また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 25551 全員に公開 沢登り日高山脈

ペテガリ川b沢からペテガリ岳

日程 2007年07月15日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ(頂上はガス)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ペテガリ沢出合いの橋(5:30)b沢出合(10:15)ペテガリ岳頂上(14:15〜45)西尾根経由ペテガリ山荘下山(18:45)
コース状況/
危険箇所等
ペテガリ沢b沢遡行
齋藤(OB)・梶川(OB)・勝亦(5)
2007/7/15(1-0)

ルーム現役を巻き込んで日高直登沢シリーズ今期第一弾。
(写真1:ペテガリ沢の函を行く)

早朝5:30にペテガリ沢川の出合いの橋から入渓。台風4号の接近で翌日雨との予報だったので当初b沢→a沢下降で2日間の計画だったが、西尾根を下山することにしてb沢のみ1日の速攻を目論む。

下部の函は最初の滝(2段30m、出合いから約1km)の通過がポイント。水流強く直登は出来ないので左岸から巻くのだが、取り付き周辺の岩盤が崩壊していて急なジェードル状の登りを強いられる。ザイル35m出して上部緩斜面に抜け、滝の落ち口まで最小限の捲き。

函状の中はへつり、泳ぎで通過していくが、気温が低くて泣けてくる。時間をかければ捲ける箇所も多い。
(写真2)

次第に岩盤状の滑床が出てきて明るい渓相となり、ベッピリガイ山からの支沢がナメ滝となって出会う。中ノ岳からの沢が合流すればあとはどこでも泊まれるような感じだ。
(写真3)

b沢の出合いはガレており貧相であるが、c沢分岐を過ぎれば頂上近くまでナメ滝が連続する。傾斜はキツイが順層の滝が殆んどで、取り付いてみれば快適に登れる。この頃になれば勝亦の技量もはっきりしてきたので全てノーザイル。研究熱心な梶川が途中まで滝を数えていたが上部に行くともう訳がわからなくなる。確かF30近くまであったはず。
(写真4)
(写真5)

途中雪渓が2,3箇所沢を塞いでいたがいずれも上に載って通過。水流の多いほう多いほうへと進めば、詰めの藪こぎ2,30分でペテガリ岳頂上にポンと飛び出る。
(写真6)

(写真7)

無我の境地で西尾根を駆け下り、薄暮の中ペテガリ山荘に着いた。ペテガリ沢川出合いの砂地で焚火をしながらごろ寝し、今後の展開を語り合った。台風はどこかへ逸れて行ってしまったようで満天の星空。
過去天気図(気象庁) 2007年07月の天気図 [pdf]

写真

中流部の函、水がきれいだ。
2007年07月15日 08:07撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中流部の函、水がきれいだ。
時間がないので寒くても中を突破する。
2007年07月15日 08:47撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間がないので寒くても中を突破する。
ベッピリガイへの沢の出会い付近は明るい渓相
2007年07月15日 08:40撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベッピリガイへの沢の出会い付近は明るい渓相
上流部は小滝が連続する。
すべて直登できる。
2007年07月15日 10:35撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流部は小滝が連続する。
すべて直登できる。
ナメ滝の連続
2007年07月15日 12:54撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝の連続
訪問者数:2308人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ