また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2455042 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 朝日・出羽三山

朝日連峰

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月23日(木) ~ 2020年07月25日(土)
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
鶴岡方面からアクセスする場合、2020年はコロナ禍で土日祝は大鳥口までのバス便がなく、アプローチはタクシーか自家用車しかない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間45分
休憩
2分
合計
2時間47分
S大鳥登山口15:4816:49冷水沢橋17:20七ツ滝沢橋17:41七ツ滝沢水場18:01七曲水場18:0318:35大鳥小屋
2日目
山行
9時間53分
休憩
41分
合計
10時間34分
大鳥小屋04:2405:53三角峰下水場05:5406:26オツボ峰07:21以東岳07:3908:52中先峰08:5309:42狐穴小屋09:5310:07三方境10:23北寒江山10:52寒江山10:5311:03南寒江山11:55竜門山避難小屋12:0212:30竜門山13:32西朝日岳13:3314:29中岳14:3014:41金玉水14:58大朝日岳山頂避難小屋
3日目
山行
5時間43分
休憩
32分
合計
6時間15分
大朝日岳山頂避難小屋05:4405:57大朝日岳05:5806:11大朝日岳山頂避難小屋06:1306:35銀玉水07:34小朝日岳07:3608:41鳥原山09:04鳥原小屋09:2810:20金山沢出合10:2211:56朝日鉱泉11:5711:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

写真

今回はスマホ充電器を持参した。本来は車のバッテリー上がり時に使うジャンプスターターで、車のセルモーターを回す必要があるので、大きく重い。
2020年07月23日 10:59撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はスマホ充電器を持参した。本来は車のバッテリー上がり時に使うジャンプスターターで、車のセルモーターを回す必要があるので、大きく重い。
泡滝ダムの登山口。写真左上の案内板に「大鳥池まで0/10で1区間は15分」とある。実感は15分のところもあれば20分のところもある。 
2019年08月04日 05:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泡滝ダムの登山口。写真左上の案内板に「大鳥池まで0/10で1区間は15分」とある。実感は15分のところもあれば20分のところもある。 
泡滝ダムから大鳥小屋までの道は気持ちよい。観光化が進んでいたら道路ができていただろう。「日本百名山」によると深田久弥のころはこの道はなく、渡渉して下ったとある。
2020年07月23日 16:17撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泡滝ダムから大鳥小屋までの道は気持ちよい。観光化が進んでいたら道路ができていただろう。「日本百名山」によると深田久弥のころはこの道はなく、渡渉して下ったとある。
快適な道といっても、長雨の影響で増水した沢を渡らなければならない。
2020年07月23日 16:22撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な道といっても、長雨の影響で増水した沢を渡らなければならない。
大鳥池小屋。定員100名のところ、15〜20名の宿泊客だった。それでも”密”感はある。きれいで快適、管理人さんもいる。ツェルト泊予定はやめて小屋泊(^_^;)
2020年07月23日 19:05撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥池小屋。定員100名のところ、15〜20名の宿泊客だった。それでも”密”感はある。きれいで快適、管理人さんもいる。ツェルト泊予定はやめて小屋泊(^_^;)
1
7月24日、大鳥池小屋を出発すると急登である。ぬかるんで歩きにくい。この急登をクリアしないとあの稜線には出られない。楽はできないだ。
2020年07月24日 05:11撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月24日、大鳥池小屋を出発すると急登である。ぬかるんで歩きにくい。この急登をクリアしないとあの稜線には出られない。楽はできないだ。
7月24日、今日は晴れる予報なのにガスガス。
2020年07月24日 05:08撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月24日、今日は晴れる予報なのにガスガス。
ところが朝日が差す時間になるときれいに晴れた。写真はオツボ峰コースから見る以東岳。雪渓の上に新装なった以東小屋が点景で見える。以東岳はその左の峰。
2020年07月24日 05:34撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが朝日が差す時間になるときれいに晴れた。写真はオツボ峰コースから見る以東岳。雪渓の上に新装なった以東小屋が点景で見える。以東岳はその左の峰。
3
オツボ峰。峰というからピークかと思ったら、斜面の途中にあった。
2020年07月24日 06:25撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オツボ峰。峰というからピークかと思ったら、斜面の途中にあった。
稜線に上がって越し方、北側の大鳥池を見る。池の右上部分に昨夜泊まった大鳥小屋。
2020年07月24日 07:27撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がって越し方、北側の大鳥池を見る。池の右上部分に昨夜泊まった大鳥小屋。
4
稜線の反対側が、これから歩く大朝日岳に続く稜線。中央左奥のピラミッド型なのが大朝日岳。ガスが邪魔だが、言ってもどいてはくれない。
2020年07月24日 07:41撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の反対側が、これから歩く大朝日岳に続く稜線。中央左奥のピラミッド型なのが大朝日岳。ガスが邪魔だが、言ってもどいてはくれない。
6
以東岳頂上。何度も言うが、この景色は楽しては見られないのである。あ〜、しんどかった。
2020年07月24日 07:39撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東岳頂上。何度も言うが、この景色は楽しては見られないのである。あ〜、しんどかった。
6
さあ、これから稜線歩きを楽しむぞと歩き出したが、岩ゴロゴロで歩きにくい。平らなところはいいが、上り下りは岩の道になる。
2020年07月24日 07:53撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、これから稜線歩きを楽しむぞと歩き出したが、岩ゴロゴロで歩きにくい。平らなところはいいが、上り下りは岩の道になる。
縦走路から以東岳を振り返る。大鳥小屋から右の稜線を登ってきて、左の一番高いのが以東岳である。
2020年07月24日 08:44撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から以東岳を振り返る。大鳥小屋から右の稜線を登ってきて、左の一番高いのが以東岳である。
3
狐穴小屋。水がジャンジャン出ていた。大鳥小屋と大朝日小屋を除いて定員はどこも30名。
2020年07月24日 09:52撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐穴小屋。水がジャンジャン出ていた。大鳥小屋と大朝日小屋を除いて定員はどこも30名。
昼頃から天気が怪しくなってきた。空は明るく雨の心配はないが、ガスがモクモクとわいてきた。
2020年07月24日 11:30撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼頃から天気が怪しくなってきた。空は明るく雨の心配はないが、ガスがモクモクとわいてきた。
大朝日小屋。ほかの小屋とそんなに大きさは変わらないのに、定員は100名である。その秘密は一見2階建てに見えるが、内部は屋根裏まで使って4層になっているのだ。小屋わきに水は出ておらず、金玉水まで汲みにいかなければならない。
2020年07月24日 14:56撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大朝日小屋。ほかの小屋とそんなに大きさは変わらないのに、定員は100名である。その秘密は一見2階建てに見えるが、内部は屋根裏まで使って4層になっているのだ。小屋わきに水は出ておらず、金玉水まで汲みにいかなければならない。
7月25日朝、霧雨の大朝日岳頂上。360度大パノラマのガス一色である(泣)。頂上滞在30秒で下山した。
2020年07月25日 05:57撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月25日朝、霧雨の大朝日岳頂上。360度大パノラマのガス一色である(泣)。頂上滞在30秒で下山した。
3
小朝日岳。この日の霧雨はすぐやんだ。しかしガスは途切れず、合間に見えた小朝日岳。下山はここを越えていく。
2020年07月25日 06:55撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日岳。この日の霧雨はすぐやんだ。しかしガスは途切れず、合間に見えた小朝日岳。下山はここを越えていく。
小朝日岳からの下山路。急なところが多い。
2020年07月25日 08:03撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小朝日岳からの下山路。急なところが多い。
鳥原小屋。無人だったがとてもきれい。タオルが整然と干してあり、管理が行き届いている。
2020年07月25日 09:07撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥原小屋。無人だったがとてもきれい。タオルが整然と干してあり、管理が行き届いている。
1
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:503人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ