また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2549721 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳、猿倉荘からピストン、ライチョウさん大捜索

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ〜ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉荘無料駐車場、満車にはなってなかったようで、5時ころ8割くらい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間42分
休憩
53分
合計
11時間35分
S猿倉荘05:3306:09白馬尻荘06:12白馬尻小屋08:02岩室跡08:0808:34避難小屋08:4010:14白馬山荘10:1510:29白馬岳10:3511:16三国境11:1712:15三国境12:51白馬岳13:05白馬山荘13:3413:45白馬岳頂上宿舎14:30避難小屋14:3114:53岩室跡14:5416:23白馬尻小屋17:06猿倉荘17:0817:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大雪渓取り付きあたりは落石注意必要。ヘルメットあるほうが無難。

写真

猿倉荘です。5時半くらいには10人くらいが準備してました。
2020年09月05日 05:30撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉荘です。5時半くらいには10人くらいが準備してました。
しばらく歩くと前方に雪渓の一部が見えました。すごくいい天気。
2020年09月05日 05:43撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと前方に雪渓の一部が見えました。すごくいい天気。
ここまで40分。まだ疲れてないですが。
2020年09月05日 06:10撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで40分。まだ疲れてないですが。
大雪渓の先端が見えました。
2020年09月05日 06:30撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓の先端が見えました。
ここから大雪渓歩き。上部の200mくらいを渡ります。
2020年09月05日 06:54撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから大雪渓歩き。上部の200mくらいを渡ります。
3
大雪渓では先行者もアイゼンなし。私もアイゼンなしで。少し滑りますが、大丈夫です。
2020年09月05日 06:59撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓では先行者もアイゼンなし。私もアイゼンなしで。少し滑りますが、大丈夫です。
2
大雪渓歩きを終え、振り返りました。大雪渓を登ってくる人が見えます。
2020年09月05日 07:17撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓歩きを終え、振り返りました。大雪渓を登ってくる人が見えます。
お花畑。空の青がきれいで、緑が映えて、すごくきれい。
2020年09月05日 07:27撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑。空の青がきれいで、緑が映えて、すごくきれい。
青い空と白い岩。
本当にきれい。
2020年09月05日 07:45撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空と白い岩。
本当にきれい。
雪渓も景色に加わると、アルプスの少女ハイジの世界。
2020年09月05日 08:24撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓も景色に加わると、アルプスの少女ハイジの世界。
とんがったピークがありました。落石多そう。
2020年09月05日 08:49撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とんがったピークがありました。落石多そう。
村営の山小屋が見えました。山小屋あたりで、ライチョウさんの若鳥がいるという事前情報があったので、休憩する必要ないのに何度も止まって聞き耳立てましたが。
2020年09月05日 09:49撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営の山小屋が見えました。山小屋あたりで、ライチョウさんの若鳥がいるという事前情報があったので、休憩する必要ないのに何度も止まって聞き耳立てましたが。
有名な巨大な山小屋です。もはや小屋といえるサイズでないです。やや左側奥に頂上の頂きが見えてます。もうすぐ登頂
2020年09月05日 10:04撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な巨大な山小屋です。もはや小屋といえるサイズでないです。やや左側奥に頂上の頂きが見えてます。もうすぐ登頂
登頂。なぜか、ワープロ感満載の白い紙が。貼らんほうがいいと思う。字が薄くなってても、この構造物があればいいんだから。
2020年09月05日 10:25撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。なぜか、ワープロ感満載の白い紙が。貼らんほうがいいと思う。字が薄くなってても、この構造物があればいいんだから。
1
三角点にタッチ
2020年09月05日 10:27撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ
今回初めて使ったトレッキングポールと
2020年09月05日 10:33撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回初めて使ったトレッキングポールと
今回の目的であるライチョウさん大捜索のために栂池側に向かいます。
2020年09月05日 10:43撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の目的であるライチョウさん大捜索のために栂池側に向かいます。
1
いくつかピークを越えながら300mほど下り、三国境に到着。予想では、ここまで下ればライチョウさんに会えると思ってました。ここで休憩していた栂池からのご夫婦にライチョウさん目撃情報をもらい、小蓮華山の手前と大池で目撃という有力な情報。ここからさらに栂池側に向かい、その方面からの登山者に聞きまくりました。しかし、最初のご夫婦以外に目撃者ゼロ。???
2020年09月05日 11:17撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかピークを越えながら300mほど下り、三国境に到着。予想では、ここまで下ればライチョウさんに会えると思ってました。ここで休憩していた栂池からのご夫婦にライチョウさん目撃情報をもらい、小蓮華山の手前と大池で目撃という有力な情報。ここからさらに栂池側に向かい、その方面からの登山者に聞きまくりました。しかし、最初のご夫婦以外に目撃者ゼロ。???
ついに発見。ガスと強風。こんなに荒れたとこに。感動。
2020年09月05日 11:50撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに発見。ガスと強風。こんなに荒れたとこに。感動。
2
もう一つのカメラで。もっといいカメラ持ってくるんだった。
2020年09月05日 11:51撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つのカメラで。もっといいカメラ持ってくるんだった。
2
栂池側に300mほど下ってしまい、下山のためには、当然登り返し。ちょっとショック。でもライチョウさんに会えたからご機嫌で、どんどん目撃情報を聞いた登山者たちを追い越しました。
2020年09月05日 12:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池側に300mほど下ってしまい、下山のためには、当然登り返し。ちょっとショック。でもライチョウさんに会えたからご機嫌で、どんどん目撃情報を聞いた登山者たちを追い越しました。
山頂?まだあんなに遠い。そんなに下ってたんだ。
2020年09月05日 12:47撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂?まだあんなに遠い。そんなに下ってたんだ。
二度目の?登頂。
2020年09月05日 12:51撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目の?登頂。
山小屋でトイレと水補給、ライチョウさん大捜索で遅くなった昼食も。ピストンだから、すぐに下りました。下りでも、山小屋あたりでは何度も休憩してライチョウさん若鳥捜索しましたが、発見にはいたらず。
2020年09月05日 13:32撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋でトイレと水補給、ライチョウさん大捜索で遅くなった昼食も。ピストンだから、すぐに下りました。下りでも、山小屋あたりでは何度も休憩してライチョウさん若鳥捜索しましたが、発見にはいたらず。
下山時の大雪渓。登りの時と違って先行する登山者は4人のグループだけだった。巨大な山小屋。土曜日だし、宿泊の人が多いのだろう。
2020年09月05日 14:48撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時の大雪渓。登りの時と違って先行する登山者は4人のグループだけだった。巨大な山小屋。土曜日だし、宿泊の人が多いのだろう。
大雪渓の上のほうは、クレバスや、下に空洞。歩行できるコースではないですが、怖い怖い。それと、ところどころで落石の音が響きます。恐ろしい谷です。
2020年09月05日 15:14撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓の上のほうは、クレバスや、下に空洞。歩行できるコースではないですが、怖い怖い。それと、ところどころで落石の音が響きます。恐ろしい谷です。
1
無事下山。また来ます。コロナ予防のためにロープウェイなど公共交通機関にも乗れない私。コロナが終息したら、栂池側に周回してみたい。下山時も駐車場はかなり余裕で空いてました。
2020年09月05日 17:08撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。また来ます。コロナ予防のためにロープウェイなど公共交通機関にも乗れない私。コロナが終息したら、栂池側に周回してみたい。下山時も駐車場はかなり余裕で空いてました。

感想/記録

ライチョウさん情報を、すれ違う人に聞きまくりましたが、意外と、目撃できる人は少ないようです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:398人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ