また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2594521 全員に公開 ハイキング 甲信越

甲斐駒 黒戸尾根〜八丁尾根 甲斐駒2度登頂

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月21日(月) ~ 2020年09月22日(火)
メンバー
天候1日目晴れ〜曇り 2日目晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間42分
休憩
1時間42分
合計
10時間24分
S尾白川渓谷駐車場05:1405:19竹宇駒ヶ岳神社05:1906:32笹の平分岐06:4107:40刃渡り07:4008:05刀利天狗08:0508:45五合目小屋跡08:4608:59屏風小屋跡09:0509:43七丈小屋09:5510:39八合目御来迎場10:3912:02駒ヶ岳神社本宮12:0512:22甲斐駒ヶ岳13:1713:24駒ヶ岳神社本宮13:2513:40摩利支天13:5514:26駒ヶ岳神社本宮14:2715:10八合目御来迎場15:1015:38七丈小屋
2日目
山行
10時間49分
休憩
2時間21分
合計
13時間10分
七丈小屋03:3504:21八合目御来迎場04:3006:14駒ヶ岳神社本宮06:1406:21甲斐駒ヶ岳06:4207:52六合石室08:2108:53三ッ頭09:1209:26烏帽子岳09:2711:46大岩山12:1312:41中ノ尾根分岐12:4113:19駒岩13:2014:03雁ヶ原・錦滝分岐14:0314:12尾根直登道・鞍掛山方面トラバース道分岐14:1314:17錦滝分岐14:2314:30雁ヶ原14:3014:34日向山(雁ヶ原・山頂標識側)14:4514:47雁ヶ原14:5014:58日向山(雁ヶ原・山頂標識側)14:5815:02日向山15:0415:58矢立石登山口16:0316:37竹宇駒ヶ岳神社16:4216:48尾白川渓谷駐車場16:4916:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
秋の連休に一泊2日での山行をと黒戸尾根を選択。
以前鳳凰三山で出会った方が二度と登りたくない尾根は黒戸尾根だと。
それならばチャレンジ。
一泊なら周回コースで行こう。
黒戸尾根〜八丁尾根〜日向八丁尾根で。
泊まる所はだいたい半分くらいの位置の六合石室も考えたが、
連休で満員で泊まれないと困るし、
甲斐駒山頂での雲の具合での眺望、烏帽子岩での日の出の撮影等々で、
七丈小屋に。
テント泊予定でしたが、タイミングを計りすぎて満員に、
代わりに小屋泊の空きができたようで、すかさず予約。
コロナでの人数制限でゆっくりと寝られるし、ゆっくりと過ごせられる。
夕飯も美味しかったです。
小屋泊まりもいいものですね。また泊まってみたいですわ。

黒戸尾根はさすがに有名な急登。
小屋に着く前から、ふくらはぎがつりそうになり、
普段とは違う部分が痛くなったような気がする。

今回の目的は甲斐駒というより、烏帽子岩。
岩に突き刺さった剣を見たかった。

2度と登りたくない尾根と聞いていたが、そうは思わなかったなぁ〜
七丈小屋からは今回2度登りました。

甲斐駒山頂は朝の早い時間9〜10時前でないと展望は得られないようだ。
2日目も9時半頃にはガスがどんどん上がってきていた。

八丁尾根の烏帽子山過ぎからと大岩山過ぎてからはひたすら下る。
樹林帯の低調な登山道なので急ぎすぎて、膝を痛めてしまった。
日向山過ぎてから丸太の階段のある登山道は膝の痛みが激しく、拷問となりました。
このコースを登って行くのは気持ち的につらいな〜

六合石室、21日の夜は6名宿泊らしく満員とはならなかったようです。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

甲斐駒神社左奥、
吊り橋を渡ってスタートです。
2020年09月21日 05:21撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒神社左奥、
吊り橋を渡ってスタートです。
『あっ、富士山』
刃渡り越えた所の展望の良いとこで
2020年09月21日 07:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『あっ、富士山』
刃渡り越えた所の展望の良いとこで
『刃渡り』
こういう所は喜んで進みます
2020年09月21日 07:54撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『刃渡り』
こういう所は喜んで進みます
1
階段が続きます。
ここの通過は少しばかりしんどかった。
2020年09月21日 08:07撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が続きます。
ここの通過は少しばかりしんどかった。
刀利天狗に到着
2020年09月21日 08:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗に到着
五合目小屋後の大石の裏には名士のレリーフが。
皆さん知らないので、ここにはあまり足を踏み入れないようです。
2020年09月21日 08:46撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋後の大石の裏には名士のレリーフが。
皆さん知らないので、ここにはあまり足を踏み入れないようです。
屏風小屋跡
ヘリでの荷下ろしの場所になっているのかな
2020年09月21日 08:59撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風小屋跡
ヘリでの荷下ろしの場所になっているのかな
1
剣のお山だから。
これと同じが烏帽子岩に突き刺さっているのかな?
2020年09月21日 09:26撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣のお山だから。
これと同じが烏帽子岩に突き刺さっているのかな?
七丈第二小屋。
荷物を預けたりしてたら、第一小屋の写真を撮るのを忘れしまった。
2020年09月21日 09:54撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈第二小屋。
荷物を預けたりしてたら、第一小屋の写真を撮るのを忘れしまった。
1
烏帽子岩でなくても剣が突き刺さっています
2020年09月21日 10:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩でなくても剣が突き刺さっています
八合目御来迎場
みなさんここで一休みです。
2020年09月21日 10:36撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場
みなさんここで一休みです。
遠くからカランカランと音がしているので何かと思ったら、
クサリの下の札が鳴る音でした。
2020年09月21日 10:57撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くからカランカランと音がしているので何かと思ったら、
クサリの下の札が鳴る音でした。
あっ、烏帽子岩が見えてきました。
2020年09月21日 11:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ、烏帽子岩が見えてきました。
烏帽子岩の剣に接近してみました。
ここまででした。
2020年09月21日 11:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩の剣に接近してみました。
ここまででした。
これがよく見る石ですか〜
2020年09月21日 11:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがよく見る石ですか〜
後ろに回ってみると、石碑がありました。
が、近づけません。
2020年09月21日 11:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろに回ってみると、石碑がありました。
が、近づけません。
甲斐駒山頂に到着です。
青空ですが、千丈岳、鋸岳方面以外は雲の中。
2020年09月21日 12:10撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒山頂に到着です。
青空ですが、千丈岳、鋸岳方面以外は雲の中。
1
恒例のラーメンを七丈小屋で汲んだ水で食べます。
2020年09月21日 12:41撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例のラーメンを七丈小屋で汲んだ水で食べます。
摩利支天にも足をのばしてきました。
なかなか険しいものがありました。
2020年09月21日 13:47撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天にも足をのばしてきました。
なかなか険しいものがありました。
七丈小屋の晩ご飯。
カレー、そうめん美味しかったー
コロッケも、手作りなんだそうですよ
2020年09月21日 17:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋の晩ご飯。
カレー、そうめん美味しかったー
コロッケも、手作りなんだそうですよ
2
宿泊客にはコーヒーのサービスがあります。
深みのある美味しいコーヒーです。
2020年09月21日 17:52撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊客にはコーヒーのサービスがあります。
深みのある美味しいコーヒーです。
1
12名限定のためブースで仕切られています。
2020年09月21日 19:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12名限定のためブースで仕切られています。
2
烏帽子岩、鳳凰三山、富士山、日の出
2020年09月22日 05:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩、鳳凰三山、富士山、日の出
2
この光景を見に今回登りました。
2020年09月22日 05:44撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この光景を見に今回登りました。
3
2度目の甲斐駒山頂より、
富士山。
2020年09月22日 06:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度目の甲斐駒山頂より、
富士山。
1
2日目は360度の展望でした。
北岳は雲が被っており、北アは最初雲がありましたが、
鋸岳方面に歩いている時には白馬岳方面まで見る事ができました。
2020年09月22日 06:22撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は360度の展望でした。
北岳は雲が被っており、北アは最初雲がありましたが、
鋸岳方面に歩いている時には白馬岳方面まで見る事ができました。
鋸岳。
目の前で見たかった
2020年09月22日 09:22撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳。
目の前で見たかった
2
ハシゴが見えました。
いよいよ噂の急登がはじまります。
2020年09月22日 11:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴが見えました。
いよいよ噂の急登がはじまります。
1
大岩山への登り、
被服ワイヤーが張られています。
2020年09月22日 11:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩山への登り、
被服ワイヤーが張られています。
2
クサリももちろん
2020年09月22日 11:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリももちろん
1
急ではありますが、困難ではありませんでした。
2020年09月22日 11:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ではありますが、困難ではありませんでした。
1
日向山山頂、
見晴らしの良い山。
砂浜みたいな砂のお山
2020年09月22日 14:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山山頂、
見晴らしの良い山。
砂浜みたいな砂のお山
2
駒ヶ岳神社に最後に報告とお礼をしてきました。
2020年09月22日 16:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社に最後に報告とお礼をしてきました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:101人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ