また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2570419 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

4度目の天狗岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月15日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場
稲子湯を通り過ぎて最終バス停脇の無料駐車場
平日(火曜)A.M7時で7台くらい、あと5台くらいは停められそう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中山峠手前の急斜面では落石注意の標識有り
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

みどり池まで1時間40分かと思いなえましたが、40分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池まで1時間40分かと思いなえましたが、40分でした。
2
みどり池到着です
しらびそ小屋の餌場にリス
駆け回る速さは尋常じゃない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池到着です
しらびそ小屋の餌場にリス
駆け回る速さは尋常じゃない
3
みどり池と東天狗岳
いい絵だなぁ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池と東天狗岳
いい絵だなぁ!
3
みどり池は静寂の地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池は静寂の地
1
中山峠手前は急斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠手前は急斜面
やっと登り切ってひと休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登り切ってひと休み
逆側は東天狗岳
先っぽのポッチが目立ってる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆側は東天狗岳
先っぽのポッチが目立ってる
こちら方向から天狗岳を見るのは10年ぶり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら方向から天狗岳を見るのは10年ぶり
1
また振り返って稲子岳
岩登ってるのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また振り返って稲子岳
岩登ってるのかな?
1
上空は青空
低い雲が早い速度で移動してます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空は青空
低い雲が早い速度で移動してます
縞枯山方面
蓼科山は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山方面
蓼科山は雲の中
1
西天狗岳が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳が見えてきました
1
西天狗カッコイイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗カッコイイ!
4
手前根石岳
奥に主峰はじめ、横岳以外全部見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前根石岳
奥に主峰はじめ、横岳以外全部見えます
1
白砂新道分岐を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐を見下ろす
2
こっち方面からの西天狗もカッコイイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち方面からの西天狗もカッコイイ!
5
根石岳より根石岳山荘
コマクサは咲いてませんが株は多数ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳より根石岳山荘
コマクサは咲いてませんが株は多数ありました
1
夏沢峠目指し少し回り込んで
東西天狗の間に根石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠目指し少し回り込んで
東西天狗の間に根石岳
夏沢峠到着で硫黄岳爆裂火口跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠到着で硫黄岳爆裂火口跡
2
本当に、いい湯だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に、いい湯だな
3
みどり池に戻ってきました
天狗岳にさよなら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池に戻ってきました
天狗岳にさよなら
3

感想/記録

埼玉から長野移動中は小雨で長野に入ったら雨は上がる予想が降り続き、小海あたりでちょっと強くなってきた。
雨ザーザーだったら稲子湯に入ってのんびりして帰ろうかなと思ったら、雨は上がり微かに薄い青空が一部に見えた。
さあ、行ってみよう。

初めて登山を始めて連れてこられたのが天狗岳だった。
その時は麦草ヒュッテから丸山、中山峠、天狗岳をピストンするルートで初めての辛い、辛い登山だった。
以後は桜平からのルートだったり、本沢温泉入口からのルートだったり。
今回は今までとは違うルートということで稲子湯から入り、みどり池、天狗岳、本沢温泉、稲子湯へ戻るルートにした。

感想
みどり池+しらびそ小屋は静寂の地といった感じ。
何の音もせず、動きのなく、いや動いているのは餌場付近の小鳥とリスだけ。
時間が止まってしまったみたいだ。
こんな場所でボケーッとしてたい。

中山峠手前は勾配が超きつい!
地形を見ればそだろうなって感じ。
「にゅう」から「硫黄岳」までこちら側は絶壁が続いている。

中山峠から天狗岳も大岩ゴロゴロで、初めて来たときの印象がそのまま思い出された。
たしか10年前だった。
そのときよりは少し余裕をもって登れたかな?

東天狗岳から見る西天狗岳はカッコイイ、山肌が崩れているところが痛々しいがワイルド。
初めて家族で登ったのもここだった。
そのたきは、当然行く気力が失せた家族を残して一人西天狗岳まで行った。
西天狗は今回見るだけにしておこう。

西から吹き上げてくる風が強く、やや冷たい。
白砂新道分岐に下るとV字地形に風が集まってくるようで更に強くなり、手の甲が冷たいくらいだ。
いつも思うが、ここだけ真っ白な砂でその場に居ても上から見ても綺麗だ。
根石岳を通り夏沢峠に向かう。

なぜ夏沢峠まで回ったかと言えば本沢温泉に寄るため。
本沢温泉まで下り、上から湯船を除くと服を来た男性がひとり湯船の淵に座っていたが、一気に立ち上がりシャツを脱いだ。
湯船まで下ると気持ちよさそうに首まで浸かっていました。
やっぱり最高のロケーションと思う。
硫黄の香りが疲れを取り除いてくれる感じだ。
湯船から足を出そうと持ち上げた瞬間に内腿がつった。
ゆっくりしたいが後からきてお先に失礼した。
同じくらいの年代の人で長野の人だった。

本沢温泉からみどり池に戻るには100m位登り返さないといけない。
それほどきつくはないが下りが長い、みどり池で休憩するが、その先の下りも膝にこたえる。
林道になってからの斜面の下りが更にこたえる。
膝が痛くなり、かばいながら不格好な歩みで駐車場に到着。

久々の山歩きで疲れたが気持ちよい時間を過ごすことができてよかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:203人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ