また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2526974 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

入笠山・テイ沢周回〜アケボノソウと幻想的な沢歩き

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月24日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り 下山直後に降雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・往路は、上信越道佐久南からエコーラインで。復路は、豪雨を避けるため、中央道諏訪南から長坂ICで下りて清里経由で。車で八ヶ岳周回。

・沢入駐車場、トイレあり。マイカー規制あり、下記URL参照。
https://www.town.fujimi.lg.jp/page/mycarkisei.html
https://www.town.fujimi.lg.jp/uploaded/attachment/18598.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
41分
合計
6時間33分
S沢入登山口07:4908:46入笠湿原08:4808:50山彦荘08:5109:06マナスル山荘09:19岩場コース 迂回コース分岐09:32入笠山09:4510:00首切登山口(仏平峠)10:0110:06首切清水10:0710:36テイ沢分岐10:43大阿原湿原10:48大阿原湿原入口10:4911:26テイ沢分岐12:02テイ沢入口12:30JA入笠ハウス12:52御所平登山口12:5312:56マナスル山荘12:5713:10山彦荘13:1113:22入笠湿原13:4114:21沢入登山口14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
花と湿原めぐり、幻想的な沢に癒され、ゆったりと周回です。
コース状況/
危険箇所等
・沢入駐車場から入笠湿原へ。お花畑経由岩場コースで入笠山登頂。仏平峠へ下りて大河原湿原を周回し昼食。テイ沢を下り林道を北上。入笠牧場を突っ切り御所平峠を経て入笠湿原を周回、沢入駐車場へ下山。湿原の花々めぐりと幻想的な沢歩き。

・入笠湿原:エゾリンドウ、サワギキョウ、ノアザミ、コバギボウシ、ワレモコウ、アケボノソウ、ウメバチソウ、ベンケイソウ、マルバダケブキなど

・お花畑:コオニユリ、エゾリンドウ、アザミ、ヨツバヒヨドリ、キキョウ、アキノキリンソウ、など

・大河原湿原:ミゾソバ、ノアザミ、アケボノソウなどで、花は少ない。木道は斜めに崩壊し通行止めされているが、注意すれば通行出来た。覚満淵の木橋よりマシ。

・テイ沢:清涼な水が流れ、小さなゴルジュもある。数回木橋での徒渉あり。苔生す岩と、針葉樹にサルオガセが垂れ下がる幻想的な沢。八ヶ岳と奥利根を融合させたような雰囲気。
その他周辺情報・中央道八ヶ岳PAで信玄餅をお土産に。
・野辺山のヤツレンでソーセージ、チーズスープをお土産に。ヨーグルトソフト400円を食う。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

前夜19時に見上げる赤銅色の三日月。
2020年08月23日 19:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜19時に見上げる赤銅色の三日月。
9
雨境望月線でパジェロが走行距離360000kmに到達。26年4か月での快挙。月までの距離385000kmまであと25000km。
2020年08月24日 05:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨境望月線でパジェロが走行距離360000kmに到達。26年4か月での快挙。月までの距離385000kmまであと25000km。
14
蓼科牧場の清々しい朝。
2020年08月24日 06:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科牧場の清々しい朝。
11
沢入駐車場に到着。ガス晴れ待ちで30分待機していた。留守番よろしく。木材運搬車両に改造されていたら困るな。
2020年08月24日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢入駐車場に到着。ガス晴れ待ちで30分待機していた。留守番よろしく。木材運搬車両に改造されていたら困るな。
4
登山道ではハナイカリが出迎える。
2020年08月24日 07:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道ではハナイカリが出迎える。
6
イカリのように広がった花。花が開いたところもきれいだ。
2020年08月24日 07:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イカリのように広がった花。花が開いたところもきれいだ。
24
樹林帯にはマルバダケブキの群生。
2020年08月24日 07:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯にはマルバダケブキの群生。
3
オトコエシ。
2020年08月24日 08:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトコエシ。
5
ヤマオダマキ。
2020年08月24日 08:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ。
7
ツルリンドウ。
2020年08月24日 08:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルリンドウ。
5
早朝の青空にツリガネニンジン。あの鐘を鳴らすのは誰だ?
2020年08月24日 08:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の青空にツリガネニンジン。あの鐘を鳴らすのは誰だ?
8
入笠湿原と山彦荘。花鑑賞は帰りにすることにしてお花畑へ。
2020年08月24日 08:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原と山彦荘。花鑑賞は帰りにすることにしてお花畑へ。
2
コオニユリ。トンボが翅休め。
2020年08月24日 08:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コオニユリ。トンボが翅休め。
12
エゾリンドウ。ミツバチが頭隠して尻隠さず。
2020年08月24日 09:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウ。ミツバチが頭隠して尻隠さず。
6
マナスル山荘、天文荘。
2020年08月24日 09:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘、天文荘。
2
カワラナデシコ。
2020年08月24日 09:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワラナデシコ。
10
入笠山山頂。おNewでナウいね、チョベリグじゃんと、青春時代をバブル期で過ごしたイケイケの鬼軍曹。今も変わらずアッシー君。
2020年08月24日 09:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山山頂。おNewでナウいね、チョベリグじゃんと、青春時代をバブル期で過ごしたイケイケの鬼軍曹。今も変わらずアッシー君。
41
首切り清水。この太い首が切れるかな?
2020年08月24日 10:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首切り清水。この太い首が切れるかな?
2
大河原湿原。周遊木道を周回する。
2020年08月24日 10:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原湿原。周遊木道を周回する。
7
木道沿いにアケボノソウ。
2020年08月24日 10:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道沿いにアケボノソウ。
19
ひっそりとアケボノソウ。
2020年08月24日 10:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとアケボノソウ。
20
湿原の南側に入ると苔生す岩と沢。八ヶ岳近郊らしい風景。
2020年08月24日 10:35撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の南側に入ると苔生す岩と沢。八ヶ岳近郊らしい風景。
7
展望デッキに戻ってきて昼食。鶏照焼き、ミョウガとネギ、トロロを乗せた冷たいソバ(麺が全く見えないが)、小さな海鮮丼。
2020年08月24日 10:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望デッキに戻ってきて昼食。鶏照焼き、ミョウガとネギ、トロロを乗せた冷たいソバ(麺が全く見えないが)、小さな海鮮丼。
17
お気に入りの蝶ヶ岳のバッチを付けた。
2020年08月24日 10:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お気に入りの蝶ヶ岳のバッチを付けた。
9
テイ沢へ行くので、再び周遊木道を歩く。アケボノソウ。
2020年08月24日 11:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テイ沢へ行くので、再び周遊木道を歩く。アケボノソウ。
9
咲き始めて間もないアケボノソウ。
2020年08月24日 11:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めて間もないアケボノソウ。
17
テイ沢を下っていく。シラビソに大量のサルオガセが垂れ下がっていた。
2020年08月24日 11:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テイ沢を下っていく。シラビソに大量のサルオガセが垂れ下がっていた。
5
都会の蒸し暑さを忘れて、身体も心もヒーリング。薄緑色に包まれ、せせらぎの音しか聞こえない。
2020年08月24日 11:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都会の蒸し暑さを忘れて、身体も心もヒーリング。薄緑色に包まれ、せせらぎの音しか聞こえない。
4
ウグイスが沢で遊ぶ。
2020年08月24日 11:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウグイスが沢で遊ぶ。
7
ひっそりとした沢。太陽と緑が奏でる光と影。
2020年08月24日 11:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりとした沢。太陽と緑が奏でる光と影。
10
樹林帯のすき間に青空と積乱雲。
2020年08月24日 11:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯のすき間に青空と積乱雲。
5
林道を歩いて牧場へ向かう。それにしても、ここはサルオガセがすごい。まるでカラマツやシラビソが羽衣をまとっているようだ。
2020年08月24日 12:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いて牧場へ向かう。それにしても、ここはサルオガセがすごい。まるでカラマツやシラビソが羽衣をまとっているようだ。
4
マルバダケブキにミドリヒョウモン。
2020年08月24日 12:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキにミドリヒョウモン。
8
入笠牧場入口はマルバダケブキの群生。
2020年08月24日 12:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠牧場入口はマルバダケブキの群生。
10
薄気味悪いホソバトリカブト。
2020年08月24日 12:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄気味悪いホソバトリカブト。
6
再びお花畑。コオニユリ、オオバセンキュウ。
2020年08月24日 12:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びお花畑。コオニユリ、オオバセンキュウ。
5
クジャクチョウが遊び疲れて一休み。
2020年08月24日 13:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クジャクチョウが遊び疲れて一休み。
10
エゾリンドウにミドリヒョウモン。
2020年08月24日 13:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウにミドリヒョウモン。
5
山彦荘から俯瞰する入笠湿原。
2020年08月24日 13:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘から俯瞰する入笠湿原。
3
エゾリンドウ、サワギキョウ。紫花の競演。
2020年08月24日 13:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウ、サワギキョウ。紫花の競演。
7
ノコンギク。
2020年08月24日 13:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク。
2
アケボノソウ。
2020年08月24日 13:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノソウ。
7
開花が始まったベンケイソウ。
2020年08月24日 13:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開花が始まったベンケイソウ。
10
ウメバチソウ。
2020年08月24日 13:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ。
9
可愛らしいアケボノソウ。
2020年08月24日 13:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしいアケボノソウ。
25
たくさんの花をつけるアケボノソウ。
2020年08月24日 13:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの花をつけるアケボノソウ。
21
湿原に咲く初秋の花。
2020年08月24日 13:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原に咲く初秋の花。
9
花の模様が夜明けの星をイメージして命名。
2020年08月24日 13:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の模様が夜明けの星をイメージして命名。
9
花びらに小宇宙が見えそうだ。
2020年08月24日 13:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花びらに小宇宙が見えそうだ。
7
エゾリンドウが満開。
2020年08月24日 13:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾリンドウが満開。
13
アザミにミドリヒョウモン。
2020年08月24日 13:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミにミドリヒョウモン。
6
マツムシソウ。
2020年08月24日 13:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツムシソウ。
16
クサレダマ、ヤマハハコ、サワギキョウ、エゾリンドウなど咲くお花畑。
2020年08月24日 13:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサレダマ、ヤマハハコ、サワギキョウ、エゾリンドウなど咲くお花畑。
9
下山し車に乗った瞬間、雨が降ってきた。八ヶ岳は見えず。蓼科方面が大雨で、帰路は清里回りで帰ることにした。
2020年08月24日 14:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し車に乗った瞬間、雨が降ってきた。八ヶ岳は見えず。蓼科方面が大雨で、帰路は清里回りで帰ることにした。
3
八ヶ岳PAで信玄餅、野辺山のヤツレンでソーセージ、チーズスープをshilokoさんへのお土産に。
2020年08月24日 15:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳PAで信玄餅、野辺山のヤツレンでソーセージ、チーズスープをshilokoさんへのお土産に。
15
私は珍しくスイーツ。ヨーグルトソフトを喰らう。400円。黒い手が似合わない。
2020年08月24日 15:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は珍しくスイーツ。ヨーグルトソフトを喰らう。400円。黒い手が似合わない。
22

感想/記録

 子供たちの短い夏休みも終わり、残暑厳しいなかでの通学風景が戻ってきた。今年は新型コロナウイルスで何もかもが例年と異なり、新しい生活様式が推奨されている。感染症対策で手洗いがとても重要。

 私のような小汚い野郎は、ツラを洗って出直せ、首を洗って待ってろ、身元を洗われたりと、洗うことを強要されてばかり。足を洗って出直すべきだろうが、足の強烈な臭さは消えないだろう。そんな時は、心が洗われるひっそりとした山の中へ。

 自宅を4時に出発。高崎ICから佐久南ICで下りる。望月線経由でエコーライン、中央道と甲州街道を突っ切り入笠山へ。マイカー規制で沢入駐車場に停めた。前橋から2時間40分で到着。先行車が5台、きれいなトイレもある。朝霧とガス待ちで車内で30分待機して出発。気温22℃、清々しい空気。

 近くで切り出した木材を運ぶため、木材運搬車両がすれ違うため駐車場内で待機していた。ちょうど良いポンコツがあるなと、大きなはさみと屋根にコクピットが付けられ改造されているかもしれない。

 登山道を過ぎすぐにハナイカリが出迎える。樹林帯にはマルバダケブキの群生。真夏の花が一面に広がっていた。淡々と1時間ほど登山道を歩くと鉄扉。入笠湿原入り口。尾瀬同様ここも二ホンジカ対策をしていた。

 帰りに花々は見ることして、山彦荘からお花畑へ。コオニユリ、ヨツバヒヨドリ、エゾリンドウ、ヤナギランなどが咲いていた。マナスル山荘方面に出て、そのまま岩場コースへ。20分で山頂到着。

 ガスガスで景色は山麓程度しか見えない。もう少し雲が少ない予想だっただけに、ここまで台風の影響があるのだと思った。記念撮影して早々と仏平峠から大河原湿原へ。

 木で設営された展望デッキがある。花が少ないと聞いたが美しい湿原が広がっていた。とりあえず一周する。木道から離れた所にアケボノソウが数株あった。湿原に踏み跡があるので、下りて行っているのだろう。非常に残念な行為だ。アヤメ平はもう二度と昔の姿には戻らないのを、知っているのだろうか?
 
 しばらく行くと木道のすぐ脇にアケボノソウを発見。二株あった。これは間近で観賞し撮影することができた。周遊木道は一部崩壊しているので、通子止めとあったが、傾き土台がずれていただけだったので、ゆっくりと通過。濡れていると滑るから通行止めにしているのだろう。

 一周30分で展望デッキに戻ってきて昼食。鶏照焼きとミョウガネギを大量に乗せたトロロソバ、小さな海鮮丼を日陰で食べる。少し休んで再び周遊木道を西へ。

 テイ沢を下っていく。カラマツやシラビソに大量のサルオガセが垂れ下がっていた。緑の藻のように見える、地衣類でコケなのだ。これが林道の牧場の入り口付近まで続く。すごい風景。

 そして木々もコケをまとうが、沢の岩も苔生していた。まさに八ヶ岳近郊らしい風景。すべてが薄緑色に包まれている。流れる沢は小さなゴルジュや小瀑布もあり、美しい。八ヶ岳と奥利根の沢を融合させたような雰囲気。

 会社や日常、未来のことなど、すべてを忘れて歩む。清流のせせらぎしか聞こえない、神秘的な雰囲気に包まれる癒しの空間。人に驚いたウグイスに現実へと戻されるが、まるでこの世界へと私を先導するように、木々の先々を渡っていた。

 テイ沢は小黒川へと注ぎ南下、私は黒河内林道に出てきて北上。ここもシラビソやカラマツにサルオガセが垂れ下がり、木々が緑の羽衣をまとっているようだった。マルバダケブキの群生に迎えられ入笠牧場内へ。突っ切るように牧場を出て御所平峠に到着。再びマナスル山荘。

 お花畑を再び観賞し、山彦荘から入笠湿原へ。サワギキョウとエゾリンドウの紫花の競演が素晴らしい。ゴマナ、オオバセンキュウ、ヤマハハコなど白い花も多く咲いていた。ベンケイソウが咲き始めたなと見ていたら、そのそばに大きなアケボノソウが数株あった。咲き誇るアケボノソウ。初秋を感じさせる星空をイメージした花。

 雨が降り始める15時には下山したいので、切り上げて下山。今朝来た道を戻る。40分で駐車場へ。木材運搬車に改造されていなかった。番犬が守ってくれたのだろう。着替えて帰路へ。ちょうど雨が降ってきた。

 下る道から見る八ヶ岳は主稜線が全く見えず、蓼科山方面は黒い雲。SCW局地で見ても黄色から赤色。豪雨を避けるため清里廻りで帰ることにした。

 中央道八ヶ岳PAで信玄餅を、野辺山のヤツレンでソーセージとスープをshilokoさんのお土産に。ついでにヨーグルトソフトを買い喰らう。上はソフトクリーム、下はヨーグルトで二倍美味しい、400円。

 長い141号を進み、中部横断道八千穂から乗る。佐久中佐都を過ぎると目の前には雄大な浅間山。前橋に待つshilokoさんへ知らせるように、噴煙を高々と上げていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:591人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 2836
2020/8/25 21:36
 林道と湿原のアケボノソウ
growmonoさん 今晩は。
入笠山とは驚きました・・・小さな観光地にはいかないと思っていましたからね、
アケボノソウはこの山で初めて見てから、アケボノソウは入笠山だと思いこんでいます、この時期は湿原もリンドウで一杯になり秋の花めぐりができますね。
テイ沢の橋は大丈夫でしたか、何も記載されていなかったので問題ないと解釈しています
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1613
2020/8/25 22:21
 それでも南アルプス
 こんばんは、yasioさん。
前日の榛名山へ行く途中に思い浮かびまして、行くことにしました。お盆休みのリベンジで会津駒か早出して飯豊山へと思ってましたが、月曜は午後からかなり危険な雨雲ができるので、やめまして。アケボノソウ繋がりで決めました。

 確かにゆるゆるの観光地で、スニーカーやサンダルの女性もいました。まぁたまには良いかなと。久々にゆっくり歩きましたね。特に湿原地帯。CTとの比較にもに出ています。正直です。

 テイ沢の橋は、まるで私が小学生の夏休みの課題で作った、木工細工に似ていました。普通に渡れましたが、水量が少なく石飛で渡渉したほうが早いので、ほぼパスしました。良い沢ですね。
登録日: 2011/5/14
投稿数: 2403
2020/8/26 16:34
 下山後はアイスクリーム
こんにちわ。
入笠山、スズランの頃人気と思いましたが、この時期も色んな花が咲くのですね。レコを拝見して驚きました。マルバタケブキの群生、一面紫のリンドウ。それにアケボノソウ。遠くて足が遠のいていますが四季を通して良い山なのですね。
入笠山、見直してしまいました。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1613
2020/8/26 20:09
 帰宅後は信玄餅
 こんばんは、yasubeさん。
榛名山のアケボノソウから関連付けて行ってきました。スズランが有名ですが、yasioさんもおっしゃられたように、入笠湿原にアケボノソウがたくさん咲きます。榛名は小さかったですが、入笠山は開花が早くすでに50cm近いものがありました。

 晩夏初秋の花時期でもあり、エゾリンドウとサワギキョウが繚乱し素晴らしかったです。9月に入ってからのほうが、エゾリンドウが素晴らしいと思います。

 確かに前橋から2時間40分と北アルプスへ行くのと変わりません。私なら通常八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳へと足が向かうのですが、たまにはのんびりと、花と沢に癒されに行くのも良いのかなと思いました。

 天候により、行きは蓼科方面から、帰りは清里からと八ヶ岳を周回するようにドライブしました。景色や観光も楽しめて良かったです。アイスは美味しかったですね。濃く甘いソフトクリームの下に濃く酸っぱいヨーグルトです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ