また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2531387 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

餓鬼岳テント泊(白沢登山口〜餓鬼岳〜燕岳〜中房温泉)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月24日(月) ~ 2020年08月26日(水)
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
往路:白沢登山口(餓鬼岳登山口)に駐車
復路:中房温泉〜JR穂高駅(バス)
   JR穂高駅〜JR信州常磐駅(電車)
   JR信州常磐駅~白沢登山口(タクシーで自家用車回収)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間39分
休憩
50分
合計
8時間29分
S白沢登山口05:5506:41紅葉の滝06:4307:41魚止めの滝07:5008:10最終水場08:2510:39大凪山11:0114:18餓鬼岳14:2014:24餓鬼岳小屋
2日目
山行
7時間41分
休憩
55分
合計
8時間36分
餓鬼岳小屋06:1106:16餓鬼岳06:2206:28餓鬼岳小屋06:2909:482508ピーク10:0411:03東沢岳11:0611:39東沢乗越12:0413:2013:2214:13北燕岳14:24燕岳14:27めがね岩14:39いるか岩14:4114:47燕山荘
3日目
山行
2時間6分
休憩
36分
合計
2時間42分
燕山荘05:5306:00ベンチ06:0106:20合戦山06:2306:30合戦小屋06:4006:54富士見ベンチ07:0207:18第3ベンチ07:38第2ベンチ07:4407:59第1ベンチ08:0208:29中房温泉登山口08:3408:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白沢登山口~餓鬼岳小屋:問題なし(ハシゴ等でのスリップ注意)
餓鬼岳小屋〜燕山荘:危険個所なし、わずかに笹薮あるが問題なし
燕山荘〜中房温泉:むやみに速度を上げないで丁寧に歩く必要あり
その他周辺情報しゃくなげの湯:清潔
ほりでーゆ四季の郷:売店で地域産のスイカ購入(お盆を過ぎても販売)
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

雨で中止し1か月遅れの実施となった。当初計画の東沢乗越へのコースは、餓鬼岳小屋から中止勧告。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で中止し1か月遅れの実施となった。当初計画の東沢乗越へのコースは、餓鬼岳小屋から中止勧告。
関越を走り深夜02:00登山口に到着。先着車両2台。簡易トイレはまずまずきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越を走り深夜02:00登山口に到着。先着車両2台。簡易トイレはまずまずきれい。
今回もテント泊。ビールは小屋で調達することに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もテント泊。ビールは小屋で調達することに。
渋い大人向けコース。出会った人3人のみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋い大人向けコース。出会った人3人のみ。
1
これだけ利用者が少ないと、登山道の補修も無理かも。
※ このルートはその後崩壊しています。  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2678468.html
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけ利用者が少ないと、登山道の補修も無理かも。
※ このルートはその後崩壊しています。  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2678468.html
奥多摩も落ちたら(滑ったら)死に直結する箇所豊富。危険のリスクは同程度か少し多い程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩も落ちたら(滑ったら)死に直結する箇所豊富。危険のリスクは同程度か少し多い程度。
1
百曲がりまでは結構スタミナを使う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百曲がりまでは結構スタミナを使う
この日の小屋はテント泊者2人、小屋泊まり1人。平日とは言えあまりにも寂しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の小屋はテント泊者2人、小屋泊まり1人。平日とは言えあまりにも寂しい!
テント場は餓鬼岳から燕岳へ抜ける登山道。
テント場は「5張り」と書く人が多いが、適度に詰めれば10張りは問題ない。
※傾斜地にも張ってのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は餓鬼岳から燕岳へ抜ける登山道。
テント場は「5張り」と書く人が多いが、適度に詰めれば10張りは問題ない。
※傾斜地にも張ってのこと
ビール1缶と日本酒を少々飲んで、記憶が喪失。12時間の爆睡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビール1缶と日本酒を少々飲んで、記憶が喪失。12時間の爆睡。
2日目の朝。テント場の朝の気温は13.5℃と寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝。テント場の朝の気温は13.5℃と寒かった。
夜半に降雨があってテントが濡れたので、張ったまま餓鬼岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜半に降雨があってテントが濡れたので、張ったまま餓鬼岳へ。
2
山頂からは槍までの稜線が一望できる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは槍までの稜線が一望できる
1
餓鬼岳から見る燕岳までの道のりは長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳から見る燕岳までの道のりは長い。
1
剣ズリが難しいなどの記録を見るが、そうかもしれないし、そうでもないかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ズリが難しいなどの記録を見るが、そうかもしれないし、そうでもないかもしれない。
2
必ず巻き道があり、慌てずゆっくりしっかり歩けば問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
必ず巻き道があり、慌てずゆっくりしっかり歩けば問題なし。
1
それにしても人を見かけない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても人を見かけない。
1
燕岳までで出会ったのは1人だけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳までで出会ったのは1人だけ
剣ズリを振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ズリを振り返る
その全容
※楽なコースではありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その全容
※楽なコースではありません
来た道を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る
中房温泉へは下る。
燕岳は標識のすぐ先右手、笹薮の中に道あり
乗越から中房温泉への道の笹は刈り取られてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉へは下る。
燕岳は標識のすぐ先右手、笹薮の中に道あり
乗越から中房温泉への道の笹は刈り取られてる
乗越から激登りの末に稜線に出る
燕小屋の生ジョッキを夢見て歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越から激登りの末に稜線に出る
燕小屋の生ジョッキを夢見て歩く
2
最終的に9割埋まった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終的に9割埋まった。
「ここは若者ばかりだね」という言葉が気になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ここは若者ばかりだね」という言葉が気になった。
「私は70歳だが何か?」と心の中で反芻する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「私は70歳だが何か?」と心の中で反芻する。
3
テントを設営するうちに寒くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを設営するうちに寒くなった。
ダウンの上下を着用して生ジョッキを買い求めに行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダウンの上下を着用して生ジョッキを買い求めに行く。
待望の生ビール。しかし寒くて早々に退散。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待望の生ビール。しかし寒くて早々に退散。
テントに戻って「生酒」に切り替える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻って「生酒」に切り替える。
ついつい飲み過ぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついつい飲み過ぎる。
簡素な夕食を摂って就寝する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡素な夕食を摂って就寝する。
隣のテントの会話で午後11時過ぎに目が覚める。
(目が覚めたら隣で声がしていたというのが正しいか)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣のテントの会話で午後11時過ぎに目が覚める。
(目が覚めたら隣で声がしていたというのが正しいか)
あちらこちらで、ゴソゴソ、ガヤガヤ。ただし許される範囲か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらで、ゴソゴソ、ガヤガヤ。ただし許される範囲か。
その後も断続的に目が覚める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も断続的に目が覚める。
餓鬼岳〜燕山荘の間の登山道が快適で体力を使わなかったのだったかも。(餓鬼岳から見る稜線は長く険しく感じるし実際も辛かった)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳〜燕山荘の間の登山道が快適で体力を使わなかったのだったかも。(餓鬼岳から見る稜線は長く険しく感じるし実際も辛かった)
2
昨年は3日目に「槍ヶ岳〜横尾〜蝶ヶ岳〜三股」を13時間かけて歩き、夕暮れ前に下山した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年は3日目に「槍ヶ岳〜横尾〜蝶ヶ岳〜三股」を13時間かけて歩き、夕暮れ前に下山した。
そんなことから見れば楽ちんだったのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなことから見れば楽ちんだったのだろう。
今回は、中房温泉09:00発のバスに乗ることにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、中房温泉09:00発のバスに乗ることにした。
コースタイムを02:50として05:50にテント場を発つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイムを02:50として05:50にテント場を発つ。
登ってくる人が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってくる人が多い。
登り優先!
待つ身からするとまどろっこしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り優先!
待つ身からするとまどろっこしい。
それでも02:40で下山できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも02:40で下山できた。
長野のスイカの産地は、波田や松川が有名?
しかし今は時期外れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野のスイカの産地は、波田や松川が有名?
しかし今は時期外れ。
ほりでー湯四季の郷に「祭ばやし」という品種の大玉スイカがあった。重量10kg超えのものが1500円。規格外品とはいえ安すぎる。ツルを見ると獲りたてということがわかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほりでー湯四季の郷に「祭ばやし」という品種の大玉スイカがあった。重量10kg超えのものが1500円。規格外品とはいえ安すぎる。ツルを見ると獲りたてということがわかる。
スイカにはアミノ酸の「シトルリン」が豊富に含まれている。現在は精力増強効果を謳って日本でもシトルリンのサプリメントが売られるようになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイカにはアミノ酸の「シトルリン」が豊富に含まれている。現在は精力増強効果を謳って日本でもシトルリンのサプリメントが売られるようになった。

感想/記録

残雪の千丈ヶ岳をテントを背負って地蔵尾根から登ったのは6年前のことだった。65歳になったらテントをやめようかなと荷揚げ中の小屋番さんに言ってら、「年は関係ないでしょ。テント泊装備で歩けるか歩けないかのことだけであって、歳だからやめるというのはおかしいでしょ。」と言われて、それもそうだなと70歳になった今でも、テント泊主体で歩いています。
http://yamatabi-hanatabi.com/s-alps2014-2.html(地蔵尾根テント泊)

今回も迷うことなくテントを担いで餓鬼岳に登りましたが、3日間の水は基本的に担ぎ上げました。昨年の常念~槍〜蝶の3日間も、稜線で買い求めた水は1リットルで、あとは担ぎ上げたものを使いました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2002142.html

それもこれも、日高の山に登りがたいためなのです。稜線には一切水場がなく、すべて自分で担がないとなりません。そのためには体力が必要です。
http://yamatabi-hanatabi.com/kamueku2014.html

以上それぞれ山の記録へのリンクですが、9月末、その日高の山に再び登りに行きます。コイカクシュサツナイ岳〜ヤオロマップ岳〜1839峰は2007年に歩いていますが、果たしてハイマツの海を泳ぎ切れるか、見ものです。
http://yamatabi-hanatabi.com/1839.html

餓鬼岳から燕岳の間の笹薮が大変だとの記録も散見されますが、ズボンはすぐに破れ、剣道の脛当てを着けないと向う脛が青あざだらけになるような日高のハイマツ地獄を経験してしまうと、拍子抜けという感じがします。

いずれにしても、奥多摩でも、日高でも、餓鬼岳でも、ちょっと油断すると大事故になりかねませんから、危険個所は臆病なぐらい慎重に歩くことが大事ですね。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1032人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ