また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2536823 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

木曽駒ヶ岳〜将棊頭山〜茶臼山(福島Bコースからの周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴→晴れ&ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
コガラ登山口駐車場(50台程度/無料)
※国道361号権兵衛峠道路の通行止のため、
伊那ICではなく塩尻ICから国道19号でアプローチしました。
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コガラ登山口〜木曽駒ヶ岳(福島Bコース)
コガラ登山口から1.6kmほど林道を辿ります。
林道終点で幸ノ川渡渉点が現れます。飛び石で簡単に渡渉できました。
対岸に渡ったところから登山道歩きとなります。
福島Bコースの登山道はよく整備されていて、
山頂まで四合目〜九合目まで明確に区切られおり、
しっかりした○合目の看板もあります。
取り付きから七合目までは高低差800mほど尾根伝いに登っていきます。
避難小屋のある七合目から、ルートは麦草岳の山腹トラバースに変えます。
七合半(山姥)から八合目までは岩場となります。
緩やかに2550mまで辿ったところから、大斜面を200mほど直登し、
玉乃窪山荘のある2750m地点で稜線に乗ります。
ここからさらに稜線を200mほど登ると木曽駒ヶ岳山頂に到着です。

●木曽駒ヶ岳〜茶臼山
木曽駒ヶ岳から八合目のちょい先まで高低差およそ300m、
馬の背の岩ゴロとハイマツ帯を下ります。
鞍部から緩やかに高低差100m弱登ると将棊頭山へと至ります。
将棊頭山から稜線伝いに茶臼山分岐まで下り、
桂小場からルートを分けてひと登りすると行者岩(2658)、
さらにわずかに登ると茶臼山山頂へと至ります。

●茶臼山〜コガラ登山口
茶臼山ルートも福島Bコース同様に、よく整備されていて、
九合目〜四合目まで明確に区切られていてわかりやすいです。
山頂〜五合目までは尾根伝いに下っていきます。
フカフカの足元が続きとても歩きやすい。テンポよく下れます。
ピンクテープもすごい頻度で付いてます。
5合目を過ぎると尾根から外れて沢伝いに九十九折のルートが変わります。
同時にこれまでと比べると悪くなります。
特に後半は、濡れた岩と下草が混じってストレスフル。
ルートが平坦になると正沢川の渡渉となります。
以前あったと思われる吊り橋のワイヤーとトラロープがついていたので、
それらを利用して、靴を脱がずに渡渉できました。
渡渉後は、枯れ沢をしばらく進むと水流のある支沢と合流。
さらに下ると林道末端が現れ、林道に入るとコガラ登山口に到着です。
 
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

コガラ登山口からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コガラ登山口からスタート
1
雲がうっすら染まってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がうっすら染まってました
最初はスキー場跡の開けたところを進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はスキー場跡の開けたところを進みます
ツリガネニンジン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン
振り返ると乗鞍と穂高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると乗鞍と穂高
1
茶臼山ルートの分岐から林道終点まで1.5kmほどの林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山ルートの分岐から林道終点まで1.5kmほどの林道歩き
サラシナショウマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
1
幸ノ川の渡渉。飛び石でラクラク渡れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸ノ川の渡渉。飛び石でラクラク渡れました
ハクサンボウフウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ
対岸に渡ったところから登山道歩きとなりしばらく九十九折に登り尾根に乗ったところが四合目
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に渡ったところから登山道歩きとなりしばらく九十九折に登り尾根に乗ったところが四合目
福島Bコースはしっかり整備されていて歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福島Bコースはしっかり整備されていて歩きやすい
すごいところから木が生えてるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごいところから木が生えてるな
四合半の力水。水場はかなり細い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合半の力水。水場はかなり細い
1
このように四合目〜九合目まで○合目標識がしっかりついていてわかりやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように四合目〜九合目まで○合目標識がしっかりついていてわかりやすい
1
取り付きから避難小屋のある七合目までは高低差800mほど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きから避難小屋のある七合目までは高低差800mほど
登山道に日が入ってきました。西側斜面のため遅くて助かります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に日が入ってきました。西側斜面のため遅くて助かります
見晴台より。御嶽。手前は赤林山でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台より。御嶽。手前は赤林山でしょうか
3
見晴台より。乗鞍と穂高連峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台より。乗鞍と穂高連峰
見晴台より。麦草岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台より。麦草岳
七合目避難小屋に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目避難小屋に到着
1
七合目からはトラバース道に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目からはトラバース道に入ります
1
サラシナショウマの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマの群落
1
トリカブトの季節ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの季節ですね
2
アキノキリンソウもルート全体で見られました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウもルート全体で見られました
樹林の間から木曽駒の山頂が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から木曽駒の山頂が見えました
1
キレイに山頂見えました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイに山頂見えました!
七合半(山姥)が近づくと岩ゴロへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合半(山姥)が近づくと岩ゴロへ
1
正面に見えているのは駒ヶ岳から真北に延びる尾根の2699付近でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えているのは駒ヶ岳から真北に延びる尾根の2699付近でしょうか
1
ここが山姥。雨宿りできそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが山姥。雨宿りできそう
1
トラバース道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道が続きます
大きな岩を乗り越えていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩を乗り越えていきます
3
遮るものがなくドーンと正面に駒ヶ岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮るものがなくドーンと正面に駒ヶ岳が見えました
3
八合目の水場は水がしっかり出てました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の水場は水がしっかり出てました
1
正面に駒ヶ岳を眺めながら。西側からの駒ヶ岳はカッコいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に駒ヶ岳を眺めながら。西側からの駒ヶ岳はカッコいい
青空に緑が映えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に緑が映えます
1
やっぱり標高が高いと空の感じが違います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり標高が高いと空の感じが違います
駒ヶ岳山頂を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂を見上げます
1
2550mの小広場的なところに出るとトラバースは終了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2550mの小広場的なところに出るとトラバースは終了
1
ここから稜線に向かって高低差200mほどの登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから稜線に向かって高低差200mほどの登り
1
同時に森林限界を超えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同時に森林限界を超えます
3
規模は違いますが、高山裏避難小屋からトラバース道を辿って荒川前岳のカールの大斜面に出る時の感じとそっくり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
規模は違いますが、高山裏避難小屋からトラバース道を辿って荒川前岳のカールの大斜面に出る時の感じとそっくり
2
左上に木曽駒山頂を見ながら進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左上に木曽駒山頂を見ながら進みます
光り輝くチングルマの果穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光り輝くチングルマの果穂
2
ミヤマダイコンソウがわずかに残ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウがわずかに残ってました
2
振り返ると、駒ヶ岳〜茶臼山の西面である幸ノ川と正沢川の水域。裏木曽駒ヶ岳とも言うらしい。奥は御嶽〜乗鞍〜穂高のはずですが雲で見えません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、駒ヶ岳〜茶臼山の西面である幸ノ川と正沢川の水域。裏木曽駒ヶ岳とも言うらしい。奥は御嶽〜乗鞍〜穂高のはずですが雲で見えません
3
こーゆー感じ久しぶり(komemame談)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こーゆー感じ久しぶり(komemame談)
1
少し遅いけど「ザ・夏山」気分に浸ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し遅いけど「ザ・夏山」気分に浸ります
でもあまりに久しぶりの高山でkomemame2500mを過ぎてから途端にペースダウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもあまりに久しぶりの高山でkomemame2500mを過ぎてから途端にペースダウン
2
背後には木曽前岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後には木曽前岳
4
木曽前岳と駒ヶ岳の鞍部にある玉乃窪山荘が見えてきました。休業中のようでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽前岳と駒ヶ岳の鞍部にある玉乃窪山荘が見えてきました。休業中のようでした
稜線に乗ると三ノ沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に乗ると三ノ沢岳
5
玉乃窪より木曽前岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪より木曽前岳
1
玉乃窪より麦草岳。横に走っているのは牙岩へトラバースするルートかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪より麦草岳。横に走っているのは牙岩へトラバースするルートかな
1
玉乃窪山荘のすぐ上には奇岩と石碑が並んだ場所があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪山荘のすぐ上には奇岩と石碑が並んだ場所があります
2
三ノ沢岳。相変わらず男前だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳。相変わらず男前だな
3
宝剣岳。この尖り方はオンリーワン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳。この尖り方はオンリーワン
2
木曽駒山頂を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂を見上げます
1
三ノ沢の奥に熊沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢の奥に熊沢岳
1
さっきから宝剣はガスがまとわりついて迫力アップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきから宝剣はガスがまとわりついて迫力アップ
2
振り返って前岳と麦草岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って前岳と麦草岳
3
頂上木曽小屋。こちらも休業中のようでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上木曽小屋。こちらも休業中のようでした
山頂まであと少しですよ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少しですよ!!
山頂の神社が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の神社が見えました
木曽駒山頂に到着。人がいないうちに急いでパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂に到着。人がいないうちに急いでパチリ
5
反対側は人がたくさん。いちおね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は人がたくさん。いちおね
4
山頂より。三ノ沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。三ノ沢岳
2
山頂より。行者岩と茶臼山。将棊頭山はガスの中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。行者岩と茶臼山。将棊頭山はガスの中
2
ガスも増えてきたし、何より人がたくさんなので宝剣は諦めて大人しく馬の背から将棊頭山へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスも増えてきたし、何より人がたくさんなので宝剣は諦めて大人しく馬の背から将棊頭山へ向かいます
駒ヶ岳山頂を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂を振り返ります
1
馬の背は岩ゴロの登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背は岩ゴロの登山道
1
左に行者岩&茶臼山と右に将棊頭山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に行者岩&茶臼山と右に将棊頭山
2
将棊頭山まで快適な登山道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山まで快適な登山道が続きます
背後に駒ヶ岳の北尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後に駒ヶ岳の北尾根
青空が盛り返し始めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が盛り返し始めました
1
濃ヶ池を見下ろします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濃ヶ池を見下ろします
将棊頭山までのたおやかな稜線と…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山までのたおやかな稜線と…
2
その先には行者岩と茶臼山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先には行者岩と茶臼山
1
鞍部まで300mほど下ったあと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで300mほど下ったあと…
将棊頭山までは100mほど緩やかに登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山までは100mほど緩やかに登っていきます
1
日差しがあると稜線は激アツ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しがあると稜線は激アツ
縦走路を外れて将棊頭山へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を外れて将棊頭山へ
1
山頂より。木曽駒から歩いてきた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。木曽駒から歩いてきた稜線
山頂より。ミニチュアのような西駒山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。ミニチュアのような西駒山荘
山頂からは稜線伝いに下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは稜線伝いに下ります
踏み跡は比較的明瞭ですが、短パンには不向き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は比較的明瞭ですが、短パンには不向き
分水嶺と書かれた標識の場所で登山道と合流。将棊頭山から先はガスガスでしたが涼しくて助かりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺と書かれた標識の場所で登山道と合流。将棊頭山から先はガスガスでしたが涼しくて助かりました
胸突ノ頭で桂小場とのルートを分けて樹林帯をひと登りすると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突ノ頭で桂小場とのルートを分けて樹林帯をひと登りすると…
1
行者岩に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者岩に到着です
1
ホラー。行者岩から再び樹林帯に入ってひと登りで…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホラー。行者岩から再び樹林帯に入ってひと登りで…
1
茶臼山に到着。行者岩と茶臼山は目と鼻の先
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山に到着。行者岩と茶臼山は目と鼻の先
6
さて、下山開始です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山開始です
茶臼山コースはフカフカの登山道でめちゃ歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山コースはフカフカの登山道でめちゃ歩きやすい
3
福島Bコースと同様に九合目〜四合目までしっかりした標識がついています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福島Bコースと同様に九合目〜四合目までしっかりした標識がついています
ガスの下に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの下に出ました
テンポよく下れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンポよく下れます
いい雰囲気の樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の樹林帯
1
この辺りは苔生してました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは苔生してました
茶臼山コースはホント快適です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山コースはホント快適です
1
しかし五合目で尾根を外れると途端に歩きづらくなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし五合目で尾根を外れると途端に歩きづらくなります
特に四合目付近からは足元は滑りやすい岩と下草でストレスフル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に四合目付近からは足元は滑りやすい岩と下草でストレスフル
いちお九十九折なんだけど歩きにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちお九十九折なんだけど歩きにくい
九十九折が終わってルートが平坦になりしばらく進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折が終わってルートが平坦になりしばらく進むと…
正沢川の渡渉点が現れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正沢川の渡渉点が現れます
以前あった橋のワイヤー部分が残っていたのでこれを利用して渡渉することにしましたが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前あった橋のワイヤー部分が残っていたのでこれを利用して渡渉することにしましたが…
1
大爆笑!komemameこの状態で身動きできなくなり数分間過ごす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大爆笑!komemameこの状態で身動きできなくなり数分間過ごす
7
渡渉後はえぐれた沢に沿って進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉後はえぐれた沢に沿って進みます
コガラ登山口に到着。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コガラ登山口に到着。お疲れ様でした!
3

感想/記録

まだまだ残暑が続き、涼しいところへ行きたくなって、
日帰りで歩くのにはちょうど良いサイズ感の中央アルプスに行ってきました。
頑張って歩くというよりも涼しい稜線漫歩を楽しみたい気分。
ということで木曽側から登る福島Bコースから周回することにします。

komemameは今年一度もまだアルプスに行っておらず、
2500mを超える山は実に1年ぶりくらい。
案の定、2500m付近からピタリと足が止まりました。

駒ヶ岳山頂は思ったよりもたくさんのひとで溢れかえっており、
宝剣に立ち寄るのはすぐにあきらめて、将棊頭山へ向かうとしました。
もう9月に入る直前で例年なら涼しさを感じるはずの稜線も、
日差しがまだまだ強くて、肌がジリジリ焼けます。
将棊頭山の山頂付近からガスの中に入ることができて、
助かった〜という気持ちの方が大きいくらい。

茶臼山コースは五合目までは思っていたよりも格段に歩きやすくて、
快適に下ることができました。
そして最後は大爆笑で終了。

西側から見る木曽駒ヶ岳は見慣れている東側(ずんぐりむっくりしていて
どれが木曽駒なのか判然としないことが実は多い)から見るよりも
格段にカッコ良かったのが印象的でした。

8月最終週だったせいでしょうか、
帰りは久しぶりに小仏渋滞(15km)をくらいました。
 

感想/記録

ひっさびさのアルプスです。
もう1年以上行ってないんじゃぁ、ないかな。
私は高山が苦手で、あまり積極的には行きたい!とはならないんだけど、
あまりにご無沙汰しているし、最近の山の暑さに辟易していたから、
アルプスに心傾きました。

福島Bコースはすごく歩きやすくて、登りやすい。
もちろん汗はかくけども、十分涼しくて、超快適。
あぁ、アルプスってラクチンだなぁ、なんて思っていましたが。
あれあれあれ、、急に体が重い。脚があがらない。息はあがる。
腕にも力が入らなくて、だらーん。
この現象、danyama曰く2500mくらいからだったらしいけど、
以前は2700mくらいだったはず、、あきらかに高山耐性が弱くなっているようです。

そんなこんなでようやく山頂に到着。
しばらくお昼休憩をしたら、高所順応できたのかいつも通り動けるようになりました。
よかったー、よかった。

それにしても、さすがの景色。
たくさんの高山植物に、緑と青のコントラストが効いた稜線、
カラッとした空気、ゴツゴツした岩など、ここに来なくちゃ見られない風景。全部が心と体の栄養になっている感じがしました。

将棋頭に向かいはじめると、少しずつガスが出てきましたが
これはこれで、日差しが痛いほどだったので、涼しく歩けてよかったです。

写真にもあるように、最後に難関が待っていました。
もともと靴を脱いで渡る予定でいたけど「ワイヤーを伝えば行けるかも!」と、
行ったはいいけど、脚の長さが足りず……股裂きの状態で身動きがとれなくなり、とてつもなくコワい思いをしました、泣。
半泣きでdanyamaに助けを求め、前方から引っ張ってもらい無事渡れましたが、
しばらく全身ワナワナしてしまいました。

と、最後はこんなんでしたが、すごく楽しい1日でした。
また行きたいな。

おしまい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:523人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ