また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2528624 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

苗場トライアングル

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月24日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(10時ごろより高層は曇)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小日橋から本橋バス停までは、山と高原地図のCTキツメ。林道と登山道が交差する箇所での登山道の見落としに注意。
コース状況/
危険箇所等
国道17号二居トンネルは歩行困難。中部北陸自然歩道(登山道)あり(CT3時間)。
その他周辺情報道の駅「みつまた」は立ち寄り湯「街道の湯」あり。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 短パン 靴下 サンバイザー ザック 食料 ジェル 飲料2ℓ 山と高原地図 ファーストエイドキット 保険証 携帯(ジップロック) 時計 グローブ 熊鈴 ヘッドランプ 雨具上下 トレッキングポール
備考 今回念の為トレッキングポール持参。やぶ払いや、ザレの急な下降時に重宝

写真

道の駅から夜中の林道を約8km。祓川駐車場を超えたあたり
2020年08月24日 05:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅から夜中の林道を約8km。祓川駐車場を超えたあたり
ブナの標高域を超えて、ダケカンバの樹林帯へ
2020年08月24日 06:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの標高域を超えて、ダケカンバの樹林帯へ
いち早く紅葉(七竈?)
2020年08月24日 06:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いち早く紅葉(七竈?)
湿気多く視界はまずまず
2020年08月24日 06:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿気多く視界はまずまず
カッサ湖を望む
2020年08月24日 06:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッサ湖を望む
神楽の峰を超えると、本日のボス登場
2020年08月24日 06:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽の峰を超えると、本日のボス登場
1
山と高原地図で水場となっているが、生では飲めんでしょ
2020年08月24日 06:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原地図で水場となっているが、生では飲めんでしょ
1
お花畑の標識のあるエリア。トリカブトに囲まれる
2020年08月24日 06:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑の標識のあるエリア。トリカブトに囲まれる
傾斜はそれなり。しかし木道がついていたり、浮石も少なくかなり整備されてます。
2020年08月24日 06:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜はそれなり。しかし木道がついていたり、浮石も少なくかなり整備されてます。
ぱっと視界が開けます。
2020年08月24日 07:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぱっと視界が開けます。
天空の平原
2020年08月24日 07:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空の平原
地平線の先は空。尾瀬よりも開放感あり?
2020年08月24日 07:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地平線の先は空。尾瀬よりも開放感あり?
本日の最高点をおさえて、少し安堵(ザックに尺取虫付いてるお間抜け)
2020年08月24日 07:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最高点をおさえて、少し安堵(ザックに尺取虫付いてるお間抜け)
先週歩いた谷川主脈方面を望む
2020年08月24日 07:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週歩いた谷川主脈方面を望む
地平線の先に山
2020年08月24日 07:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地平線の先に山
1
地平線パノラマ
2020年08月24日 07:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地平線パノラマ
あとで見ると、湿原って写真の差異が分からん
2020年08月24日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとで見ると、湿原って写真の差異が分からん
1
平原の終わりはいきなり急な下降(昌次新道へ入る)
2020年08月24日 07:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平原の終わりはいきなり急な下降(昌次新道へ入る)
1
藪も深く、ここからが核心と気を引き締める
2020年08月24日 07:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪も深く、ここからが核心と気を引き締める
シラビソの尾根通過中。下降時左側は割と切れ落ちており、走れたりはしない。
2020年08月24日 07:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの尾根通過中。下降時左側は割と切れ落ちており、走れたりはしない。
コレ熊さんだよね…尾根道の両端崖だからな〜人も熊も同じ道なのかなぁ。鈴だけでは心細く時々声を上げながら進む…
2020年08月24日 08:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレ熊さんだよね…尾根道の両端崖だからな〜人も熊も同じ道なのかなぁ。鈴だけでは心細く時々声を上げながら進む…
シラビソの尾根を越えると栂?の大木
2020年08月24日 08:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの尾根を越えると栂?の大木
1
腰掛デカイ
2020年08月24日 08:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰掛デカイ
1
ブナの層(1500mぐらい)まで下りてきた
2020年08月24日 08:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの層(1500mぐらい)まで下りてきた
1
ここの水場は水量あるけど、沢をだいぶ流れた後で、これも生では。。。
2020年08月24日 09:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの水場は水量あるけど、沢をだいぶ流れた後で、これも生では。。。
沢沿いにカツラの大木
2020年08月24日 09:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いにカツラの大木
1
山口館のコンセプトが謎
ここで水の補給が出来た。(2.5リットル背負ってたので、無くてもいい状況ではあったが、気兼ねなく渇きを癒せる幸せ)
2020年08月24日 09:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山口館のコンセプトが謎
ここで水の補給が出来た。(2.5リットル背負ってたので、無くてもいい状況ではあったが、気兼ねなく渇きを癒せる幸せ)
1
林道交差点。完璧に見落として林道を1kmほど歩いてしまった。
2020年08月24日 11:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道交差点。完璧に見落として林道を1kmほど歩いてしまった。
登って下って…17号まで出てきました。小日橋から元湯バス停まではコースタイム厳しめ。
2020年08月24日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って下って…17号まで出てきました。小日橋から元湯バス停まではコースタイム厳しめ。
撮影機材:

感想/記録

できるだけピストンではなくラウンドのコース取りを計画するが、今回の17号延々徒歩はNG。このコースの難所は山ではなく、下山後の17号死のロード。
当初は夜間スタート&下山後のロード歩きを抑えたく、なるべく17号の中間地点スタートを予定するも、スタート出遅れと午後は視界不良の予報のため、17号沿いのスタート地点をなるべく苗場山頂より=「道の駅みつまた」とした。中の峠を越える二居トンネルについて、歩行可否は判らないながらのコース取り。今回トンネルは工事により片側通行で、歩行を試みるも工事の人が車で渡してくれた。結果オーライで工事していなかった場合、徒歩で行くのは道幅狭く、危険極まりなかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:252人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ