また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2430809 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

高尾山〜陣馬山縦走ナイトハイク

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月11日(土) ~ 2020年07月12日(日)
メンバー , その他メンバー6人
天候曇りから雷雨、徐々に晴れへ
アクセス
利用交通機関
電車
スタートは京王線「高尾山口駅」
ゴールはJR中央線「藤野駅」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
3時間20分
合計
11時間0分
Sスタート地点21:0321:17金比羅台園地21:34リフト山上駅21:39高尾山駅21:4121:47神変山21:54高尾山薬王院22:0122:17高尾山22:3122:37もみじ台22:3822:47大垂水峠(学習の歩道)分岐22:57一丁平23:0523:59五十丁峠00:0700:12城山00:34小仏峠00:3901:15景信山01:3102:0472番鉄塔02:52底沢峠03:03明王峠03:1203:21奈良子峠03:36富士小屋山03:40南郷山03:4613B-S-14003:4703:58陣馬山06:1306:27一ノ尾根−和田尾根分岐06:42一ノ尾根−和田第二尾根分岐06:54一ノ尾テラス07:09一ノ尾根−上沢井分岐07:1107:40陣馬山登山口08:03藤野神社08:10藤野駅08:11ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
降雨の中でのハイクとなったため、コース上はあちこちで水たまりと泥濘ができていましたが、登山道自体はメジャールートでよく整備されています。
景信山〜陣馬山間で夏草がうるさかった区間が一部ありました。

写真

スタートは高尾山口。21時ちょっと前。当然のごとく、閑散としていました。
2020年07月11日 20:54撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートは高尾山口。21時ちょっと前。当然のごとく、閑散としていました。
1
高尾山山頂までは、表参道(自然研究路1号路)ルートで向かいます。登り始めると蒸し暑くて、汗が流れます。
2020年07月11日 21:00撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山山頂までは、表参道(自然研究路1号路)ルートで向かいます。登り始めると蒸し暑くて、汗が流れます。
ケーブル駅近くの見晴台から、都心方面を望む。標高があがったせいか、少し涼風を感じました。
2020年07月11日 21:38撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル駅近くの見晴台から、都心方面を望む。標高があがったせいか、少し涼風を感じました。
今回のコース上では様々なお花に会えました。見慣れたお花も夜だとちょっと印象も違います。
2020年07月11日 21:42撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のコース上では様々なお花に会えました。見慣れたお花も夜だとちょっと印象も違います。
薬王院の表参道を進みます。
2020年07月11日 21:46撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王院の表参道を進みます。
1
高尾山といえば、天狗様ですね。勝手にライトアップ。
2020年07月11日 21:57撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山といえば、天狗様ですね。勝手にライトアップ。
2
薬王院にて今回の山行の安全祈願を行ってから、先へ進みます。
2020年07月11日 21:58撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王院にて今回の山行の安全祈願を行ってから、先へ進みます。
闇夜に咲くヤマユリ。近づくと甘い香りが漂っていました。
2020年07月11日 22:13撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇夜に咲くヤマユリ。近づくと甘い香りが漂っていました。
1
高尾山山頂到着。山頂までは電灯が完備されているので、ライトなしでも来れちゃいますね。
2020年07月11日 22:18撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山山頂到着。山頂までは電灯が完備されているので、ライトなしでも来れちゃいますね。
1
奥高尾へ入って行くと、雨足が少しずつ強くなっていきました。遠くで雷鳴と稲光も。いつも感じることですが、ここから先は高尾山と気候が少し異なる気がしています。
2020年07月11日 22:36撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥高尾へ入って行くと、雨足が少しずつ強くなっていきました。遠くで雷鳴と稲光も。いつも感じることですが、ここから先は高尾山と気候が少し異なる気がしています。
降雨時、レインウエアを着ると暑い場合は、風がないなら、傘に限りますね。暑くなくて快適。
2020年07月11日 22:38撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降雨時、レインウエアを着ると暑い場合は、風がないなら、傘に限りますね。暑くなくて快適。
雨足が強くなったところで、ちょうど一丁平の東屋がありましたので、しばし雨宿り。雨雲が通り過ぎるのを待ちます。
2020年07月11日 23:02撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨足が強くなったところで、ちょうど一丁平の東屋がありましたので、しばし雨宿り。雨雲が通り過ぎるのを待ちます。
1
雨が上がったところで、リスタート!
2020年07月11日 23:59撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が上がったところで、リスタート!
小仏城山山頂到着。
2020年07月12日 00:10撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仏城山山頂到着。
雨が降っていたこともあったのか、コース上のあちこちで大小のカエルたちがはしゃいでいました。カワイイ。
2020年07月12日 00:30撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降っていたこともあったのか、コース上のあちこちで大小のカエルたちがはしゃいでいました。カワイイ。
2
城山周辺は多くの紫陽花がありました。
2020年07月12日 00:32撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山周辺は多くの紫陽花がありました。
小仏峠のタヌキさんたち。
2020年07月12日 00:38撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仏峠のタヌキさんたち。
景信山の茶屋でしばし休憩。
2020年07月12日 01:11撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山の茶屋でしばし休憩。
景信山の見晴台からは、遠く都心方面での稲光が何度も見えました。
2020年07月12日 01:17撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山の見晴台からは、遠く都心方面での稲光が何度も見えました。
1
景信山山頂。
2020年07月12日 01:31撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山山頂。
笹のトレイルを進みます。途中メジャールートでも夏草がうるさい区間がありました。コロナの影響で例年よりも登山者が入っていないせい?
2020年07月12日 01:43撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹のトレイルを進みます。途中メジャールートでも夏草がうるさい区間がありました。コロナの影響で例年よりも登山者が入っていないせい?
底沢峠通過。
2020年07月12日 02:53撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底沢峠通過。
明王峠到着。
2020年07月12日 03:04撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠到着。
明王峠でまた雨が少し降ってきましたが、またもや雨宿り最適箇所があったため、10分ほど雨宿り。何かツイている。
2020年07月12日 03:07撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠でまた雨が少し降ってきましたが、またもや雨宿り最適箇所があったため、10分ほど雨宿り。何かツイている。
陣馬山到着。雨も上がり夜が明け始め、赤みを帯びた地平線に絶景の期待値が上がります。
2020年07月12日 04:00撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山到着。雨も上がり夜が明け始め、赤みを帯びた地平線に絶景の期待値が上がります。
大分明るくなってきました。
2020年07月12日 04:37撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分明るくなってきました。
2
太陽が上がってくると更に空の表情が変わります。
2020年07月12日 04:54撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が上がってくると更に空の表情が変わります。
6
日差しを浴びた雲海が幻想的。
2020年07月12日 04:54撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを浴びた雲海が幻想的。
10
富士山もくっきりと姿を現してくれました。
2020年07月12日 05:25撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もくっきりと姿を現してくれました。
8
富士山を始め360度のお山の稜線がくっきり。
2020年07月12日 06:05撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を始め360度のお山の稜線がくっきり。
2
2時間ほどの朝食を終えて、後ろ髪を引かれながらも、陣馬山から下山開始。
2020年07月12日 06:14撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間ほどの朝食を終えて、後ろ髪を引かれながらも、陣馬山から下山開始。
雨に濡れた樹々が日差しを浴びて緑鮮やかな下山道でした。
2020年07月12日 07:07撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れた樹々が日差しを浴びて緑鮮やかな下山道でした。
トレイルが終わりロードに変わる瞬間は、いつも名残惜しくなります。
2020年07月12日 07:25撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルが終わりロードに変わる瞬間は、いつも名残惜しくなります。
集落に降りてきました。
2020年07月12日 07:27撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落に降りてきました。
1
水場で泥だらけになった足元を洗い流します。
2020年07月12日 07:36撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場で泥だらけになった足元を洗い流します。
2
JR藤野駅側からの陣馬山登山口。
2020年07月12日 07:39撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR藤野駅側からの陣馬山登山口。
1
この保井隧道を進めばもう藤野駅。陣馬山方面から降りてくると、現実の世界への入口のようで、このトンネル何か嫌いです(笑)。
2020年07月12日 08:01撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この保井隧道を進めばもう藤野駅。陣馬山方面から降りてくると、現実の世界への入口のようで、このトンネル何か嫌いです(笑)。
ゴールのJR藤野駅。お疲れさまでした。
2020年07月12日 08:10撮影 by SHV41, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールのJR藤野駅。お疲れさまでした。

感想/記録

刻々と変わる天候の中での高尾山〜陣馬山ナイトハイク。
夜9時頃に高尾山口駅をスタートしたものの、高尾山山頂に近づくにつれて、遠くで雷が鳴り始め、雨も降り始め、次第に本降りへ。
小仏城山手前の一丁平の東屋で1時間ほど雨宿りをして雨雲をやり過ごした後、再始動。雨で登山道は水たまり&泥濘地獄となり、前進するのも四苦八苦。
そうこうしているうちに明け方が近づいてくると、天候は回復。雨が空気中の塵を流してくれたのか、日の出時間を迎えた陣馬山山頂からは絶景が広がっていました。
陣馬山山頂で朝食を取った後は、JR藤野駅まで明るい雨上がりの気持ちいいトレイルを下って行きました。
「夜から朝へ」×「雨から晴れへ」といろんな要因が刻々と変わっていくと、周りの景色だけでなく、花や生き物たちも含めて、いろんな山の表情が見られて、大満足のナイトハイクとなりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:298人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/27
投稿数: 777
2020/7/14 0:39
 とても綺麗な陣馬山
BATA5555様
はじめましてコメント失礼致します。保井隧道直前ですれ違った者です。
あの時間にあの場所、足元を見ると泥が付いていた方もいたのできっとカモシカ山行したんだろうねと連れと話をしていました。
朝の陣馬山、写真でもとても綺麗で感動しました!雨の中歩いたご褒美はとても素晴らしい物となりましたね

kr
登録日: 2013/5/2
投稿数: 1
2020/7/14 23:24
 Re: とても綺麗な陣馬山
krkdx 様
はじめまして!写真へのお褒めの言葉を含むコメントありがとうございます!
保井隧道ですれ違ったとのことで、おそらくあの方かなと推察しています。
雨上がりの空って、時に素晴らしい風景を見せてくれるので、雨の山行も悪くはないですよね。今回はホントにラッキーでした。
krkdxさんにおかれても、お山で多くのステキな風景が巡り会えますように!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ