また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2549919 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

女峰山-男体山(東照宮-二荒山神社)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月04日(金) ~ 2020年09月05日(土)
メンバー
天候1日目 晴れ→豪雨
2日目 快晴→ガス→雨
アクセス
利用交通機関
滝尾神社の駐車場
15台くらいのスペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間8分
休憩
12分
合計
4時間20分
S滝尾神社 駐車場08:0209:43水場分岐09:4410:11白樺金剛10:2111:05八風11:21遥拝石11:2212:22唐沢避難小屋
2日目
山行
8時間26分
休憩
51分
合計
9時間17分
唐沢避難小屋04:3805:09女峰山05:1605:41帝釈山05:4806:27富士見峠07:13小真名子山07:1508:18大真名子山09:24志津乗越09:4311:30男体山11:35二荒山神社奥宮11:4912:57五合目12:5813:07四合目13:0813:55二荒山神社中宮祠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 9.3km, +1600m, -100m
2日目 13.8km, +1630m, -2560m
コース状況/
危険箇所等
-女峰山:標高低いところはヒルが多い。道は笹被り気味なので濡れ対策必須
-小真名子:ガレ場。マーキングは豊富
-大真名子:歩きやすい道
-志津峠:最初は険しいがすぐに歩きやすくなる
-男体山:歩きやすい道
その他周辺情報温泉:日帰り温泉ほの香 600円 ★☆☆☆☆(積極的には利用しない)
 東武日光駅近辺には日帰り温泉が少ない。お気に入りが休館だったので以前訪れたここを利用。アルカリ性単純温泉で、内外1でどちらもめっちゃ狭い。脱衣所も狭い。ドライヤー・休憩所は感染症対策で設置無し。

食事:宇都宮みんみん江曽島店 ライス・餃子3皿 1050円 ★★★★★(ここに行くため山に登るレベル)
 言わずと知れた名店。今度はノンアルビールを飲もう。

装備

備考 トイペ、ウェットティッシュを忘れた

写真

寝坊して樹林帯は灼熱
2020年09月04日 08:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝坊して樹林帯は灼熱
1
結構笹かぶり
朝露が半端ない
2020年09月04日 09:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構笹かぶり
朝露が半端ない
1
午前中は快晴
日光シティーがよく見える
2020年09月04日 09:39撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は快晴
日光シティーがよく見える
1
が、2時間後には豪雨
ずぶ濡れになりながら唐沢小屋まで歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、2時間後には豪雨
ずぶ濡れになりながら唐沢小屋まで歩く
1
翌朝
おはようございます
2020年09月05日 05:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
おはようございます
7
これから踏破する山と白根山
2020年09月05日 05:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから踏破する山と白根山
5
帝釈山から見る女峰山は鋭利
虫が多くなってきた
2020年09月05日 05:40撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山から見る女峰山は鋭利
虫が多くなってきた
2
帝釈山からこれから進む道
小真名子の反射板がデカい
2020年09月05日 05:42撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山からこれから進む道
小真名子の反射板がデカい
2
影女峰山
2020年09月05日 05:43撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影女峰山
2
クロスロード富士見平
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロスロード富士見平
1
小真名子へのガレ場はマーキング超充実
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小真名子へのガレ場はマーキング超充実
1
まだ8時なのに上昇気流が半端なくて女峰山が見えなくなった
2020年09月05日 08:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ8時なのに上昇気流が半端なくて女峰山が見えなくなった
1
大真名子への道はいい感じの森
日光マークには助けられた
2020年09月05日 08:14撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大真名子への道はいい感じの森
日光マークには助けられた
2
志津峠、静かで良い場所だ
避難小屋は綺麗だったので今度泊まりたい
9時過ぎだが完全にガスってしまった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志津峠、静かで良い場所だ
避難小屋は綺麗だったので今度泊まりたい
9時過ぎだが完全にガスってしまった
1
合目標識って本州では少ない気がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合目標識って本州では少ない気がする
1
高度感ある男体山頂
2020年09月05日 11:31撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感ある男体山頂
1
山頂に着いたら少し晴れた
2020年09月05日 11:36撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着いたら少し晴れた
3
南斜面はガレてて意外と歩きにくい
このあと12:30から雨に打たれた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南斜面はガレてて意外と歩きにくい
このあと12:30から雨に打たれた
1
微妙な温泉だったが2日連続で雨に打たれた体には染みた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙な温泉だったが2日連続で雨に打たれた体には染みた
2
楽☆園
お疲れ様でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽☆園
お疲れ様でした
3

感想/記録

 決め打ち有休を取得したが、金土と午後から雨に打たれそうだ。ワンデイでやろうと思っていた日光連山を1泊でやれば、雨の被害はそんなになさそうだ。木曜は18時に仕事を終え、暑くて車中泊できる気がしないので22時に家で就寝。

1日目
 起きたら3時だった。寝坊した。降りるインターを間違ったりしてたら8時発になってしまった。雲一つ無い空の元に女峰山がそびえ立っていた。この天気はいつまで持つか。
 登り始めからめっちゃ暑い。斜度が緩いのにめちゃくちゃ汗が止まらない。水は4L持って3L消費した。単調な道を3時間登ると、予報より早くいきなり豪雨になった。雨に打たれる山行はいつぶりだっけ、去年のGW以来か、なんて考えながら雨具を着て歩く。涼しくてむしろ歩きやすいが、登山道が川になって滑る。この日出会ったのは、3人組1パーティのみだった。
 唐沢小屋に着いてからは、雨が弱まるまで待ってから、往復25分の水場まで下りて水を組んだ。小屋に戻って濡れたシャツを絞ると、水が赤かった。びっくりして体を見ると、ヒルに7箇所ほど噛まれていた。日光にもヒルいるのか・・・!知らずに地面にザックを置いて雨具を装備してしまった、その時にザックに付着したに違いない。そして飽和食塩水も持ってきていないので、やむを得ずデコピンで吹っ飛ばした。濡れた衣類を干してからは、小屋が貸し切りなので下着一枚で血を拭いながら休んだ。小屋内は16℃で、寒くはない。携帯いじったり本を読んだりしていたら17時になっていたので、ドライカレーを食べて18時に就寝。

2日目
 3時まで一度も目を覚まさなかった。星空が綺麗だ。ドライカレーを食べ、水を汲みに行ってから出発。ザックのサイズが合っておらず、めちゃくちゃ肩が痛い。そして替えズボンを忘れたので、下着の上にレインウェアを履いており、すごく蒸れる。
 バッドコンディションだったが、山頂に着いてからはその眺めに気分が上がる。先も長いので、テンポ良く進む。この区間は前々から気になっていた。展望はそこまで良くはないが、森がやはりいい感じだった。大真名子を過ぎると歩きやすくなり、ペースも上がる。志津峠では、廃道ハンターの方と出会い、話し込む。そこから雨に打たれぬよう上げ気味に進んだところ、男体山への登り・下り共に2時間切れて嬉しかった。下山後にコーラを飲みながらバスを待っていたところ、タクシー運転手の方に話しかけられ、格安で滝尾神社まで送ってもらった。ありがとうございました。

 2日連続で雨に打たれたが、楽しかった。やはり山中泊は良い。夏・秋山を、まだ楽しませてください。


消費
1日目 水3L、パン2、カロメ1、ドライカレー
2日目 水3L、パン2、カロメ2、ドライカレー、柿ピー少し
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:413人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ