また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2608785 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

赤線繋ぎ:中尾峠〜西穂山荘

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月28日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
中尾高原口無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間52分
休憩
52分
合計
10時間44分
S中尾高原口バス停05:0006:00中尾温泉登山口06:42白水の滝展望所07:16鍋助横手08:12雨量観測所08:16秀綱神社08:33中尾峠・新中尾峠分岐08:55中尾峠08:5709:05焼岳展望台09:1009:20焼岳小屋09:21新中尾峠09:3110:46割谷山10:5311:23中間の池11:2512:37きぬがさの池12:3813:01焼岳・上高地分岐13:16西穂山荘13:4014:13旧ボッカ道分岐14:38西穂高口15:01しらかば平駅15:02鍋平高原駅15:06新穂高温泉駅15:11新穂高温泉バス停15:1215:19新穂高温泉無料駐車場15:44中尾高原口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・中尾高原口バス停から舗装路を登り、中尾の温泉街を通り抜け、温泉採掘施設を越えて更に登れば、登山口。
・登山口からは、所々で短いやや急登があるが、概ね緩やかに登って、中尾峠に至る。
●登山口から直ぐの所で沢に出合うと渡渉する。明るければピンクリボンを見つけて迷うことはないが、暗いと出合った沢を登りかねない。
・中尾峠から焼岳展望台を越えると焼岳小屋。
・焼岳小屋から西穂山荘までは、アップダウンを繰り返してP2229、割谷山、P2194、小ピーク、P2181,P2242を越えいく。
・西穂山荘からはやや急降し、緩やかなアップダウンを繰り返せば、ロープウェイに至る。
その他周辺情報新穂高の湯。中尾高原口バス停の近くにある無料露天風呂。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

05:00蒲田トンネルを出た所の中尾高原口バス停を出発.。
2020年09月28日 04:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:00蒲田トンネルを出た所の中尾高原口バス停を出発.。
05:20新穂高温泉郷中尾の入口に立つ中尾案内板
2020年09月28日 05:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:20新穂高温泉郷中尾の入口に立つ中尾案内板
中尾の温泉街を通過
2020年09月28日 05:24撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾の温泉街を通過
焼岳現れる。
2020年09月28日 05:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳現れる。
(振り返って)笠ヶ岳
2020年09月28日 05:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)笠ヶ岳
2
奥飛ログハウス
2020年09月28日 05:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥飛ログハウス
京大防災研究所の少し先に、
2020年09月28日 05:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京大防災研究所の少し先に、
登山者用駐車場
2020年09月28日 05:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者用駐車場
温泉採掘施設。この先にも採掘施設がありました。
2020年09月28日 05:47撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉採掘施設。この先にも採掘施設がありました。
06:00中尾温泉登山口。折返しターンの屈曲点にあります。
2020年09月28日 05:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:00中尾温泉登山口。折返しターンの屈曲点にあります。
(登山口から10メートル程入った所)沢沿いに登るのかと思いつつ、辺りを見回すと、
2020年09月28日 06:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(登山口から10メートル程入った所)沢沿いに登るのかと思いつつ、辺りを見回すと、
右にピンクリボン。壊れた橋がの残骸があり、渡渉が正解でした。ヘッデンで登っていたら、沢を登っていたでしょう。
2020年09月28日 06:02撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右にピンクリボン。壊れた橋がの残骸があり、渡渉が正解でした。ヘッデンで登っていたら、沢を登っていたでしょう。
1
倒木が道を塞ぐ。高巻いて越える。
2020年09月28日 06:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が道を塞ぐ。高巻いて越える。
登山口から先に延びていた林道は、ここに繋がっているのかな。
2020年09月28日 06:36撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から先に延びていた林道は、ここに繋がっているのかな。
06:42白水の滝展望所
2020年09月28日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:42白水の滝展望所
07:16鍋助横手
2020年09月28日 07:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:16鍋助横手
所々で短くやや急登あるも、概ね、緩やかな登りが続きます。
2020年09月28日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で短くやや急登あるも、概ね、緩やかな登りが続きます。
木々越しに笠ヶ岳。
2020年09月28日 08:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに笠ヶ岳。
(拡大)笠ヶ岳
2020年09月28日 08:02撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)笠ヶ岳
2
08:12雨量観測所
2020年09月28日 08:11撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:12雨量観測所
08:16秀綱神社
2020年09月28日 08:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:16秀綱神社
08:33中尾峠・新中尾峠分岐。左:新中尾峠・焼岳小屋。右:中尾峠・焼岳。右へ進む。
2020年09月28日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:33中尾峠・新中尾峠分岐。左:新中尾峠・焼岳小屋。右:中尾峠・焼岳。右へ進む。
(振り返って)笠ヶ岳。昨年、弓折乗越から縦走してクリア谷を下ったな〜。
2020年09月28日 08:51撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)笠ヶ岳。昨年、弓折乗越から縦走してクリア谷を下ったな〜。
1
(中尾峠より)焼岳。焼岳は登頂済みなので、眺めるだけ。西穂山荘までの稜線歩きでトレーニング&赤線繋ぎします。
2020年09月28日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(中尾峠より)焼岳。焼岳は登頂済みなので、眺めるだけ。西穂山荘までの稜線歩きでトレーニング&赤線繋ぎします。
08:55-57中尾峠。前方ピークの展望台へ。
2020年09月28日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:55-57中尾峠。前方ピークの展望台へ。
中尾峠の先でも、地表から噴煙が出てました。
2020年09月28日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾峠の先でも、地表から噴煙が出てました。
09:05-10焼岳展望台より、焼岳。
2020年09月28日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:05-10焼岳展望台より、焼岳。
霞沢岳。今年登る計画だったんだけどな〜。
2020年09月28日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳。今年登る計画だったんだけどな〜。
西穂、奥穂、前穂、明神岳。
2020年09月28日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂、奥穂、前穂、明神岳。
2
笠ヶ岳の右に、
2020年09月28日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳の右に、
(拡大)弓折岳、双六岳、水晶岳、鷲羽岳、樅沢岳。
2020年09月28日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)弓折岳、双六岳、水晶岳、鷲羽岳、樅沢岳。
09:20焼岳小屋&上高地・西穂分岐。
2020年09月28日 09:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:20焼岳小屋&上高地・西穂分岐。
(振り返って)ここは、火口域から400メートル。
2020年09月28日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)ここは、火口域から400メートル。
09:21-31新中尾峠。左:中尾峠、右:西穂山荘。
2020年09月28日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:21-31新中尾峠。左:中尾峠、右:西穂山荘。
ウェザーニューズの予報(9〜15時曇)通り、ガスが湧き始めました。
2020年09月28日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウェザーニューズの予報(9〜15時曇)通り、ガスが湧き始めました。
前方に、西穂山荘。山荘までのアップダウンする稜線。
2020年09月28日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に、西穂山荘。山荘までのアップダウンする稜線。
P2229へアップ。
2020年09月28日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2229へアップ。
P2229の東側を巻いて
2020年09月28日 10:11撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2229の東側を巻いて
笹が煩い。(分り辛いですが)前方に割谷山(2224ピーク)。このピークは西側を巻く。
2020年09月28日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が煩い。(分り辛いですが)前方に割谷山(2224ピーク)。このピークは西側を巻く。
割谷山に向けてアップ。
2020年09月28日 10:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割谷山に向けてアップ。
(拡大)笠ヶ岳
2020年09月28日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)笠ヶ岳
1
(拡大)前方に、槍ヶ岳。
2020年09月28日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)前方に、槍ヶ岳。
1
割谷山(P2224)の西側(右側)を巻く。
2020年09月28日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割谷山(P2224)の西側(右側)を巻く。
赤く色づき始めたナナカマド。
2020年09月28日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く色づき始めたナナカマド。
(拡大)西穂山荘&丸山。晴れていれば、西穂独標、西穂が見えたのだろうな。
2020年09月28日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)西穂山荘&丸山。晴れていれば、西穂独標、西穂が見えたのだろうな。
割谷山(P2224)を巻き終えて稜線に乗る。
2020年09月28日 10:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割谷山(P2224)を巻き終えて稜線に乗る。
(振り返って)割谷山(P2224)ピーク
2020年09月28日 10:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)割谷山(P2224)ピーク
11:25中間の池
2020年09月28日 11:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:25中間の池
(振り返って)中間の池
2020年09月28日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)中間の池
小ピークへの登り。
2020年09月28日 11:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークへの登り。
眼下に上高地。ガスが無ければ、前穂、明神、大滝山がみえたのだろうな。
2020年09月28日 11:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に上高地。ガスが無ければ、前穂、明神、大滝山がみえたのだろうな。
大分ガスが広がって来た。西穂独標だろうな。
2020年09月28日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分ガスが広がって来た。西穂独標だろうな。
(振り返って)小ピークからダウンしてきて、
2020年09月28日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)小ピークからダウンしてきて、
P2181へのアップが始まる。
2020年09月28日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2181へのアップが始まる。
この辺りがP2181か。
2020年09月28日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りがP2181か。
(振り返って)P2242か
2020年09月28日 12:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)P2242か
紅葉は端緒に着いたばかり。
2020年09月28日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は端緒に着いたばかり。
1
(振り返って)12:38きぬがさの池
2020年09月28日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)12:38きぬがさの池
緩やかにアップ
2020年09月28日 12:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかにアップ
(振り返って)13:01焼岳・上高地分岐。
2020年09月28日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)13:01焼岳・上高地分岐。
石段を登る。
2020年09月28日 13:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段を登る。
平坦になれば西穂山荘は近い。
2020年09月28日 13:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦になれば西穂山荘は近い。
西穂山荘が現れる。
2020年09月28日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘が現れる。
13:16-40西穂山荘。そこそこの人出でした。
2020年09月28日 13:17撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16-40西穂山荘。そこそこの人出でした。
(振り返って)ダウン
2020年09月28日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)ダウン
(振り返って)ダウン
2020年09月28日 14:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)ダウン
P2171辺りか。
2020年09月28日 14:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2171辺りか。
ダウン。背負われているぐっすりと眠っているお子さん、将来は山男かな。
2020年09月28日 14:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダウン。背負われているぐっすりと眠っているお子さん、将来は山男かな。
1
平坦、もしくは
2020年09月28日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦、もしくは
なだらかなアップダウンでロープウェイへ。
2020年09月28日 14:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかなアップダウンでロープウェイへ。
(振り返って)
2020年09月28日 14:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)
14:38西穂高口
2020年09月28日 14:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:38西穂高口
15:06新穂高温泉駅。ロープウェで下山し、
2020年09月28日 15:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:06新穂高温泉駅。ロープウェで下山し、
15:11新穂高温泉バス停でバスを確認したら、歩いた方が早い。
2020年09月28日 15:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:11新穂高温泉バス停でバスを確認したら、歩いた方が早い。
(振り返って)中尾高原口まで歩きます。
2020年09月28日 15:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)中尾高原口まで歩きます。
新穂高温泉無料駐車場入口
2020年09月28日 15:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高温泉無料駐車場入口
鍋平登山者用駐車場入口
2020年09月28日 15:31撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋平登山者用駐車場入口
無料の露天風呂:新穂高の湯への入口
2020年09月28日 15:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料の露天風呂:新穂高の湯への入口
15:44中尾高原口。出発点に戻りました。お疲れ様!!
2020年09月28日 15:44撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:44中尾高原口。出発点に戻りました。お疲れ様!!
1
参考:新穂高の湯へ
2020年09月28日 15:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参考:新穂高の湯へ
1
新穂高の湯(無料の露天風呂)で汗を流しました。
2020年09月28日 16:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高の湯(無料の露天風呂)で汗を流しました。
2

感想/記録

・このまま、夏が過ぎるには忍び難く、人が余り歩かないマイナルートを日帰りで赤線繋ぎ(*)&トレーニングにと、北アルプスへ行ってきました。

 (*)焼岳〜西穂〜ジャンダルム〜奥穂の稜線で、未踏部分の中尾峠〜西穂山荘

・これまで脚の衰え防止にせっせと都内を歩いていましたが、やはり、山のトレーニングには及ばないことを再認識させられました。

・西穂山荘に着いたら、沢山の人が居て少々ビックリ。それでも、通常に比べたら少ないのかもしれないなと思いつつ下山しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2726人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/5
投稿数: 2436
2020/10/3 8:41
 元気で
gonpapaさん
おはようございます。
私も中尾峠〜西穂山荘が繋がってないんですよ。私だったらズルして逆回りしますが流石gonpapaさんですね。やはり山を歩かないとトレーニングにはなりませんよね。
私も暗い時間に沢沿いの道から出るマークが分からず苦労してます。
無料の露天風呂に入ったんですね。私も入ってみようかな(笑)
景色も良いので寒くなる前にトライしようかと思いました。
お疲れ様でした。
登録日: 2011/11/2
投稿数: 280
2020/10/3 22:30
 Re: 元気で
Zenjinさん、コメントありがとうございます。

もともとは、何処かに登ったついでに西穂山荘から下って赤線をつなごうと思っていたのですが、御推察の通りトレーニングに重きを置いたために、登りルートにしました。
中尾峠〜焼岳展望台を除くと、途中でちょっとした眺望ポイントが3ヵ所ほどあります。
Zennjinさんなら、サクッと歩けるでしょう。
新穂高の湯(無料露天風呂)ですが、温度がそれ程高くないので、寒くなるとぬるく感じるかもしれません。それと石鹸を使うことが出来ないのが少々残念です。
百高山、着々と登られていますね。赤沢山は、右にトラバースする所を見逃して下ってしまい、崖に出てトラバースしてしまう方が多いようですが、無事に登頂され何よりでした。
残り7座ですね、応援してます。以上

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ