また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2472254 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

笊ヶ岳【山梨百名山】伝付峠水場を基地に山頂ピストン

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月01日(土) ~ 2020年08月03日(月)
メンバー
 syowa08(CL)
, その他メンバー2人
天候一日目 8/1 晴れのち曇り 夜中、雨☂
二日目 8/2 晴れ時々曇り
三日目 8/3 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◾R52号線身延町飯富からK37号線で早川町新倉に入り小野島トンネルと明川トンネルの間を左折。早川支流の内河内川沿に伝付峠方面を目指します。

◾東京電力田代川第二発電所駐車場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間9分
休憩
2時間15分
合計
9時間24分
S発電所駐車場07:0507:30第二渡渉点07:4608:47ピーク手前の広場08:5709:16吊り橋09:1809:41標高1214m地点09:5110:41東京電力管理小屋11:2913:39水量計13:5714:00出合14:06出合上で休憩14:2215:20標高1741m15:2816:08標高1878m16:1516:29伝付峠水場
2日目
山行
13時間35分
休憩
1時間39分
合計
15時間14分
伝付峠水場04:0204:16伝付峠04:1805:00廃林道終点05:1806:50天上小屋山手前鞍部07:0007:20天上小屋山08:40生木割山08:5409:25偃松尾山手前09:3010:50椹島下降点11:0012:06笊ヶ岳12:3612:54椹島下降点12:5515:51生木割山16:0017:20天上小屋山19:09伝付峠19:16伝付峠水場
3日目
山行
5時間5分
休憩
1時間15分
合計
6時間20分
伝付峠水場07:4408:43出合08:5710:19標高1385m地点10:3010:40東京電力管理小屋10:4111:41沢沿休憩地12:3014:04発電所駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
生木割山 静岡の百山
笊ヶ岳 日本二百名山
    山梨百名山
コース状況/
危険箇所等
一日目 歩行距離6.7km
    獲得標高約1000m
    □ 多くの滝を眺めながらの登山

《第二発電所⇄二つ目の渡渉点》
◾発電所標高約880mから廃林道や河原を西に進むこと800mほどで急坂の手前、二つ目の渡渉点(標高約1000m)到着。ここまでピンクのリボンや岩へのペイント矢印を目印に歩きました。川幅が狭く水量の少ない渡渉点を選びましたが水深10cmほどあり苦労して渡りました。

《二つ目の渡渉点⇄吊り橋》
◾標高差約250m、距離800m、平均勾配30%を超える急坂がはじまりました。前半は九十九折、後半には両サイドに切れ落ちた道幅1mほどの刃渡り尾根が現れロープに掴まりながら登りました。
◾ピークの少し手前、標高1225mに何かの跡地なのか広場がありました。
◾ピーク点から下ること標高差約50m、300mほど歩くと、50cm幅、長さ10mはあろうかという吊り橋を渡りました。(標高約1200m地点)

《吊り橋⇄東電管理小屋》
◾標高約1300mにある管理小屋までは沢沿いの狭く草に覆われた登山道を歩きました。標高差はあまりないものの、崩落箇所もあり苦戦しました。

《東電管理小屋⇄出合》
◾どの施設に続いていくのであろうか配電線が張られていました。配電線を目標に出合を目指しました。しばらくすると水量観測施設ではと思われる大きな施設に出くわしました。沢が合流していることからこの辺りが出合のようです。標高約1500m地点でした。草むらに隠れた伝付峠への案内板に従い、施設の東側を進むと渡渉点が現れました。偶然にもアルミ製の梯子が放置されており、梯子を使い対岸に渡りました。
◾吊り橋から出合までの間、幾つもの滝を眺めることが出来ました。

《出合⇄伝付峠の水場(⛺)》
◾沢と別れを告げ、標高差400mを超える九十九折の登山道を歩き標高1914mの水場に到着しました。


二日目  歩行距離 21.2km
獲得標高 700m
□ 県界尾根 森林ハイキング

《⛺⇄廃林道終点》
◾水場から標高約2000m伝付峠までは草むらを踏みしめながら登りました。
◾廃林道は道幅がとても広く、二軒小屋への二つの分岐点を過ぎ、3つ目の分岐点には大木が横たわって道を塞いでいました。大木を跨ぎ、左側の道を南下しました。
◾廃林道には高さ30cmほどの落石が転がって行手を塞いでいました。水場から1時間ほど進むと、テン場のように見える広々とした道と変わりました。(標高2150m)
◾広々とした道も、暫く進むと草丈が伸び、道幅も狭くなって来ました。
◾地形図にある波線ルートですが途中で切れていますが実際には実線ルートが県境まで続いていました。

《廃林道終点⇄笊ヶ岳》
◾偃松尾山西斜面の大ガレと笊ヶ岳山頂2629mだけが林から頭を出していました。他は気持ちの良い林間ハイキングを楽しめました。


三日目  歩行距離 6.7km
     □ 一日目を思い返しながらの下山
その他周辺情報◾14:30 K 37号線沿いにある「ヘルシー美里」へ入浴目的で立ち寄るが、平日は15:00からの営業ということで、昭和町まで戻って来ました。

装備

共同装備 プロモンテVL 33<br />グランドシート<br />ニンジャネスト<br />3×4ターブ<br />グランドシート<br />クッカー<br />ガスバーナー×2

写真

駐車場を出発して50分。
険しい登りを終え、吊り橋へと降ります。
2020年08月01日 08:49撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を出発して50分。
険しい登りを終え、吊り橋へと降ります。
1
休憩後、吊り橋まで降って来ました。
2020年08月01日 09:21撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、吊り橋まで降って来ました。
1
堰堤の右側を進みます。
2020年08月01日 12:15撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の右側を進みます。
1
予想外に水量が多く
ヒヤヒヤしながらの渡渉でした。
2020年08月01日 13:47撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想外に水量が多く
ヒヤヒヤしながらの渡渉でした。
1
伝付峠は二日目の朝になりました。
2020年08月02日 04:12撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝付峠は二日目の朝になりました。
1
塩見岳方面でしょか?
2020年08月02日 06:41撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳方面でしょか?
2
赤石岳・悪沢岳方面
2020年08月02日 06:41撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳・悪沢岳方面
3
ベースキャンプを出発して3時間20分天上小屋山到着
2020年08月02日 07:24撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベースキャンプを出発して3時間20分天上小屋山到着
1
天上小屋山から70分で生木割山
2020年08月02日 08:38撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天上小屋山から70分で生木割山
2
笊ヶ岳まで8時間かかりました。
2020年08月02日 12:11撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳まで8時間かかりました。
3
3時間かけて生木割山まで戻って来ました。
2020年08月02日 15:54撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時間かけて生木割山まで戻って来ました。
2
3日目の朝に撮ったペースキャンプ地の様子
2020年08月03日 04:57撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目の朝に撮ったペースキャンプ地の様子
2
標高1000m地点の渡渉を終え、渡渉点もあとひとつとなりました。
2020年08月03日 13:42撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m地点の渡渉を終え、渡渉点もあとひとつとなりました。
2

感想/記録

久しぶりのテント泊。Tさんの山梨百名山完登を一緒に歩くことが出来ました。二日目は往復21kmと距離はあるものの標高差は600m程度と思われる伝付峠からの笊ヶ岳山頂ピストンに挑戦しました。途中に椹島下降点という鞍部があることから、容易くはないだろうとは思っていましたがそのとおりの山行でした。「小太郎山」を登頂すれば、二度目の山百達成となります。今年は感染症対策のため入山出来ませんが2021年中には登りたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:515人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ