また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2526296 全員に公開 沢登り 日高山脈

エサオマントッタベツ岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月22日(土) ~ 2020年08月23日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新しくなった戸蔦別川橋からさらに1km程先の林道崩壊地点の手前まで入れました。
車は3〜4台縦列終車出来そうです。狭いから転回が難しいです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
4時間21分
休憩
0分
合計
4時間21分
宿泊地04:4906:56エサオマントッタベツ川ガケノ沢分岐08:04神威北東尾根末端08:38びれい橋09:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
エサオマン戸蔦別林道は笹薮や崩壊しているところがありますが、なんとか行けます。
滑滝は緊張しますが、左岸の巻道、草木の生えている境目を行くと大丈夫です。
北東カールから稜線に出るルートは登りやすいルートがあるのでそこを行くのが一番安全です。(下山に利用しました。)
ロープは不要です。
沢は水量によって難度が変わってくるので降雨の後は避けたほうがいいと思います。
その他周辺情報新嵐山山荘270円 10:30〜
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

前日の明るいうちに来て、林道の様子を見ました。
予想外に先行の車が2台ありました。
ワゴンはツアー客の、そしてソロの人。
2020年08月21日 18:29撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の明るいうちに来て、林道の様子を見ました。
予想外に先行の車が2台ありました。
ワゴンはツアー客の、そしてソロの人。
1
闇の中を出発します。
2020年08月22日 03:05撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇の中を出発します。
1
すぐに林道崩壊地点。
2020年08月22日 03:06撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに林道崩壊地点。
2
右手に第6号砂防ダム。
2020年08月22日 03:47撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に第6号砂防ダム。
1
幾度となく他の方の山行記録で見たエサオマン戸蔦別林道入り口の表示。
2020年08月22日 04:07撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾度となく他の方の山行記録で見たエサオマン戸蔦別林道入り口の表示。
2
すぐに鍵付きのゲートがありました。
2020年08月22日 04:09撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに鍵付きのゲートがありました。
2
笹薮が濃いところがあります。
2020年08月22日 04:15撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮が濃いところがあります。
1
入渓ポイント間違って下りてしまいました。
2020年08月22日 04:23撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓ポイント間違って下りてしまいました。
2
間違いに気がつかないで沢靴に履き替えました。
もう明るくなっています。
2020年08月22日 04:33撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違いに気がつかないで沢靴に履き替えました。
もう明るくなっています。
3
沢は嫌いなので、こういう風景を見るだけで緊張します。
2020年08月22日 04:33撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は嫌いなので、こういう風景を見るだけで緊張します。
2
林道に戻ります。
ここは崩壊したところ。
2020年08月22日 04:56撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に戻ります。
ここは崩壊したところ。
1
入渓ポイントにはピンクテープがあります。
ここから沢に降りていきます。
2020年08月22日 05:21撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓ポイントにはピンクテープがあります。
ここから沢に降りていきます。
4
大きな岩にピンクテープが付いています。
2020年08月22日 05:24撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩にピンクテープが付いています。
3
水量が多いのか少ないのかわかりませんが、勢いがあります。
降雨後の状況を想像するとゾッとします。
2020年08月22日 05:33撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量が多いのか少ないのかわかりませんが、勢いがあります。
降雨後の状況を想像するとゾッとします。
3
傾斜の少ないところはまだ気持ちに余裕があります。
よく見ると前方にエサオマントッタベツ岳が見えています。
2020年08月22日 05:42撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜の少ないところはまだ気持ちに余裕があります。
よく見ると前方にエサオマントッタベツ岳が見えています。
6
ゴーロを行く方が気が楽です。
2020年08月22日 07:06撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロを行く方が気が楽です。
3
人間の足跡を見てホッとします。
2020年08月22日 07:22撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人間の足跡を見てホッとします。
4
何箇所か巻道がありました。
どこも短い気休めでした。
2020年08月22日 07:33撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何箇所か巻道がありました。
どこも短い気休めでした。
2
団体さんが歩いたような足跡。
2020年08月22日 07:38撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団体さんが歩いたような足跡。
2
少しづつ傾斜がでて水の勢いが出てきました。
2020年08月22日 07:46撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しづつ傾斜がでて水の勢いが出てきました。
1
997mの山スキー沢。右をいきます。
2020年08月22日 07:58撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
997mの山スキー沢。右をいきます。
2
北東カールが見えてきました。
2020年08月22日 08:13撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東カールが見えてきました。
2
アップで。
まだまだ先があります。
2020年08月22日 08:27撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
まだまだ先があります。
8
三段の滝。写っていませんが、この上にもう一段あるようです。
左岸(向かって右側)を巻きます。
2020年08月22日 09:20撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝。写っていませんが、この上にもう一段あるようです。
左岸(向かって右側)を巻きます。
2
後ろを振り返ると妙敷山。
2020年08月22日 09:22撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると妙敷山。
2
滑滝の前兆。
2020年08月22日 09:33撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑滝の前兆。
4
いよいよ滑滝の出現です。
2020年08月22日 09:36撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ滑滝の出現です。
8
緊張しますが、落ち着いて。
左岸をいきます。
2020年08月22日 09:39撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張しますが、落ち着いて。
左岸をいきます。
6
ここまでくるともう安心。
2020年08月22日 09:59撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくるともう安心。
5
ツアー客が下山していきます。
この時間帯だと昨日登頂したのかな。
自分も疲れていましたが、ツアーの人達も疲れた感じで誰も挨拶しませんでした。
2020年08月22日 10:04撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアー客が下山していきます。
この時間帯だと昨日登頂したのかな。
自分も疲れていましたが、ツアーの人達も疲れた感じで誰も挨拶しませんでした。
3
沢が枯れて間も無く北東カールです。
2020年08月22日 10:04撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が枯れて間も無く北東カールです。
2
北東カールに着きました。
笛を吹きます。
ざっと見た感じ熊の姿はありませんでした。
2020年08月22日 10:18撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東カールに着きました。
笛を吹きます。
ざっと見た感じ熊の姿はありませんでした。
9
雪渓はありません。
2020年08月22日 10:18撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓はありません。
3
登山靴に変えて、少し軽量化します。
飲み物はボトル1本しか持っていきませんでしたが、予想外に時間がかかってしまい、足りませんでした。
2020年08月22日 10:32撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山靴に変えて、少し軽量化します。
飲み物はボトル1本しか持っていきませんでしたが、予想外に時間がかかってしまい、足りませんでした。
6
ここまでは正しかったのか?
2020年08月22日 10:39撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは正しかったのか?
2
広いガレ場をどんどん直進しました。
2020年08月22日 10:45撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いガレ場をどんどん直進しました。
1
エサオマントッタベツ岳が近づいてきました。
2020年08月22日 10:52撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマントッタベツ岳が近づいてきました。
11
広いガレ場を進んで行ったら、ここで行き詰まってしまいました。途中で分岐していたところを左に行くのが正解だったようです。
2020年08月22日 11:07撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いガレ場を進んで行ったら、ここで行き詰まってしまいました。途中で分岐していたところを左に行くのが正解だったようです。
2
途中写真を撮る気力がなくなり、稜線に出てようやく撮りました。
2020年08月22日 12:04撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中写真を撮る気力がなくなり、稜線に出てようやく撮りました。
5
ハイマツ漕ぎです。
2020年08月22日 12:04撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ漕ぎです。
4
稜線上にテン場があります。
2020年08月22日 12:22撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上にテン場があります。
5
後方を振り返ります。
2020年08月22日 12:22撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方を振り返ります。
8
カムエクが見えました。
2020年08月22日 12:22撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムエクが見えました。
7
札内JPから。
先にエサオマントッタベツ岳。
背後に幌尻岳。
2020年08月22日 12:23撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札内JPから。
先にエサオマントッタベツ岳。
背後に幌尻岳。
9
コルにもテン場がありました。
こちらの方が安心かな。
2020年08月22日 12:44撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルにもテン場がありました。
こちらの方が安心かな。
4
一見踏み跡が綺麗に付いているように見えますが、基本ハイマツに覆われています。
2020年08月22日 12:44撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見踏み跡が綺麗に付いているように見えますが、基本ハイマツに覆われています。
5
あと、標高差100m.
2020年08月22日 12:51撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと、標高差100m.
3
頂上が目の前に。
2020年08月22日 13:14撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が目の前に。
4
ようやく着きました。
2020年08月22日 13:18撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく着きました。
14
天気は申し分ありません。
こんな日に登れて幸いです。
2020年08月22日 13:18撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は申し分ありません。
こんな日に登れて幸いです。
16
幌尻岳と尖った戸蔦別岳。
2020年08月22日 13:23撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌尻岳と尖った戸蔦別岳。
8
カムイエクウチカウシ山。
2020年08月22日 13:23撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイエクウチカウシ山。
11
ここから北東カールに降ります。
ピンクテープと一本のストック。
kutaroさんの山行記録で見ていたので安心しました。
2020年08月22日 14:29撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北東カールに降ります。
ピンクテープと一本のストック。
kutaroさんの山行記録で見ていたので安心しました。
5
はっきりした道で安心しました。
2020年08月22日 14:35撮影 by EX-ZR3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきりした道で安心しました。
2
下山は写真を撮る余裕はありませんでした。
いきなり入渓ポイントです。
岩にピンクテープが付いています。
ここまでくるとあとは林道歩きなので安心です。
2020年08月23日 07:01撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は写真を撮る余裕はありませんでした。
いきなり入渓ポイントです。
岩にピンクテープが付いています。
ここまでくるとあとは林道歩きなので安心です。
2
登山靴に履き替えながら、エサオマントッタベツ岳を眺めます。
もう君に会うことなないでしょう。
2020年08月23日 07:10撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山靴に履き替えながら、エサオマントッタベツ岳を眺めます。
もう君に会うことなないでしょう。
10
なんとか無事帰ってこれました。
2020年08月23日 09:09撮影 by EX-ZR1600 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか無事帰ってこれました。
8

感想/記録
by atreyu

日高には美しい響きの名前の山がたくさんあります。
エサオマントッタベツ岳はその中の代表格だと思います。
この山は山に登るようになってからいつしか憧れの存在となり、今年一番の目標にしていました。
問題があります。
長い沢があることです。
沢が苦手で嫌いな自分にとっては最大の難問です。

登るのは1年で一番陽の長い6月中旬から下旬。
日照時間が15時間23分あります。
週末の天気が良く気持ちが上向きな日がなかなか巡ってきません。
結局8月の下旬になってしまいました。
自分にとっては今回が今年最後のチャンスに思えました。
今の日照時間が13時間39分と1時間50分も短くなってしまっているのが不安材料です。

エサオマントッタベツ岳の山行記録をみると北東カールで1泊というのが多いようです。
自分は是が非でも日帰りしたいと思っていました。
なぜかというと、テン泊装備の荷物で沢を歩くのは体力的に難しいと思ったからです。
足元の不安な沢ではバランスを崩して沢の中に落ちてしまうんじゃないかと。
だからと言って身軽な装備だと簡単に日帰りできるというわけではありませんが。

日の出前に戸蔦別川林道からエサオマン戸蔦別林道を歩き、日の出とともに沢に入る。
下山は日没前に沢をでて林道に辿り着くという計画です。
問題はやはり日照時間が2時間近く短くなってしまったということです。

3時過ぎに出発しましたが、沢に着く頃はすでに明るくなっていました。
いきなり入渓ポイントを間違ってしまいました。
沢靴のままエサオマン戸蔦別林道に戻り先に進みます。
入渓ポイントにはピンクテープがありました。
ここから長い沢歩きの始まりです。
沢歩きは滑ったりバランスを崩して転ばないよう緊張の連続です。
三段の滝は左岸の巻道、その後に続く滑滝も左岸の巻道。
乾いたところは滑らないので歩きやすいところを歩きます。
沢の水は枯れることなく北東カールまで続きます。

衝立のような北東カールの壁が広がりました。
笛を吹いて見えないクマを牽制してからカールの壁に向かいます。
北東カールから稜線に出るルートに乗れるか心配でしたが、
案の定、間違ったルートを辿ってしまい行き詰ってしまいました。
気を取り直して、一旦下りもう一つ左側に行くと踏み跡があり、そこを行くと何とか稜線に出れました。
下山はもっといいルートがあり、そこから下りたら全然楽でした。
貴重な時間をロスしてしまいました。

稜線に出てからハイマツに手こずり、体力を消耗してしまいました。
12時には頂上に着きたかったけど、1時間半の遅れ。
もはや今日中の下山は不可能となりました。
あとは僅かな可能性を信じて下山しましたが、18時半頃、時間切れでビバークの用意をしました。
用意したきたのはツェルトと着替えの下着Tシャツのみ。
レインウェの上下を着て、ツェルトに包まりました。

寒くて寒くて震え一睡も出来ない長い夜を過ごしました。
着火剤を持って来れば焚き火をして暖を取れたかもしれない。
せめてダウンジャケットの一つでも持って来れば良かったとか、いろいろ考えました。
ツェルトを持ってきていなかったら、どうなっていたことか、、、
無謀な計画だったかもしれないけど、なんとか自力で怪我もなく帰ってこれました。

8人ほどのツアー客が来ていました。
高齢の方のグループでしたが、こんな山にツアーで来るなんて驚きです。
あと、テン泊ソロの人は二人。
沢の下の方にもテントを張った4〜5人のグループがいました。
意外と登る人がいるんですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1354人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/4
投稿数: 51
2020/8/25 9:04
 こんにちは
エサオマン登頂、お疲れ様でした。
とてもわかりやすいヤマレコで感謝します。
来週、天気良かったらアタックしたいと思います。
ツェルト泊、ご無事でなによりです。
ありがとうございます。
登録日: 2016/3/28
投稿数: 69
2020/8/25 11:10
 Re: こんにちは
whipetさん、こんにちは。
沢が長くて辛かったです。
最後は生まれたての子鹿になってしまいました。
今回はいろいろ学ぶことがあった山行になりました。
天気が良ければいいですね。
ご健闘をお祈りします。
登録日: 2012/10/4
投稿数: 51
2020/8/28 13:44
 質問
こんにちは、駐車場から鍵付き林道ゲートまでの約5キロ間は、自転車を使う事は可能でしょうか?
登録日: 2016/3/28
投稿数: 69
2020/8/28 14:43
 Re: 質問
駐車地点から先の林道は一部を除いて大変荒れています。
カムエクの七ノ沢出合までの整備された林道とは全く違います。
自転車は逆に足枷になってしまい体力を消耗しそうな気がします。
登録日: 2012/10/4
投稿数: 51
2020/8/28 22:46
 Re[2]: 質問
少しでも楽したかったんですが、林道はそんなに崩壊していたんですね💦ありがとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ