また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2502059 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

餓鬼岳*唐沢岳*北アルプスの隠れた名峰*テン泊重量地獄*ご褒美は天国のような光景*

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月14日(金) ~ 2020年08月16日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候3日間*晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
*餓鬼岳 白沢登山口*
マップコード:158 755 464*67

・駐車場(上部に5台 少し下に10台程)

・簡易トイレ 1つ
(トイレットペーパー有)

国営アルプス安曇野公園・大町松川地区へ向かいます。途中までは広い道ですが、公園を過ぎると途端に狭くなります。
舗装はしてありますが、見通しの悪いカーブが続きます。
しばらく進むとモトクロス場(ワイルドクロスパーク-GAIA)が左手に現れ、さらに1kmほど進んだ場所が登山口駐車場です。

お盆休み中でも満車にならない程、
静かな登山口のようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間17分
休憩
1時間2分
合計
9時間19分
S白沢登山口05:4706:44紅葉の滝06:4607:54魚止めの滝08:0908:36最終水場09:0611:30大凪山11:4315:01餓鬼岳15:0315:06餓鬼岳小屋
2日目
山行
6時間6分
休憩
1時間41分
合計
7時間47分
餓鬼岳小屋07:0907:11餓鬼岳07:1707:56展望台08:0808:39餓鬼のコブ08:4410:42唐沢岳11:5313:28餓鬼のコブ13:3314:15展望台14:1614:49餓鬼岳14:5014:56餓鬼岳小屋
3日目
山行
4時間51分
休憩
1時間15分
合計
6時間6分
餓鬼岳小屋06:2006:26餓鬼岳06:4006:45餓鬼岳小屋06:5006:57餓鬼岳06:5808:31大凪山09:48最終水場10:3311:01魚止めの滝11:1111:48紅葉の滝12:23白沢登山口12:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山者の少ない静かなお山ですが
登山口にはトイレ完備で
最低限の刈り払い等もされています。
餓鬼岳小屋の方々に 感謝です。

背丈程ある笹漕ぎ 藪漕ぎの際
枝が飛び出していることがあり
短パン等の素足が出る服装では
擦り傷の可能性があります。

(タイツ等を履かずに 暑さで裾をめくって歩いていたために 私は強めの擦り傷となりました。)

梯子 桟橋は朽ちている可能性があり
自己責任で注意して使用します。
その他周辺情報【天然ラドン 馬羅尾 天狗岩温泉】

(登山口から車で20分)
600円
http://suzumushi.jp/suzumushiso/spring/


【餓鬼岳小屋】
開設期間:7月15日(水)〜10月中旬
定員:1日10名の予約で受付

運営方針:山小屋完全予約制、テント場予約制
TEL:0261−22−2220(お電話にて小屋状況をお問い合わせください)
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

日本二百名山【餓鬼岳】は
大人気の【燕岳】の お隣の山。

登山者の少ない登山口に
簡易トイレ完備。有難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本二百名山【餓鬼岳】は
大人気の【燕岳】の お隣の山。

登山者の少ない登山口に
簡易トイレ完備。有難い。
16
標高1000mの登山口。

満天の星空の下で車中泊☆彡
涼しくて 熟睡できました。.:・*
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000mの登山口。

満天の星空の下で車中泊☆彡
涼しくて 熟睡できました。.:・*
14
希望の光。
異次元への入口

お天道様 (。•人•。)
今日も一日 見守って下さい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
希望の光。
異次元への入口

お天道様 (。•人•。)
今日も一日 見守って下さい
25
AM 6:00

餓鬼岳への標準CTは 6時間半。
標高差 1600m ‼︎

さすが北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM 6:00

餓鬼岳への標準CTは 6時間半。
標高差 1600m ‼︎

さすが北アルプス
11
テント装備の重いザックを背負い
何時間かかるかな…

( *・`ω・)/ いざ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント装備の重いザックを背負い
何時間かかるかな…

( *・`ω・)/ いざ!
38
まずは 白沢沿いに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは 白沢沿いに。
9
細い足場の崖沿いを へつる感じで歩く。
ここは 鎖があるから 安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い足場の崖沿いを へつる感じで歩く。
ここは 鎖があるから 安心。
27
【シラヒゲソウ】
初めて見ました。
白い布を 裁断したまま作ったような
不思議な花弁。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【シラヒゲソウ】
初めて見ました。
白い布を 裁断したまま作ったような
不思議な花弁。
45
水晶のような天然石が1つ落ちていた。

この辺りの地質構造を
ブラタモリ等で観てみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶のような天然石が1つ落ちていた。

この辺りの地質構造を
ブラタモリ等で観てみたい。
31
渡渉箇所もあるので
大雨の後などは要注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉箇所もあるので
大雨の後などは要注意。
29
へつりも ハシゴも
黙々と熟す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へつりも ハシゴも
黙々と熟す。
34
【魚止めの滝】
結構な落差があり
豪快な水流が落ちるのを
間近で見ると圧巻でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【魚止めの滝】
結構な落差があり
豪快な水流が落ちるのを
間近で見ると圧巻でした。
19
約2時間で既にヘロヘロ
(〃_ _)σ∥

【魚止めの滝 1300m】の標識。

登山口から標高300mしか登っていないの?
残り 1300m…
まだまだ 先は長い…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約2時間で既にヘロヘロ
(〃_ _)σ∥

【魚止めの滝 1300m】の標識。

登山口から標高300mしか登っていないの?
残り 1300m…
まだまだ 先は長い…
10
【最終水場】

白沢沿いは水場は豊富。
ここが最後!
見落とし要注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【最終水場】

白沢沿いは水場は豊富。
ここが最後!
見落とし要注意
10
1.8L+500ml の水を汲み
ザックに入れる。

重い… 重すぎる…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.8L+500ml の水を汲み
ザックに入れる。

重い… 重すぎる…
13
足取りが重くなる。

段差が大きいと たった一歩がキツい…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足取りが重くなる。

段差が大きいと たった一歩がキツい…
17
【ヒキオコシ】?
【ヤマハッカ】?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒキオコシ】?
【ヤマハッカ】?
10
【大凪山】
展望はないが
樹林帯の日陰で根っこに腰掛け

おやつと飲み物の重量を
ザックから自分のお腹に移動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大凪山】
展望はないが
樹林帯の日陰で根っこに腰掛け

おやつと飲み物の重量を
ザックから自分のお腹に移動。
11
樹林帯より見えるお山
ギザギザでカッコイイけど
何山かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯より見えるお山
ギザギザでカッコイイけど
何山かな?
20
素敵なお山が
樹林帯の間から 見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なお山が
樹林帯の間から 見えます。
20
豪快な崩壊地脇を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪快な崩壊地脇を通過
8
笹漕ぎが結構あります。

登山者の少ない登山道ですが
最低限の整備はされています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹漕ぎが結構あります。

登山者の少ない登山道ですが
最低限の整備はされています。
8
今までも散々 曲がってきたのに
ここからが【百曲り入口】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までも散々 曲がってきたのに
ここからが【百曲り入口】
8
【サンカヨウの実】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【サンカヨウの実】
16
終わりが見えてきた…
疲れで長く感じたけど ぴったり15分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりが見えてきた…
疲れで長く感じたけど ぴったり15分でした。
7
PM3:10
餓鬼岳小屋に到着

パトラッシュ
(〃_ _)σ∥ 僕はもう疲れたよ。

重いザック背負って9時間20分。
(標準CT 6時間半ですけど何か?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
PM3:10
餓鬼岳小屋に到着

パトラッシュ
(〃_ _)σ∥ 僕はもう疲れたよ。

重いザック背負って9時間20分。
(標準CT 6時間半ですけど何か?)
41
(⑅´•⌔•`)*✲゜*。

小屋から見える 裏銀座の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(⑅´•⌔•`)*✲゜*。

小屋から見える 裏銀座の稜線
30
餓鬼岳小屋でテント受付

テント場は たったの5張。
電話予約済み。

1泊 1人 1000円
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋でテント受付

テント場は たったの5張。
電話予約済み。

1泊 1人 1000円
28
水 1リットル200円

雨水塩素消毒の水は透明でちゃんと飲めました。
最終水場から無理に担ぎ上げなくてもいいな。
今後は荷物の軽量化(´ω`*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水 1リットル200円

雨水塩素消毒の水は透明でちゃんと飲めました。
最終水場から無理に担ぎ上げなくてもいいな。
今後は荷物の軽量化(´ω`*)
22
キモ可愛い系ガッキーから花束

「よくきた」

と自分で自分にご褒美を。
(ビール買おっと♪)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キモ可愛い系ガッキーから花束

「よくきた」

と自分で自分にご褒美を。
(ビール買おっと♪)
42
幕営場所は小屋から2分程下った場所で 最大5張という狭さ。

平らに張れるのは3張で
あとの2張は 若干 傾斜地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営場所は小屋から2分程下った場所で 最大5張という狭さ。

平らに張れるのは3張で
あとの2張は 若干 傾斜地。
25
のんびり到着したけど

平らな場所を確保できて
よかったぁ(´▽`)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり到着したけど

平らな場所を確保できて
よかったぁ(´▽`)/
96
小屋とテント場を繋ぐ道は
燕岳の雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋とテント場を繋ぐ道は
燕岳の雰囲気。
30
【イルカ岩】みたいに
名前をつけたらバズるかな。

【餓鬼の首】とか どう?
(地獄の釜の蓋が開いて餓鬼も出入り自由な日)

仏教の世界観はバズらないね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イルカ岩】みたいに
名前をつけたらバズるかな。

【餓鬼の首】とか どう?
(地獄の釜の蓋が開いて餓鬼も出入り自由な日)

仏教の世界観はバズらないね
42
【餓鬼岳】と小屋(中央の木の裏)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【餓鬼岳】と小屋(中央の木の裏)
19
燕岳へと続く 丸山新道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳へと続く 丸山新道
32
【餓鬼岳】を背景に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【餓鬼岳】を背景に
44
遠くに見える赤い屋根は
大人気の【燕岳】燕山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見える赤い屋根は
大人気の【燕岳】燕山荘
27
夕飯には早いけど小腹が減り
カップ無しの【お碗で食べるどん兵衛】は柚子の香りが美味!
とろろ昆布と梅干しをトッピング
(*゜〜゜*)もぐ‥
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯には早いけど小腹が減り
カップ無しの【お碗で食べるどん兵衛】は柚子の香りが美味!
とろろ昆布と梅干しをトッピング
(*゜〜゜*)もぐ‥
32
日の入を拝みに
小屋から5分の餓鬼岳山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の入を拝みに
小屋から5分の餓鬼岳山頂へ
42
尾根の先には
2日目に登る予定の【唐沢岳】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の先には
2日目に登る予定の【唐沢岳】
22
明日も 頑張るぞっ
(* ̄0 ̄)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日も 頑張るぞっ
(* ̄0 ̄)/
56
西に沈む太陽は暫く赤い光線を
裏銀座の背景スクリーンとして残す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に沈む太陽は暫く赤い光線を
裏銀座の背景スクリーンとして残す。
49
山頂に宿泊した者だけに
与えられる贈り物。.:・*゚

満天の星空と 天の川に抱かれて
おやすみなさい☆彡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に宿泊した者だけに
与えられる贈り物。.:・*゚

満天の星空と 天の川に抱かれて
おやすみなさい☆彡
35
おはよう(*´▽`*)ノ
アラーム不要の爽やかな目覚めで ご来光待ち。

『地球の上で眠る』って
テント泊のことだな なんて思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはよう(*´▽`*)ノ
アラーム不要の爽やかな目覚めで ご来光待ち。

『地球の上で眠る』って
テント泊のことだな なんて思った。
39
曙色に染まる一瞬の美麗なる富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曙色に染まる一瞬の美麗なる富士山
53
雲海に浮かぶ島は 浅間山〜湯の丸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ島は 浅間山〜湯の丸
60
一瞬 一瞬 彩りを変える
「マジックアワー」は 目が離せない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬 一瞬 彩りを変える
「マジックアワー」は 目が離せない。
21
ご来光が拝めるテント場で

心穏やかに目覚める平和な朝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光が拝めるテント場で

心穏やかに目覚める平和な朝。
34
朝食と準備を早々に済ませ
5分で登れる餓鬼岳山頂へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食と準備を早々に済ませ
5分で登れる餓鬼岳山頂へ。
25
今日はここから
常念山脈の北端【唐沢岳】へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここから
常念山脈の北端【唐沢岳】へ
29
まずは 自然の芸術品が並ぶ岩稜帯歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは 自然の芸術品が並ぶ岩稜帯歩き。
11
コマクサの咲く展望台へ寄り道。

えっ(゜ロ゜) ここは 日本?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサの咲く展望台へ寄り道。

えっ(゜ロ゜) ここは 日本?
26
惑星に降り立ったような異空間は
わたし達の貸切。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惑星に降り立ったような異空間は
わたし達の貸切。
42
立入禁止のトラロープも無く

花崗岩のザレた大地を踏み
奇岩に触れ 雄大な懐に抱かれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立入禁止のトラロープも無く

花崗岩のザレた大地を踏み
奇岩に触れ 雄大な懐に抱かれる。
48
樹林帯をガンガン下りる。

【餓鬼のコブ】通過中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯をガンガン下りる。

【餓鬼のコブ】通過中
15
標高200m程のアップダウンを繰り返しながら進む。

ニョキッとした奇岩と
緑の樹林の対比が良い感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高200m程のアップダウンを繰り返しながら進む。

ニョキッとした奇岩と
緑の樹林の対比が良い感じ。
17
写真では伝わらない
見下ろすとゾワッッとする崩落地
(゜ロ゜ノ)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では伝わらない
見下ろすとゾワッッとする崩落地
(゜ロ゜ノ)ノ
11
ついに山頂?
…と思わせる岩峰は 左に巻いて更に奥へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに山頂?
…と思わせる岩峰は 左に巻いて更に奥へ進みます。
17
テン場でご近所の仲良しカップルさんとここで会えたので 少しお話。

Cさんとのツーショットも撮ってもらえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場でご近所の仲良しカップルさんとここで会えたので 少しお話。

Cさんとのツーショットも撮ってもらえました。
55
ここからは 急な傾斜のザレ場と岩稜帯の連続。

ザレ場は まるで 蟻地獄

(〃_ _)σ∥ キツい…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは 急な傾斜のザレ場と岩稜帯の連続。

ザレ場は まるで 蟻地獄

(〃_ _)σ∥ キツい…
19
ヒャーー(゜ロ゜)

写真で見ると すごいトラバースを
涼しい顔で歩くCさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒャーー(゜ロ゜)

写真で見ると すごいトラバースを
涼しい顔で歩くCさん。
27
唐沢岳への痩尾根を歩くCさん。

素敵(*´ー`*人)
雑誌の中の 1ページのよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳への痩尾根を歩くCさん。

素敵(*´ー`*人)
雑誌の中の 1ページのよう。
37
私も【唐沢岳】到着!

常念山脈の北端 感慨深いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も【唐沢岳】到着!

常念山脈の北端 感慨深いです。
72
奥は烏帽子岳・南沢岳・不動岳

ちょっと雲が多くて
立山・剱岳・鹿島槍は見えなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は烏帽子岳・南沢岳・不動岳

ちょっと雲が多くて
立山・剱岳・鹿島槍は見えなかった。
26
唐沢岳から振り返る。

手前のギザギザの難所 急登を越えて
奥に見える餓鬼岳テント場へ帰りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳から振り返る。

手前のギザギザの難所 急登を越えて
奥に見える餓鬼岳テント場へ帰りましょう。
20
大休止の後は体が重い。

せーの…
よっこらしょ …っと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大休止の後は体が重い。

せーの…
よっこらしょ …っと。
18
ザレ場をお助けロープで

ズリズリ ザザーーーッ…

どうしても落石になるので
下に人が居ないことを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場をお助けロープで

ズリズリ ザザーーーッ…

どうしても落石になるので
下に人が居ないことを確認。
19
登りより 下りは難易度が高い。
気を抜かずに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りより 下りは難易度が高い。
気を抜かずに。
17
大きな一枚岩のトラバース

鎖も無いので
雨で濡れていたり
強風に煽られたら危険。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな一枚岩のトラバース

鎖も無いので
雨で濡れていたり
強風に煽られたら危険。
23
餓鬼のコブと餓鬼岳が少し近づいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼のコブと餓鬼岳が少し近づいた
10
樹林帯を抜けて
ハイマツ帯になってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて
ハイマツ帯になってきた。
8
たくさんの自然の造形の中

餓鬼岳まで あと一息!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの自然の造形の中

餓鬼岳まで あと一息!
8
餓鬼岳 ただいまーっ!

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳 ただいまーっ!

21
小屋前の標識には
『唐沢岳 2時間半』と書いてある。

実際 休憩も多かったけど
空身で往復6時間かかった。
(標準CTの設定がハードかも)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の標識には
『唐沢岳 2時間半』と書いてある。

実際 休憩も多かったけど
空身で往復6時間かかった。
(標準CTの設定がハードかも)
76
(*´Д`*) プハーーッ

小屋で冷えたビールを買って
テント場で至福のひととき。*.゜☆

ほろ酔い…
(つω-`)zzz お昼寝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(*´Д`*) プハーーッ

小屋で冷えたビールを買って
テント場で至福のひととき。*.゜☆

ほろ酔い…
(つω-`)zzz お昼寝
27
一人用テントで ゴロゴロ…
しばらく動きたくなくなります。

「ecoさん!日の入を見ながら夕飯作りましょ!」とCさんのお誘い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人用テントで ゴロゴロ…
しばらく動きたくなくなります。

「ecoさん!日の入を見ながら夕飯作りましょ!」とCさんのお誘い。
22
。゚+.(・∀・)゚+.゚。
山頂レストランの特等席

私はカレーライス、
Cさんはラーメン。

レトルトも ここでは ご馳走。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
。゚+.(・∀・)゚+.゚。
山頂レストランの特等席

私はカレーライス、
Cさんはラーメン。

レトルトも ここでは ご馳走。
21
ミックスビーンズとツナのオイル漬けに Cさんの育てたピーマン。塩で味を整えただけで絶品の一皿。
食後のデザートは Cさんが小屋で買ったフルーツ缶を 半分こ。
「美味しいね!楽しいね!」

食後は早々に就寝
( ̄  ̄=) ..zzZZ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミックスビーンズとツナのオイル漬けに Cさんの育てたピーマン。塩で味を整えただけで絶品の一皿。
食後のデザートは Cさんが小屋で買ったフルーツ缶を 半分こ。
「美味しいね!楽しいね!」

食後は早々に就寝
( ̄  ̄=) ..zzZZ
43
3日目のご来光に
おはようございます*✲゚*。

街は雲海に覆われ
雲は燃える炎のように力強く

雲上の異次元の世界。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目のご来光に
おはようございます*✲゚*。

街は雲海に覆われ
雲は燃える炎のように力強く

雲上の異次元の世界。
44
左奥の表銀座の稜線が茜色に染まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥の表銀座の稜線が茜色に染まる。
22
燕岳へと続く丸山新道は
餓鬼岳から眺めると湾曲していてカッコいい。

ついに槍ヶ岳の穂先が現れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳へと続く丸山新道は
餓鬼岳から眺めると湾曲していてカッコいい。

ついに槍ヶ岳の穂先が現れた。
24
餓鬼岳の祠と
丸山新道の先に槍ヶ岳と裏銀座の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳の祠と
丸山新道の先に槍ヶ岳と裏銀座の稜線
13
小槍も見えた(*´▽`*)
やっぱり 槍ヶ岳が見れると嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小槍も見えた(*´▽`*)
やっぱり 槍ヶ岳が見れると嬉しい。
38
2泊3日の間に
何度となく登った餓鬼岳山頂。

この感動の光景と体験を
脳裏に刻んで 帰ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2泊3日の間に
何度となく登った餓鬼岳山頂。

この感動の光景と体験を
脳裏に刻んで 帰ろう。
25
AM6:50
標高2600mの餓鬼岳小屋から登山口まで
約1600mを激下ります。

食料と水分の重量は減ったはず。
頑張ります(`・ω・´)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM6:50
標高2600mの餓鬼岳小屋から登山口まで
約1600mを激下ります。

食料と水分の重量は減ったはず。
頑張ります(`・ω・´)
9
【オトギリソウ】
長い雄しべがパチパチ、特徴的。

茎や葉っぱの絞り汁は傷口や打撲の患部に塗ると 痛みを鎮める効果があるらしい。

ecoの全身打撲状態、治してくれるかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オトギリソウ】
長い雄しべがパチパチ、特徴的。

茎や葉っぱの絞り汁は傷口や打撲の患部に塗ると 痛みを鎮める効果があるらしい。

ecoの全身打撲状態、治してくれるかな。
22
かわいい【ウサギギク】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいい【ウサギギク】
19
大好きな【アカモノ】は
花が終わり 赤い実を付ける準備中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな【アカモノ】は
花が終わり 赤い実を付ける準備中
8
登りの時は「百曲り入口」から 小屋までは気が遠くなる程の距離に感じたけど
下りは あっという間:・:*.+゜

重力に逆らわないで済むからね(´- `*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの時は「百曲り入口」から 小屋までは気が遠くなる程の距離に感じたけど
下りは あっという間:・:*.+゜

重力に逆らわないで済むからね(´- `*)
5
【イトシャジン】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イトシャジン】
16
最終水場まで辿り着いた。

額に滴る汗を拭い
空になったペットボトルに水を汲み
500mlを一気に飲み干し
靴を脱いで 足ぽちゃ。

(。>▽<。)気持ちいい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場まで辿り着いた。

額に滴る汗を拭い
空になったペットボトルに水を汲み
500mlを一気に飲み干し
靴を脱いで 足ぽちゃ。

(。>▽<。)気持ちいい!
39
爪先が痛くなる程のアイシング後
Cさんがコーヒーを淹れてくれた。

体の外側からも内側からも
沢の水が染み渡り
活力が漲っできたーーっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爪先が痛くなる程のアイシング後
Cさんがコーヒーを淹れてくれた。

体の外側からも内側からも
沢の水が染み渡り
活力が漲っできたーーっ!
19
新旧梯子が並ぶ。

このルートを歩いていると
朽ちた梯子は当たり前という感覚になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新旧梯子が並ぶ。

このルートを歩いていると
朽ちた梯子は当たり前という感覚になる。
10
【魚止めの滝】

写真では伝わらないもどかしさ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【魚止めの滝】

写真では伝わらないもどかしさ。
15
下山はピストンなので
あまり寄り道をせずに テンポ良く歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はピストンなので
あまり寄り道をせずに テンポ良く歩く。
9
Cさんカメラマンが
至る所で カメラを構えている。

大きな荷物を抱えているのに
身動きが素早い Cさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Cさんカメラマンが
至る所で カメラを構えている。

大きな荷物を抱えているのに
身動きが素早い Cさん。
16
マイナスイオンたっぷり。
空気までがライム色に色付いて見える:・:*.+゚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナスイオンたっぷり。
空気までがライム色に色付いて見える:・:*.+゚
15
下山は5時間半(休憩1時間)
4時間半で下山したことになる。

良く歩けたな。
元気な足腰に感謝(。・人・。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は5時間半(休憩1時間)
4時間半で下山したことになる。

良く歩けたな。
元気な足腰に感謝(。・人・。)
12
餓鬼岳登山口 到着!!

(* ̄0 ̄)/ (空元気)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳登山口 到着!!

(* ̄0 ̄)/ (空元気)
25
( *_ _)σ| ヘロヘロ

早く車に乗りましょ
お風呂に行きましょ
美味しいご飯 食べましょ
アイスも食べましょ

煩悩の塊 eco
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
( *_ _)σ| ヘロヘロ

早く車に乗りましょ
お風呂に行きましょ
美味しいご飯 食べましょ
アイスも食べましょ

煩悩の塊 eco
30
コロナ禍で日帰り温泉不可の場所もあり

今回は 登山口から車で20分の
【天然ラドン 馬羅尾 天狗岩温泉】へ寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロナ禍で日帰り温泉不可の場所もあり

今回は 登山口から車で20分の
【天然ラドン 馬羅尾 天狗岩温泉】へ寄りました。
13
新しくて綺麗な施設で
内風呂はジェットバス等 数種類
露天風呂からは山々が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しくて綺麗な施設で
内風呂はジェットバス等 数種類
露天風呂からは山々が見えました。
23
ランチタイムには中途半端な時間のために
お店を探すのも大変。

【道の駅 安曇野松川】で
信州吟醸豚を使用した『旨とろ丼』

美味しいお肉が沢山乗っていて満足!
ご馳走さまでした(*´▽`*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチタイムには中途半端な時間のために
お店を探すのも大変。

【道の駅 安曇野松川】で
信州吟醸豚を使用した『旨とろ丼』

美味しいお肉が沢山乗っていて満足!
ご馳走さまでした(*´▽`*)
43

感想/記録
by ecooo

コロナ禍のお盆休みをどう過ごそうかと ヤマレコユーザーさん達も同じように悩んだことと思います。

閉鎖する山小屋
立ち入り禁止の山域
日帰り入浴不可の温泉

計画を立てられずにいたので
山友Cさんから餓鬼岳のお誘いには
二つ返事
( ゚ー゚) ( 。_。) ( ゚ー゚)( 。_。)

「餓鬼岳」というお山を
実は全く知りませんでした。

早速 調べてみると
展望も稜線歩きも素晴らしく
大人気の【燕岳】の隣りなのに
登山者が少ない 北アルプスの山。

コロナ禍に
そんな都合の良い山があるなんて…
ヽ(´▽`)/

たった5張のテント場を
電話で予約が取れた奇跡。*.゚☆

あとは自分の体力のみ。
(これが 最大の核心部)

北アルプスということは
標高差で高山病になる可能性大。

自粛期間で 落ちた体力で
背負い慣れない2泊分のテント装備。

不安要素が多かったけれど
誘ってくれた山友Cさんから
いろいろ教わることができて
いい経験になりました。

餓鬼岳・唐沢岳
どちらとも全般的に 急登や難所が多く
餓鬼岳の登りでは 標準CTの1.5倍も掛けるほど 足が上がらなくて ヘロヘロでした。

14キロ程のザックを9時間以上も背負い続け 1600mの標高差を登りきった達成感✽.。.:*・゚

餓鬼岳のガッキー「よくきた」が
ホントに嬉しかった(/ω\*)

ヤマレコの皆さんのレコで
下調べもたくさんしたけれど

想像を遥かに超える絶景と体験が待っていました。

3日間ともお天気に恵まれ
雨風や寒さなどもなく
テント泊での睡眠も快適。

予定通りに 唐沢岳にも足を伸ばすことができて 大満足です。

前泊の車中泊を
標高1000mの登山口でできたお陰で
充分な睡眠が取れて
最大の核心部「高山病」の症状も出なかったことは今後の山行の自信にも繋がりました。

テント装備での登山は
今回の重量が自分の限界。

帰宅してレコを書いている今も
筋肉痛でヘロヘロです。

自分の身の丈に合った楽しみ方で
長く山を続けて行ければいいな*✲゚*。

餓鬼岳と唐沢岳は
標準コースタイムが少し厳しい設定だと感じました。

日帰りピストンの場合
日の出前や日の入後は 登山道に危険な箇所が多いので、小屋泊かテント泊がオススメです。

コロナ禍で営業してくれた餓鬼岳小屋、
ヤマレコユーザーさん達の情報、
そして 経験の浅い私を誘ってくれて
素晴らしい体験をさせてくれたCさん、
全てに 感謝の気持ちでいっぱいです。


写真が選びきれずに枚数が多い上に
感想まで長くなってしまい すみません。

拙いレコを最後まで見て頂き
ありがとうございました*✲゚*。eco
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1159人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ