020年06月20日 09:30撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶煮場の水、上まで汲みに行ったことが一度もないです。登山口に近すぎて、あまり有り難みがないんですよね。
この丹波山村が設置した将門伝説シリーズの看板も初めましてです。水場のすぐ先にある広場、「茶煮場」なんて名前があったのですね。
2020年06月20日 09:31撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この丹波山村が設置した将門伝説シリーズの看板も初めましてです。水場のすぐ先にある広場、「茶煮場」なんて名前があったのですね。
堂所。このあたり、西からは片倉谷、東からは小袖川の水音が交互に聞こえてくるんですよね。今日はそれよりもハルゼミの合唱が賑やでした。
2020年06月20日 09:48撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所。このあたり、西からは片倉谷、東からは小袖川の水音が交互に聞こえてくるんですよね。今日はそれよりもハルゼミの合唱が賑やでした。
この将門伝説の「堂所」の看板はさきほどの道標から少し離れた広場にあります。
2020年06月20日 09:54撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この将門伝説の「堂所」の看板はさきほどの道標から少し離れた広場にあります。
いつになく快調なペースで七ツ石小屋に到着。14時までに雲取山頂に着かなければ撤退の予定でしたが、そんな心配はなさそうです。
2020年06月20日 10:33撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつになく快調なペースで七ツ石小屋に到着。14時までに雲取山頂に着かなければ撤退の予定でしたが、そんな心配はなさそうです。
ブナ坂。唐松谷林道、一度春シーズンに歩いてみたいですが、道を直しても直してもすぐ大雨が降って通行止めになりますね。
2020年06月20日 11:08撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂。唐松谷林道、一度春シーズンに歩いてみたいですが、道を直しても直してもすぐ大雨が降って通行止めになりますね。
「ダンシングツリー」ってこの木であってますか? 確かにこのような立ち姿のカラマツって他に見ないかも?
2020年06月20日 11:16撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ダンシングツリー」ってこの木であってますか? 確かにこのような立ち姿のカラマツって他に見ないかも?
2
今度の都知事選挙では、奥多摩小屋を東京都営の山小屋として再建することを公約にしている候補者に投票しようかな。
2020年06月20日 11:33撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度の都知事選挙では、奥多摩小屋を東京都営の山小屋として再建することを公約にしている候補者に投票しようかな。
ヨモギノ頭。登りはいつも巻いてしまうので、山頂標識を見るのは初めて。
2020年06月20日 11:46撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨモギノ頭。登りはいつも巻いてしまうので、山頂標識を見るのは初めて。
小雲取のピークを踏むのも初めて。いつも急登でへとへとになって、ピークを踏む気力なんて残ってなかったので。今日は曇りで涼しかったおかげで、ずいぶん余裕がありました。
2020年06月20日 12:05撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取のピークを踏むのも初めて。いつも急登でへとへとになって、ピークを踏む気力なんて残ってなかったので。今日は曇りで涼しかったおかげで、ずいぶん余裕がありました。
最後の急坂もサクッとクリアして、
2020年06月20日 12:16撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急坂もサクッとクリアして、
ひさっしぶりの雲取山。もう10年くらい来てないと思ったら、前回は2012年の秋、奥秩父主脈を笠取まで縦走した時でした。
2020年06月20日 12:22撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひさっしぶりの雲取山。もう10年くらい来てないと思ったら、前回は2012年の秋、奥秩父主脈を笠取まで縦走した時でした。
2
旧・埼玉県バージョンの山頂標識、上品で好きだったのになくなってた・・・。
2020年06月20日 12:23撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧・埼玉県バージョンの山頂標識、上品で好きだったのになくなってた・・・。
気温は13℃。日差しがないので過ごしやすい。
2020年06月20日 12:25撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は13℃。日差しがないので過ごしやすい。
避難小屋の立派なトイレ。鷹ノ巣山避難小屋のも改修されないかなあ。
2020年06月20日 12:31撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の立派なトイレ。鷹ノ巣山避難小屋のも改修されないかなあ。
下山しまーす。
2020年06月20日 12:40撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しまーす。
七ツ石小屋の水場は水量たっぷり。
2020年06月20日 13:50撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋の水場は水量たっぷり。
下山。鴨沢ふきんの多摩川本流はエメラルドグリーン。
まさか4時のバスにこんな余裕で間に合うとは思ってませんでした。
2020年06月20日 15:34撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山。鴨沢ふきんの多摩川本流はエメラルドグリーン。
まさか4時のバスにこんな余裕で間に合うとは思ってませんでした。
頑張って留浦バス停まで歩きます。さようなら、タバスキー.
2020年06月20日 15:36撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張って留浦バス停まで歩きます。さようなら、タバスキー.
留浦バス停(駐車場)に到着
留浦の浮橋は観光客で大賑わいでした。
2020年06月20日 15:52撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
留浦バス停(駐車場)に到着
留浦の浮橋は観光客で大賑わいでした。

感想/記録

社会が個人に自粛を強制する国、日本。

日本という国はシステム上は民主主義国家の体裁をとっていますが、社会の有り様は紛れもない社会主義です。そんな矛盾(?)を今回のコロナ騒動でいやというほど見せつけてくれます。

そんなコロナ謹慎期間中にうっかりハマってしまったものがあります。

アニメ「鬼滅の刃」です。

アニメはあまり見る方ではないのですが、「鬼滅の刃」については主人公が雲取山の出身という情報を目にして以来、心のどこかで気になっていました。それがAmazonのプライムビデオで全話無料で見られるということで、見てしまったのが、まあすべてです。

ただし、主人公の「出身が雲取山」というのは、ふんわりとしたコンセプト的なもので、実在の地名と結びつくような描写は作中には見出せませんでした。

それでも、第1話で主人公が雪の杉林の中を妹をしょって歩く描写の力強さ、美しさには衝撃を受けました。
令和の時代のアニメってすげーんだなーって・・。

そんなわけで久しぶりの雲取山。
最盛期の体力でも日帰りはギリギリ。13時半に登頂、17時半に下山して18時台のバスに乗れればいいなあ、と思ってました。
久しぶりだけど、そんな久しぶり感もなく、やはり体は山を鮮明に覚えています。

近年は月に一度の日帰りハイキングすらできていない状態なのに、10年前の日帰り雲取2回のコースタイムを大きく上回るとは・・・。

ちなみに、今回靴にインソールを入れるのを忘れて歩いてました。
なんか靴がゆるいな、おかしいな、・・・とは思ってたんですが。
おかげで足の指が水膨れだらけになってしまいました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:189人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ